また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1272546 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

妻と登る禁断の谷川岳

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道17号と291号で土合駅前駐車場に
自宅を3:13発   土合駅4:40着(高速未使用)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
1時間37分
合計
7時間40分
S土合駅05:0505:25登山センター05:2605:35西黒尾根登山口05:49鉄塔05:5306:17西黒ピーク(道標有ピーク)06:52岩露地展望台06:5707:15ラクダの背(ラクダのコブ)07:19ラクダのコル07:2208:05ザンゲ岩08:1008:28谷川岳(トマノ耳)08:3208:45谷川岳09:0009:04奥の院09:4309:49オキノ耳10:00谷川岳(トマノ耳)10:06谷川岳・肩の小屋10:1210:30天狗の留まり場10:47熊穴沢避難小屋10:5211:13天神尾根・田尻尾根分岐点11:25田尻尾根休息地11:3012:02田尻尾根取りつき点12:0712:30田尻尾根登山口12:45土合駅12:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今日は、妻からの提案で妻が嫌がっていた谷川岳に向かいます・・たぶん妻と登る谷川岳は最後になるかも?
トラウマが消えてくれればいいな〜〜
コース状況/
危険箇所等
岩稜歩きより田尻尾根の下りが滑りやすいです
疲れが出ている時間帯での足の踏ん張り・・こけたらダメージ大きいでよ
その他周辺情報帰りに諏訪峡の温泉  
諏訪の湯へ 
入浴料金 300円(石鹸は泡が立ちません分離します)
お風呂セット必要(ボデーシャンプーをお勧めします)
土合駅よりの距離 約12km
  〃   時間 約15分
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

空が明るくなってきました
涼しいけど汗をかいています
2017年09月30日 05:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が明るくなってきました
涼しいけど汗をかいています
3
西黒尾根にまだあった
ブナの腰掛
妻は足が・・足で座れませんでした(怖いとの事)
2017年09月30日 06:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒尾根にまだあった
ブナの腰掛
妻は足が・・足で座れませんでした(怖いとの事)
14
露岩の展望台に着きました
気迫を感じる目つきです・・・今まで滑落後封印していた山なんです
2017年09月30日 06:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露岩の展望台に着きました
気迫を感じる目つきです・・・今まで滑落後封印していた山なんです
17
露岩の展望台より
うっすらと赤い東の空
山は上州武尊山です
2017年09月30日 06:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
露岩の展望台より
うっすらと赤い東の空
山は上州武尊山です
10
鎖場が出てきました
難なくクリア
2017年09月30日 07:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場が出てきました
難なくクリア
9
谷川岳がドーンと
いい天気に恵まれました
でも・・・紅葉は???
2017年09月30日 07:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳がドーンと
いい天気に恵まれました
でも・・・紅葉は???
17
岩稜にウメバチソウの花
2017年09月30日 07:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜にウメバチソウの花
5
ラクダの背より
これから行くぞー
2017年09月30日 07:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラクダの背より
これから行くぞー
22
巖剛尾根出合いより
本日の試練の本番斜面が現れました
2017年09月30日 07:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巖剛尾根出合いより
本日の試練の本番斜面が現れました
9
岩稜尾根を
四つ足でクリアすると・・・
意外と楽でした(ストックは、使用しない方が楽に感じました)
2017年09月30日 07:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜尾根を
四つ足でクリアすると・・・
意外と楽でした(ストックは、使用しない方が楽に感じました)
12
四つ足で頑張っています
2017年09月30日 07:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四つ足で頑張っています
9
氷河跡の岩場へ向かっています
2017年09月30日 07:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷河跡の岩場へ向かっています
5
この近辺が一番滑りやすい岩登りとなります
この辺は鎖がほしいですね・・・無いのです
shilokoさんの大の字を思い出します
2017年09月30日 07:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この近辺が一番滑りやすい岩登りとなります
この辺は鎖がほしいですね・・・無いのです
shilokoさんの大の字を思い出します
10
ザンゲ岩目指して
楽しく登っています
昔の滑落は頭から消えたのかな?
2017年09月30日 07:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザンゲ岩目指して
楽しく登っています
昔の滑落は頭から消えたのかな?
18
ザンゲ岩を上より眺めます
ここで休憩+給水
2017年09月30日 08:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザンゲ岩を上より眺めます
ここで休憩+給水
6
振り返れば
白髪門からジャンクピークまでの馬蹄コースが
2017年09月30日 08:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば
白髪門からジャンクピークまでの馬蹄コースが
6
谷川岳の猫耳が近づいてきました
2017年09月30日 08:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳の猫耳が近づいてきました
8
トマノ耳山頂には、早くも登山者の姿が
2017年09月30日 08:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳山頂には、早くも登山者の姿が
7
ゆるい登りが終わると
肩の広場に出ます
2017年09月30日 08:17撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるい登りが終わると
肩の広場に出ます
18
ますます近づいた猫ちゃんの耳
2017年09月30日 08:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ますます近づいた猫ちゃんの耳
5
妻と登るのはこれが最後になるかもしれませんので(単独も難しい申請許可制)
谷川と妻いっぱい撮ってきました
2017年09月30日 08:19撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻と登るのはこれが最後になるかもしれませんので(単独も難しい申請許可制)
谷川と妻いっぱい撮ってきました
20
トマノ耳稜線より
主稜線と爼倉稜線
2017年09月30日 08:25撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳稜線より
主稜線と爼倉稜線
11
トマノ耳山頂よりオキノ耳への稜線を見ます
肉眼だときれいに紅葉が見られたのですが?
日が当たらないので?
紅く写らない?
どうしたら皆さんの写真のように赤が映えるのかな???
2017年09月30日 08:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳山頂よりオキノ耳への稜線を見ます
肉眼だときれいに紅葉が見られたのですが?
日が当たらないので?
紅く写らない?
どうしたら皆さんの写真のように赤が映えるのかな???
8
山頂制覇・・・まだ片方の耳だけ
寒い・・先週と打って変わった気温です
iiyu さんの真似した(ちょっと角度が違ったみたい)
2017年09月30日 08:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂制覇・・・まだ片方の耳だけ
寒い・・先週と打って変わった気温です
iiyu さんの真似した(ちょっと角度が違ったみたい)
40
ヤッタネ・・・○○子さん
2017年09月30日 08:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤッタネ・・・○○子さん
31
山頂より主稜線の紅葉
眺めも良く北アまで見えてました
2017年09月30日 08:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より主稜線の紅葉
眺めも良く北アまで見えてました
15
山頂で苗場をバックに
ご満悦な妻(トラウマは吹っ切れたかな?)
2017年09月30日 08:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で苗場をバックに
ご満悦な妻(トラウマは吹っ切れたかな?)
12
奥ノ院方面が赤い
では出発しますか・・・もう一つの耳ゲットへ
2017年09月30日 08:29撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥ノ院方面が赤い
では出発しますか・・・もう一つの耳ゲットへ
3
日が当たって赤がきれいでしたが
シロっぽくなってしまった
2017年09月30日 08:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が当たって赤がきれいでしたが
シロっぽくなってしまった
7
山頂稜線紅葉の葉と茂倉岳
妻の後姿は軽やかな歩み
2017年09月30日 08:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂稜線紅葉の葉と茂倉岳
妻の後姿は軽やかな歩み
8
オキノ耳も間もなくゲット
2017年09月30日 08:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳も間もなくゲット
4
この斜面の紅葉きれいだったんですけど
腕が悪いのだ!!
2017年09月30日 08:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜面の紅葉きれいだったんですけど
腕が悪いのだ!!
15
残りの耳をゲットしました
2017年09月30日 08:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残りの耳をゲットしました
31
寒くて一枚羽織っています・・・歩くと暑くなる
まだまだ山頂の登山者の数は片手で足ります(余りました・・・えへへ)
2017年09月30日 08:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒くて一枚羽織っています・・・歩くと暑くなる
まだまだ山頂の登山者の数は片手で足ります(余りました・・・えへへ)
35
トマノ耳を見る
すばらしい!と、妻と連呼する
2017年09月30日 08:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳を見る
すばらしい!と、妻と連呼する
10
オキノ耳より
主稜線を見るが
紅くなってきた気がします・・でも黒いな?
2017年09月30日 08:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳より
主稜線を見るが
紅くなってきた気がします・・でも黒いな?
9
緑と赤のコントラストがきれいです
やったぜ!○○子
2017年09月30日 08:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑と赤のコントラストがきれいです
やったぜ!○○子
8
山頂の岩の間に
マッターホルンが・・・上越の(大源太山)
2017年09月30日 08:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の岩の間に
マッターホルンが・・・上越の(大源太山)
4
手前の紅葉と
谷川主稜線いい眺めだ
風がなければずっといたい

2017年09月30日 08:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の紅葉と
谷川主稜線いい眺めだ
風がなければずっといたい

21
山頂より
尖っている大源太山
2017年09月30日 08:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より
尖っている大源太山
2
岩稜線歩きで奥の院へ
妻のシャツは紅葉しています
2017年09月30日 08:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜線歩きで奥の院へ
妻のシャツは紅葉しています
2
谷川の耳した斜面は
紅葉がきれいです・・・素晴らしき天下の谷川岳
もっと陽がささないかな?・・・9時じゃ無理かな?
2017年09月30日 09:01撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川の耳した斜面は
紅葉がきれいです・・・素晴らしき天下の谷川岳
もっと陽がささないかな?・・・9時じゃ無理かな?
10
奥の院の鳥居が紅葉の中に見えます
山頂にいた登山者は皆こちらへ移動しました
2017年09月30日 09:01撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院の鳥居が紅葉の中に見えます
山頂にいた登山者は皆こちらへ移動しました
11
本日の最終目的地です(奥の院ピークより)
一ノ倉岳と茂倉岳
二人の協議に結果ここまで土樽(15:24発電車)への縦走は無し
ちょっと時間が早すぎた(駅での待ち時間が退屈)
天神下山の渋滞に備えて早目に下山予定
2017年09月30日 09:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最終目的地です(奥の院ピークより)
一ノ倉岳と茂倉岳
二人の協議に結果ここまで土樽(15:24発電車)への縦走は無し
ちょっと時間が早すぎた(駅での待ち時間が退屈)
天神下山の渋滞に備えて早目に下山予定
4
奥の院ピークより
休息場探しの妻をピークより覗いています
緑もきれいだ
2017年09月30日 09:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の院ピークより
休息場探しの妻をピークより覗いています
緑もきれいだ
6
振り返って両耳の斜面は紅葉
2017年09月30日 09:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って両耳の斜面は紅葉
15
休息場より岩稜線と
茂倉岳と一ノ倉岳
ぼつぼつと茂倉山頂に人影が
2017年09月30日 09:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休息場より岩稜線と
茂倉岳と一ノ倉岳
ぼつぼつと茂倉山頂に人影が
8
岩稜線の西側は
きれいなパッチワークが広がっています
2017年09月30日 09:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜線の西側は
きれいなパッチワークが広がっています
12
休息のひと時
岩が風を遮り温かい一等席を妻がゲット
2017年09月30日 09:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休息のひと時
岩が風を遮り温かい一等席を妻がゲット
6
朝日岳・白髪門の山並みがきれいです
白髪門の山頂付近が赤い
2017年09月30日 09:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳・白髪門の山並みがきれいです
白髪門の山頂付近が赤い
4
休息場所より
紅いパッチワークを楽しみながらおやつタイム(早昼タイム)
2017年09月30日 09:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休息場所より
紅いパッチワークを楽しみながらおやつタイム(早昼タイム)
6
一ノ倉稜線と岩肌は紅葉しています
ちょっと欲出して「ノゾキ」までと思いましたがそこへ行くと次が現れ結局通り抜けで土樽になってしまうので・・・見るだけ
2017年09月30日 09:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉稜線と岩肌は紅葉しています
ちょっと欲出して「ノゾキ」までと思いましたがそこへ行くと次が現れ結局通り抜けで土樽になってしまうので・・・見るだけ
6
主稜線は穏やかに晴れ渡っています
縦走組も稜線登山路に見えてました
2017年09月30日 09:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線は穏やかに晴れ渡っています
縦走組も稜線登山路に見えてました
7
いい眺めです
2017年09月30日 09:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい眺めです
4
一ノ倉へ続く稜線登山路
斜面はいい色してました
yasubeさん・yuri0522さんのように一ノ倉へは行きません(折り返し地点よりの眺めるだけ)
2017年09月30日 09:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ倉へ続く稜線登山路
斜面はいい色してました
yasubeさん・yuri0522さんのように一ノ倉へは行きません(折り返し地点よりの眺めるだけ)
7
いよいよラッシュアワーにもまれますかな?
ここはまだ、まだ別天地です、静かですよ!
2017年09月30日 09:40撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよラッシュアワーにもまれますかな?
ここはまだ、まだ別天地です、静かですよ!
5
まだ気づいていなかった
ラッシュの時間帯
この眺めにゆとりのゆったり感が漂っていました
2017年09月30日 09:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ気づいていなかった
ラッシュの時間帯
この眺めにゆとりのゆったり感が漂っていました
8
まだまだのんびりしたものです
見納めの紅葉見物が続きます
2017年09月30日 09:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだのんびりしたものです
見納めの紅葉見物が続きます
3
俺も記念写真に入ります
2017年09月30日 09:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俺も記念写真に入ります
11
この辺より両ピークに登山者の影が
忍び寄ってきていたラッシュ
2017年09月30日 09:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺より両ピークに登山者の影が
忍び寄ってきていたラッシュ
8
オキノ耳山頂はご覧の通り
即スルーで交わす・・・立ち寄れなかった!
2017年09月30日 09:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳山頂はご覧の通り
即スルーで交わす・・・立ち寄れなかった!
8
トマノ耳にも
もう、スルースルしかない
2017年09月30日 09:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳にも
もう、スルースルしかない
3
稜線で立ち止まって
見納めの紅葉を焦って見つめる
2017年09月30日 09:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線で立ち止まって
見納めの紅葉を焦って見つめる
11
オキノ耳を振り返る
青空と紅葉
2017年09月30日 09:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキノ耳を振り返る
青空と紅葉
3
稜線より紅葉の岩を見る・・・まだ余裕がありました
2017年09月30日 09:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より紅葉の岩を見る・・・まだ余裕がありました
3
トマノ耳をスルー中
2017年09月30日 10:01撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマノ耳をスルー中
2
立ち止まって一枚
再び行きたくなる主稜線
2017年09月30日 10:01撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち止まって一枚
再び行きたくなる主稜線
6
森さん(1000回おじさん)の気象観測道具があった所(小屋へ向かう分岐点)より山頂を見る・・・まだ余裕かな?
2017年09月30日 10:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森さん(1000回おじさん)の気象観測道具があった所(小屋へ向かう分岐点)より山頂を見る・・・まだ余裕かな?
5
肩の小屋より(下山体制準備期間)山頂を振り返る
小屋前ベンチはいっぱい
2017年09月30日 10:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
肩の小屋より(下山体制準備期間)山頂を振り返る
小屋前ベンチはいっぱい
5
小屋より主稜線・・・紅葉がきれいに見えるかなと思ったけど残念
2017年09月30日 10:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋より主稜線・・・紅葉がきれいに見えるかなと思ったけど残念
4
登って来る蟻(例えが悪いですね)の行列を見てビックリまだ想定内
しかし、天狗の留まり場の混みようを見てから異常さに気づく、下山できるか焦りが出てきた一瞬です。
2017年09月30日 10:30撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来る蟻(例えが悪いですね)の行列を見てビックリまだ想定内
しかし、天狗の留まり場の混みようを見てから異常さに気づく、下山できるか焦りが出てきた一瞬です。
5
もう写真をとる暇はない
振り返ってみます、うっすらと色づきだしています
2017年09月30日 10:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう写真をとる暇はない
振り返ってみます、うっすらと色づきだしています
2
爼倉稜線もきれいに見えます
もう写真を撮りながら降れる状態ではなくなりました
2017年09月30日 10:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼倉稜線もきれいに見えます
もう写真を撮りながら降れる状態ではなくなりました
2
西黒稜線を振り返ります
登山者の影は薄いようです
岩場の鎖場から熊穴避難小屋ちょと上まで鎖待ち渋滞が続いていました(12時山頂目標の登山者ですがいったい何時に登りつくことやら)
2017年09月30日 10:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西黒稜線を振り返ります
登山者の影は薄いようです
岩場の鎖場から熊穴避難小屋ちょと上まで鎖待ち渋滞が続いていました(12時山頂目標の登山者ですがいったい何時に登りつくことやら)
4
これは、ゆっくり歩けるようになった小屋下の天神尾根からです
2017年09月30日 11:12撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、ゆっくり歩けるようになった小屋下の天神尾根からです
2
田尻尾根に入って休息です
休息地より谷川岳を眺めます・・・また余裕が出てきました
2017年09月30日 11:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田尻尾根に入って休息です
休息地より谷川岳を眺めます・・・また余裕が出てきました
4
こちらは白毛門です
まだ滑り台は想定していない時間でした
2017年09月30日 11:27撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは白毛門です
まだ滑り台は想定していない時間でした
4
白毛門がだんだん高くなってきます
2017年09月30日 11:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門がだんだん高くなってきます
6
最後に谷川岳のアップ
今日一日付き合ってくれてありがとう谷川岳!
写真が多くてすみません…半分ぐらいはカットしましたけど?
2017年09月30日 11:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に谷川岳のアップ
今日一日付き合ってくれてありがとう谷川岳!
写真が多くてすみません…半分ぐらいはカットしましたけど?
16

感想/記録
by yasio

 天気予報は良かったものの、朝の内は雲が多めで気温も低く、歩くのは良い気候でしたけどやはり汗をかきます、まず鉄塔までですでに汗で濡れてきます、ここでいつもの休憩、
 
 樹林帯の急登を黙々と(ゆっくりペースで、足首の状態を確認しながら)登っていきます、急登を三回ほど繰り返すと岩場の展望地に出ます、ここで再び休憩(ここまで痛みなし)

 ストックをしまって岩陵歩きとなっていきます、鎖を3本ほどクリアして「ラクダの背」の到着、谷川岳の雄姿が目の前に現れ歓喜が上がります、期待していた紅葉はまだこの辺ではありませんし、山頂の紅葉も赤からどす黒い赤に見えていました、

 巖剛の出会いで、これからの登りに備えて休憩、これより谷川の本命の登りが始まります、でも登ってみると4つ足が功を制して思ったほどきつく感じなくザンゲ岩まで到着、ここでも休憩、ここからのふつうの登山路がきつく感じて肩の広場へ展望を見ながらゆっくり焦ることなく登っていきます、山頂で休んでいる登山者の姿を見ながら着実に山頂へ近づいていきます、

 山頂へ到着、数人しかいない朝の山頂(早出の得です)デメリットは、日が当たら無いので紅葉の輝きが今一、それでも主稜線、オキノ耳の西斜面は紅葉できれいです、人混みに山頂が隠れないうちにオキノ耳へ移動、

 山頂稜線は冷たい風が吹いていて先週とガラッと変わって寒い、ここの山頂で数人と話をして土樽へ抜けるか天神を下るかコースの確認会が始まる、取りあえずは奥の院まで行く事なっているみたいでした、一組だけが先へ進んで行きました、

 奥の院の岩陰で風を避けて休息、きれいな山頂からの眺めを堪能して(榛名の上に富士山、八ヶ岳、草津、苗場の後ろには北ア、東へ目を向ければ、馬蹄コースの一望その奥に、巻機、平が岳、会津駒、燧ヶ岳、至仏山、奥白根、武尊山、皇海、赤城、榛名と雲があるにもすごい展望、紅葉は一ノ倉の登り斜面は色づいていますが、茂倉方面はまだ色づきがないのでここで終了、

 下山は肩の小屋まで戻って天神尾根を降りますが、山頂は激混みでスルーして肩の小屋へ、ここで一枚脱皮して降りだすと登山路は登り蟻の行列状態、恐ろしい天神尾根の下りが始まりました、登山路の左側を下っていきます、

 途中ペンネームで呼ばれたような気がして振り返って尋ねてみたらダルマ弁当の雪だるま名人「いいグンマ」さんと初めての出会いが、そして連れのかわいい女子のペンネームを教えてもらいましたが忘れてしまっています、生の姿を見るとうれしいですね、このような出会いも素晴らしいことと思います(レコ初めてよかった)、

 後は渋滞渋、渋滞を右に見て登山路の端を落石しないように下って熊穴避難小屋へ、ここまで蟻の入る隙間もない位鎖場は小屋上まで動けない(山頂お昼ねらいの登山者ラッシュです)・・・下山時にはどうなるのでしょう???

 避難小屋より数がめっきり減って歩き易くなったものの、田尻尾根でスリップゾーンの下りで疲れました(田尻に入ってから足首に時々痛みが走りました)・・・無事下山。

ユリさん、ベンケイさんが予測していたとおり、いやそれ以上の激激込みの登山路(俺たちは下山路)、スライド待ちははしないように登山路の広い所ばかりなので登りが通らないちょっと危険な左側ばかり降って時間ロスなし

やはり山は早朝出でゆったりと過ごしたいですね

まとまりのない長文、お付き合いされましたありがとうございました。
訪問者数:662人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/20
投稿数: 32
2017/10/1 13:59
 お疲れ様でした
紅葉が始まっていますね。
谷川岳から見る俎瑤簔川連峰主稜線は、本当に美しいですよね。

私も以前、西黒尾根から登り、下山は激混みの天神尾根から田尻尾根へ下ったことがあります。
その時は、あまりの混雑に、仕方なく田尻尾根から下りました。

翌年、紅葉の時期に、平日に登ってみたら、人が少なくてとても静かでした。
(巌剛新道〜西黒尾根で、天神尾根は行きませんでしたが、、、)

奥様が、トラウマを克服できて良かったですね。
谷川岳は、これが最後と言わず、時期を変えてまた登ってくだい。

※私は、飼い猫の体調が悪く登山はしばらくお休みです。
登録日: 2014/9/30
投稿数: 1669
2017/10/1 14:18
 奥さんもお喜びでしたでしょう
yasioさん
朝早くからお疲れさまでした。
たぶん奥さんもお喜びだったことでしょう
谷川岳名物、人の多さは人気の裏返しですので気にしないでください。
冬などはトレースが出来てありがたいですね
奥様も滑落の経験者でしたか、
貴重な経験ですね。
それだけ慎重になれるので運転免許と同じですね。
ありがたいです。
アッ、バンザイ素敵でした。
恥ずかしげなのが良かったです。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 364
2017/10/1 20:11
 Re: お疲れ様でした
anomalo さん、コメントありがとうございます
また励ましのお言葉ありがたく、妻へ伝えておきます、
だいぶ、谷川岳はご無沙汰していましたので
今回のような人混みは始めて経験しました、
登山路もこんなに広くはありませんでしたがね?
妻も俺も今回の山行きでちょっと吹っ切れたかな、
anomalo さんの、愛猫(プロフィール写真の猫ですか)の回復を願っています
登録日: 2014/5/18
投稿数: 364
2017/10/1 20:37
 Re: 奥さんもお喜びでしたでしょう
iiyu さんコメントありがとうございます
やはり山は、早朝の出だしがいいですね、
メリットはいっぱいありました、(最近はちょっと出だし遅めです・・・妻より指摘在り)
あの万歳は、フッと山頂で「いい湯」さんの事を思い出して真似してみましたが
即席はうまくいかないものですね、
妻も、再出発の一歩を踏み出せたかな・・・そう願いたいです。
実は、俺の一番好きな山なんですよ、
春夏秋冬、山の表情の変化が、山への思を強くしてくれましたから
そして、谷川岳の主(当時は)とも気楽に声をかけられるようになったり、
雪で小屋内部まで埋まった肩の小屋を、必死で雪かきをやっていた外国人スキーヤーとの共同作業思い出します、人との触れ合い、助け合いなど、町で置き忘れたものがありました。
山はいいですね!
登録日: 2015/7/21
投稿数: 192
2017/10/1 20:49
 晴天と紅葉の谷川岳🍁
朝早くに谷川岳登るのは山頂のごった返しがないから大正解ですね(^ ^)
日が紅葉部分に当たる前に早めに登頂しちゃったから写真だと肉眼のように効用が映らないのが原因だったのかしら?

でも下山するときピークが混雑しているのみると朝早くの登頂がいいですよね!独占できるし♪
帰りは2つのピークはスルー、私も平日だけど同じようにさっさと帰りました。

奥さま西黒尾根で滑落経験あったんですね、それでも登山を続けているなんて素晴らしい!下から分明のチカラを借りずに偉い!気迫のある写真伝わりましたよ〜〜。奥さまによろしくお伝え下さい
(^ ^)
登録日: 2014/5/18
投稿数: 364
2017/10/1 21:15
 Re: 晴天と紅葉の谷川岳🍁
yuri0522さんコメントありがとうございます、
行って来ましたよ、谷川岳に、
(修正)滑落場所は残雪期の西黒は・・・恥ずかしながら俺
冬期の天神尾根で妻が滑落しています(以前死亡者が出ている付近です)
俺は後遺症は残っていないのですが・・・妻の後遺症は重症化してそれ以来谷川には一回ぐらいしか足を入れていませんでした、

今回は目を疑いました、だってしっかりと歩いて登っているのだもの、しかも妻のリクエストで(裏がありました、孫の運動会を見に行けなかったのが原因です・・・告白してきました山頂で)・・・これが引き金になって吹っ切れてもらいたいですね?

yuri0522さんの行った、焼額山も今回は候補に上がっていたのですが(俺の頭の中だけ)、妻の言葉にラッキーと思って即決でした、
焼額山は、まだお花なのですね、紅葉を期待していました、
この時期にするとお花は新鮮ですね!
登録日: 2016/3/2
投稿数: 163
2017/10/1 22:04
 封印なんて、勿体ないデス
やしおさん奥さまこんばんは(⌒‐⌒)。

過去の手厳しい谷川の記憶、
たくさん歩いてきたからこそなのですね

でもとてもいきいきと力強く歩まれていらっしやってすごいなぁと思います。
まだ山に行きはじめて日の浅いわたしには超尊敬でこざいます。

氷河跡の大の字ですが、
本日もしてまいりました。
学習能力といいますか、あほの一つ覚えも言いますかw


オキノ耳には寄りませんでしたので、そちらの紅葉もとってもいいですね

熊笹とのコントラストもよいですね(*´-`)
登録日: 2014/5/18
投稿数: 364
2017/10/1 22:52
 Re: 封印なんて、勿体ないデス
shiloko さんこんばんは、
コメントありがとうございます。
勝手にペンネーム出して、ごめんなさい、
氷河跡の岩に着いたら、ひょいと思い出して
やってみようか迷いましたが、登山者がいたので話だけでやめました、
それにしても良い天気で(早朝は雲が多めでしたが)素晴らしい山歩き
谷川岳を2人で歩いてこれました・・・正直言って
昨晩は登れるのか不安で熟睡はできませんでしたよ(10時には床に入ったものの
12時過ぎまで覚えていましたし、不安が幾つも脳裏に浮かんできて、目を閉じているだけ)
当日はリポ〇を飲んでもう一本(妻用)をザックに忍ばせての山歩きでした、
無事に下山できて、いくらか自信がよみがえったようです。
登録日: 2011/5/14
投稿数: 952
2017/10/2 14:31
 激込みの天神尾根下り
こんにちわ。
yasioさんも行かれましたね、谷川岳。しかも天神尾根〜田尻尾根下山。
あの時間帯、天神尾根を下るのはさぞや大変だったことと思います。私も経験あるので すれ違う大量の人に気を使い、頭痛に悩まされた経験があります。
田尻尾根下山、お疲れ様でした。
写真が無いということは苦戦されたのでしょうね。良かったです
登録日: 2014/10/13
投稿数: 1317
2017/10/2 15:37
 *山の出会い*
yasioさん、こんにちは(^ー^)
E-gunmaさんがyasioさんに気付き
突然でしたが
お声がけさせていただきました
clear-skyと申します

わたしがyasioさんにお会いしたのは
これで2回目なんですよ🎵
以前、joumouさんと野反湖へ行った時
駐車場でお会いしました

短い時間でしたが
お話しさせていただき
ありがとうございました(^∇^)

物凄い混雑でしたね(笑)
今回は、その混雑を避け
素晴らしい谷川岳の紅葉を堪能してきました

奥さまとの仲良しな雰囲気が
お会いしても、とても伝わってきました🎵
またどちらかでお会いしましたら
よろしくお願いします( ・∇・)
登録日: 2014/5/18
投稿数: 364
2017/10/2 22:02
 Re: *山の出会い*
clear-sky さんだったのですか、
こちらこそ失礼いたしました、ペンネームが、聴き取れなくてごめんなさい、
確かに、2回目ですよね、野反湖では夫婦と勘違いしましたし、
今回も、その部類です、
クリスカさんの感性には、毎回驚いています、ここ最近はヤマを離れていたのですね、復帰(3回目かな)好天に恵まれた山歩きでしたね、
ベッピンさんの写真を撮っておけばよかった!
登録日: 2014/5/18
投稿数: 364
2017/10/2 23:04
 Re: 激込みの天神尾根下り
yasubeさん こんばんは、
下山時の写真はあまり撮っていません、
人の数に圧倒されて、写真より、早く下山したくて(それしか頭の中にありませんでした・・・あとで妻に聞いたら同じでした)
田尻に入ってから少々最後の展望を撮りましたが、
滑り台に入ってからは、それどころではなかったです、妻と「冬季の下山の方が楽だね」と話ながら、時たま悲鳴がスリップサインが多く出ていました
でもお尻で滑ることなく、ゲレンデに出た時はほっとしましたよ、
後は、山の雰囲気がなく写真は封印したままで駅まで、
マァー激込みの天神下りは、想定はしてたもののそれ以上でした、
でも、土樽へ通り抜けしていたら、この時間で自宅まで戻れなかったでしょうね、
これはこれで正解でしたね・・・今回は。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ