また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1268595 全員に公開 ハイキング丹沢

神ノ川より蛭ヶ岳へ、⛅檜洞丸でヘトヘト、バテバテ・・・

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神ノ川 日蔭沢橋より

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間35分
休憩
1時間5分
合計
11時間40分
S神ノ川ヒュッテゲート前登山口05:3005:50矢駄尾根登山口07:10風巻ノ頭08:40袖平山09:00姫次09:50原小屋平10:40蛭ヶ岳11:2012:30臼ヶ岳12:4013:00神ノ川乗越13:50金山谷乗越14:00源蔵尾根下降点14:40青ヶ岳山荘14:40檜洞丸14:5015:25熊笹ノ峰15:3017:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
「日陰沢橋」手前に土石流で道が、砂利で盛り上がっています
その上は、車でゆっくりと通過してください。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ガイド地図 コンパス 筆記具 保険証コピー 飲料 ティッシュ バンドエイド タオル 携帯電話 計画書 雨具 水筒 時計 非常食
共同装備 医薬品 カメラ

写真

夜中に到着 1番乗り
道路の横に駐車スペースに停めました。
5:30出発です。
ゲート手前に2台駐車していました。
2017年09月24日 05:30撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中に到着 1番乗り
道路の横に駐車スペースに停めました。
5:30出発です。
ゲート手前に2台駐車していました。
「姫次」方面へ
2017年09月24日 05:33撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「姫次」方面へ
林道をしばらく歩き
ここから、登山道 
   袖平山、姫次 へ
2017年09月24日 05:47撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道をしばらく歩き
ここから、登山道 
   袖平山、姫次 へ
橋を渡り 坂道に入ります。
2017年09月24日 05:52撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡り 坂道に入ります。
いきなり  急登
2017年09月24日 06:32撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり  急登
1:40で「風巻の頭」
東屋が有ります、 休憩。
2017年09月24日 07:10撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1:40で「風巻の頭」
東屋が有ります、 休憩。
風巻の頭 より
2017年09月24日 07:11撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風巻の頭 より
もう少しで、袖平山だ。
2017年09月24日 08:05撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで、袖平山だ。
袖平山 到着!
2017年09月24日 08:36撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖平山 到着!
展望
霧で 何も見えず"  (-"""
 蛭が岳は、あの方向か?
2017年09月24日 08:36撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望
霧で 何も見えず"  (-"""
 蛭が岳は、あの方向か?
「姫次」分かれ路
休憩、地図で確認
2017年09月24日 08:57撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「姫次」分かれ路
休憩、地図で確認
1
展望 なし
2017年09月24日 08:57撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望 なし
林の中は、霧にむせぶ
2017年09月24日 09:22撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中は、霧にむせぶ
1
振り返り 今来た 山
 姫次
2017年09月24日 09:43撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り 今来た 山
 姫次
出たー。
  木道 連なる階段。
2017年09月24日 10:08撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出たー。
  木道 連なる階段。
1
もう紅葉の始まり。
2017年09月24日 10:12撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう紅葉の始まり。
2
トリカブト
2017年09月24日 10:16撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト
階段は、続きます。
山頂は、もう ちょっと。
2017年09月24日 10:16撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段は、続きます。
山頂は、もう ちょっと。
蛭ケ岳 山頂
2017年09月24日 10:39撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ケ岳 山頂
2度目の 蛭ケ岳 山頂
2017年09月24日 10:41撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2度目の 蛭ケ岳 山頂
5
ゆっくりと食事を取りました
雲の切れ間から、ちょっと日が差しました。
2017年09月24日 11:18撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりと食事を取りました
雲の切れ間から、ちょっと日が差しました。
ではまた、蛭が岳!!
檜洞丸方面へ
2017年09月24日 11:21撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ではまた、蛭が岳!!
檜洞丸方面へ
2
霧が一瞬晴れました
2017年09月24日 11:38撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が一瞬晴れました
2
きつい登り返して
臼ケ岳へ やっと到着。
2017年09月24日 12:37撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい登り返して
臼ケ岳へ やっと到着。
臼が岳にて 休憩
2017年09月24日 12:37撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臼が岳にて 休憩
この木何の木?
2017年09月24日 12:54撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この木何の木?
神ノ川乗越
また、登りか?
2017年09月24日 13:07撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神ノ川乗越
また、登りか?
振り返り
遥かに 袖平山 ?

源蔵尾根を下る予定でしたが、
「金山谷乗越」の看板が良くわからず通過!
手書きの「源蔵尾根」の看板が有りましたが
方向が良くわからず、
そのまま、檜洞丸へ向かいました。
 ここからが、急登の階段の連続
 ちょっと登り、立ち止まり
 足が上がらなくなって来ました。
 ゆっくり ゆっくり 
 青が岳小屋に到着、休憩!
  バッチを購入、「缶バッチ」でした 300円
2017年09月24日 13:33撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返り
遥かに 袖平山 ?

源蔵尾根を下る予定でしたが、
「金山谷乗越」の看板が良くわからず通過!
手書きの「源蔵尾根」の看板が有りましたが
方向が良くわからず、
そのまま、檜洞丸へ向かいました。
 ここからが、急登の階段の連続
 ちょっと登り、立ち止まり
 足が上がらなくなって来ました。
 ゆっくり ゆっくり 
 青が岳小屋に到着、休憩!
  バッチを購入、「缶バッチ」でした 300円
やっと 檜洞丸に 到着
もう、へとへと 
ももをマッサージして筋肉ほぐし ((+_+))
2017年09月24日 14:43撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと 檜洞丸に 到着
もう、へとへと 
ももをマッサージして筋肉ほぐし ((+_+))
4
何の花でしょ?
一面に咲いています。
2017年09月24日 15:07撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の花でしょ?
一面に咲いています。
大きな看板が有りました、
後は、下りで  1時間30分
2017年09月24日 15:24撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな看板が有りました、
後は、下りで  1時間30分
ねじねじ
急下りがづづきます。
2017年09月24日 15:48撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ねじねじ
急下りがづづきます。
1
着きました、
無料 公衆トイレ
手と顔を洗って、帰りましょう。
2017年09月24日 17:27撮影 by SP350, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました、
無料 公衆トイレ
手と顔を洗って、帰りましょう。
蛭が岳小屋で購入
2017年09月25日 22:47撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭が岳小屋で購入
1
檜洞丸 缶バッジ
青が岳山荘にて購入
2017年09月25日 22:53撮影 by COOLPIX S2900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸 缶バッジ
青が岳山荘にて購入
1

感想/記録

23日が雨の天気予報だったので
24日に変更しました。
 前日の夜の内に「日陰沢橋」手前の道路駐車スペースに停め
朝まで、仮眠しました。

 夜明けと同時に出発! 5:30
山の上がちょっと曇り  (*_ _)

 林道を少し歩き、東海道自然歩道へ 左
川を渡り 急登「風巻の頭」へ
 ここから、すこし下り「袖平山」まではまた急登が・・・やっと山頂
 山は、霧で 展望がない ( `ー´)ノ
 
  「姫次」からは、下ってなだらかな道が続き
  ほっとして、快適に歩けます。 

  霧、雲が晴れず、蛭ヶ岳は見えません。
登り坂になって来て、しばらく行くと、
 私が嫌いな、木道の階段が続きます、
急に、ペースが落ちます、一歩づつ ハァッハァ〜
苦しい、まだまだ、山頂まで続きます、
山頂は、4.5人の方が居ます。
 廻りは、残念ながら 真っ白!!
 食事をしながら、霧が晴れないか待っていました、
少し、青空見えましたが、景色は全然見えませんでした。
 今日、目的の1つ、山小屋でバッジを購入できたので良かったです。(500円)

 ここから、難所の道、檜洞丸方面へ向かいます、
 急坂を下ります、ロープ、鎖かつづきます、要注意です。
 
  下り切り、登り返しです  
 まだ、大丈夫ですか、 臼が岳に登ります。
 
  

  源蔵尾根を下る予定でしたが、
「金山谷乗越」の看板が良くわからず通過!
手書きの「源蔵尾根」の看板が有りましたが
方向が良くわからず、
そのまま、檜洞丸へ向かいました。
 ここからが、急登の階段の連続
 ちょっと登り、立ち止まり
 足が上がらなくなって来ました。
 ゆっくり ゆっくり 
 青が岳小屋に到着、休憩!
  バッチを購入、「缶バッチ」でした 300円

 
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ