また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1279706 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

紅葉真っ盛りの越後の山 丹後山から中ノ岳へ

日程 2017年10月04日(水) 〜 2017年10月06日(金)
メンバー
天候4日小雨 5日曇りのち晴れ 6日高曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
行き
うちから三重県熊野市までマイカーで。
熊野市から高速バスで名古屋へ。
名古屋からJR特急しなので長野へ。
長野からしなの鉄道北しなの線で妙高高原へ。
妙高高原からえちごトキめき鉄道妙高はねうまラインで直江津へ。
直江津から北越急行ほくほく線で六日町へ。
六日町からタクシーで十字峡登山センターへ。6260円。
乗り換え時間を含めて13時間ほどかかりました。
名古屋から六日町までは6時間です。

帰り
十字峡登山センターから六日町経由で越後湯沢まで小屋でご一緒になった方に車で送っていただきました。 
越後湯沢から上越線で水上へ。
水上から上越線で高崎へ。
高崎から湘南新宿ラインで池袋へ。
池袋から夜行バスで熊野市へ。
熊野市からマイカーで自宅へ。

どなかの参考になりますでしょうか。 

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間51分
休憩
34分
合計
5時間25分
S十字峡登山口05:4006:10水場06:1506:35丹後山登山口06:4007:50二合目07:5808:40三合目08:5009:38五合目09:4311:02丹後山11:0311:05丹後山避難小屋
2日目
山行
6時間13分
休憩
1時間45分
合計
7時間58分
丹後山避難小屋06:2206:24丹後山06:3007:00利根川水源碑07:1507:33大水上山08:30兎岳08:4509:30荒沢岳への縦走路の途中09:3510:22兎岳10:3811:28休憩11:3812:20鞍部12:2813:42中ノ岳14:1214:20中ノ岳避難小屋
3日目
山行
3時間45分
休憩
18分
合計
4時間3分
中ノ岳避難小屋06:2706:33中ノ岳06:3607:30七合目07:3508:18日向山08:2810:30十字峡登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは丹後山への林道通行止めのゲート近く。
中ノ岳登山口近く。
どちらも用紙はありません。
道は整備されていて問題ないと思います。
その他周辺情報十字峡登山センターは二階が泊まれます。無人で1000円。
水はありません。
電気は使えましたが、ちょうど6日からしばらく工事のため停電だそうです。
私はコンセントがあったので、携帯が充電できました。
携帯はつながりません。
六日町駅近くに天然温泉湯らりあ館があります。400円。
ただし、石鹸シャンプーなどはありません。
110円でシャンプーを買って、体も洗いました。
丹後山避難小屋、中ノ岳避難小屋ともに外のポリタンクに天水がたまるようになっています。
丹後山のポリタンクは満水でしたが、中ノ岳避難小屋のポリタンクは空っぽでした。
数日前にはたくさんあったようなので、誰かがコックを閉め忘れて無くなってしまったのではないでしょうか?
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ シェラフ
備考 ガスカートリッジの中身を確かめずに持って行ったので、足りるか不安になった。
これからはちゃんと確認する。

写真

名古屋からは、まずJR特急しなので長野へ
2017年10月03日 14:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名古屋からは、まずJR特急しなので長野へ
長野から「しなの鉄道北しなの線」で妙高高原へ
2017年10月03日 14:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野から「しなの鉄道北しなの線」で妙高高原へ
1
妙高高原から「えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン」で直江津へ
2017年10月03日 15:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高高原から「えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン」で直江津へ
直江津から「北越急行ほくほく線」で六日町へ
2017年10月03日 16:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直江津から「北越急行ほくほく線」で六日町へ
1
十字峡登山センター。二階で泊まれます。トイレはありますが、水はありません。
2017年10月04日 05:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十字峡登山センター。二階で泊まれます。トイレはありますが、水はありません。
1
丹後山登山口
2017年10月04日 06:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山登山口
一合目からずっと標識があります。
2017年10月04日 08:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一合目からずっと標識があります。
樹林帯の中の道
2017年10月04日 08:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中の道
1
花のような葉っぱ
2017年10月04日 09:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花のような葉っぱ
2
九合目。昔は無雪期でも巻機山に縦走できたそうです。今は積雪期限定でしょうか。
2017年10月04日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目。昔は無雪期でも巻機山に縦走できたそうです。今は積雪期限定でしょうか。
1
丹後山山頂。小雨で寒かったのですぐに小屋に戻りました。
2017年10月04日 11:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山山頂。小雨で寒かったのですぐに小屋に戻りました。
3
丹後山避難小屋。ポリタンクに水は一杯ありました。トイレは外から2mくらい離れた入り口から出入りします。
2017年10月04日 11:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山避難小屋。ポリタンクに水は一杯ありました。トイレは外から2mくらい離れた入り口から出入りします。
2
寒かったので、中にツェルトを張りました。この日はお一人様。
防寒はダウンと八海山、ウィスキーのお湯割り。
2017年10月04日 16:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒かったので、中にツェルトを張りました。この日はお一人様。
防寒はダウンと八海山、ウィスキーのお湯割り。
8
朝、山頂を踏んで縦走路に入ります。
2017年10月05日 06:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝、山頂を踏んで縦走路に入ります。
1
誰もいないので、自撮り
2017年10月05日 06:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいないので、自撮り
4
名残のハクサンフウロかな?
2017年10月05日 06:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残のハクサンフウロかな?
2
霧がかかる縦走路
2017年10月05日 06:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧がかかる縦走路
1
少し斜面が見える。
2017年10月05日 06:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し斜面が見える。
1
これはこれで中々幻想的
2017年10月05日 06:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはこれで中々幻想的
4
六日町は晴れかな。
2017年10月05日 07:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六日町は晴れかな。
3
利根川水源
2017年10月05日 07:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利根川水源
2
クマザサにうっすら雪が
2017年10月05日 07:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマザサにうっすら雪が
3
大水上山から平ヶ岳に続く稜線
2017年10月05日 07:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大水上山から平ヶ岳に続く稜線
4
緩やかな登り
2017年10月05日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな登り
3
雪のクマザサと紅葉
2017年10月05日 07:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のクマザサと紅葉
4
稜線の左側は赤が多い。
2017年10月05日 07:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の左側は赤が多い。
3
遠くに見えるのは妙高火打
2017年10月05日 07:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは妙高火打
2
兎岳の上も白い
2017年10月05日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳の上も白い
5
平ヶ岳に続く道。平ヶ岳の山頂は白っぽい。
2017年10月05日 08:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳に続く道。平ヶ岳の山頂は白っぽい。
2
平ヶ岳。左にちょっと燧ヶ岳。
2017年10月05日 08:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳。左にちょっと燧ヶ岳。
1
兎岳の白いのは霧氷!
2017年10月05日 08:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳の白いのは霧氷!
4
凍り付くナナカマドの葉
2017年10月05日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍り付くナナカマドの葉
5
ナナカマドの実
2017年10月05日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実
3
霧氷が続く。
2017年10月05日 08:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が続く。
3
霧氷の斜面
2017年10月05日 08:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の斜面
2
霧氷と山並み
2017年10月05日 08:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷と山並み
3
雪も少し残っていた。
2017年10月05日 08:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪も少し残っていた。
1
兎岳の三角点
2017年10月05日 08:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳の三角点
2
少し下って荒沢岳方面に行く。
2017年10月05日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下って荒沢岳方面に行く。
1
荒沢岳に向かう。
2017年10月05日 08:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳に向かう。
2
池塘が見える。
2017年10月05日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘が見える。
1
草紅葉の中の道
2017年10月05日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草紅葉の中の道
6
霧氷と草紅葉
2017年10月05日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷と草紅葉
4
あそこの赤い葉っぱの所まで行こう。
2017年10月05日 09:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこの赤い葉っぱの所まで行こう。
3
段々近づいてくる。
2017年10月05日 09:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々近づいてくる。
5
中ノ岳がちらっと見える。
2017年10月05日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳がちらっと見える。
3
この小ピークで引き返す。
2017年10月05日 09:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小ピークで引き返す。
6
きれいな葉
2017年10月05日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな葉
2
兎岳の標識がないので、私が代わりに・・・。写真を撮ってくださった荒沢岳から越後駒まで日帰りすると言う方は兔とびのポーズをしました。アスリートは考えることが違う!と思いました。
2017年10月05日 10:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳の標識がないので、私が代わりに・・・。写真を撮ってくださった荒沢岳から越後駒まで日帰りすると言う方は兔とびのポーズをしました。アスリートは考えることが違う!と思いました。
11
中ノ岳に向かう。
2017年10月05日 10:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳に向かう。
2
中ノ岳と右に越後駒
2017年10月05日 10:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳と右に越後駒
3
モコモコの紅葉が可愛い稜線
2017年10月05日 10:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モコモコの紅葉が可愛い稜線
1
モコモコ。こういう紅葉が大好きなんです。
2017年10月05日 10:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モコモコ。こういう紅葉が大好きなんです。
3
左が大水上山、右が丹後山。どちらもピークとは思えないなだらかさ!
2017年10月05日 11:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が大水上山、右が丹後山。どちらもピークとは思えないなだらかさ!
寝雪になるのかな?
2017年10月05日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝雪になるのかな?
3
可愛い紅葉
2017年10月05日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛い紅葉
3
青空が広がる。
2017年10月05日 11:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が広がる。
2
べっぴんさんの紅葉
2017年10月05日 12:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
べっぴんさんの紅葉
3
中ノ岳がすっかり見えた。
2017年10月05日 12:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳がすっかり見えた。
7
大好きな紅葉
2017年10月05日 12:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな紅葉
1
荒沢岳に続く稜線
2017年10月05日 12:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒沢岳に続く稜線
2
歩いて来た稜線
2017年10月05日 12:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いて来た稜線
2
燧ヶ岳と平ヶ岳
2017年10月05日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳と平ヶ岳
2
左が至仏山、右が武尊山だと思う。
2017年10月05日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が至仏山、右が武尊山だと思う。
1
青空と中ノ岳
2017年10月05日 13:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と中ノ岳
4
あと一息。
2017年10月05日 13:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと一息。
1
中ノ岳避難小屋と越後駒
2017年10月05日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳避難小屋と越後駒
6
中ノ岳山頂
2017年10月05日 13:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳山頂
3
見にくいですが遠く真ん中に富士山!まさか見えるとは思いませんでした。
2017年10月05日 13:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見にくいですが遠く真ん中に富士山!まさか見えるとは思いませんでした。
5
八海山。私にとって八海山は飲む山です。
2017年10月05日 13:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山。私にとって八海山は飲む山です。
5
展望のいい場所に建つ避難小屋
2017年10月05日 13:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望のいい場所に建つ避難小屋
2
左が守門岳、右が6月に登った浅草岳。
2017年10月05日 13:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が守門岳、右が6月に登った浅草岳。
1
燧ヶ岳と平ヶ岳。その右奥が日光白根山かな。
2017年10月05日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳と平ヶ岳。その右奥が日光白根山かな。
至仏山と武尊山
2017年10月05日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山と武尊山
何度見てものどかな稜線
2017年10月05日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度見てものどかな稜線
1
巻機山に続く道
2017年10月05日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山に続く道
2
妙高火打。ということはその左は白馬から続く北アルプス!
2017年10月05日 14:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高火打。ということはその左は白馬から続く北アルプス!
2
真ん中遠くに槍穂!!
2017年10月05日 14:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中遠くに槍穂!!
3
遠くが北アルプス
2017年10月05日 14:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くが北アルプス
1
平ヶ岳の山頂の様子がよくわかる。
2017年10月05日 14:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳の山頂の様子がよくわかる。
1
今日はひこにゃんはお留守番。遠方に行くと、滋賀県人と間違えられるので・・・
2017年10月05日 14:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はひこにゃんはお留守番。遠方に行くと、滋賀県人と間違えられるので・・・
4
越後駒の陰影
2017年10月05日 15:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒の陰影
9
そろそろ日没
2017年10月05日 17:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ日没
3
ちょっとだけ朝焼け
2017年10月06日 05:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとだけ朝焼け
1
高曇りだけど富士山はくっきり見える。
2017年10月06日 06:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高曇りだけど富士山はくっきり見える。
3
ちょっと雲海
2017年10月06日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと雲海
2
朝の八海山
2017年10月06日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の八海山
朝の越後駒
2017年10月06日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の越後駒
1
お世話になりました。
2017年10月06日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になりました。
白馬方面は白っぽい。
2017年10月06日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬方面は白っぽい。
1
真ん中に槍穂
2017年10月06日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に槍穂
右に富士山。ということは左に見えるのは南アルプス?
2017年10月06日 06:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に富士山。ということは左に見えるのは南アルプス?
2
中ノ岳山頂の碑
2017年10月06日 06:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳山頂の碑
2
無事の下山帰宅を祈ります。
2017年10月06日 06:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事の下山帰宅を祈ります。
2
振り返る。
2017年10月06日 07:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
池塘に映る紅葉
2017年10月06日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘に映る紅葉
4
滑ったら大変!ドボンはしたくない!!
2017年10月06日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ったら大変!ドボンはしたくない!!
2
右から丹後山、大水上山、兎岳
2017年10月06日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から丹後山、大水上山、兎岳
2
巻機山が近づく
2017年10月06日 08:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山が近づく
妙高火打も近づく
2017年10月06日 09:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高火打も近づく
2
ありがとうございました。
2017年10月06日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうございました。
2
やっぱり八海山
2017年10月06日 13:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり八海山
4
越後湯沢駅で海鮮丼。ランチタイムで900円。
2017年10月06日 13:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後湯沢駅で海鮮丼。ランチタイムで900円。
5
さすが越後湯沢駅!500円で日本酒の試飲ができるコーナーがあります。コイン5枚を買い、好きな銘柄をおちょこで飲みます。大体は1杯で1コインですが、高いものはコインが3枚いります。私は5種類飲みました。
2017年10月06日 14:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが越後湯沢駅!500円で日本酒の試飲ができるコーナーがあります。コイン5枚を買い、好きな銘柄をおちょこで飲みます。大体は1杯で1コインですが、高いものはコインが3枚いります。私は5種類飲みました。
4
お土産はもちろん日本酒。八海山は外せません!ご当地限定品!!
2017年10月08日 18:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お土産はもちろん日本酒。八海山は外せません!ご当地限定品!!
5
撮影機材:

感想/記録

去年田中陽希さんのグレートトラバース2で、越後の中ノ岳から荒沢岳を縦走している映像を見て、このあたりに行きたくなった。
稜線に出るまでは急な登りできついが、なだらかな稜線はとても気持ち良さそうで是非歩きたいと思った。
いろいろ考えて、丹後山から中ノ岳に縦走することにした。
一般的にはあまり知られていない丹後山には特別な想いがあった。
普通で1泊2日、速い人なら日帰りで歩くこのコースをのんびり稜線歩きをしようということで、贅沢に2泊3日の行程にした。
何しろ登山口まで半日以上かかるのだから、さっさと歩くのはもったいない。

天気予報では晴れは5日木曜日だけなので、その日を稜線歩きにした。
4日は曇予報だったが、朝から小雨が降ったり止んだりだった。
晴れ女の私が今年初めて一日カッパを着て歩いた。

丹後山への登りはいきなり急登だったが、すぐに慣れた。
少しでも傾斜が緩くなると楽に感じる。
展望はなかったが、樹林帯の道は気持ち良かった。
一合目、二合目と標識があるので歩きやすい。
そしてその間隔がだんだん短くなった。
八合目で少しみぞれ混じりの雨になってあせったが、すぐに九合目になった。
巻機山への分岐になっているが、今では夏は藪がすごくて歩くのは困難のようだ。
避難小屋に出たが、とりあえず山頂に向かった。
何も見えなかった。
すぐに小屋に戻った。

この日はお一人様の小屋だった。
外のポリタンクには一杯の天水が貯められていた。
防寒のためにツェルトを張る。
しかし、11時過ぎに着いてしまってヒマを持て余した。
携帯も繋がらずエアリアマップと25000の地形図を眺めて過ごした。

5日の朝もガスが立ち込めてご来光は望めなかった。
だが、歩きだすと時々ガスが晴れて周りが見えた。
紅葉は最高潮のようだった。

兎岳には霧氷がついていた。少し雪も残っていた。
やはりかなり冷え込んだのだろう。
兎岳から少し荒沢岳への稜線を歩いた。
池塘があり、草紅葉も綺麗だった。

兎岳で荒沢岳から越後駒まで1日で歩くと言う人に出会った。
「午後から晴れる予報ですよ。」とその人が言った通り、兎岳を過ぎると晴れて来た。

中ノ岳山頂に着くと、それまで見えなかった八海山が大きく見えた。越後駒も近づいてきた。
燧ヶ岳、平ヶ岳、至仏山、武尊山も近い。
6月に登った浅草岳も見える。
遠くには富士山が見えてびっくりした。
妙高火打の左は白馬岳あたりだろう。そこから左に北アルプスが続く。
槍穂も見えた。
素晴らしい360度の眺めだった。
丹後山からの稜線もよく見える。
なんともなだらかな稜線だ。

9月下旬に行った人の話では、中ノ岳避難小屋の水は一杯あると聞いていたが、空だった。誰かがコックを閉め忘れたのだろうか。
あてにしていたので不安になった。2リットル以上はあるから足りるとは思うが。
隅に残っていた雪をコッヘルに入れて日向で溶かした。300mlくらいになった。
さらに一杯のガスボンベを持ってきたつもりだったのが、半分くらいのボンベだったので、こちらも不安になった。
無駄にはできない。

その日の中ノ岳避難小屋は埼玉から来たという若い男性と二人だった。
山の話に花が咲く。
私が翌日タクシーを呼んで六日町まで出るつもりだと言うと、時間が合えば送ってあげますよと言われた。
ありがたいが、下りの苦手な私、迷惑ではないだろうか。

翌朝は高曇りで御来光は見えなかったが、相変わらず素晴らしい眺望だった。
埼玉の男性より少し早く小屋を出た。
できたら車に乗せてもらいたいという気持から私としてはハイペースで下った。
五合目で追いつかれたが、男性より先に下り出した。
二合目で追いつかれたときに「すみません、後少し頑張るので車で送ってください。」と頼むと、
「いいですよ。ゆっくり下ってください。僕もゆっくり下りますから。」と言ってくれた。
多分それまでも私に追いつかないようにゆっくり下ってくれたのだろうと思うとありがたかった。

十字峡登山センターに着く。なんとコースタイムで5時間以上かかるところを休憩を入れても4時間で下っていた。相当頑張りました!
水も余ったのでほっとした。

ということで、六日町の温泉からさらに越後湯沢駅まで送っていただきました。
ありがとうございました。
車代を払おうとしたが、お土産にしてくださいということで、日本酒四合瓶を2本買って帰りました。
もしかしたら、行きより重くなったかも・・・

去年から1年間温めていた山旅、いろいろな天気の変化を楽しみ、紅葉に霧氷まで見られ、素敵な出会いもあり、大感謝です。

しかし、急な道を速足で下ったので、帰ってから太ももの筋肉痛が大変です。
こういうのを年寄りの冷や水というのだろうか・・・





訪問者数:329人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 462
2017/10/9 16:15
 素晴らしい
昨年僕もこの山を田中陽希さんのグレートトラバース2で見ましたが、mayutsuboさんが歩くとは思いもよりませんでした。
先ず公共交通機関の計画はここ数十年まったくと言っていいほど使っていませんから、考えを組み立てることが出来ないと思います。
mayutsuboさんの体力と勇気に憧憬の念を持ちます
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2420
2017/10/9 16:27
 mayutsuboさん こんにちは!
ずいぶん頑張りましたね!!
アクセスも大変、よく調べられましたね。
それでも、登山口まで13時間もかけて来た甲斐があったようですね。
素晴らしい眺望と、霧氷に紅葉、草紅葉、そこいらでは見られない風景を堪能されたようで、力強さを感じました。
やっぱり帰路に幸運の神が付いている・・・。
念力ですなぁ
お疲れさまでした
☆「魚沼で候」を山友がそちらに行った時のお土産にいただきました。
 とってもおいしいお酒でした。
 へっぴり腰の僕との共通点はこんなもんです
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/9 20:17
 Re: 素晴らしい
sskamosikaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

グレートトラバースは百名山より二百名山のほうが興味を持ちました。
来年は百から三百まで歩き通すそうなのでどんな山に出会えるか楽しみです。

最近は一人の時は高速バスや電車を使って山に行くことが増えました。
一人で遠くだと高速代やガソリン代を考えると高いし、運転も疲れますから。

昔は時刻表と首っ引きでしたが、今ではネットでさっと検索できるので簡単ですが、面白みは・・・
でも、ネットで検索しなかったら、こんな行き方があるとは思いもしませんでした。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/9 20:24
 Re: mayutsuboさん こんにちは!
s_fujiwaraさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

アクセスはいろいろ考えました。
夜行バスで東京に行って・・・とか、名古屋から夜行バスで長岡に出て・・・とか。
で、行く1週間前くらいに名古屋から六日町まで新幹線を使わないで行くには、とネットで検索したらこのルートが出てきました。
時間によっては長野から飯山線で十日町に出て、六日町に出るほうが速くて安くすむのですが、本数が少ないので今回のルートになりました。

それにしてもいつもラッキーな出会いがあって感謝です。
私も恩返しをしないといけませんね。

魚沼で候、美味しいですね!
今度一緒に飲みながら山の話をしたいですね!!!
登録日: 2013/9/26
投稿数: 33
2017/10/9 21:28
 いいとこですね!
ツボさん

この辺りは、あまりレコにも出てこないので、楽しく見させていただきました(^^)
自分も田中陽希さんのグレートトラバースは見てましたが、忘れちゃってました。
この辺りのことを知ったのが、今年のGW頃に残雪期のレコで、十字峡から平ヶ岳を越えて尾瀬に至るという、上越国境線をたどるレコでした。すごく憧れを持ってた場所だったので、とてもおもしろかったです(*´ω`*)

下山頑張りましたね(笑)
日本酒も2本!間違いなく往路より重いはずですが、帰るまでにだいぶ瓶の中身は減量されたんでしょうか?(笑)
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/9 22:00
 Re: いいとこですね!
New-islandさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

私は元々丹後山に関心がありました。
今では積雪期限定コースですが、40年くらい前は夏でも巻機山〜丹後山〜平ヶ岳と縦走できたようです。
今ではすごい藪ですが。

急な下山が苦手な私には最速の下山だったと思います。(笑)
自分でもびっくりしました。
やればできるじゃん!!!
ただし、その後の後遺症がねえ〜〜〜

お酒はちゃんとお土産に開封せずに持ち帰りましたよ。
昔、3人で行った巻機山の沢登りの帰りに八海山の一升瓶を買って帰って、東京に着くまでに1本空けて、それからさらにまた八海山を置いている谷中の飲み屋に行ったことが懐かしいです。
登録日: 2014/2/23
投稿数: 710
2017/10/10 8:29
 歩きたい道
泊りが難しいので、中ノ岳単体で日帰りを考えていましたが、mayutsuboさんのレコを拝見し、やっぱり周回だなあと  小屋は平日空いているのですね。魚沼までは7時間はかかるので、大旅行になります
素敵なレコ、ありがとうございます。
登録日: 2012/2/14
投稿数: 233
2017/10/10 12:15
 大遠征ですね
いつもながら行動力には感嘆させられます。

実は三連休、同じコースに日月で行こうかと思ってました。丹後山は、学生時代平ヶ岳への途中突然の雷でパーティばらばらになって小屋に逃げ込んだところ。
また、GWのエチコマから巻機山への縦走時に二階まで埋まった小屋を(先着者が)掘り起こして泊まった思い出の場所です。昔は雪多かった。
また春山で行こうと計画しては実現しないので、紅葉期に行こうとしていたところでした。
お一人で寂しかったですね。でも中ノ岳が晴れて良かった。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/10 20:30
 Re: 歩きたい道
cheezeさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

そちらからは7時間ですか!
うちからより近いとは言え遠いですね。

中ノ岳の往復だと、急な登りと急な下りで終わってしまいます。
やはり稜線を歩いてこそこの山域の素晴らしさを味わえると思います。
避難小屋の日誌を見ましたが泊まる人は少ないようです。
くれぐれも水を充分持ってお出かけください。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/10 20:48
 Re: 大遠征ですね
naga4687さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

naga4687さんも若いころ丹後山から平ヶ岳へ縦走されたのですね。
私が丹後山に関心を持ったのは亡夫の記録やアルバムからでした。
40年ほど前ですが、当時所属していた山の会で巻機山〜丹後山〜平ヶ岳と夏に縦走していました。
その後も一人でこのあたりを夏に縦走していたようです。
至仏山から平ヶ岳へも縦走したようです。
今では積雪期しか歩くことはできませんね。

平日だったので誰にも会わないかなと思いましたが、中ノ岳の避難小屋で泊まった方がいたので嬉しかったです。
登録日: 2013/9/16
投稿数: 1736
2017/10/11 18:08
 いい駅、もとい山ですね
越後湯沢駅、フィナーレ飾るにふさわしい駅でしたね。
あそこ開いてる時間に下山出来ませんでした。
山と酒の調達の情熱、50/50といったところでしょうか?

( ´,_ゝ`)プッ

山行中は寒かったかと思いますがもこもこの紅葉、雪のトッピングまで付いて見ることができ、和歌山から遠征した甲斐がありましたね。

この山域、何座か摘み食い的に登ったので山座同定に上がってる山にも親近感が湧きます。
それにしても富士山、南アルプスまで見ることが出来るなんてビックリです。

越後の山も合間見て登りたいのでお気に入りにさせて頂きます。
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/11 21:14
 Re: いい駅、もとい山ですね
tomhigさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

越後湯沢駅は温泉、食堂、土産物屋、お酒と四拍子揃ったいい駅ですね。
まあ、車だとお酒は関係ないかな・・・

私もここまで展望がいいとは思っていなかったので感激しました。
北側からの南アルプスはどこがどの山やら・・・
多分見えたのは北岳とかの北部なんでしょうね。

tomhigさんなら充分日帰りできますよ。
荒沢岳〜越後駒もできるかな。
でも、日帰りではもったいないコースです。
登録日: 2014/1/31
投稿数: 92
2017/10/16 19:44
 お久しぶりです(^^ゞ
ツボさんお久しぶりです。いろいろと山に登られていますね〜。また、じっくりツボさんの山行を見させてもらいます\(^^
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/16 20:47
 Re: お久しぶりです(^^ゞ
ayachさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

本当に久しぶり!
私の周りにはけっこうSNS止めた人がいて寂しく思っていました。
ayachさんは山に行っていますか?
また行ったらレコをアップしてくださいね。
登録日: 2014/1/31
投稿数: 92
2017/10/16 21:31
 Re[2]: お久しぶりです(^^ゞ
そうなのですね〜。私も少し離れちゃいました(>_<)ひとつ記録をアップしたのでまた、お暇な時に見てください(^^ゞ
登録日: 2013/5/29
投稿数: 701
2017/10/17 7:28
 Re[3]: お久しぶりです(^^ゞ
昨日さっと見ました。今日も雨なのでまたゆっくり見ますね。
これからもレコ楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ