また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1292019 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳〜奥穂高岳縦走

日程 2016年08月09日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ〜曇り〜雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間0分
休憩
1時間0分
合計
11時間0分
S西穂山荘05:0006:00西穂独標06:1007:20西穂高岳08:30間ノ岳10:10天狗岩13:00ジャンダルム13:1013:40ロバの耳14:0014:20馬の背14:3015:10穂高岳15:2016:00穂高岳山荘16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西穂高岳独標付近から奥穂高岳まで危険個所がたくさんあるルートです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え サンダル ザック ザックカバー 行動食 非常食 ガスカートリッジ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ シェラフ ヘルメット クライミング用具
共同装備 コンロ 調理器具 テント テントマット ロープ

写真

西穂高岳山荘テン場で前泊
2016年08月08日 13:37撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳山荘テン場で前泊
西穂高岳独標から縦走路を臨む
2016年08月09日 06:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳独標から縦走路を臨む
2
西穂高岳からの下り
2016年08月09日 07:18撮影 by HDC-TM35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂高岳からの下り
3
相棒のO氏、、、絵になる山ヤ
2016年08月09日 08:22撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相棒のO氏、、、絵になる山ヤ
2
天狗岳、、、お決まりのポーズ
2016年08月09日 10:16撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳、、、お決まりのポーズ
2
ジャンダルムに向けて出発
2016年08月09日 10:18撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムに向けて出発
2
まってろよ、ジャン!
2016年08月09日 11:59撮影 by HDC-TM35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まってろよ、ジャン!
2
ガスの中で展望なし
2016年08月09日 13:01撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中で展望なし
2
この先、ロバの耳の上り下り、馬の背の登りが待っている
2016年08月09日 13:47撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、ロバの耳の上り下り、馬の背の登りが待っている
2
雨の中の奥穂高岳山頂
2016年08月09日 15:19撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中の奥穂高岳山頂
1
火を見ていると心が和むのはなぜ?
2016年08月09日 17:27撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火を見ていると心が和むのはなぜ?
1
雨が上がり、飛騨方面に夕日が沈む
2016年08月09日 19:17撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が上がり、飛騨方面に夕日が沈む
3

感想/記録

ルートが長いので10時間以上行動できる体力をつけることが、最低条件です。今回は、ルート終盤の核心部である「馬の背」で雨降りでしたがロープは使いませんでした。普段、クライミングの練習をしている方には、難しい登りではありませんが、ナイフリッジで両側が切れ落ちており高度感もあります。不安な場合はロープで確保した方がよいかもしれません。
訪問者数:42人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ