また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1322011 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

猿橋駅から御前山、九鬼山、菊花山を経て大月駅

日程 2017年11月26日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車
(行き)
猿橋駅までJR(休日おでかけパスを使用)
(帰り)
大月駅からJR
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
1時間9分
合計
7時間53分
S猿橋駅07:1807:29御前山登山口08:15神楽山08:1808:36御前山(厄王山)08:4708:53八五郎岩09:09沢井沢ノ頭09:1009:29馬立山09:35ナベノテラス09:3709:59礼金峠10:0210:28紺屋の休場10:2911:06九鬼山11:3211:35富士見平11:3611:37九鬼山12:09紺屋の休場12:28礼金峠12:3413:03ナベノテラス13:0513:13馬立山13:29沢井沢ノ頭14:20菊花山14:3315:11大月駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
■所要時間:7時間53分
■歩行時間:439分(小休止を含む、昼食休憩を除く。)
■距離:12.48km(スマホのGPSの計測距離)
■累積標高差:+1330m,-1300m(等高線読取り)
■行程量:24.96+26.6+13.0=64.56P(32.28EK)(★★★)
■ラップタイム:6.80分/P、+331m/h(マイペース登高能力:ランク掘
■エネルギー定数:439*0.03+1.33*10+1.3*0.6+12.48*0.3=30.994
■山のグレーデイング:4B+
■消費カロリー:30.994*(77+(11.1+8.1)/2)=2,684kcal
※各指標の詳細は、個人プロフィールで説明。
コース状況/
危険箇所等
■アップダウンの多いコース取りになっています。
■落葉がたまっているので、スリップや踏み抜きに注意が必要です。
■馬立山の手前、九鬼山の手前に、片側急斜面の巻き道があり、通行に注意が必要です。
■菊花山の稜線は、両側が切れ落ちている所があります。
■菊花山から大月への下山道は急斜面にロープを張った道です。

装備

個人装備 ザック ザックカバー ヘッドライト 携帯ラジオ 予備電池(単3単4) 替えメガネ 細引き3mmX10m 折り畳み傘 スパッツ タオル 手袋 雨具上下 ツエルト 洗濯ハサミ4本 敷物用シート 携帯トイレ サムスプリント 三角巾 レスキューシート ガーゼ ハサミ 付箋 テーピングテープ バンドエイド 消毒薬 綿棒 救急用手袋 ストック2本 ライター 地図 地図コピー シルバコンパス 筆記具 裁縫道具 アーミーナイフ テイシュペーパー ペットボトル(1L) ペットボトル(0.5L) ハイドレーシヨンチューブ テルモス(お湯0.5L) 非常用水ペットボトル(0.5L) 穴あき蓋 非常食(カロリーメイト・コンデンスミルク) おにぎり2個 カップラーメン 武器セット 財布 保険カード 携帯電話 モバイルバッテリー 炊具セット

写真

718 猿橋駅を出発します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
718 猿橋駅を出発します。
728 神楽山、九鬼山方面の登山口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
728 神楽山、九鬼山方面の登山口
紅葉が残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が残っています。
1
812 神楽山の稜線に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
812 神楽山の稜線に出ました。
815 神楽山の山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
815 神楽山の山頂に到着。
三角点があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点があります。
稜線をたどります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線をたどります。
8:36 御前山に到着。九鬼山と同じく、大月市の秀麗富嶽十二景の第十番の山だそうです。秀麗富嶽十二景は全部で20座あるということか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:36 御前山に到着。九鬼山と同じく、大月市の秀麗富嶽十二景の第十番の山だそうです。秀麗富嶽十二景は全部で20座あるということか。
1
富士山がくっきりと見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がくっきりと見えます。
7
手前に九鬼山が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に九鬼山が見えます。
1
848 九鬼山への稜線が見えます。アップダウンがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
848 九鬼山への稜線が見えます。アップダウンがあります。
3
906 菊花山への分岐。九鬼山に登った後、ここまで戻って来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
906 菊花山への分岐。九鬼山に登った後、ここまで戻って来ます。
910 沢井沢ノ頭を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
910 沢井沢ノ頭を通過。
平坦な道を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な道を歩きます。
1
926 馬立山(797m)を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
926 馬立山(797m)を通過。
935 ここから急坂を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
935 ここから急坂を下ります。
赤が目立ちます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤が目立ちます。
光が透き通って見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光が透き通って見えます。
1001 札金峠に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1001 札金峠に到着。
1008 田野倉への下山道の分岐を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1008 田野倉への下山道の分岐を通過。
1022 九鬼山へ向けて登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1022 九鬼山へ向けて登ります。
1025 この葉は何の木かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1025 この葉は何の木かな?
1
オレンジ色に染まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オレンジ色に染まっています。
2
1028 こちらにもミズナラの紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1028 こちらにもミズナラの紅葉
1028 三ツ峠山と清八山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1028 三ツ峠山と清八山
2
1029 高川山、笹子雁ヶ腹摺山、滝子山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1029 高川山、笹子雁ヶ腹摺山、滝子山
2
1030 九鬼山の北側斜面を巻いて登ります。付近の林の紅葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1030 九鬼山の北側斜面を巻いて登ります。付近の林の紅葉。
1033 北都留三山(百蔵山、権現山、扇山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1033 北都留三山(百蔵山、権現山、扇山)
3
1105 九鬼山の山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1105 九鬼山の山頂に到着。
1
山頂からの富士の眺め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士の眺め。
5
北都留三山と笹尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北都留三山と笹尾根
1
富士山と手前の杓子山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と手前の杓子山
4
遠くに奥多摩の山々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに奥多摩の山々
3
1154 来た道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1154 来た道を下ります。
1156 巻き道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1156 巻き道を下ります。
1159 紅葉と雁ヶ腹摺山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1159 紅葉と雁ヶ腹摺山
1
1202 山腹を巻いて下りて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1202 山腹を巻いて下りて行きます。
1208 尾根の上を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1208 尾根の上を下ります。
1218 楓の赤が綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1218 楓の赤が綺麗です。
1232 札金峠に戻って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1232 札金峠に戻って来ました。
1251 こちらにも楓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1251 こちらにも楓
13:00 ナベノテラスに向けて、急坂を登り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:00 ナベノテラスに向けて、急坂を登り返します。
尾根道を歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道を歩きます。
1309 ミズナラと楓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1309 ミズナラと楓
13:13 馬立山に戻って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 馬立山に戻って来ました。
1322 黄色く染まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1322 黄色く染まっています。
13:29 沢井沢ノ頭に戻って来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:29 沢井沢ノ頭に戻って来ました。
13:32 分岐を菊花山方面に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:32 分岐を菊花山方面に向かいます。
1349 こちらにも楓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1349 こちらにも楓
1351 黄色が綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1351 黄色が綺麗です。
1352 菊花山の手前の鞍部付近まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1352 菊花山の手前の鞍部付近まで来ました。
1353 赤とオレンジが混ざりあっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1353 赤とオレンジが混ざりあっています。
1357 楓が真っ赤に染まっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1357 楓が真っ赤に染まっています。
1409 黄色く染まったミズナラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1409 黄色く染まったミズナラ
1
1410 馬立山を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1410 馬立山を振り返ります。
1417 菊花山に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1417 菊花山に到着。
1
山頂でお汁粉をいただきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂でお汁粉をいただきます。
1
1438 稜線を西に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1438 稜線を西に下ります。
1440 大月の街が眼下に見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1440 大月の街が眼下に見えます。
1442 稜線をたどります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1442 稜線をたどります。
1447 林の中の黄葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1447 林の中の黄葉
1
1449 ロープの張られた急坂を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1449 ロープの張られた急坂を下ります。
1459 鉄塔の横を通ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1459 鉄塔の横を通ります。
1502 麓に下りて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1502 麓に下りて来ました。
1503 国道に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1503 国道に出ました。
1511 大月駅に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1511 大月駅に到着。
2

感想/記録

■はじめに
今回の山行の目的は、
1)紅葉を追い求めて、少し標高の低い山に行くこと。
2)高嶺に雪を被った富士を眺めること。
3)赤線をつなぐこと。
です。

■電車で猿橋駅へ
6時35分八王子発松本行きの電車に乗って、猿橋駅に7時15分頃に着きました。猿橋駅は、以前に北都留三山(権現山・扇山・百蔵山)を縦走登山した際にゴールした駅です。今回は猿橋駅から九鬼山を目指し、さらに折り返して大月駅に下山しましたが、手前にある御前山や菊花山にはこれまでに登ったことがなく、登るのを楽しみにしていました。

■猿橋駅〜九鬼山
最初に登った神楽山(674m)は眺望のない山でしたが、次のピークの御前山(728m)では眺望が開けて富士を見ることが出来ました。御前山の山頂に秀麗富嶽十二景の看板がありました。後で追加になったのかどうかはわかりませんが、九鬼山と同じ十番の山のようです。
その後は、沢井沢ノ頭(740m)、馬立山(797m)とピークを過ぎ、札金峠(625m)まで一旦下り、さらにそこから一時間登って九鬼山(970m)に着きました。御前山からは九鬼山が近くに見えましたが、アップダウンもあって、ようやくたどり着きました。

■九鬼山の山頂
九鬼山の山頂は、北側の眺望が開けていますが、南側は富士の方向だけ木が伐採されて見えるようになっています。大勢の人が登って来ておられました。ここで早めの昼食をとりました。

■九鬼山〜大月駅
来た道を沢井沢ノ頭まで戻りました。戻りもアップダウンで、ナベノテラスに向けて急坂を登り返しました。沢井沢ノ頭を過ぎた先で菊花山(644m)へ向かう道に入り、一旦下って菊花山に登り返しました。
菊花山からは、眼下に大月の街と、対面に岩殿山が望めました。秀麗富嶽十二景には選ばれていませんが、眺望が良く富士山も見えました。
菊花山から大月の街へ下る道は急坂でロープが張られていました。難儀しながらも、ようやく麓に下りられました。

■最後に
距離が短い割にはアップダウンが多く、タフな山行となりました。登山道沿いの紅葉が残っていて綺麗でした。
訪問者数:197人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ