また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1285349 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

連休中日の仙丈ケ岳は大混雑

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
芦安市営駐車場に4:30ごろに到着、バス停から500mほど先の第8駐車場に案内されるも戻ってくる車がいたため第6駐車場の通行帯ヘリのスペースに駐車。5:15の始発群4台には乗れず、次の甲府駅発のバスにギリギリ最後4人の枠に入ることができ5:40出発。次は8:00発とのこと。乗り合いタクシーも数台まとめて運行していたが、出発済みの車両が戻ってくるのが6:50ごろと聞いた。
甲府駅から来た5:40発のバスに乗れなかったら帰路の最終バスに間に合わないので山頂に到達できないところでした(^_^;)

芦安 - 広河原 1時間〜1時間10分(往路 1030円、復路 1130円)
広河原 - 北沢峠 25分ほど (往復 1500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間32分
休憩
22分
合計
7時間54分
S北沢峠07:2608:59薮沢大滝ノ頭09:0010:20小仙丈ヶ岳10:2212:07仙丈ヶ岳12:1312:33仙丈小屋12:3713:20馬の背ヒュッテ13:2113:39薮沢小屋14:03薮沢大滝ノ頭14:0815:13北沢峠15:1615:16北沢峠 こもれび山荘15:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所はほとんどありませんが、後続のプレッシャーに急かされ岩の段差のところでちょっと足を滑らせ左手小指をちょい打撲(-_-;)

写真

芦安から広河原までのバス4台編隊。下ってきた空車の乗り合いタクシーが強引な運転手のためバス4台が数十メートル後ろに下がる羽目に。6:00ごろ通過した夜叉神停留所で降りる人が数名いたので、ここの駐車場から乗車するのもありと思った。
2017年10月08日 06:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芦安から広河原までのバス4台編隊。下ってきた空車の乗り合いタクシーが強引な運転手のためバス4台が数十メートル後ろに下がる羽目に。6:00ごろ通過した夜叉神停留所で降りる人が数名いたので、ここの駐車場から乗車するのもありと思った。
1
とっても長く狭いトンネルを通っていくので侵入前にクラクション鳴らしてた。
2017年10月08日 06:43撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とっても長く狭いトンネルを通っていくので侵入前にクラクション鳴らしてた。
到着後すぐに6:50初の北沢峠行に乗車できた
2017年10月08日 06:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着後すぐに6:50初の北沢峠行に乗車できた
広河原から北沢峠へのバスに乗り換えて到着6:50、トイレを済ませて登山開始。朝日がいい感じに差し込んできた
2017年10月08日 07:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広河原から北沢峠へのバスに乗り換えて到着6:50、トイレを済ませて登山開始。朝日がいい感じに差し込んできた
1
雲海。遠くに見えるのは北アルプスだ!
2017年10月08日 07:52撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海。遠くに見えるのは北アルプスだ!
2
甲斐駒が姿を現した。テンションアップ!
2017年10月08日 08:23撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒が姿を現した。テンションアップ!
3
鳳凰三山を間近に見るも初
2017年10月08日 08:56撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山を間近に見るも初
1
全貌を現した甲斐駒、男前であります
2017年10月08日 09:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全貌を現した甲斐駒、男前であります
2
森林帯を抜け前方の視界が開けた。んー、いい天気♩
2017年10月08日 09:40撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林帯を抜け前方の視界が開けた。んー、いい天気♩
1
鳳凰三山をズーム
2017年10月08日 09:40撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰三山をズーム
おー、富士山!
2017年10月08日 09:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー、富士山!
1
北アルプスの穂高、槍
2017年10月08日 10:07撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの穂高、槍
1
パノラマで北アルプスから甲斐駒まで
2017年10月08日 10:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマで北アルプスから甲斐駒まで
1
小仙丈到着
2017年10月08日 10:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈到着
1
カールが美しい
2017年10月08日 10:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カールが美しい
1
小仙丈で景色を堪能し、さあ出発
2017年10月08日 10:21撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仙丈で景色を堪能し、さあ出発
2
岩場を降りて
2017年10月08日 10:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を降りて
1
頂上を目指します
2017年10月08日 10:51撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上を目指します
最後のひと頑張り
2017年10月08日 11:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後のひと頑張り
1
大仙丈カールの左手には北岳
2017年10月08日 11:30撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大仙丈カールの左手には北岳
それぞれの頂に人がたくさん
2017年10月08日 11:32撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それぞれの頂に人がたくさん
途中の頂はワープして仙丈の頂上へあと少し
2017年10月08日 11:35撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の頂はワープして仙丈の頂上へあと少し
1
いよいよ
2017年10月08日 11:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ
1
この看板での記念撮影に待ち行列
2017年10月08日 11:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板での記念撮影に待ち行列
2
大仙丈ヶ岳にガス
2017年10月08日 12:13撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大仙丈ヶ岳にガス
1
仙丈小屋方面を見下ろして
2017年10月08日 12:14撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋方面を見下ろして
1
名残惜しいけど下山開始
2017年10月08日 12:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいけど下山開始
ガスってきたけど午前中の景色が素晴らしかったのがラッキー
2017年10月08日 12:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきたけど午前中の景色が素晴らしかったのがラッキー
1
仙丈小屋から小仙丈を見上げる
2017年10月08日 12:31撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈小屋から小仙丈を見上げる
1
名残惜しいほどのナイスビュー
2017年10月08日 12:55撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しいほどのナイスビュー
1
馬の背ヒュッテから分岐しこの沢沿いに行く下山ルートを計画していたが、結局登山ルートの五合目に合流してしまった(^_^;)五合目までは2500mほどの高度のままずっと平行移動な感じ。
2017年10月08日 13:43撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背ヒュッテから分岐しこの沢沿いに行く下山ルートを計画していたが、結局登山ルートの五合目に合流してしまった(^_^;)五合目までは2500mほどの高度のままずっと平行移動な感じ。
累積標高差は990mほどでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
累積標高差は990mほどでした

感想/記録
by AERIAL

週末3連休、2日目、3日目、蓼科山あたりと計画していたが、以前から行きたかった仙丈ケ岳に急きょ計画変更。しかし、いつもなら駐車場に夜中について仮眠しているはずが今回は家で寝てから朝早く(3:00)に出ることを選択したのが危機一髪。
駐車場もほぼ満車間際、始発のバスには満員で乗れず、甲府駅発のバスにも乗れるはずないかと諦めたところ最後の4人枠に入れて5:40出発。
しかし、交通の難所を実感。芦安駐車場から1時間10分で広河原着、ここからまたバスを乗り継いで北沢峠まで25分。最終バスは16:00だが、それは広河原発芦安行き。
北沢峠の最終を16:00と勘違いしていた私は下山中に連れに指摘されちょい焦る(笑)
実際のところ余裕は20分くらいしかなかった(^_^;)

さて、今回初となる南アルプス、難易度低めとはいえ、仙丈ヶ岳は登りがいがあった。先週末の谷川岳も絶景だったけどここも素晴らしかったし、良かった!

ここのところ毎週末登山しているので筋肉痛は出なかったが、まだまだ鍛えないと甲斐駒なんぞは無理でしょうねー
訪問者数:293人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ