また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354530 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

蓼科山 青空の山頂と雪山の眺望〜シリセード大会

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
スズラン峠園地駐車場。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
2時間0分
合計
6時間55分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口06:5808:06標高2110m標識08:0908:20幸徳平09:39蓼科山09:5109:52蓼科神社奥宮09:57蓼科山展望盤09:5810:03蓼科山10:06蓼科山頂ヒュッテ11:4811:50蓼科山12:36幸徳平12:3712:46標高2110m標識12:4713:49女ノ神茶屋・蓼科山登山口13:53すずらん峠園地駐車場13:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ゆったりと登り、広い頂上部を散歩し撮影、まったりと昼食、下山は疾風のごとくシリセード。
コース状況/
危険箇所等
チェスパで登れるが、急登に備えて山頂手前までアイゼン装着、岩が露出し歩きにくくなったため外す。その後下山時はノーアイゼン。
山頂部の積雪が少なく岩場がかなり露出。歩きにくく踏み抜き注意。
シリセード時、アイゼンは基本的に外すべき。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

スズラン園地駐車場から登山道へと出立したshilokoさん。気温−15℃。凍てつく寒さ。
2018年01月07日 07:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズラン園地駐車場から登山道へと出立したshilokoさん。気温−15℃。凍てつく寒さ。
3
樹林帯から赤岳、阿弥陀岳、モルゲンロート。
2018年01月07日 07:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯から赤岳、阿弥陀岳、モルゲンロート。
10
北横岳脇からご来光。今日の無事登山を祈願する。
2018年01月07日 07:20撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳脇からご来光。今日の無事登山を祈願する。
1
光芒が雪原を照らす。
2018年01月07日 07:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光芒が雪原を照らす。
4
樹林帯、幸徳平を過ぎるとゴーロ地帯。急登が始まる。
2018年01月07日 07:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯、幸徳平を過ぎるとゴーロ地帯。急登が始まる。
2
しばし登ると南方面の展望が開ける。中央アルプス。
2018年01月07日 07:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし登ると南方面の展望が開ける。中央アルプス。
3
八ヶ岳、南アルプス。
2018年01月07日 08:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、南アルプス。
6
八ヶ岳とshilokoさん。激坂を登って行く。


growさんに「白黒でパンダみたいだけどシャンシャンじゃなくてドンドン(鈍鈍)だね」と言われた・・・(ー_ー;)(し)。
2018年01月07日 08:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳とshilokoさん。激坂を登って行く。


growさんに「白黒でパンダみたいだけどシャンシャンじゃなくてドンドン(鈍鈍)だね」と言われた・・・(ー_ー;)(し)。
5
御嶽山、青空に月。
2018年01月07日 09:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山、青空に月。
4
縞枯が見えてくると山頂も近い。
2018年01月07日 09:08撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯が見えてくると山頂も近い。
5
昨年連れて来た時は、嫌そうな顔をしてやっと登っていたが、一年経って多少は笑って登れるようになった来た。

戌年なので、お犬様のように、
愛想をふりまけばおいしいごはんがもらえることを学習しました(し)。
2018年01月07日 09:08撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年連れて来た時は、嫌そうな顔をしてやっと登っていたが、一年経って多少は笑って登れるようになった来た。

戌年なので、お犬様のように、
愛想をふりまけばおいしいごはんがもらえることを学習しました(し)。
6
蓼科ブルーと山頂付近の独特な岩場。見通しが良い。冷たく弱い風が吹き始める。気温−15℃。ここで岩で歩きにくいためアイゼンを外した。
2018年01月07日 09:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科ブルーと山頂付近の独特な岩場。見通しが良い。冷たく弱い風が吹き始める。気温−15℃。ここで岩で歩きにくいためアイゼンを外した。
2
甲斐駒ヶ岳、北岳、塩見岳、仙丈ケ岳。
2018年01月07日 09:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳、北岳、塩見岳、仙丈ケ岳。
5
北アルプス。穂高岳、大キレット、槍ヶ岳。
2018年01月07日 09:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス。穂高岳、大キレット、槍ヶ岳。
8
山頂下をトラバースしてヒュッテ方面へ向かうshilokoさん。南アルプス。
2018年01月07日 09:39撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂下をトラバースしてヒュッテ方面へ向かうshilokoさん。南アルプス。
2
後ろの方に「お年賀です」と、声を掛けられ、チョコレートを頂いた。この場を借りて再度御礼申しあげます。ありがとうございました。
2018年01月07日 09:40撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろの方に「お年賀です」と、声を掛けられ、チョコレートを頂いた。この場を借りて再度御礼申しあげます。ありがとうございました。
8
蓼科山山頂。北アルプスとshilokoさんはトップが白い。顔と腹が黒く、血はさらにどす黒い愚か者。蓼科神社の御札も効かない生きる悪霊。まさしくゾンビ並みの生命力でラッセルする。
2018年01月07日 09:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山山頂。北アルプスとshilokoさんはトップが白い。顔と腹が黒く、血はさらにどす黒い愚か者。蓼科神社の御札も効かない生きる悪霊。まさしくゾンビ並みの生命力でラッセルする。
10
広大な頂上部には蓼科神社が祀られている。
2018年01月07日 09:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な頂上部には蓼科神社が祀られている。
2
頂上部南端の山座同定柱から南東方面。八ヶ岳、南アルプス、蓼科別荘街。
2018年01月07日 09:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上部南端の山座同定柱から南東方面。八ヶ岳、南アルプス、蓼科別荘街。
6
南西方面。中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳。
2018年01月07日 09:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方面。中央アルプス、御嶽山、乗鞍岳。
4
西方面。北アルプス、美ヶ原、霧ヶ峰。
2018年01月07日 09:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西方面。北アルプス、美ヶ原、霧ヶ峰。
4
北方面。浅間山、赤城山、広大な頂上部。
2018年01月07日 09:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面。浅間山、赤城山、広大な頂上部。
2
北東方面。山頂方面。
2018年01月07日 09:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東方面。山頂方面。
1
growさんと北あるぷしゅ(し)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
growさんと北あるぷしゅ(し)。
1
天狗岳、根石岳、硫黄岳。
2018年01月07日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳、根石岳、硫黄岳。
5
赤岳、中ノ岳、阿弥陀岳。
2018年01月07日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、中ノ岳、阿弥陀岳。
9
北岳、農鳥岳、甲斐駒ヶ岳。
2018年01月07日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北岳、農鳥岳、甲斐駒ヶ岳。
9
仙丈ヶ岳。
2018年01月07日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ヶ岳。
7
中央アルプス。木曽駒ヶ岳、空木岳。
2018年01月07日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。木曽駒ヶ岳、空木岳。
6
穂高岳、大キレット。手前は大滝山、蝶ヶ岳。
2018年01月07日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳、大キレット。手前は大滝山、蝶ヶ岳。
6
槍ヶ岳。手前は常念岳。
2018年01月07日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳。手前は常念岳。
8
表銀座、大天井岳、燕岳。裏銀座、水晶岳、野口五郎岳。
2018年01月07日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表銀座、大天井岳、燕岳。裏銀座、水晶岳、野口五郎岳。
5
針ノ木岳、蓮華岳、赤沢岳。後ろに立山、剱岳。手前は美ヶ原。
2018年01月07日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳、蓮華岳、赤沢岳。後ろに立山、剱岳。手前は美ヶ原。
7
後立山連峰。爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳。
2018年01月07日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰。爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳。
5
白馬三山。
2018年01月07日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山。
6
浅間山、外輪山。
2018年01月07日 09:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、外輪山。
7
冷たい西風で完全防寒のshilokoさん。体感温度は−18℃。


持ってて良かったバラクラバ♪(し)
2018年01月07日 09:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たい西風で完全防寒のshilokoさん。体感温度は−18℃。


持ってて良かったバラクラバ♪(し)
6
やはりここで決める!蓼科神社へ奉納。

お犬様のように、芸をすればおいしいごはんが貰えるはず♪(し)
2018年01月07日 09:58撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりここで決める!蓼科神社へ奉納。

お犬様のように、芸をすればおいしいごはんが貰えるはず♪(し)
7
快晴と素晴らしい眺望に大満足で、笑顔を見せるshilokoさん。ヒュッテへ向かう。
2018年01月07日 10:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴と素晴らしい眺望に大満足で、笑顔を見せるshilokoさん。ヒュッテへ向かう。
5
日光白根山。手前は榛名山。
2018年01月07日 10:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山。手前は榛名山。
6
冬季閉鎖中のヒュッテ前で昼食。
2018年01月07日 11:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季閉鎖中のヒュッテ前で昼食。
4
荒船山艫岩。
2018年01月07日 10:20撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒船山艫岩。
6
今日はきのこと野菜たっぷりの牛すきうどん。毎度具が多すぎて溢れんばかり。
2018年01月07日 11:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はきのこと野菜たっぷりの牛すきうどん。毎度具が多すぎて溢れんばかり。
8
かき氷を召し上がるshilokoさん。
2018年01月07日 11:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かき氷を召し上がるshilokoさん。
3
下山する。素晴らしい八ヶ岳の眺望。
2018年01月07日 11:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山する。素晴らしい八ヶ岳の眺望。
2
下りは当然シリセード大会開催。キャーキャー言いながら滑るshilokoさん。
2018年01月07日 12:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは当然シリセード大会開催。キャーキャー言いながら滑るshilokoさん。
1
安全上アイゼンは装着しない。
2018年01月07日 12:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全上アイゼンは装着しない。
2
プロの華麗な滑り。舞い上がる雪。
2018年01月07日 12:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プロの華麗な滑り。舞い上がる雪。
2
伝家の宝刀JA肥し袋登場!速い!速すぎる。アルペンスキー日本代表チームがワックスの調合を調査に来そうな速さ。
2018年01月07日 12:35撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝家の宝刀JA肥し袋登場!速い!速すぎる。アルペンスキー日本代表チームがワックスの調合を調査に来そうな速さ。
2
あっ!と落車!再びコースに戻れるか?
2018年01月07日 12:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ!と落車!再びコースに戻れるか?
1
樹林帯に下りてきた。暖かい気温−3℃。
2018年01月07日 13:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯に下りてきた。暖かい気温−3℃。
1
なぜか埋まりたいらしい。放っておく。
2018年01月07日 13:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか埋まりたいらしい。放っておく。
3
八ヶ岳独特の美しい冬景色。

ほっとするようなあたたかく柔らかいカラマツ林(し)。
2018年01月07日 13:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳独特の美しい冬景色。

ほっとするようなあたたかく柔らかいカラマツ林(し)。
5
無事駐車場下に到着。ビーナスラインから赤岳。
2018年01月07日 13:49撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事駐車場下に到着。ビーナスラインから赤岳。
2

感想/記録

 今年も一週間が過ぎた。あっという間に松の内から通常の日へ。
9日から初仕事の方もいる。長期休暇を羨むが、海外ではクリスマス休暇で年末まで休み、年始は通常通り仕事をしている国が多い。

 休むことが悪とされた日本。一説だが、中学高校での部活動の指導が要因だと言っている本もある。長時間拘束、絶対的な上下関係、伝統重視などが、一般社会に出ても影響してしまうそうだ。懸命な姿を美徳と捉えるより、体が壊れやしないか心配するべき。甲子園で涙したのは、その後の人生が終わってしまった選手の方なのだ。

 上越山稜はまた雪雲に覆われ姿すら見せない。午前中は晴天が予想される蓼科山へ
。前橋市から2時間10分で到着。小諸から先も除雪してあり凍結も少しだったので速かった。まだ午前5時40分と早く着きすぎたので20分仮眠。

 装備して日の出前に出立。まだ薄暗く気温−15℃凍てつく寒さ。先行者は5名ほど。樹林帯から光芒が差し込み、モルゲンの赤岳が見られた。樹林帯内も積雪がまだ少なく、アイゼンは幸徳平過ぎてから先の急登だけ必要程度。山頂付近へ行けば岩が出過ぎているので外した。

 幸徳平を過ぎると急登へ差し掛かる。高層雲でやや霞んでいるが南、中央アルプスの眺めが素晴らしい。標高を上げていくと、八ヶ岳、御嶽山、乗鞍岳も見えてくる。白く雪化粧した3000m級の山並みは雄大で美しい。

 縞枯したシラビソが見えてくると山頂も近い。一気に景観が開ける。ただ積雪が少なく岩が露出しアイゼンだと歩きにくい。ここで外した。下山時も付けなかった。
反時計回りで山頂下をトラバースしてヒュッテ方面へ向かう。

 途中「お年賀です、どうぞ」とペアの方からチョコレートを頂いた。見ず知らずの人だが、山ですれ違うは多生の縁、素直に頂戴しお礼を述べた。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

 山頂には誰もおらず記念撮影。極寒の冷たい西風が凍みる。体感温度は−18℃。
頂上部を散歩する。蓼科神社奥宮へお参りし、南端の山座同定盤へ。360度の眺望をぐるりと観賞、撮影する。冠雪し雲海を湛えた北アルプスの長大な山並みはやはり美しい。立山、剱岳まで見ることが出来た。

 再び山頂に戻り、風除けと昼食のため冬季閉鎖中のヒュッテへ向かう。ヒュッテ東側は平らではないので戻り、雪から露出したテーブルをお借りして昼食。きのこ牛すきうどんを作り、あつあつを食べた。混み始めた山頂を見つつ下山。

 天気予報に反して快晴の青空のもとを下りていく。下山はお楽しみのシリセード大会開催。縞枯が始まる辺り、岩が露出しなくなったらスタート。私どものルールとして、アイゼンは非装着、登山者がいたら必ず手前で停まって立ち、歩くこと。私は野球のゲッツー阻止の殺人スライディングを思い出し疾風の如く滑り降りていく。shilokoさんはキャーキャー言いながら華麗に滑り降りていく。玄人と書いてプロの滑り。

 途中岩が露出している所が分からず臀部を強打。shilokoさんも何度もぶつけて痛い思いをしたそうだ。伝家の宝刀JAの肥し袋は傾斜が緩やかになって登場。更によく滑る。スケルトン競技のように速い!しかもパンツとザックが岩で切れてしまう激しい滑り。さすがシリセードBC国内第一人者だけはある。

 幸徳平から樹林帯へ入ると気温が上がり2℃。非常に暖かい。雪が溶けてぬかぬか道となり歩きにくかった。美しい雪原と樹林帯を抜けると登山口。ビーナスラインから赤岳、阿弥陀岳を見ながら駐車場へ無事生還。単純に登り下りの登山だったが、美しい景色に魅了された蓼科山だった。

感想/記録

昨シーズンは雪山は初めてで、ここへ行った時は余裕ないほどバテバテだった記憶が・・・。

1年経って少しは進歩したのか?
あの寒さに耐えられるか?
体力測定と肝試し的な要素が大きいデスw


樹林帯で風が避けられるのが幸いしてか、登りは案外するすると行くことができました。

山頂付近で女性2人組の方から可愛らしいお年賀をいただき、ありがとうございました。
わたしも何かお返しすればよかったなぁーと反省しています・・・(;´Д`)

もともと岩ばかりで雪がつきにくい山頂のようですが、ちょっと期待していたより雪が少な目・・・。

ヒュッテの下に下りれば風をよけられるので、そこでお昼にしたかったのですが、踏み抜き地獄でいい場所が作れなかったので断念いたしましたw

お昼ごはんはgrowさんにまたいっぱいたべさせていただきました。
「食べるのも登山の身体づくりの一環」なのだそうです。


下山でのシリセードですが、岩が出ているのはわかっていたのにそのまま滑ってしまって、カッパのズボンとザックに穴が開いてしまいました( ;∀;)


そして翌日も使うため、ザックの補修用具を帰り道でGETし帰宅いたしました。

もう岩のある所で滑るのは控えようと思います。
よい教訓になりました。


前回の赤城山が極寒だったので、信じられないくらい素敵な蓼科ブルーに会えて良かったです♪

山頂から見えた山々、次はどこに行けるかなぁー(*´-`)
訪問者数:560人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/30
投稿数: 2244
2018/1/8 19:51
 連続で頑張っておりますね!
growmonoさん、shilokoさん
連続で頑張っておりますね!
以前ヤマユリさんと同じコースで登り帰りに
尻セードで降りたら途中で岩にぶつかりひどい目に
会ったことを思い出しました。
それにしても7日は天気が良かったですね。
見事な360度展望でしたね。
登録日: 2014/5/18
投稿数: 867
2018/1/8 21:39
 やっぱり山頂は風ピュ〜?
お二人さん、こんばんは、
蓼科へ行って来たのですね、
何時も山頂は風ピュ〜(寒いですね)でも
登った後の楽しみがあるのですね、
でも登りの人のことも考えて、
コースを外して豪快に滑ってください・・・怪我をしないように。
また出費がかさみますか・・・カッパとザック?
登録日: 2013/6/10
投稿数: 392
2018/1/9 4:47
 1/7(日)はthe Dayでしたね!
growmonoさん、shilokoさん、おはようございます。
1/7(日)はthe Dayでしたね!
 写真から素晴らしい天気に恵まれたことと、山岳展望の素晴らしさが伝わってきます。自分の登った四ッ岳頂上から蓼科山を滑る、shilokoさんのシリセードが見えていたかもしれませんね!?
 ただ、No.53の写真を見ていると、shilokoさんはヘルメットを被っていないように見えるのですが、あんなに岩のある場所でシリセードをする際はぜひメットを装着してください。安全登山が第一ですから....。そういう自分も過去に何度も危険な目に遭遇していてあまり大きな事は言えませんが....。
 とにかく、お二人の楽しい山行がレコから伝わってきました。お疲れ様でした。
hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 582
2018/1/9 8:52
 パノラマとシリセード
おはようございます、iiyuさん。

上越山稜は天候が悪いので、八ヶ岳連峰へ遠征です。
予報では雲がやや多めで午後は曇りでしたが、見事に外れて快晴でした。
やや霞んでおりましたが、素晴らしい眺望でした。

 小諸から道路にほとんど雪や凍結がなく、長野県の道路管理の素晴らしさを感じました。
全体的にまだ雪が少ないので、岩がかなり露出しておりました。
影響でシリセードは連続で出来ません。岩に何度かお尻を当てまして痛かったです。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 582
2018/1/9 9:00
 穏やかな極寒風
おはようございます、yasioさん。
谷川岳か四阿山を予定してましたが、悪天候で北八です。
赤岳へと思ったのですが、次の日も武尊山へ予定がありshilokoさんの体力を考えると蓼科山になりました。私一人なら八ヶ岳周回でも余裕ですが・・・

低気温を除き終日穏やかな天候で、山頂まではほぼ無風でした。
山頂は3〜5m/sほどの極寒の西風で寒かったですね。

シリセードは自分たちのルールを設定して、他の登山者に迷惑を掛けぬようにしております。
shilokoさんはキャーキャー言いますが顔は満面の笑顔で滑っていました。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 582
2018/1/9 9:12
 山は遊び場
おはようございます、hareharawaiさん。
予報に反して素晴らしい晴天で過ごせました。
高層雲が多少あったために霞んでおりましたが、素晴らしい眺望でした。
hareharawaiがいらっしゃった乗鞍も良く見えてましたよ。
レコを見るとこちらから見た地形がよく分かりますね。

ヘルメットですが、装備はして行ったのですが、私が置いていかせました。
岩の露出があれほどあるとは思いませんでしたので、被れば荷物にならなかったのですよね。
次の日の武尊山では、私はしっかりと被りました。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 296
2018/1/9 12:52
 Re: 連続で頑張っておりますね!
iiyuさんこんにちは、コメントありがとうございます。

iiyuさんも痛い経験をなさっていたとは(驚☆
わたしのほうは、いまだにしっぽの骨がイタイです(;´Д`)


蓼科山は登って行く途中振り返ったときと、
山頂の360℃の大展望が本当にきもちいいとおもいます。

山座同定できるようにがんばりたいです。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 296
2018/1/9 12:58
 Re: やっぱり山頂は風ピュ〜?
yasioさんこんにちは、

ザックはなんとか自力で修復できました。
お裁縫のお店って色々補修用具がありますネ、
また何か壊れたら駆け込もうと思いますw

カッパは職人growさんに直していただく予定です。

蓼科はいつも山頂は強風なのでしょうか?
さえぎるものがありませんし、やっぱりそうですよね。

景色は最高でした♪
憧れの槍さまのお姿を拝謁することができました。


登りの人にとっては、シリセードの人が滑り降りてきたら怖いですよね、
すれちがうときはやめています。
コースも考えたほうがよいですよネ。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 296
2018/1/9 23:31
 Re: 1/7(日)はthe Dayでしたね!
hareharaさんこんばんは。

雪がドッサリのほうが危険な感じがしていましたが、
雪の間から顔をのぞかせる岩は危険なのですね。

朝は持って出たのですが、
クルマの中にわざと置いていってしましました。反省デス(´-ω-`)


hareharaさんは冗談でなく危険な目に遭遇されているのが
レコなどによりつたわてってきておりますので
ご指導ありがたいです。
 

たまたま安全に下山できただけなのかも、と気持ちを引き締めて
今後は過ごさないとデス。


今年もhareharaさんが気持ちよく滑れるよう
お祈りしております^^。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ