また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1282329 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

編笠山・権現岳 (観音平駐車場から周回)

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
観音平駐車場 5:15 駐車場は既に一杯。駐車場中央部及び上の駐車場には停める事は出来たが、今回は路駐とした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間16分
休憩
1時間25分
合計
7時間41分
S観音平駐車場05:3206:12雲海06:1706:47押手川06:5207:51編笠山08:0308:23青年小屋08:2608:47(休憩)08:5008:54のろし場09:15西ギボシ09:1809:31東ギボシ09:3609:41権現小屋09:4309:47権現岳09:5810:34三ツ頭(昼食)11:0011:40木戸口公園11:4511:55ヘリポート跡12:45八ヶ岳横断歩道分岐12:5013:13観音平駐車場 ゴール!G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
東キボシ・権現岳直下のガレ場、岩場での転倒、転落、落石に注意。
その他周辺情報日帰り温泉:つたの湯(道の駅 信州蔦木宿)600円

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

5:15に駐車場に着くと、もう一杯。広場の真ん中には停めるスペースはあるが、無理せずに路駐に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:15に駐車場に着くと、もう一杯。広場の真ん中には停めるスペースはあるが、無理せずに路駐に。
4
薄明の時間に出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄明の時間に出発。
2
まずは笹原を緩やかに登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは笹原を緩やかに登って行く。
1
岩の割れ目を抜けると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩の割れ目を抜けると、
雲海。ここで一休み。5〜6人の登山者が休憩中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海。ここで一休み。5〜6人の登山者が休憩中。
雲海から見る雲海と富士山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海から見る雲海と富士山!
7
雲海を過ぎると、登山路は岩混じりとなり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海を過ぎると、登山路は岩混じりとなり、
傾斜が少し急になった場所を過ぎると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜が少し急になった場所を過ぎると、
1
ここには水が湧き出ている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここには水が湧き出ている。
1
押手川を過ぎると、道は傾斜が急になってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
押手川を過ぎると、道は傾斜が急になってくる。
1
シラビソやコメツガの木が低くなり、ハエマツが現れるようになる。後を振り返ると、南アルプス等の展望が拡がるのだが、頂上まで我慢!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソやコメツガの木が低くなり、ハエマツが現れるようになる。後を振り返ると、南アルプス等の展望が拡がるのだが、頂上まで我慢!
青年小屋の看板を過ぎると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋の看板を過ぎると、
2
森林限界を超え、山頂が近づく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超え、山頂が近づく。
4
360度の展望が拡がる。左から鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度の展望が拡がる。左から鳳凰三山、北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳。
4
北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳をあっぷ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳をあっぷ。
2
鳳凰三山をアップ。右端に地蔵岳のオベリスク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山をアップ。右端に地蔵岳のオベリスク。
1
蓼科山、北横岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山、北横岳。
2
右から、権現岳、東西ギボシ、赤岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から、権現岳、東西ギボシ、赤岳。
4
ギボシと権現岳をあっぷ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギボシと権現岳をあっぷ。
2
金峰山等の奥秩父の山々。真ん中に五丈石が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山等の奥秩父の山々。真ん中に五丈石が見える。
2
雲海の奥には中央アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の奥には中央アルプス。
赤岳、中岳、阿弥陀岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、中岳、阿弥陀岳。
2
阿弥陀岳の奥には、東西天狗岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳の奥には、東西天狗岳。
2
展望を堪能した後は、青年小屋まで降りていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望を堪能した後は、青年小屋まで降りていく。
青年小屋とギボシ・権現岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋とギボシ・権現岳。
3
青年小屋手前は、ごつごつした岩を下る。転倒注意!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋手前は、ごつごつした岩を下る。転倒注意!
3
振り返ると編笠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると編笠山。
2
居酒屋風提灯が目立つ青年小屋入口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
居酒屋風提灯が目立つ青年小屋入口。
3
青年小屋のテント場を横目に、ギボシに向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青年小屋のテント場を横目に、ギボシに向かう。
少し開けた場所から、編笠山を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けた場所から、編笠山を振り返る。
4
シラビソ、コメツガの林を抜け、ハイマツ帯を通ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソ、コメツガの林を抜け、ハイマツ帯を通ると、
1
正面に西ギボシ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に西ギボシ。
1
振り返って西岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って西岳。
1
のろし場を過ぎると、登山路はガレ場、岩場となる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のろし場を過ぎると、登山路はガレ場、岩場となる。
西ギボシの手前には、岩が屹立する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ギボシの手前には、岩が屹立する。
西ギボシへの登り。ガレ場を過ぎ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ギボシへの登り。ガレ場を過ぎ、
3
岩場を登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登って行く。
1
クサリ場もあるが、クサリに頼らなくても十分に歩ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場もあるが、クサリに頼らなくても十分に歩ける。
2
西ギボシ山頂から編笠山と青年小屋を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ギボシ山頂から編笠山と青年小屋を望む。
2
西ギボシ山頂から東ギボシと左奥に阿弥陀岳を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西ギボシ山頂から東ギボシと左奥に阿弥陀岳を望む。
1
さあ、次は東ギボシだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、次は東ギボシだ。
2
権現小屋と権現岳がはっきりと望めるようになってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現小屋と権現岳がはっきりと望めるようになってきた。
2
東ギボシには、右側の斜面を巻いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東ギボシには、右側の斜面を巻いて行く。
1
高度感があってゾクゾクする!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感があってゾクゾクする!
5
岩場を攀じ登り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を攀じ登り、
3
稜線に出たところで、東ギボシ山頂を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出たところで、東ギボシ山頂を目指す。
3
東ギボシ山頂には石仏がある。昨年来た時は、強風の為東ギボシ山頂には来られなかった事を思い出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東ギボシ山頂には石仏がある。昨年来た時は、強風の為東ギボシ山頂には来られなかった事を思い出す。
4
東ギボシ山頂から、赤岳、阿弥陀岳を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東ギボシ山頂から、赤岳、阿弥陀岳を望む。
1
権現岳から旭岳への稜線。登山者が歩いているのが見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳から旭岳への稜線。登山者が歩いているのが見える。
1
次は権現岳を目指す。権現小屋の前を通り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は権現岳を目指す。権現小屋の前を通り、
1
キレットへの分岐を過ぎると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレットへの分岐を過ぎると、
権現岳の山頂はもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳の山頂はもうすぐ。
1
山梨百名山の標柱から岩場を登り、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨百名山の標柱から岩場を登り、
2
権現岳山頂!!この岩場に立ち上がると、高度感もあり足が竦む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳山頂!!この岩場に立ち上がると、高度感もあり足が竦む。
10
権現岳から望む編笠山と青年小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳から望む編笠山と青年小屋。
2
赤岳方面はすっかりとガスの中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳方面はすっかりとガスの中。
東ギボシ(右)と西ギボシ(左)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東ギボシ(右)と西ギボシ(左)。
2
権現岳を後にして、三ツ頭に向かう。これは三ツ頭手前にある小ピーク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳を後にして、三ツ頭に向かう。これは三ツ頭手前にある小ピーク。
2
権現岳を振り返る。編笠山側から見る権現岳と全く表情が違う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳を振り返る。編笠山側から見る権現岳と全く表情が違う。
2
権現岳の北側は、ガスに覆われた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳の北側は、ガスに覆われた。
シラビソ林を抜け、ハイマツ帯に入ると、三ツ頭の山頂までもうすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソ林を抜け、ハイマツ帯に入ると、三ツ頭の山頂までもうすぐ。
三ツ頭山頂。数名の登山者が休憩中。ここで昼食とする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ頭山頂。数名の登山者が休憩中。ここで昼食とする。
1
権現岳と東ギボシ。右と左の対比が面白い。昼食後は下山開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現岳と東ギボシ。右と左の対比が面白い。昼食後は下山開始。
2
前三ツ頭への分岐を過ぎ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前三ツ頭への分岐を過ぎ、
1
シラビソ、コメツガの林を下って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソ、コメツガの林を下って行く。
時折、紅葉が目を楽しませてくれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、紅葉が目を楽しませてくれる。
2
少し開けた場所に出る。ここは、何とかチドリの自生地。昨年博学のお兄さんに教えてもらった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けた場所に出る。ここは、何とかチドリの自生地。昨年博学のお兄さんに教えてもらった。
立ち枯れの木を眺めながら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れの木を眺めながら歩く。
ガスの合間から東西ギボシに権現岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの合間から東西ギボシに権現岳。
2
木戸口公園で一休み。公園らしくない公園。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木戸口公園で一休み。公園らしくない公園。
ヘリポート跡を過ぎ、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポート跡を過ぎ、
1
笹原を更に下って行くと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原を更に下って行くと、
八ヶ岳横断歩道分岐へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳横断歩道分岐へ。
2
ここからは、小さなアップダウンを繰り返して行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、小さなアップダウンを繰り返して行く。
3
カラマツ林の中を下って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツ林の中を下って、
4
最後に笹原の中をひと登りすると、八ヶ岳横断歩道入口の看板へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に笹原の中をひと登りすると、八ヶ岳横断歩道入口の看板へ。
駐車場はもう目の前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はもう目の前。
1
駐車場を抜けてすぐ前でゴール!お疲れさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を抜けてすぐ前でゴール!お疲れさまでした。
2

感想/記録

連休の好天に誘われて、今日は南八ツの編笠山・権現岳へ。
昨年7月に歩いたコースなのだが、前回はガスに覆われ、権現岳や赤岳方面を全く眺望する事が出来なかった。
今回はその眺望を期待しての山行となる。

好天の3連休の中日だけあり、駐車場は夜明け前からひじょうに混雑していた。
下山時は、路駐の車がかなり下の方まで続いていたのにはビックリ。

夜明け前の薄明の時間に出発。
観音平駐車場周辺は、熊の目撃情報が多いのだが、今日は登山者も多いようなので、出会う事は無いかな。
それより、自分の脚の状態と体力が心配なのだが、2週間前に毛無山へ登った後に、痛み等出なかったので、何とかなるだろうと期待する。

編笠山までは、順調に歩を進める。
編笠山頂では眺望に恵まれ、周辺の山々を眺めるだけで時間が過ぎて行く。
前回見られなかった東西ギボシや権現岳。8月に登った赤岳、阿弥陀岳の雄姿が目前に拡がる。
眺望は360度。富士山を起点に、南アルプス、中央アルプスから御嶽山、乗鞍岳、穂高連峰に槍ヶ岳、更には後立山連峰まで。東には金峰山等奥秩父の山々。

このコースは、高低差は1,100m強とそれ程無く、10km程の歩程で高山の雰囲気を目一杯味わえる。だから人気のコースなのだろう。
編笠山からは、西ギボシ・東ギボシ・権現岳とピークを踏んでいく。
権現岳の山頂に着く頃には、北側にガスが拡がり、赤岳方面の展望は望めなかったが、それでも十分に満足出来た。

また、途中で歩き慣れた様子の単独の登山者から、いろいろと的確な情報をいただき、ひじょうに参考になった。ありがとうございます!

今回も、安全に楽しい山行となったのだが。。。
当日は、脚の痛みもなく良かったのだが、翌日に左膝に激しい痛みが出てしまい、参った。
山に行かずに、治療に専念して、しっかりと治癒させないといけないのかな。

訪問者数:238人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/3/28
投稿数: 2
2017/10/11 18:23
 膝の具合はどうですか?
こんばんは。
膝の痛みはどうですか?
登った日は天気がよくて良かったですね。
富士山は8合目から風も無く暑いぐらいでした。
私も同じコースに9/30に行って来ました。編笠山からの眺望が最高で360°見渡せました。槍ヶ岳までみえましたよ。
やはり天気が良いと最高ですね。maychan2さんの山行記録を参考にさせてもらいいろんな山へ行ってみようと思います。
また御一緒させていただきたいと思います。
よろしくお願いします。
登録日: 2015/3/8
投稿数: 13
2017/10/12 6:44
 Re: 膝の具合はどうですか?
miwama5さん、コメントありがとうございます。
脚の状態はあまり良くないですね。
原因はわかっているので、暫く山行は諦めて、治療に専念すればいいのですが、天気がいいと行きたくなって・・

同じコース、同じ山でも季節や天候によって、全く表情・趣きが違うところがいいですね。
前回は、眺望があまり無かったですが、多くの高山植物の花に癒され、今回は、花は少なかったですが、眺望を堪能する事が出来ました。

私の山行記録がお役にたてるようなら、嬉しいです。
脚の状態次第ですが、またご一緒出来る機会を設けたいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ