また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1275604 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿鎌ヶ岳:松山谷〜ニゴリ谷

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雨乞岳登山口の稲ヶ谷入口駐車スペースに駐車。
5台ほど駐車可。
(JUNDr)帰還後駐車地脇の沢で洗い物をしていたら7mm位の小さなヒルに噛みつかれましたがすぐに気づき叩き落とした。わずかな流血で済みました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
33分
合計
6時間6分
S稲ヶ谷登山口06:4610:18鎌ヶ岳10:4410:47岳峠10:4910:50県境縦走路・雲母峰道分岐10:5412:50稲ヶ谷登山口12:5112:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西鎌尾根はまじやばい。
もうしばらくで通過不能。
(JUNDr)複数で行きましょう。古いトラロープ2本が掛かっていますが、やや不安。できればロープ確保が望ましい。単独で落ちたら誰にも発見されないかも・・・
その他周辺情報湯の山にある「希望荘」で日帰り入浴。
大人600円。(タオル付)
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット ロックカラビナ カラビナ スリング 渓流シューズ ルート図

写真

すぐに一つ目の堰堤
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに一つ目の堰堤
1
N田さん慎重にへつる
落ちたら寒いよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
N田さん慎重にへつる
落ちたら寒いよ
1
手がかり足がかりはしっかりあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手がかり足がかりはしっかりあります
3
白い花崗岩が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い花崗岩が続く
3
ここも右から簡単
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも右から簡単
1
10m2段の滝はこの谷の主役ですが、ガバ・ステップ豊富で登りやすい。確保練習もかねてロープを下す(J)
2017年10月01日 08:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10m2段の滝はこの谷の主役ですが、ガバ・ステップ豊富で登りやすい。確保練習もかねてロープを下す(J)
5
本日、腰痛で腰が重たいNさんも安心して登れました(J)
2017年10月01日 08:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日、腰痛で腰が重たいNさんも安心して登れました(J)
2
最後まで慎重に(J)
2017年10月01日 08:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで慎重に(J)
2
多分ここに滝があったのだろうが
ガレで埋まったと思われる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分ここに滝があったのだろうが
ガレで埋まったと思われる
1
西鎌尾根の本日最大の核心部
こんなところ歩ける?
(J)写真以上にやばいリッジになっていました。何よりも鈴鹿特有の崩れそうなザレで崩壊しそうな雰囲気が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西鎌尾根の本日最大の核心部
こんなところ歩ける?
(J)写真以上にやばいリッジになっていました。何よりも鈴鹿特有の崩れそうなザレで崩壊しそうな雰囲気が・・・
2
立って歩くことは不可能
ジェットコースター以上に怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立って歩くことは不可能
ジェットコースター以上に怖い
5
下に見えるは下降で使うニゴリ谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に見えるは下降で使うニゴリ谷
1
鎌ヶ岳から水沢岳への稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳から水沢岳への稜線
2
御在所岳山頂は雲が若干掛かる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂は雲が若干掛かる
1
ニゴリ谷はこの道標の裏側へ進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニゴリ谷はこの道標の裏側へ進む
1
ここが岳峠(最低鞍部)からニゴリ谷への下行路。踏み跡・テープは豊富(というより多すぎて、ちょっと・・・)(J)
2017年10月01日 10:50撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが岳峠(最低鞍部)からニゴリ谷への下行路。踏み跡・テープは豊富(というより多すぎて、ちょっと・・・)(J)
1
もう少しで紅葉のシーズンですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで紅葉のシーズンですね
1
(J)初めて見る鎌ヶ岳の角度は新鮮です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(J)初めて見る鎌ヶ岳の角度は新鮮です
1
(J)ゴーロ帯の歩きが続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(J)ゴーロ帯の歩きが続く
1
ニゴリ谷はナメの連続
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニゴリ谷はナメの連続
1
滝らしい滝は全くありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝らしい滝は全くありません
2
朝は若干寒かったが、下山時はドボンもありぐらいの気温
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は若干寒かったが、下山時はドボンもありぐらいの気温
1
でもここまで来て濡らさない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもここまで来て濡らさない
3
(J)水はきれいで魚影も豊富
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(J)水はきれいで魚影も豊富
2
ニゴリ谷も見事な花崗岩でいっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニゴリ谷も見事な花崗岩でいっぱい
1
(J)先週の転落の影響も残っているのか実は私も腰が重くなってきていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(J)先週の転落の影響も残っているのか実は私も腰が重くなってきていました
1
(J)綺麗な流れに癒されて・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(J)綺麗な流れに癒されて・・
1
ピンボケだが、駐車地にアケボノソウらしき花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケだが、駐車地にアケボノソウらしき花
1

感想/記録
by ktn92

今回もいつもの中高年3人の沢旅である。
最近寒くなってきて、冷たい水に浸かる沢は止めましょうといったところで、水の少なそうな鎌ヶ岳松山谷を目指す。
駐車地から河原へ下りるポイントが分かり難かったが、手作り梯子が掛かっていたところから川へ下りる。
本流から進むことしばらくで堰堤が2か所。
最初は左岸を巻くが、鹿除けネットに邪魔される。
少々高巻いて進むと2つ目の堰堤。
ここは左岸を最短で巻いた。
何となく左沿いに進むと知らぬ間に水量谷に入り込んだと分かり引き返して正しい松山谷へと入っていく。
水量がほとんどないので、二股なのだが分かり難いだろう。
すぐに3段25mの滝だが、すんなりと直登。
一応ロープは出したが、後続もそれほど難儀することなく突破。
小滝が少々、ちょっと大きめの滝が3か所ほど通過し、いきなりガレガレで行き止まりのようになった。
手前の右岸滝を登り、西鎌尾根稜線を目指して進むと、あっけなく稜線に到着。
西鎌尾根の薄い踏み跡のアップダウンを繰り返しながら進むと本日の核心部に到着。
右も左も真っ逆さまのザレザレナイフリッジでひ弱そうなトラロープが掛かっていたが、絶対に歩いては通過できない。
一人づつスリングで確保しながら、馬乗りで進み、何とか全員突破。
ここはもうしばらくで絶対に通れなくなりますね。
今でも登山地図にはルートとしては記載されてませんから、単独では危険すぎます。
山頂に到着すると結構な人が繰り出していた。が、沢装束は他にいません。
山頂で少し休憩し、ニゴリ谷へと進む。こちらはそれなりにテープがあり、踏み跡もそれなりに判別できる感じで、しばらく進むと水が現れてきた。
ニゴリ谷は滝がほとんどなく、綺麗なナメ床の多い美渓でした。
本日は、若干物足らない感じでしたが、沢旅の時期ももう終わりに近いので、お二人とももう少しだけ沢遊びお付き合い願います。


感想/記録
by JUNDr

今回は2週間前に計画し、鈴鹿スカイライン通行止めで断念したリベンジ山行です。コースは易しい沢ですが、稜線歩き〜下降に時間がかかる可能性ありで、やや早めの7時に出発。沢は困難も無く順調に遡行。見どころの滝は2か所。いずれも登りやすい滝でした。稜線歩行が急傾斜〜ザレのリッジでここが本コースの核心。ザレのリッジは子供の頃作った砂の山みたい崩れそうな状態。古いトラロープも信用しきれないが、カラビナスリングをかけて慎重に通過した。鎌ヶ岳山頂には多くのハイカーの声。天候は”行楽日和”のはずが思ったよりも早く雲が流れてきた。しばし休憩した後はさあ降りましょう。ガレ沢を降りて水が出てきたところで沢装束に・・あとはメロウな流れの沢を降りるだけ。適当にショートカットして道路に飛び出し、駐車地へ・・・今日も半日、楽しめました。同行いただきましたみなさん、ありがとうございました!
最近重荷や長躯歩行を全くしていないので、山スキーシーズンに対応できるかどうかが心配でもあります。自宅に帰って、15團競奪で荷重をかけて歩く練習をしてみたところ、再び腰、やられちゃいました。翌く月曜日は針治療。やばいよやばいよ〜〜
体力低下・腰痛・・・山に対する自信が無くなってきた今日この頃です。
訪問者数:268人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ