また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1356108 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

湯元温泉から日光白根山

日程 2018年01月07日(日) 〜 2018年01月08日(月)
メンバー
 joule0622(SL)
, その他メンバー2人
天候1日目:晴
2日目:曇のち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
湯元本通り北駐車場に駐車。
湯元温泉エリアは無料駐車場多数。

1670m地点まで、日光湯元温泉スキー場のリフトを利用した。
1回券300円×リフト2本=600円。下りは利用できない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間37分
休憩
1時間1分
合計
6時間38分
S堰堤・分岐09:3611:47外山鞍部12:1612:59天狗平13:0013:31前白根山13:49避難小屋分岐13:5113:58五色沼避難小屋14:1115:28奥白根山15:4416:14五色沼避難小屋
2日目
山行
3時間52分
休憩
24分
合計
4時間16分
五色沼避難小屋09:0009:24避難小屋分岐09:3609:59前白根山10:1111:22外山鞍部12:19堰堤・分岐13:10湯元温泉登山口13:16湯元温泉バス停13:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報日光湯元温泉、日帰り入浴施設多数。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ ザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ロールペーパー 携帯 サングラス ツェルト カメラ テントマット シェラフ

写真

前白根山という看板が各所にあった
2018年01月07日 09:47撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根山という看板が各所にあった
徐々に高度を上げる
2018年01月07日 11:05撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に高度を上げる
外山の鞍部に出ると正面に富士山が見えた
2018年01月07日 12:08撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外山の鞍部に出ると正面に富士山が見えた
白い森をせっせと登る
2018年01月07日 13:10撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い森をせっせと登る
1
前白根と、奥白根が見えてきた
2018年01月07日 13:17撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根と、奥白根が見えてきた
4
改めて、富士山
2018年01月07日 13:17撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改めて、富士山
前白根山頂よりこれから登る奥白根
2018年01月07日 13:25撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根山頂よりこれから登る奥白根
8
五色沼を見下ろす
2018年01月07日 13:30撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色沼を見下ろす
5
冬季入口の樹脂パネルは破損している
2018年01月07日 13:58撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季入口の樹脂パネルは破損している
1
白根山山頂
2018年01月07日 15:35撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山山頂
5
日没まであと1時間
2018年01月07日 15:35撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没まであと1時間
3
女峰、男体山方面
2018年01月07日 15:35撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰、男体山方面
五色沼を見下ろす
2018年01月07日 15:46撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色沼を見下ろす
登ってきた道を引き返す
2018年01月07日 15:49撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた道を引き返す
小屋が見えてきた
2018年01月07日 16:07撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋が見えてきた
もうすぐ日が暮れる
2018年01月07日 16:07撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ日が暮れる
ビールで乾杯
2018年01月07日 16:39撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビールで乾杯
1
明け方まで晴れていた
2018年01月08日 04:25撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明け方まで晴れていた
穏やかな夜
2018年01月08日 04:26撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな夜
1
2日目はくもり。
筑波山、加波山が見える。
2018年01月08日 09:35撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目はくもり。
筑波山、加波山が見える。
燧ケ岳も見えなくなった。
2018年01月08日 09:42撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ケ岳も見えなくなった。
また来るよ。
2018年01月08日 09:51撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また来るよ。
1
前白根山頂。
2018年01月08日 10:00撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前白根山頂。
2

感想/記録

<1日目>
日光白根山には何度も来ているが、湯元から登るのは初めてである。
冬季は過去数回、12月末に菅沼からチャレンジし、樹林帯を抜けたところでいずれも強風撤退している。

行きは日光湯元温泉スキー場のリフトでズルをして登ることにした。
日祝日は8:30からリフトが動いているのでそれに合わせて到着したが、準備やら何やらしているうちに時間が経ってしまった。
リフトを乗り継ぎ9:20、スノーシューを履いて歩き出す。


既に何人か歩いているようで、トレースはハッキリしている。
登山靴だけで登れそうだが、ワカンやスノーシューがあれば安心だろう。
私は数年前に初めてスノーシューを履いて以来、ヒールリフターの快適さから抜け出せなくなってしまった。

外山の鞍部まではひたすら登る。
平坦なところはこない。ひたすら登るだけ。楽しい。
登っている間は風が強かったが、鞍部に出ると止んでいた。
早々にアイゼンに履き替える。

同行者はのんびり行くということで、単独でピークを目指す。
ペースを上げるが、登りはすぐに息が上がる。
天狗平付近、往路は夏道を通過。

前白根を過ぎ、避難小屋まで下降。
稜線の風は相変わらず弱まっており、楽に通過できた。

14:05、避難小屋に到着。
ストックやスノーシュー、スコップ等をデポ。
途中の樹林帯で、ザックをデポしてさらに身軽になる。
雪の斜面に取り付き、ひたすら登る。

15:35、日光白根の山頂に到着。
頂上に居たのは10分くらいで、写真を何枚かとってさっさと降りる。
1時間半かけて登った斜面も、下りは30分とかからなかった。

夜は海鮮鍋で宴会とした。
小屋は貸切だった。




<2日目>
4時頃、ふと目が覚めたので外に出て星空を楽しむ。
1時間くらい穏やかな夜に身を任せたあと、再びシュラフに潜りこんだ。


7:00、いい加減目覚める。
朝食をとって身支度を整える。天気は曇だ。


9:00、避難小屋を出発。
曇っているが風も穏やかだったので、写真を撮りながらのんびり下山した。

天狗平付近、下りは尾根筋を進んだ。
途中、南側の明瞭な尾根に引きずられルートを外れてしまった。
登り返して外山へ続く道に戻る。

やがて雪が降り出し、スキー場に着いたのは14時ごろであった。
訪問者数:789人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ