また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 136283 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走塩見・赤石・聖

塩見岳、蝙蝠岳、三峰岳 (鳥倉林道〜野呂川両俣)

日程 2001年09月22日(土) 〜 2001年09月24日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
行き:鳥倉林道を登り、登山口に駐車。
帰り:野呂川出合(バス)北沢峠(バス)仙流荘(バス)高遠(バス)伊那市(JR飯田線)伊那大島(タクシー16000円くらい)鳥倉登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9/22
鳥倉駐車場8:05-8:45林道終点8:50-11:35三伏峠11:45-11:50三伏山12:00-12:47本谷山12:55-13:03沢13:10-14:50塩見小屋14:55-16:17塩見岳西峰-16:23塩見岳16:55-17:25北俣分岐-18:00?雪投沢上

9/23
雪投沢上6:37-7:05北俣分岐-8:50蝙蝠岳9:30-11:20北俣分岐11:25-11:45雪投沢上12:30-13:10北荒川水場13:25-13:40北荒川岳13:55-15:08岩峰15:20-16:55熊ノ平

9/24
熊ノ平5:05-5:50三国平分岐-6:50三峰岳7:05-9:25野呂川越9:30-10:05両俣10:50-12:35野呂川出合
コース状況/
危険箇所等
登山道はしっかりしている。
三峰岳から野呂川越の間は踏み跡薄い所もある。

写真

三伏山に登ると・・。
塩見岳が。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏山に登ると・・。
塩見岳が。
塩見小屋から塩見岳。
小屋番さんに「こんなとこでのんびりしてたら日が暮れちゃうぞーー」と言われて先へ進む。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋から塩見岳。
小屋番さんに「こんなとこでのんびりしてたら日が暮れちゃうぞーー」と言われて先へ進む。
塩見岳頂上から。
白根へ続く山々。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳頂上から。
白根へ続く山々。
塩見岳頂上から。
明日行く予定の蝙蝠岳と、その奥に富士山。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳頂上から。
明日行く予定の蝙蝠岳と、その奥に富士山。
塩見岳頂上から。
荒川岳。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳頂上から。
荒川岳。
塩見岳から北俣岳へ下る途中から。
仙丈、甲斐駒、間、農鳥。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳から北俣岳へ下る途中から。
仙丈、甲斐駒、間、農鳥。
二日目の朝。
北俣岳付近から塩見岳を望む。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目の朝。
北俣岳付近から塩見岳を望む。
蝙蝠岳から白根方向。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す蝙蝠岳から白根方向。
北荒川岳から塩見岳を振り返る。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す北荒川岳から塩見岳を振り返る。
北荒川岳から間ノ岳、農鳥岳。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す北荒川岳から間ノ岳、農鳥岳。
小岩峰から塩見岳を振り返る。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す小岩峰から塩見岳を振り返る。
熊ノ平付近から塩見岳。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す熊ノ平付近から塩見岳。
三日目の朝。
三国平から仙丈ヶ岳。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三日目の朝。
三国平から仙丈ヶ岳。
三国平から塩見岳と左に笊ヶ岳。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す三国平から塩見岳と左に笊ヶ岳。
三峰岳から仙丈ケ岳。
ここまで来たら、あとは両俣へ下りのみ。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰岳から仙丈ケ岳。
ここまで来たら、あとは両俣へ下りのみ。

感想/記録

久々に塩見岳に行きたい。
それに初めての蝙蝠岳を組み合わせて両俣までの山行に出発します。

未明に鳥倉駐車場に着き仮眠。
しかし朝起きると雨が降っている。
ガッカリしながら二度寝するが、だいぶ遅くなってから意を決して出発します。

三伏峠まで必死に登ると・・・・晴れてきた。
三伏山、本谷山と塩見岳を眺めながら進みます。

そして塩見岳到着。
南アルプスの大展望に囲まれ幸せなひと時。

朝遅く出たので塩見岳は既に夕方。
雪投沢キャンプ指定地へ下りるころには真っ暗。
下りるのが怖くなり本来の指定地より上の方でテントを張ることになってしまい反省します。
(後に雪投沢はキャンプ禁止になってしまったんですね。残念。)

2日目は蝙蝠岳へ向かいます。
蝙蝠からも荒川、赤石、塩見、白根が綺麗に見えます。
その後も北荒川岳や小岩峰からの景色が素晴らしく気分よく歩きます。

しかし休憩時間が多くなり熊ノ平に着く頃には暗くなり始めます。
熊ノ平小屋では「到着が遅い」と小屋番さんに思いっきり怒られます。

3日目も天気良し。
三国平、三峰岳からの展望を楽しんだら、両俣へ下ります。
両俣は何度来ても気持ちよく感じます。
あとは林道をバス停まで歩き山行を終えました。



訪問者数:1145人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ