また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1356342 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ嶺北東尾根>小沢峠

日程 2018年01月09日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
飯能:川又名栗湖入り口バス停・久林バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.7〜1.8(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間33分
休憩
58分
合計
7時間31分
Sさわらびの湯バス停08:4309:06白谷沢登山口10:26棒八の頭10:3211:29棒ノ嶺12:1112:25権次入峠12:3012:48黒山12:5113:02馬乗馬場13:45長久保山15:29久方峠16:12久林バス停16:1416:14久林バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
久方峠から地形図に記載された昔の径である沢を降りてみたが、崩れている部分・腐った木々・朽ちた橋など難儀した。最後にはバス停に出るため名栗川を渡渉してしまった。
コース状況/
危険箇所等
棒ノ嶺北東尾根は道標無し:登りに利用する場合には判りやすいが、下山では上から林道を横切るまでの間の稜線が広くなる区域については尾根のトレースに注意する。
久方峠から下山に利用した沢沿いのルートは薦められない
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス カメラ

写真

バス停からさわらびの湯・バス停まで歩き、改めて入山準備
2018年01月09日 08:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停からさわらびの湯・バス停まで歩き、改めて入山準備
有間ダムを渡る頃から天候がよくなる気配:昨夜・早朝に低気圧が通過した
2018年01月09日 08:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有間ダムを渡る頃から天候がよくなる気配:昨夜・早朝に低気圧が通過した
道路脇の擁壁には階段が切られている
2018年01月09日 09:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路脇の擁壁には階段が切られている
動物の行動を記録するビデオが設置されていた
2018年01月09日 09:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
動物の行動を記録するビデオが設置されていた
尾根からの太陽の光が反対側・谷の霧に虹の輪が出現していた:ブロッケン現象
2018年01月09日 09:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根からの太陽の光が反対側・谷の霧に虹の輪が出現していた:ブロッケン現象
尾根に着いた。これからの展望を期待。ここにもビデオ
2018年01月09日 10:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に着いた。これからの展望を期待。ここにもビデオ
鹿柵が現れた
2018年01月09日 10:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵が現れた
林道を横断、擁壁には太い踏板とロープが設置されていた
2018年01月09日 10:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横断、擁壁には太い踏板とロープが設置されていた
縦走路と合流:棒ノ嶺側からみると右側の通過してきた径には通行止めの丸太が地面に
2018年01月09日 11:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路と合流:棒ノ嶺側からみると右側の通過してきた径には通行止めの丸太が地面に
棒ノ嶺山頂の東屋から奥武蔵の山並みが見渡せる
2018年01月09日 11:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺山頂の東屋から奥武蔵の山並みが見渡せる
2
ゴンジリ峠から棒ノ嶺方面、写真には含まれていないが右側には、子の権現の山並み、その奥には高山不動尊の赤い屋根が見える
2018年01月09日 12:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンジリ峠から棒ノ嶺方面、写真には含まれていないが右側には、子の権現の山並み、その奥には高山不動尊の赤い屋根が見える
黒山に着いた
2018年01月09日 12:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山に着いた
1
倒れた杉:根は横に大きく広がっていたようだ
2018年01月09日 13:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒れた杉:根は横に大きく広がっていたようだ
大松閣への道標:地図にはないが尾根を行ける?テープがあった
2018年01月09日 13:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大松閣への道標:地図にはないが尾根を行ける?テープがあった
長久保山の山頂:りっぱな三角点標識
2018年01月09日 13:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長久保山の山頂:りっぱな三角点標識
諏訪神社の道標:いけるのかな?
2018年01月09日 13:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪神社の道標:いけるのかな?
径の脇にあった祠
2018年01月09日 14:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
径の脇にあった祠
この祠には新しい正月飾りが
2018年01月09日 14:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この祠には新しい正月飾りが
このつたも見事
2018年01月09日 14:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このつたも見事
小沢峠:今回は稜線をパス、トラバースする
2018年01月09日 14:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢峠:今回は稜線をパス、トラバースする
小沢峠:稜線を辿る径
2018年01月09日 14:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢峠:稜線を辿る径
大きく北に曲がるところの倒れた木に大きなキノコ:サルノコシカケ
2018年01月09日 15:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく北に曲がるところの倒れた木に大きなキノコ:サルノコシカケ
小沢峠・小沢・久方峠分岐を示す
2018年01月09日 15:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢峠・小沢・久方峠分岐を示す
久方峠からの久林間の沢沿いの径:だいぶ歩きやすくなった部分
2018年01月09日 15:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久方峠からの久林間の沢沿いの径:だいぶ歩きやすくなった部分

感想/記録

久方峠でだいぶ時間も遅くなったので、以下の判断で下山する(地図にルートが記載されている・道標に古道と書かれている・沢沿いで分かりやすい・距離が短いなど)
単独行動でなくて安心感があったが結構大変だった
途中でGPSの電池が少ないことを確認したが直ぐに電池を変えずにデータ欠損が生じてしまった(そのため途中の座標が抜けてしまった)。今後注意しなくてはいけない。
今回帰宅後ルートを再確認し以下に気づいたので日記としてメモを残した

計画策定時と計画持ち込み時のルート図:みんなの足跡の違い
https://www.yamareco.com/modules/diary/238211-detail-157652
訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ