また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1333220 全員に公開 山滑走 白山

遠かった白山!

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年12月10日(日) [日帰り]
メンバー
 YSHR(CL)
, その他メンバー2人
天候晴れのちガス
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
15時間38分
休憩
1時間51分
合計
17時間29分
S白峰ゲート00:0103:00市ノ瀬03:3005:30別当出合06:0009:10甚之助09:1511:09室堂11:1012:30白山山頂12:5514:20別当出合14:4017:30白峰ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
0.00 510m 白峰ゲート発
3.00 830m 市ノ瀬
5.32 1240m 別当出合
7.17 1500m 中飯場
9.10 1970m 甚ノ助ヒュッテ
10.35 2320m エコーライン稜線
11.09 2470m 室堂
12.30 2702m 白山山頂
12.55 2702m 白山山頂発
13.41 1970m 甚ノ助ヒュッテ
14.20 1240m 別当出合
15.13 830m 市ノ瀬
17.30 510m 白峰ゲート
コース状況/
危険箇所等
白峰から先は除雪は無し
別当出合から先は雪は多くて藪も気にならない。
甚之助小屋も七割方雪で埋まる
過去天気図(気象庁) 2017年12月の天気図 [pdf]

写真

暗闇の単調な林道ラッセルは眠い
2017年12月10日 05:07撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇の単調な林道ラッセルは眠い
4
長い長い林道をラッセルして5時間半かけて別当出合に到着、雪は多い。
2017年12月10日 05:34撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い長い林道をラッセルして5時間半かけて別当出合に到着、雪は多い。
7
休憩舎中に入って大休止、暖かい。
2017年12月10日 06:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎中に入って大休止、暖かい。
3
別当出合の大鳥居
2017年12月10日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合の大鳥居
1
一本橋は新雪で雪多すぎ、ツボ足では渡れない。スキー板で渡るしかない。
2017年12月10日 06:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本橋は新雪で雪多すぎ、ツボ足では渡れない。スキー板で渡るしかない。
7
覚悟を決めて渡るしかない。
2017年12月10日 06:07撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
覚悟を決めて渡るしかない。
19
無事対岸に着いた。兄ちゃんマジ怖かった!
2017年12月10日 06:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事対岸に着いた。兄ちゃんマジ怖かった!
11
石畳も雪は多い、父ちゃんが頑張ってラッセル。
2017年12月10日 06:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳も雪は多い、父ちゃんが頑張ってラッセル。
7
中飯場も雪多すぎ、埋まるトイレ
2017年12月10日 07:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場も雪多すぎ、埋まるトイレ
2
中飯場からは兄ちゃんがラッセル
2017年12月10日 07:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場からは兄ちゃんがラッセル
5
快晴じゃないですか、期待できるかな。予報では9時過ぎに雲が出る。
2017年12月10日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴じゃないですか、期待できるかな。予報では9時過ぎに雲が出る。
4
もう藪も気にせずどこでも歩ける。
2017年12月10日 08:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう藪も気にせずどこでも歩ける。
5
降雪直後の樹氷がきれい
2017年12月10日 08:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降雪直後の樹氷がきれい
18
キラッキラ
2017年12月10日 08:25撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キラッキラ
19
別当谷も雪は多い。帰りはここに入ろう。
2017年12月10日 08:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当谷も雪は多い。帰りはここに入ろう。
11
純白です。
2017年12月10日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
純白です。
11
ようやく日が射してきた
2017年12月10日 08:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく日が射してきた
3
これが冬の白山
2017年12月10日 08:34撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが冬の白山
24
振り返れば大長山
2017年12月10日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば大長山
3
甚之助手前まで上がるとツリーの群生
2017年12月10日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助手前まで上がるとツリーの群生
3
9時近くになり別山が雲で隠れる。急速に天候悪化の兆し
2017年12月10日 08:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時近くになり別山が雲で隠れる。急速に天候悪化の兆し
4
僕の前に道はない、僕の後に道はできる。
2017年12月10日 08:39撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕の前に道はない、僕の後に道はできる。
7
埋まる甚之助小屋
2017年12月10日 09:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋まる甚之助小屋
4
甚之助谷を横断して台地に乗り上げて後は緩やかな尾根伝いにエコーラインを目指す。
2017年12月10日 09:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助谷を横断して台地に乗り上げて後は緩やかな尾根伝いにエコーラインを目指す。
3
台地に上がればホワイトアウト
2017年12月10日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台地に上がればホワイトアウト
5
弥陀ヶ原は地獄
2017年12月10日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原は地獄
7
室堂到着、何も見えない。
2017年12月10日 11:21撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂到着、何も見えない。
7
近づいて鳥居がかすかに分かる程度
2017年12月10日 11:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいて鳥居がかすかに分かる程度
6
埋まる室堂ビジターセンター
2017年12月10日 11:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
埋まる室堂ビジターセンター
1
兄ちゃんと鳥居
2017年12月10日 11:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兄ちゃんと鳥居
4
祈祷殿を後にピークへ行くしかない。
2017年12月10日 11:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祈祷殿を後にピークへ行くしかない。
2
山頂から奥社を見る。かすかに分かる。
2017年12月10日 12:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から奥社を見る。かすかに分かる。
1
兄ちゃんゴール。トラブル続きとラッセルで時間は大幅にかかる。
2017年12月10日 13:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兄ちゃんゴール。トラブル続きとラッセルで時間は大幅にかかる。
25
父ちゃんゴール
2017年12月10日 12:54撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
父ちゃんゴール
20
山頂からホワイトアウト滑走
2017年12月10日 13:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からホワイトアウト滑走
10
兄ちゃんも159cmポン
2017年12月10日 13:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兄ちゃんも159cmポン
11
甚之助下から別当谷エントリー
2017年12月10日 13:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助下から別当谷エントリー
6
別当谷から一本橋まで快適なパウダー
2017年12月10日 14:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当谷から一本橋まで快適なパウダー
8
帰りは雪も溶けもう怖くない。
2017年12月10日 14:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは雪も溶けもう怖くない。
12
さらば別当出合
2017年12月10日 14:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば別当出合
3
市ノ瀬まで自動運転、市ノ瀬から手漕ぎ運転
2017年12月10日 15:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬まで自動運転、市ノ瀬から手漕ぎ運転
5
白峰ゴール、17時間半もう暗かった。
1300年毎月白山無事達成!
2017年12月10日 17:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰ゴール、17時間半もう暗かった。
1300年毎月白山無事達成!
27

感想/記録
by YSHR

開山1300年、毎月白山にリーチの12月、行くしかないと今日挑戦した。兄ちゃん、なにわ君も参戦することになった。多分チャリは使えないし昨日夕方から山に降り出した雪が心配だ。白峰ゲート0時発と約束してある。自宅を22時半に出ると兄ちゃんから車のバッテリーが上がっていると連絡、マジか、早くJAF呼びなさい!今日は色々不吉な予感がする。23時半に着くとすでになにわ君はスタンバイ、兄ちゃんもギリギリ間に合った。

今日はダメ元でチャリも持って来たがゲートから除雪はなく、白峰から長い長い林道を別当出合まで歩くことになった。これが厳冬期の白山である。百万貫まで大してラッセルもなかったがこの辺りから徐々にポンでのちびラッセルとなる。なにわ君は少しずつ遅れだして見えなくなるがこの先ラッセルは辛くなるので先を急いで三番手で付いて来てもらおう。市ノ瀬までペースを上げたがたっぷり3時間かかった。ここまでチャリが使えれば1時間もかからないのに、、、帰りも辛い。雪は多くて1m弱はありそうだ。

長めに休憩してしばしなにわ君を待つが来ないので先を急いでラッセルに精を出す。雪は更に増えポンでも深いところは靴下となる。兄ちゃんと父ちゃんで交代でラッセルを回す。眠くて辛い、まだ星は見えていた。昨日もかなり新雪はあったようで雪はどんどん増えていく。5時間半頑張って別当出合に着いて大休止、なにわ君にラインをすると足首の不調で変電所手前で引き返したらしい、この先なにわ君の分まで頑張るしかない。

一本橋は雪が多くてツボ足は無理で板のまま渡った。怖かった。対岸に渡ると雪は多くてもうどこでも歩ける雰囲気だ。石畳のラッセルは辛かった、父ちゃん中飯場まで頑張ってラッセルして兄ちゃんに交替した。先週のドカ雪でもう登山道は無視してどこでも歩ける感じであった。そろそろ夜も明けた。ラッセルが辛いので兄ちゃんに地形を考えてなるべく風が通る場所を進むように伝えた。雪はどんどん増えてもう厳冬期の装いだった。

藪も全く気にならない、甚之助小屋は7割埋まっていた。しかし9時を過ぎて雲が出てきて甚之助から上はガスで視界がなくなった。この先はルート取りが難しくなり僕がずっと先頭で引っ張った。兄ちゃんもかなり疲労が出てきて足取りが重くなってきた。僕のゼリーも渡して頑張ってもらう。エコーラインに上がるともうホワイトアウト、弥陀ヶ原に出ても全く視界はなかった。室堂に方向を合わせ20m手前でやっと建物が認識できるくらいだった。

室堂も雪は増えていて建物はかなり埋まっていた。山頂へ最後のガンバ。ホワイトアウトの中はぐれないように連れ添ってピークを目指す。斜面は氷化していてクトーを効かして登る。風も強く地獄だ。残り標高差70mの地点で兄ちゃんがクトーが片方ないという。ハイマツに持って行かれたようだ。マジか勘弁してくれ、一旦下って探しに行った。僕は先に行く訳にもいかず吹きさらしの中でじっと待っていた。中々来ない、、早く来てくれ、寒いっす。クトーは見つかったが今度は板にはまらないと言う。事前の準備不足だ。仕方なくアイゼンでピークを目指してもらう。

山頂の方向がホワイトアウトで分かり辛い、右往左往してようやくぼんやり奥社が見えた。色々トラブル続きで実に白峰を出て12時間半の試練であった。奥社でお参りしてピークから何も見えない斜面を下っていく。今度は僕のGPSが不調で現在地がよくわからないので兄ちゃんに先頭を譲る。ホワイトアウトの中来た軌跡を追ってもらう。エコーラインからは甚之助小屋に直に下る。風の影響で硬い斜面とパウダーが混在して滑り辛かった。甚之助下からは別当谷にエントリーして快適に一本橋までパウダーを楽しんだ。

別当出合から市ノ瀬までは斜度があり楽だったが市ノ瀬から先は斜度がなく手漕ぎとなった。市ノ瀬までわかんの登山者が来ていた。不吉な予感、スキートレースも踏まれて所々ボコボコ滑りは悪くてこれまた難儀した。チャリが使えないと市ノ瀬からまた延々の滑らない林道歩きこれが辛い。白峰ゲートが見えたときはもう真っ暗だった。ゲートで写真を構える人がいた。なにわ君であった。マジですか?僕達が戻るのをずっと待っていたらしい。男なにわ君、これがなにわ魂か。あなたは偉い!

しめて17時間半、トラブル続きで時間はかかった。さすがに完全燃焼でした。僕の1300年は今日終わった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:5213人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ