また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276058 全員に公開 ハイキング奥秩父

北奥千丈岳〜金峰山 深夜の駐車場でのアイドリングはやめてください!

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
川上村から大弛峠の道は狭いダートコースで落石もあるようで大変危険な上に4WD車でないと通行は困難です。
深夜0時の段階で大弛峠駐車場はちょうど満車。仕方なく川上村側の砂利道へ駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
2時間55分
合計
9時間59分
S大弛峠07:1307:55前国師ヶ岳08:0008:16三繋平08:22北奥千丈岳09:1009:35夢の庭園09:4109:57大弛峠10:41朝日峠10:4311:21朝日岳11:3012:43金峰山12:4512:55五丈石12:5713:05金峰山14:1515:02鉄山15:2316:00朝日岳16:0516:35朝日峠16:4017:10大弛峠17:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大弛峠から北奥千丈岳はほとんど木道で歩きやすく危険個所無し。
金峰山への道もそれほど危険個所はありませんが、山頂付近は大きな岩と岩と歩く形になるので注意が必要です。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ アマチュア無線機

写真

まずは北奥千丈岳に向かいます。
2017年10月01日 07:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは北奥千丈岳に向かいます。
こんな木道が続きます。割りと歩きやすい。
2017年10月01日 07:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな木道が続きます。割りと歩きやすい。
1
途中で見えた金峰山。あとで行きますよ〜。
2017年10月01日 07:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見えた金峰山。あとで行きますよ〜。
前国師岳ちょっと手前でカメラマンさんが富士山撮影に夢中でした。たしかにこのあたりがベストポジションのようです。
2017年10月01日 07:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前国師岳ちょっと手前でカメラマンさんが富士山撮影に夢中でした。たしかにこのあたりがベストポジションのようです。
前国師岳到着。
2017年10月01日 07:55撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前国師岳到着。
金峰山。あそこまで歩くのかぁ。
2017年10月01日 08:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山。あそこまで歩くのかぁ。
2
国師ヶ岳への分岐。今回は国師ヶ岳は見送り。
2017年10月01日 08:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師ヶ岳への分岐。今回は国師ヶ岳は見送り。
北奥千丈岳到着。3年ぶりです。
2017年10月01日 08:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北奥千丈岳到着。3年ぶりです。
夢の庭園。
2017年10月01日 09:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夢の庭園。
夢の庭園から金峰山方面。ガスってて見えず。
2017年10月01日 09:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夢の庭園から金峰山方面。ガスってて見えず。
紅葉はもうすぐ終わりかも。
2017年10月01日 09:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はもうすぐ終わりかも。
では、金峰山に向かいます。
2017年10月01日 09:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、金峰山に向かいます。
急登もなく割りと歩きやすい道。
2017年10月01日 10:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登もなく割りと歩きやすい道。
朝日峠。
2017年10月01日 10:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日峠。
朝日岳手前の岩場から見た国師ヶ岳と北奥千丈岳。
2017年10月01日 11:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳手前の岩場から見た国師ヶ岳と北奥千丈岳。
同じく朝日岳手前より。このルートではここが一番景色の良い場所でした。
2017年10月01日 11:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく朝日岳手前より。このルートではここが一番景色の良い場所でした。
見渡す限り山・山・山・・・。全部登りたい!
2017年10月01日 11:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見渡す限り山・山・山・・・。全部登りたい!
北側の写真ばかりですが、実は南側(甲府市側)はガスってて何も見えないのでした。
2017年10月01日 11:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側の写真ばかりですが、実は南側(甲府市側)はガスってて何も見えないのでした。
朝日岳到着。ひとやすみ。
2017年10月01日 11:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳到着。ひとやすみ。
金峰山方面。
2017年10月01日 11:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山方面。
1
賽の河原。山頂はもうすぐ?
2017年10月01日 12:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原。山頂はもうすぐ?
まだずっと先じゃないですか・・・。
2017年10月01日 12:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだずっと先じゃないですか・・・。
あともうちょい。
2017年10月01日 12:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あともうちょい。
着いた〜!
2017年10月01日 12:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた〜!
五丈岩、でかい!
2017年10月01日 12:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩、でかい!
近づいてみました。
2017年10月01日 12:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいてみました。
せっかくなのでタッチ!
2017年10月01日 12:57撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなのでタッチ!
登ってる人いるし。大丈夫か!?おい!
2017年10月01日 13:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってる人いるし。大丈夫か!?おい!
あとで写真撮ろうと思ってたら見る見るガスって来るし。
2017年10月01日 14:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとで写真撮ろうと思ってたら見る見るガスって来るし。
ほとんど何も見えない。急いで下山します。
2017年10月01日 14:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど何も見えない。急いで下山します。
せっかくなので鉄山にも来てみました。「くろがねやま」って読むんですね。
2017年10月01日 15:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので鉄山にも来てみました。「くろがねやま」って読むんですね。
朝日岳手前の登り返し。これがキツイ。大弛から金峰山へのルートで帰りのこの登り返しがいちばんキツイです。
2017年10月01日 15:53撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳手前の登り返し。これがキツイ。大弛から金峰山へのルートで帰りのこの登り返しがいちばんキツイです。
なんとか朝日岳到着。
2017年10月01日 16:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか朝日岳到着。
朝日岳手前の展望ポイント。下山時にはガスっててなんも見えずでした。
2017年10月01日 16:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳手前の展望ポイント。下山時にはガスっててなんも見えずでした。
大弛峠着。車はほとんどおらず。ガスってて帰りの運転注意。
2017年10月01日 17:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠着。車はほとんどおらず。ガスってて帰りの運転注意。
撮影機材:

感想/記録

前日は烏帽子岳から湯丿丸山を周りました。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1275888.html
そして今回、実は空木岳と迷ったのですが、前日の湯丿丸山の急登が思いの外キツく、これで空木岳は無理と判断し、やはり行ってみたかった金峰山を目指しました。
北奥千丈岳は3年前に国師ヶ岳と一緒に登っています。
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-545133.html

さて、深夜0時頃に大弛峠に到着しましたが、ちょうど駐車場は満車。仕方なく川上村側の砂利道に車を停め、そして車中泊・・・・・と思っていたら、次に登ってきた軽のワンボックスが私の右隣に停まりました。しかし一向にエンジンを切る様子がありません。そして1時間ほどすると今度は大型のワンボックスが私の左隣につけ、こちらもずっとアイドリングのまま。
気になりましたが、とにかく寝ちゃえばわからなくなる・・・と思い、寝ようとしましたがやはりうるさくて全く眠れません。
しばらくして軽ワンボックスのほうはエンジンを切ったようですが、左隣の大型ワンボックスがずっとアイドリングのままだし、時折大声で大爆笑が聞こえるし、時間を見ると1:50。正直ブチキレまして、車から出て大型ワンボックスの窓をコンコン。
びっくりされてましたが、出来るだけ角が立たないように「あの〜、すみませんけど、アイドリング止めてもらえますか?」と言うと、助手席の男性が「は?」と聞き返してきたので押さえていたものがキレそうになり、「エンジン止めてもらえますか?うるさくて全然寝れないので」と言うと、「あ、すみません」と運転席側の人がすぐにエンジンを切ってくれました。
むしゃくしゃした気持ちでシュラフに戻り、やっと静かになったところでようやく寝れる・・・と思ったのもつかの間、今度は右隣の軽ワンボックスが再びエンジンをかけ始めました。
また出て行って文句言うのも嫌なので、とにかく頑張って寝ることに。
すると、しばらくエンジンを切ってくださってた左隣の大型ワンボックスもまたもやエンジンをかけ始め、両側からアイドリング攻撃です。
いいかげんにしてくれ〜!
時計を見ると3:50。
さすがにブチキレ、自分が動くことに。
10台分くらい川上村側に下り、空いているスペースに車を入れ、そこでやっと寝ることが出来ました。
結局朝6時頃に他の登山者さんの話し声で目が覚め、もうこれ以上寝ることは無理と判断し、自分も準備を始めることにしました。
睡眠時間約2時間です。

自宅から遠い山とかは大抵登山口の駐車場で前泊するのですが、必ずと言っていいほど1台か2台くらいはアイドリングのまま寝ている人がいます。
中には盗難防止のアラームでけたたましくクラクションをならしてしまう車もあり、その度に目を覚ましてしまうのですが。
今回は運悪くアイドリングの車2台に挟まれてしまい、おかげでほとんど睡眠をとらずに山に登ることとなりました。

きっとエンジンかけてヒーターを入れないと「寒くて寝れない」のでしょう。
しかし、登山口の駐車場って、ほとんどが高地にあるため寒いのは当たり前です。それを予測せずに防寒の準備もせずに来られたのでしょうか。
最近の車は排出ガスも少なく、即自然破壊につながるというわけではないかもしれませんが、それでもマフラーから出る排気ガスをモロに草木に噴射しているということがどういうことかは、山を愛する人ならわかることではないでしょうか?

大弛峠にかぎらず、登山口駐車場での長時間のアイドリングはぜひ禁止にして欲しいと心から願います。


と、長々と文句を書いてしまいましたが、軽く山行の感想など。
午前中は天気が良かったため、そこそこ眺望がたのしめましたが、南側が早くからガスってきて、富士山がほとんど見えませんでした。
金峰山では着いたばかりの頃はまあまあ見えてましたが、次第にガスが濃くなり、14時には全く何も見えなくなりました。そのため写真もほとんどありません。

金峰山への道のりは、往きはそれほど急登もありませんが、朝日岳からすぐにものすごい急な下り坂になります。これが下山時にはかなりキツい坂となります。おそらく大弛峠からのコースの中でいちばんの難所かもしれません。

五丈岩に登っている人が何人かいましたが、よく事故が起こっているそうなので危険なマネはやめたほうがいいでしょう。

朝日岳の手前あたりで、熟年女性二人組を追い越しましたが、そのうちの一人は割りと山になれている様子ですが、もうお一人は初心者なのかとにかく体力が限界という感じでやっと歩いている様子でした。
あの段階で15:30頃だったと思うのですが、あのガスの中、朝日岳手前の急登を越えることが出来たのか、そして、明るいうちの大弛峠着は無理だと思うのですが、無事に下山出来たのか、それが気になります。
訪問者数:307人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ