また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1268443 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳☆紅葉も間近な上高地。岳沢小屋テント泊。

日程 2017年09月23日(土) 〜 2017年09月24日(日)
メンバー
天候1日目は山は曇り、2日目は快晴。
アクセス
利用交通機関
電車バス
・松本駅→上高地
 アルピコ
 http://www.alpico.co.jp/access/kamikochi/
 料金:4,550円(往復)
 帰りは整理券を上高地で発行しているので、登る前に取得しておく。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間28分
休憩
9分
合計
1時間37分
S無料トイレ12:0812:12日本山岳会上高地山岳研究所12:19岳沢湿原・岳沢登山口12:2012:407番標識12:4713:44岳沢小屋13:4513:45宿泊地
2日目
山行
5時間25分
休憩
1時間59分
合計
7時間24分
宿泊地05:2906:37紀美子平07:25南稜の頭07:2807:34穂高岳07:5608:00南稜の頭08:0308:38紀美子平08:4209:00前穂高岳09:1609:24紀美子平09:3410:42岳沢小屋11:4312:207番標識12:40岳沢湿原・岳沢登山口12:46日本山岳会上高地山岳研究所12:53上高地アルペンホテルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・上高地→岳沢の登山口
 木道もある整備された遊歩道。
 一般観光客も多い。

・岳沢の登山口→風穴→岳沢小屋
 整備された登山道。岳沢小屋まで1〜10で番号を振った表示あり。
 石畳のようなところもある。

・岳沢小屋→カモシカ立場→紀美子平
 最初は緩やかなジグザグ道だけれど、岩場が始まるとクサリや梯子の急な登りになる。
 眺めは素晴らしい。

・紀美子平→前穂高岳
 岩場の急登。落石注意。

・紀美子平→南陵の頭→奥穂高岳
 岩場のトラバース道。眺めがよく、気持ちよく歩ける。
 クサリ場もいくつかあるけれど、慣れていれば使わなくても登れる。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ(モンベル#1)
※寝袋はまだオーバースペックだった。#3で十分。

写真

上高地は観光客と登山者でいっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地は観光客と登山者でいっぱい。
登山届を出して出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を出して出発。
標識はたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識はたくさん。
なんだかきれいなところだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだかきれいなところだ。
整備もい届いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備もい届いている。
1
登山道は登山の格好で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は登山の格好で。
だいぶ登ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきた。
小屋が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきた。
岳沢を渡れば小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳沢を渡れば小屋。
到着。テントの受付をしてテント場へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着。テントの受付をしてテント場へ。
ちょっと遠い。
水汲みと夜のトイレはつらい。
先着2張のみ小屋のすぐ裏にサイトあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと遠い。
水汲みと夜のトイレはつらい。
先着2張のみ小屋のすぐ裏にサイトあり。
小屋のベランダでくつろぐ人も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋のベランダでくつろぐ人も。
新しくてきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しくてきれい。
1
時間があるので山とチャイ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間があるので山とチャイ。
1
夕方にガスが取れてきた。
焼岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方にガスが取れてきた。
焼岳。
ジャンダルム方面への夕陽。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルム方面への夕陽。
1
朝起きると星空がすごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝起きると星空がすごい。
2
日が登り始めたので出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が登り始めたので出発。
テント場の上から前穂高へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場の上から前穂高へ。
梯子と岩場とクサリ場が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子と岩場とクサリ場が続く。
草紅葉は始まりつつある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉は始まりつつある。
1
日が差してきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差してきた。
雷鳥広場。
ライチョウはいなかったけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥広場。
ライチョウはいなかったけど。
前穂高は後回し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂高は後回し。
トラバース道は快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース道は快適。
1
日が差してくると暑い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差してくると暑い。
なんか渋滞している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか渋滞している。
南陵の頭。ここまでくればもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南陵の頭。ここまでくればもうすぐ。
のんびり休憩。
最高の天気。
こないだ登った鹿島槍とか妙高も見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびり休憩。
最高の天気。
こないだ登った鹿島槍とか妙高も見えた。
1
富士山も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見える。
1
帰り道。
クサリ場を振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道。
クサリ場を振り返って。
ここからもいい景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからもいい景色。
朝とはまた違った雰囲気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝とはまた違った雰囲気。
でもまだ夏の名残がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもまだ夏の名残がある。
1
テント場に戻って、だらだら。
1時間ぐらい休憩&ランチの後出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場に戻って、だらだら。
1時間ぐらい休憩&ランチの後出発。
1
下りはあっという間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはあっという間。
1時間ぐらいで下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ぐらいで下山。
前日と違ってガスってない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日と違ってガスってない。
1
さっきまで山頂にいたと思うと感慨深い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきまで山頂にいたと思うと感慨深い。
2
とりあえず日帰り風呂。
ここは12時から開いていた。
小梨の湯は14時からとネットでなっていたので、こっちへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず日帰り風呂。
ここは12時から開いていた。
小梨の湯は14時からとネットでなっていたので、こっちへ。
14時5分のバスで松本へ。
最後まで素晴らしい景色だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時5分のバスで松本へ。
最後まで素晴らしい景色だった。
1

感想/記録
by chasou

上高地から奥穂高を登ってきました。
紅葉にはまだ早かったけれど、快晴の秋空の下で素晴らしい景色を見ながらの山行ができました。

1日目:上高地→岳沢小屋
この日は移動日。
東京からだと朝一に出ても、上高地には12時着。
バス停を降りると、登山者以外の観光客もたくさん。
これが上高地なんだなーと思いながら準備。

登山口までは遊歩道を歩く。
川の水がすごく澄んでいて、ガスがかかっているけれど、山の景色もいい。
岳沢の登山口から先は登山道になるので、一気に人は減る。

最初は樹林帯の中を歩く。
風穴もあり、そこからは涼やかな風が吹いてくる。
岳沢のガレた道を歩くところもあり、開けた岩場からは上高地がよく見える。
穂高方面はあいにくのガスでいまいち。

バス停からは2時間かからず岳沢小屋到着。
今日はここまで。
テント場は小屋から離れているので、水汲みとかトイレとかめんどくさいけれど、眺めはいいのでのんびりはできる。

天気は夕暮れ辺りには雲が取れ始め、夕食を食べながらすばらしいい山々の景色を堪能。
夜の早いうちはまたガスがかかって星空は見えなかった。


2日目:岳沢小屋→奥穂高、前穂高
朝の3時ごろに周りの起きる気配で目が覚める。
3時半ごろに外に出てみると星空がすごい。
秋晴れの予感。
日の出とともに出発しようと思っていたので、星空の写真を撮ったりしながら朝ごはんの準備をする。
真っ暗な山を見ていると、ジャンダルム方面にもすでにライトの明かりが見える。
日のあける前にもジャンダルムを登るのね。。

こちらは日の出とともに、テント場を出発。
涼しくて気持ちいい。
高度を上げていくと、眺めも良くなり、雲海と朝日、焼岳、乗鞍、御岳などの山々が美しい。

最初は緩やかなジグザグ道も、岩場が出てくると急なクサリ場や梯子が連続しだす。
整備は行き届いているので特に問題なく登る。
1時間ちょっとで紀美子平。
一休憩をした後、前穂高岳は後回しに岩場のトラバースを奥穂へ向けて歩く。
岩場もあるけれど、歩きやすいところも多い。
この道は眺めが素晴らしいので、また歩いてみたい道。

南陵の頭の手前のクサリ場を登り切れば、奥穂高岳山頂はすぐ。
なんだかすごいたくさんの人がいる。
山頂の祠は写真を撮る人で大行列。

遠くから祠の写真だけを撮って休憩。
この日は秋晴れ、澄んだ空気だったので、眺めは最高。
槍ヶ岳はもちろん、鹿島槍もその後ろに妙高も見える。
白山も見えるし、富士山も見える。
北アルプスの核心部に初めてきたけれど、ここは素晴らしかった。
混んでいるのが難点だけど、また来たくなる山。

帰りは紀美子平から前穂高岳に登ってから下山。
標高2,400mぐらいは紅葉が始まり出していたので、もうすぐ見頃かな。

下山後はホテルの日帰り風呂にはいって、14時過ぎのバスで松本へ。
訪問者数:191人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ