また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1362938 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

奥日光の展望台・半月山

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ(微風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
歌ヶ浜駐車場を利用。9時頃着で、停まっているのは、数台程度。凍りついているところもあるので、要注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間12分
休憩
33分
合計
4時間45分
Sスタート地点09:2810:07狸窪10:0910:50半月峠11:0111:16半月山展望台11:2111:27半月山11:2812:04中禅寺駐車場12:1612:29狸山13:20茶の木平13:54茶ノ木平方面登山口13:5514:10歌ヶ浜駐車場14:1114:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【歌ヶ浜〜狸窪】
雪は少なく、アスファルトが見えているところが多い。凍結している場所もあるので、要注意。自分は駐車場から少し歩いたところで、派手に転んでしまい、腰を強打。
【狸窪〜半月山】
トレースはあり。陽が当たらないので、雪はそれなりにあるが、とても固い。半月峠から半月山は、凍結箇所が多いので、アイゼン等必要。
【半月山〜茶ノ木平】
このあたりは、陽が当たるので、雪は柔らかい。トレースはある。夏道とは少しずれていて、途中で雪が無くなってしまうところがあるので、迷わないように注意。
【茶ノ木平〜中宮祠】
この辺りも、凍結箇所が多い。
その他周辺情報登山後は、日光ステーションホテルで日帰り入浴。レストランの営業時間外だったので、入浴後の休憩スペースがあまりないのが残念。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 マフラー ネックウォーマー 毛帽子 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
備考 ゲイターを忘れてしまった。雪が深くなくて良かった!

写真

前日飲み会のため、9時過ぎ着と、少し遅めの出発。出発して1分程で、凍結箇所で転倒…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日飲み会のため、9時過ぎ着と、少し遅めの出発。出発して1分程で、凍結箇所で転倒…。
4
年末に社山に登った時に比べて、雪が少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
年末に社山に登った時に比べて、雪が少ない。
もう少し風が無ければなぁ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し風が無ければなぁ…
1
狸窪から半月峠に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狸窪から半月峠に向かう。
雪は少ないが、固くてツルツルのため、狸窪過ぎた辺りでアイゼン装着。ガリガリ、ザクザクで登りやすい。トレースは、しっかりとある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は少ないが、固くてツルツルのため、狸窪過ぎた辺りでアイゼン装着。ガリガリ、ザクザクで登りやすい。トレースは、しっかりとある。
半月峠に到着。少し景色が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月峠に到着。少し景色が広がる。
ここからは、登りが少し急になる。ツルッツルのところもあるので、要注意!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、登りが少し急になる。ツルッツルのところもあるので、要注意!
2
振り返ると、年末に登った社山。今日は雲の中。手前は中禅寺山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、年末に登った社山。今日は雲の中。手前は中禅寺山。
4
標高を上げると、中禅寺湖や男体山、戦場ヶ原に奥白根と、奥日光の景色が見え始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を上げると、中禅寺湖や男体山、戦場ヶ原に奥白根と、奥日光の景色が見え始める。
2
半月山展望台に到着。ガイドブックとかで、よく見る景色。素晴らしい!紅葉の時期も、綺麗なんだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月山展望台に到着。ガイドブックとかで、よく見る景色。素晴らしい!紅葉の時期も、綺麗なんだろうな。
14
半月山頂上。地味な頂上だ。名前の由来はなんなんだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半月山頂上。地味な頂上だ。名前の由来はなんなんだろう?
4
狸山に向かう。所々、雪が深いところがあったり、雪がまったく無くなったり…。トレースはあるが、何回か見失う。この辺りの雪は柔らかくて、シャバシャバ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狸山に向かう。所々、雪が深いところがあったり、雪がまったく無くなったり…。トレースはあるが、何回か見失う。この辺りの雪は柔らかくて、シャバシャバ。
中禅寺駐車場に到着。ここで、少し休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺駐車場に到着。ここで、少し休憩。
中禅寺駐車場からも、なかなかの景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺駐車場からも、なかなかの景色。
5
休憩後、狸山に向かう。こちらも地味な頂上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、狸山に向かう。こちらも地味な頂上。
狸山から、茶ノ木平に向かう。雪はあってもくるぶし程度。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狸山から、茶ノ木平に向かう。雪はあってもくるぶし程度。
ここで、再度車道に出る。このまま、車道で下山するか迷うが、やっぱり登山道で下山したいと思い直し、進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで、再度車道に出る。このまま、車道で下山するか迷うが、やっぱり登山道で下山したいと思い直し、進む。
今日の山も、動物の足跡がいっぱい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の山も、動物の足跡がいっぱい。
3
茶ノ木平を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶ノ木平を通過。
駐車場に到着。年末に登った社山、なかなかカッコいい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。年末に登った社山、なかなかカッコいい!
4

感想/記録

前日飲み会のため、近場の半月山に行くこととした。最近はなかなか遠くには行けず、近場の奥日光周辺が多くなっている。飽きないけれど…。

歌ヶ浜に到着すると、予想以上に雪が少ない。狸窪までは平坦な道で、アスファルトの上を歩く方が多かった。しかし、当然寒いので凍結している。転倒には要注意!

狸窪からは、雪が少し多くなるのと、登りになるため、アイゼンを装着し、ザクザクと進んで行く。とても気持ちいい。

半月峠から半月山は、登りが急になり、凍結していてツルッツルのところもある。半月峠からは、景色が広がり始め、展望台に到着すると、まさに『奥日光』という素晴らしい景色が見られた。

その後、半月山、狸山の少し地味な頂上を踏み、茶ノ木平を経由して中宮祠に下山する。半月山から茶ノ木平までは、雪が柔らかい。トレースはあるが、鹿のトレースが混ざっていたり、急に雪が無くなってしまったり、少し戸惑いつつも、無事に下山した。

来月は、久しぶりに信州の山に行きたいな。
訪問者数:573人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/10
投稿数: 699
2018/1/21 15:31
 これを狙ってました
ご無沙汰しております。
茶の木平からの男体山もカッコいいし、
冬の八丁出島も見てみたい。と思ってます。
紅葉の頃は社山まで行ったけど冬だとキツイですかね?
行くなら風が弱く中禅寺湖に波の無い日を希望
登録日: 2011/9/7
投稿数: 24
2018/1/21 20:10
 Re: これを狙ってました
こんばんわ、ご無沙汰してます。

今週は雪も少なく、まるで残雪期のようで、全然キツくなかったですよ。年末の社山は、トレースも少ないし、風も強いし大変でした。
明日は雪降るそうなので、来週はこの辺りの山でも雪が楽しめそうですね😀

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 紅葉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ