また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1272700 全員に公開 沢登り谷川・武尊

谷川 上ノナメ沢〜赤谷川

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
 stk
天候快晴 夕方曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
GPSは上ノナメ沢遡行完了直前で切れて、以降は手書きです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7〜1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
14時間40分
休憩
1時間15分
合計
15時間55分
Sスタート地点05:2006:19いわお新道・中ゴー尾根分岐06:2707:28川棚沢出合07:2907:50上ノナメ沢出合08:0310:13二俣10:5311:53俎山稜最左端11:5714:02赤谷川14:0716:40オジカ沢ノ頭17:23中ゴー分岐17:2419:55いわお新道・中ゴー尾根分岐19:5821:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
上部の滝はヌメりが強い箇所多し
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 登攀具 ロープ30m

写真

谷川川棚沢出合。朝日で鮮やかな色出てます
2017年09月30日 07:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川川棚沢出合。朝日で鮮やかな色出てます
1
上ノナメ沢出合到着
2017年09月30日 07:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上ノナメ沢出合到着
大岩の右からだとシャワー。左から行きます
2017年09月30日 08:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の右からだとシャワー。左から行きます
滝が続きます
2017年09月30日 08:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝が続きます
1
stkは巻き。
2017年09月30日 08:17撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
stkは巻き。
1
yoshiさんは滝へ
2017年09月30日 08:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yoshiさんは滝へ
1
かなりシャワーだったとの事(笑)
2017年09月30日 08:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりシャワーだったとの事(笑)
3
すぐ次の連瀑帯
2017年09月30日 08:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ次の連瀑帯
1
またその次
2017年09月30日 08:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またその次
休むヒマなし(笑)
2017年09月30日 08:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休むヒマなし(笑)
1
後は阿能川岳かな
2017年09月30日 08:33撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は阿能川岳かな
1
岩の下から滝の右上目指すが、フリーでは高度感あるしヌメりも怖い。右岸巻き
2017年09月30日 08:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の下から滝の右上目指すが、フリーでは高度感あるしヌメりも怖い。右岸巻き
1
明るくなってきました
2017年09月30日 08:55撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るくなってきました
1
ここらは谷川らしい大岩の滝
2017年09月30日 08:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらは谷川らしい大岩の滝
左スラブは急すぎるので、右上のスラブを狙う。
2017年09月30日 09:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左スラブは急すぎるので、右上のスラブを狙う。
1
左岸は立ってます。
2017年09月30日 09:19撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸は立ってます。
2
スラブ帯。左側を流れる上から2番目の滝
2017年09月30日 09:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブ帯。左側を流れる上から2番目の滝
1
スラブ帯、右側を流れるナメ滝
2017年09月30日 09:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スラブ帯、右側を流れるナメ滝
1
上から2番目の滝は、すぐ右の階段状を快適に(最上段は左岸巻き)
2017年09月30日 09:24撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から2番目の滝は、すぐ右の階段状を快適に(最上段は左岸巻き)
気持ちいいです〜
2017年09月30日 09:25撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいいです〜
2
ここまでほとんど河原がない。これもヌメってしぶい
2017年09月30日 09:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでほとんど河原がない。これもヌメってしぶい
2
開けてきました
2017年09月30日 09:40撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けてきました
1
スゴいヌメりの滝。左から巻いている最中に滝右側を直登するyoshiさんを撮影。スゴイな〜
2017年09月30日 09:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スゴいヌメりの滝。左から巻いている最中に滝右側を直登するyoshiさんを撮影。スゴイな〜
3
マッカケ岩
2017年09月30日 09:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マッカケ岩
そろそろ水量は減ってきます
2017年09月30日 10:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ水量は減ってきます
1
生命力を感じる木がポツンと
2017年09月30日 10:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生命力を感じる木がポツンと
2
二俣。右俣をいったん目指すが時間を要しそうで取り止め。
2017年10月14日 00:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣。右俣をいったん目指すが時間を要しそうで取り止め。
二俣全景。左俣を左から巻き、右俣へ戻った
2017年10月01日 18:13撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二俣全景。左俣を左から巻き、右俣へ戻った
さあ紅葉写真撮影会開始〜
2017年09月30日 10:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ紅葉写真撮影会開始〜
稜線は色づき最高
2017年09月30日 11:01撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線は色づき最高
5
俎山稜へのツメはどこもキツイそうです
2017年09月30日 11:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎山稜へのツメはどこもキツイそうです
5
こっちもキレイ
2017年09月30日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちもキレイ
3
大分上がった
2017年09月30日 11:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分上がった
4
もうちょい
2017年09月30日 11:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょい
2
頑張りましょう〜
2017年09月30日 11:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張りましょう〜
ホントキレイだ〜
2017年09月30日 11:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホントキレイだ〜
4
爼山稜は絶壁
2017年09月30日 11:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爼山稜は絶壁
5
黄金の草原をいく
2017年09月30日 11:47撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金の草原をいく
川棚ノ頭。爼山稜は紅葉最盛期かも
2017年09月30日 11:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川棚ノ頭。爼山稜は紅葉最盛期かも
8
稜線でました
2017年09月30日 12:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線でました
2
背丈ほどの笹薮をグングン降りる
2017年09月30日 12:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈ほどの笹薮をグングン降りる
沢下降では懸垂4回くらい。これは2回目の
2017年09月30日 12:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢下降では懸垂4回くらい。これは2回目の
1回目の懸垂滝を振り返る。
2017年09月30日 12:46撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1回目の懸垂滝を振り返る。
1
懸垂3回目?この後ロープがスタック。yoshiさんフリーで降りる羽目に。
2017年09月30日 13:18撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂3回目?この後ロープがスタック。yoshiさんフリーで降りる羽目に。
対岸の山々もキレイです
2017年09月30日 13:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の山々もキレイです
だいぶ降りてきた
2017年09月30日 13:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ降りてきた
渋いところをクライムダウン
2017年09月30日 13:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋いところをクライムダウン
2
ようやく赤谷川に降り立ちました。そこで
2017年09月30日 14:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく赤谷川に降り立ちました。そこで
1
「超」偶然の出会い。ドウドウセンを単独(!)遡行してきたFumiya2012さん。
ここで人同士 出会う確率0.000001%もないだろう
2017年10月14日 00:09撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「超」偶然の出会い。ドウドウセンを単独(!)遡行してきたFumiya2012さん。
ここで人同士 出会う確率0.000001%もないだろう
Fumiyaさん、今日は桃源郷で幕営だそうです
2017年09月30日 14:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Fumiyaさん、今日は桃源郷で幕営だそうです
2
水の流れは穏やかです。ゴルジュですが
2017年09月30日 14:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水の流れは穏やかです。ゴルジュですが
1
この後やや側壁が立ってくる
2017年09月30日 14:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後やや側壁が立ってくる
2
いい雰囲気
2017年09月30日 14:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい雰囲気
5
楽しく遡行できます
2017年09月30日 14:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しく遡行できます
1
体がやや冷えたので日が欲しい
2017年09月30日 14:16撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体がやや冷えたので日が欲しい
2
右岸を巻くように
2017年09月30日 14:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸を巻くように
1
たまに滝もあります
2017年09月30日 14:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに滝もあります
2
あの向こうなら日が差すかな?
2017年09月30日 14:28撮影 by COOLPIX S30, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの向こうなら日が差すかな?
いよいよ「小川」の雰囲気
2017年09月30日 14:53撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ「小川」の雰囲気
1
山々に囲まれた楽園。
2017年09月30日 15:20撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山々に囲まれた楽園。
1
ミニゴルジュ
2017年09月30日 15:25撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミニゴルジュ
2
右がたどってきた赤谷川本谷。左は枝沢。ちょい奥にデカめの滝が見える。
2017年09月30日 15:29撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右がたどってきた赤谷川本谷。左は枝沢。ちょい奥にデカめの滝が見える。
1
日が暮れる。。茂倉岳は強い赤色を発していた
2017年09月30日 17:10撮影 by KeyMission 170, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が暮れる。。茂倉岳は強い赤色を発していた
4
遡行図
初めて書いたので完成度は低いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遡行図
初めて書いたので完成度は低いです
5

感想/記録

上ノナメ沢:3級(なんちゃって沢屋の主観的グレード)
出合から稜線まで滝がひたすら続く急峻な沢。二俣の両門の滝を除けば、快適に登れるものが多く、巻きも容易なため、技術的には2級上くらいだと思います。下山が俎山稜であり、全体として行程が長いため3級としました。
両門の滝では本流筋である右俣の30m滝には水が流れてますが、左俣の50m滝は水が滴る程度です。左俣は直瀑系で登攀不能。右俣は左から落ち口に向かってバンドが延びているので登れるかも知れません。試みましたが、外斜バンドで滑りやすく、ランニングも取りにくいので断念しました。
巻きは左の涸れ沢。すぐに藪になってしまうので藪漕ぎしながら滝上を目指します。
藪を抜けると源頭部の草付き露岩帯となるので左俣をまたぎ、右俣に移ります。左俣は稜線直下が岩壁であるため、コルに詰め上げる右俣を選択しました。

下山は俎山稜か、コルの北側の沢を下降し赤谷川本谷を詰める、の2つが考えられると思います。俎山稜は意外と時間がかかるので赤谷川本谷の方が早いかも知れません。ただ本谷との出合には20〜30mクラスの滝がかかっていたので注意が必要です。
ちなみに今回は赤谷川本谷の美しい部分を楽しもうとゴルジュ出口に下りる沢を選択したつもりでしたが、何故か下降する沢を間違えてゴルジュのど真ん中に下りる沢を下降してしまいました(情けない・・・)この沢は4,5回懸垂下降が必要な個所が出て来るので下降には向いていません。

感想
俎山稜の沢は、オジカ沢・鷹ノ巣沢C沢・川棚沢(・谷川本谷)と遡行しており、どれも魅力的である。急峻で大岩壁がそびえる。ロケーションも良い。
今回の上ノナメ沢も同じように素晴らしい沢でした。奥深いところにあり、下山も大変ですがお勧めです。
web上ではほとんど記録を見かけない沢なので初めて遡行図を書いてみました。参考にしていただければと思います。

感想/記録
by stk

俎瑤琉貳嶌犬諒へ突き上げる上ノナメ沢遡行。時間あれば赤谷川へ繋ぐ沢旅へ行ってきました。
天気は最高!予報通りの晴天でさくさく進んでいきます。冷え込み厳しくヒルは皆無。
上ノナメ沢出合のちょい下は、谷川本谷中退時の幕営スポットだったのでこのあたりはよく覚えている。
出合からいきなり滝の連発となる。その名の通りナメ連瀑が数多くかかっている。全体的にヌメりが強いので気を使うところが多い。とはいってもそれほど難しい滝は無く、今期訪れたススケ沢や井戸小屋沢に較べて「とても快適」。南向きの沢なので明るくて気持ちよい遡行だ。一か所ロープ、一か所でお助けもらう。巻きは藪が多いが、おかげで安定している。タイムロスはそれほどなく順調に詰めへ。今日は藪をこぐ事が何度かあったが、クマザサの扱い方が少し分かったような気がした。俎稜線は紅葉が最盛期! 何度も足を止め写真を撮る。PLフィルター無いのだけ残念だが、キレイに撮れたと思う。
そして黄金色の草原をあがると稜線だ。谷川のど真ん中といえる場所で山々に囲まれて気持ちのよい場所だ。赤谷川の流れも見えた。
早速沢下降開始。藪の下降はあっという間。沢型もすぐ見つかり順調に見えたが、割とクライムダウンする箇所多い。さらには懸垂下降必須な滝もちらほら。この沢の水は「激」が付く冷たさ!こんな冷たいのは初めてかも。。やや苦労しつつも赤谷川本谷にようやく降り立つ事ができた。
この時気づいてはいなかったが、予定より一本南の左岸沢に降り立ったようだ。稜線出た時に1回でもルート確認すれば防げた気がする。あまりの解放感と先を急ぐ気持ちではしょってしまい反省。
なのでゴルジュをへつって進んでいく。それほど難しい場所はないが、深いところに落ちると寒いので注意。しばらく行くと水流はほぼ平になって小川の雰囲気になる。日も差してきて気持ちよい場所。山々に囲まれた桃源郷といっていい場所だ。今度はのんびり幕営でもしてみたい、そんな場所だ。
密藪を突破し稜線に突き上げると国境稜線だ。谷川岳以西の国境稜線は初めて。中々いい眺めだ。ただ風が強くて寒いし、もうだいぶいい時間だ。さっさとオジカ沢ノ頭〜中ゴー分岐へ。下降中に日没までは想定内だったが、ヘッデンがかなり早い段階で電池切れ+予備忘れという悲劇。二人で一灯での下降となり時間かかってしまいました(すみません)。さらになんと、寒さで活動停止したと思われるヒルに1か所やられるなどして、二俣までのルートは通算ヒル被害回数No.1かも。。
色々あり長時間行動とはなりましたが、今回のルートは抜群にすばらしいところでした。あんな険しい沢の奥にあんなゆったりした流れがあるなんて。数年したらまた行ってみたい場所になりました。
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/17
投稿数: 2472
2017/10/1 21:32
 40代
こんばんは。
お二方の直近3本。
う〜ん、マンダム

一番動けるのは40代です。
どんどん稼いでください
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1366
2017/10/1 21:52
 Re: 40代
gankoyaさんのようにいつまでも元気に山を楽しみたいのですが、私の場合は50までかなと思っています。体力が落ちちゃうんじゃないかな・・・と
なのであと5年いろいろ行くつもりです。何としても5年以内に利根川本谷だけは片づけたいです
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 937
2017/10/1 22:25
 Re: 40代
直近2本は足攣りに悩まされましたが、今日はファイントラックL1,L2の2枚重ね、OS-1(経口補水液)、ミネラルゼリーで意外に動けました。シャワーが無かったせいもあるかな?でも赤谷川の枝沢の水はヤバすぎる冷たさでした。頼れるものを使いまくり買いまくりで加齢の衰えをしのぎます!
登録日: 2010/6/27
投稿数: 341
2017/10/7 0:22
 Re[2]: 40代
うふふ、あなた達はまだ加齢とは縁なしだよ。
俺もgankoさんもまだ頑張りますよ!
ランニング、筋トレ、水泳、バイクは処分したけど…
(*Θ_Θ*)/
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 937
2017/10/7 1:13
 Re[3]: 40代
sawadonさん、こんばんは〜
いえいえ、劣化はやはり感じますよ!土曜の遡行で木曜まで筋肉痛でしたし
普段の体力維持トレをこれからはしないと、週イチのヤマのみでは厳しそうな感触をもってます。
まぁ水泳は好きなんでやるかなぁ〜〜(長続きしなそうな予感いっぱいですがw)
登録日: 2009/5/8
投稿数: 1366
2017/10/7 10:19
 Re[4]: 40代
sawadonさんやgankoyaさんは元々持っているものが違うんだろうなあ、と思う時があります。こちらは劣化が激しそうです・・
あと5年ほどがんばってみます
維持の為に走ろうかなあと思いつつ何年も経つ・・・

取りあえず、現在は週に2回のジムワークと通勤の往復17kmサイクル。あとは学生時代から続けている両足にパワーアンクルを2kgずつ着けて生活しているくらいですね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ