また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1278387 全員に公開 ハイキング比良山系

楊梅の滝からリトル比良経由で神璽滝へ

日程 2017年10月04日(水) [日帰り]
メンバー
天候午前中 曇り、北風強し、午後 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
名神吹田IC~京都東IC~湖西バイパス〜北小松駅
北小松駅の無料駐車場に車を置いて、帰りは比良駅から北小松駅へ電車で戻る

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
楊梅の滝〜涼峠:沢を遡上しましたが、登山靴でいけます
涼峠〜ヤケオ山〜釈迦岳〜八雲ケ原:踏み跡は明瞭
神璽谷:下りに利用することはお勧めしません。とりわけ蟻地獄の先は狭い部分は要注意。また、いくつもの砂防ダムを巻くためにルートが右岸、左岸ところころ変わるので、テープ、ペイント等の目印を見逃さないように。
滋賀県はインターネットで登山届が提出できます。
 「滋賀県警察の広場」で検索(中段右側)
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

7:10 北小松駅を出発
駅前の無料駐車場に車を置かせてもらいました。
2017年10月04日 07:10撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:10 北小松駅を出発
駅前の無料駐車場に車を置かせてもらいました。
7:30 楊梅の滝の入口
ここにも6〜7台の駐車スペースあり。橋を渡らず、右の石段を登っていきます。登山箱、あったっけ?
2017年10月04日 07:29撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:30 楊梅の滝の入口
ここにも6〜7台の駐車スペースあり。橋を渡らず、右の石段を登っていきます。登山箱、あったっけ?
7:36〜7:39 雌滝(15m)
前日の雨で水量は多め?
2017年10月04日 07:39撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:36〜7:39 雌滝(15m)
前日の雨で水量は多め?
雌滝下で渡渉して右岸から雌滝を巻き、長い鉄梯子が見えたところで、右の流れの方を見ると鉄製の小橋がある。
2017年10月04日 07:42撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雌滝下で渡渉して右岸から雌滝を巻き、長い鉄梯子が見えたところで、右の流れの方を見ると鉄製の小橋がある。
7:42〜7:46 薬研滝(21m)
数段の滝が連なっています。
2017年10月04日 07:43撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:42〜7:46 薬研滝(21m)
数段の滝が連なっています。
左岸をへつって7m滝まで行くが、岩が濡れている。左岸から遡上する取り付きがわからず、長い梯子へ戻る。
2017年10月04日 07:46撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸をへつって7m滝まで行くが、岩が濡れている。左岸から遡上する取り付きがわからず、長い梯子へ戻る。
1
7:55〜8:02 雄滝(40m)
滋賀県で最も落差のある滝。
2017年10月04日 07:56撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:55〜8:02 雄滝(40m)
滋賀県で最も落差のある滝。
1
真下から見上げると水量もあるので見ごたえあります。
2017年10月04日 07:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真下から見上げると水量もあるので見ごたえあります。
8:14 獅子岩
雄滝から登山道を進むと右へUターンする踏み跡があり、その先が獅子岩。岩を巻くように右へ進む。
2017年10月04日 08:14撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:14 獅子岩
雄滝から登山道を進むと右へUターンする踏み跡があり、その先が獅子岩。岩を巻くように右へ進む。
8:20〜8:25 4mチョックストーンの滝
沢靴は持ってきたけど、もう冷たそうなので登山靴のままで行くことにします。
2017年10月04日 08:25撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:20〜8:25 4mチョックストーンの滝
沢靴は持ってきたけど、もう冷たそうなので登山靴のままで行くことにします。
3
8:28 2段ナメ
2017年10月04日 08:28撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:28 2段ナメ
小滝が続きます。
2017年10月04日 08:32撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝が続きます。
斜瀑ばかりなので、特に滝を巻くのに苦労することもありません。
2017年10月04日 08:37撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜瀑ばかりなので、特に滝を巻くのに苦労することもありません。
1
8:46 10mナメ
この先で左の斜面を登り、登山道へ出ます。

2017年10月04日 08:46撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:46 10mナメ
この先で左の斜面を登り、登山道へ出ます。

8:54 涼峠
国土地理院の1/25000地図に記載されている涼峠の場所は間違ってますよね。
2017年10月04日 08:54撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:54 涼峠
国土地理院の1/25000地図に記載されている涼峠の場所は間違ってますよね。
ヤケ山への登山道は踏み跡明瞭で歩きやすい。
2017年10月04日 08:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケ山への登山道は踏み跡明瞭で歩きやすい。
9:22 ヤケ山
平坦な登山道が少し登りになるとすぐにヤケ山山頂。えらく風がきつい。
2017年10月04日 09:22撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:22 ヤケ山
平坦な登山道が少し登りになるとすぐにヤケ山山頂。えらく風がきつい。
1
ススキ越しに琵琶湖。その先に御在所岳等が見えるけど、伊吹山は見えず。
2017年10月04日 09:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキ越しに琵琶湖。その先に御在所岳等が見えるけど、伊吹山は見えず。
2
すぐに標高差250mのヤケオ山への急登が始まる。
2017年10月04日 09:58撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに標高差250mのヤケオ山への急登が始まる。
金糞岳をアップで。北風で指先がかじかむくらい。雨が降りそうな雲行き。
2017年10月04日 09:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞岳をアップで。北風で指先がかじかむくらい。雨が降りそうな雲行き。
最近、山歩きしていないためか、体力不足。休み休み登っていると足元に赤い実。
2017年10月04日 10:07撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近、山歩きしていないためか、体力不足。休み休み登っていると足元に赤い実。
蛇谷ケ峰
2017年10月04日 10:11撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ケ峰
10:16〜10:23 ヤケオ山
小休止するが、寒い〜。
2017年10月04日 10:16撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16〜10:23 ヤケオ山
小休止するが、寒い〜。
遠くに琵琶湖大橋
2017年10月04日 10:32撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに琵琶湖大橋
これから歩く釈迦岳、カラ岳方面
2017年10月04日 10:33撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く釈迦岳、カラ岳方面
1
ここの芝生はだれか植えたのでしょうか?
2017年10月04日 10:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの芝生はだれか植えたのでしょうか?
1
フジハゲ
左側が危険ですが、落ちる心配はありません。
2017年10月04日 10:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フジハゲ
左側が危険ですが、落ちる心配はありません。
10:52 釈迦岳
2017年10月04日 10:52撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:52 釈迦岳
11:28 ゲレンデ跡
ようやく晴れてきたけど、まだ風が強い。
2017年10月04日 11:28撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:28 ゲレンデ跡
ようやく晴れてきたけど、まだ風が強い。
センブリでしたっけ?風に揺れて写真がなかなか撮れない。
2017年10月04日 11:32撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センブリでしたっけ?風に揺れて写真がなかなか撮れない。
1
11:35〜12:35 八雲ケ原
昼食をパスしたら、武奈ケ岳の山頂まで行けるかなと悩んだけど、空腹に勝てず。マッタリすることにします。
2017年10月04日 11:39撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:35〜12:35 八雲ケ原
昼食をパスしたら、武奈ケ岳の山頂まで行けるかなと悩んだけど、空腹に勝てず。マッタリすることにします。
イモリは冬眠したっけ?
2017年10月04日 12:31撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イモリは冬眠したっけ?
1
ゲレンデ跡のススキがきれい。
2017年10月04日 12:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ跡のススキがきれい。
1
12:50 北比良峠
武奈ケ岳ともお別れ。また、来ます!
2017年10月04日 12:53撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:50 北比良峠
武奈ケ岳ともお別れ。また、来ます!
12:56 蟻地獄
2017年10月04日 12:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:56 蟻地獄
アカモノがまだ咲いている。
2017年10月04日 13:05撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノがまだ咲いている。
蟻地獄を通過して川の流れが出てくるとダイモンジソウがたくさん咲いている。
2017年10月04日 13:12撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻地獄を通過して川の流れが出てくるとダイモンジソウがたくさん咲いている。
細い谷筋を慎重に降ります。一か所だけ、高さ1.5mほどの岩を降りる場所は足の置場に難渋する場所があります。その先でお助けロープ切れている場所もありますが、手で岩肌を確保できるので、足元に注意してカニ歩きします。
2017年10月04日 13:22撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い谷筋を慎重に降ります。一か所だけ、高さ1.5mほどの岩を降りる場所は足の置場に難渋する場所があります。その先でお助けロープ切れている場所もありますが、手で岩肌を確保できるので、足元に注意してカニ歩きします。
13:34 木橋
危なかった木橋の上に新しい橋が設置されています。感謝!
2017年10月04日 13:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:34 木橋
危なかった木橋の上に新しい橋が設置されています。感謝!
14:10〜14:21 神璽滝
神璽滝は1〜6まであり、これは四の滝。
2017年10月04日 14:12撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:10〜14:21 神璽滝
神璽滝は1〜6まであり、これは四の滝。
1
神璽とは勾玉のこと。まさに名前の通りの美瀑。
2017年10月04日 14:14撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神璽とは勾玉のこと。まさに名前の通りの美瀑。
1
水量もタップリ。迫力あります。
2017年10月04日 14:16撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量もタップリ。迫力あります。
1
15:02 イン谷口に下山
平日なので、バスがなく、
2017年10月04日 15:03撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:02 イン谷口に下山
平日なので、バスがなく、
とぼとぼ水田の中の道を歩いて、
2017年10月04日 15:33撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とぼとぼ水田の中の道を歩いて、
1
15:40 比良駅到着
北小松駅へ車を取りに戻ります。
2017年10月04日 15:41撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:40 比良駅到着
北小松駅へ車を取りに戻ります。
1
撮影機材:

感想/記録
by cocky

急に休みが取れたのでリトル比良を歩いてきました。
楊梅の滝の上流部(獅子ケ谷)は小滝がいくつもありますが、ナメ滝ばかりなので、少々、物足りない気もします。また、八雲ケ原まで行って、武奈ケ岳の山頂へ行けなかったのも少々、心残りです。あと30分早く着いていれば、山頂まで行ったかな。
武奈ケ岳はいろんなルートが楽しめるので、今度はどのルートを歩こうか。

訪問者数:191人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ