また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1364585 全員に公開 雪山ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

黒斑山・蛇骨岳 雪の浅間山鑑賞会

日程 2018年01月21日(日) [日帰り]
メンバー
 hirokaz(CL)
, その他メンバー1人
天候■1/21
晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■行き
マイカーで高峰高原ビジターセンター駐車場へ。

登山口:高峰高原ビジターセンター
ルート:高峰高原ビジターセンター→表ルート→黒斑山→蛇骨岳→黒斑山→中ルート→高峰高原ビジターセンター
下山口:高峰高原ビジターセンター

■帰り
高峰高原ビジターセンターからマイカーで帰宅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間28分
休憩
1時間36分
合計
5時間4分
S車坂峠10:0711:17槍ケ鞘11:3011:36トーミの頭11:4512:00黒斑山12:1012:45蛇骨岳13:3714:04黒斑山14:0714:17トーミの頭14:2315:06車坂峠15:0915:11高峰高原ビジターセンターG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■登山道
登山道はよく整備されています。
トレース多数。雪はよく踏み固められています。
アイゼンが必要です。(軽アイゼンでは厳しいでしょう)
その他周辺情報■日帰り温泉
あぐりの湯こもろ
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(1) 1/25000地形図 ガイド地図(1) コンパス(1) 笛(1) 熊鈴(1) 筆記具(1) 保険証(1) 飲料(1) ティッシュ(1) トイレットペーパー(1) ウェットティッシュ(1) フェイスペーパー(1) 日焼け止め(1) バンドエイド(1) タオル(1) 携帯電話(1) 計画書(2) 雨具(1) 防寒着(1) ストック(1) スノーバスケット(1) 12本アイゼン(1) 水筒(1) 時計(1) カメラ(1) ズームレンズ(1) カメラメンテナンスキット(1) 予備カメラ電池(1) 予備SDカード(1) 非常食(1) おふろセット(1) 帽子(1) サングラス(1) マスク(2) スパッツ(1) ザックカバー(1) マグカップ(1) 寝袋(1) 雑巾(1)

写真

佐久北IC付近から見る浅間山。ここからだとさほど冠雪は多くないように見えます。
2018年01月21日 09:01撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久北IC付近から見る浅間山。ここからだとさほど冠雪は多くないように見えます。
1
高峰高原ビジターセンター駐車場からスタート。
2018年01月21日 09:55撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高峰高原ビジターセンター駐車場からスタート。
1
表コースと中コースがあります。行きは表コースから。
2018年01月21日 10:06撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表コースと中コースがあります。行きは表コースから。
樹間に見える黒斑山、それなりに雪もついていそうです。
2018年01月21日 10:31撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間に見える黒斑山、それなりに雪もついていそうです。
佐久盆地と、その向こうに蓼科山から始まる八ヶ岳連峰。
2018年01月21日 10:36撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久盆地と、その向こうに蓼科山から始まる八ヶ岳連峰。
1
こちらは高峰高原とアサマ2000スキー場方面。右奥は篭ノ登山でしょうか。
2018年01月21日 10:43撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは高峰高原とアサマ2000スキー場方面。右奥は篭ノ登山でしょうか。
さらに右奥を見れば雪の四阿山。
2018年01月21日 10:49撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに右奥を見れば雪の四阿山。
篭ノ登山も未踏なので、登りたい山です。
2018年01月21日 10:50撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
篭ノ登山も未踏なので、登りたい山です。
ついに浅間山登場。
2018年01月21日 11:17撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに浅間山登場。
1
雨はしのげそうです。
2018年01月21日 11:19撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨はしのげそうです。
槍ヶ鞘に出ると、浅間山がついにその全容を現します。
2018年01月21日 11:22撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘に出ると、浅間山がついにその全容を現します。
3
立ち上る噴煙が確認できます。
2018年01月21日 11:23撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち上る噴煙が確認できます。
3
右端がトーミの頭。
そこから左奥の黒斑山へ続く第一外輪山。これから進むべき道です。
2018年01月21日 11:24撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端がトーミの頭。
そこから左奥の黒斑山へ続く第一外輪山。これから進むべき道です。
荒々しい牙山と浅間剣ヶ峰。
2018年01月21日 11:31撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい牙山と浅間剣ヶ峰。
ローソクみたいな岩。
2018年01月21日 11:33撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ローソクみたいな岩。
3
槍ヶ鞘を振り返ります。彼方に八ヶ岳と奥秩父山塊。
2018年01月21日 11:35撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘を振り返ります。彼方に八ヶ岳と奥秩父山塊。
槍ヶ鞘。すんごい斜面にトラバースの足跡がついているような。。。
2018年01月21日 11:35撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘。すんごい斜面にトラバースの足跡がついているような。。。
トーミの頭へ向けての登り。この日の行程での最大勾配がこの場所でした。
2018年01月21日 11:37撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トーミの頭へ向けての登り。この日の行程での最大勾配がこの場所でした。
トーミの頭。
2018年01月21日 11:42撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トーミの頭。
そして黒斑山、蛇骨岳へと続く第一外輪山。
2018年01月21日 11:43撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして黒斑山、蛇骨岳へと続く第一外輪山。
浅間山全景。
天然牛乳プリン。
2018年01月21日 11:43撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山全景。
天然牛乳プリン。
7
眼下に広がる湯ノ平。
2018年01月21日 11:43撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に広がる湯ノ平。
こちらが浅間山になります。
2018年01月21日 11:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらが浅間山になります。
3
湯ノ平への下山路の分岐。そちらはノートレースです。
2018年01月21日 11:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ平への下山路の分岐。そちらはノートレースです。
浅間山から勢い良く噴煙が上がり始めました。だ、大丈夫なのか?
2018年01月21日 12:00撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山から勢い良く噴煙が上がり始めました。だ、大丈夫なのか?
2
圧倒的青空と圧倒的浅間山。
2018年01月21日 12:02撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圧倒的青空と圧倒的浅間山。
4
The Asama volcano
2018年01月21日 12:05撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
The Asama volcano
2
蛇骨山へ向けて進みます。北に向かうにつれて浅間山の白さが増していきます。こちらは木々が少ないのですね。
2018年01月21日 12:13撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇骨山へ向けて進みます。北に向かうにつれて浅間山の白さが増していきます。こちらは木々が少ないのですね。
振り返れば美しい第一外輪山稜線。
2018年01月21日 12:15撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば美しい第一外輪山稜線。
黒斑山〜蛇骨山間はやや雪が深くなります。登山道はよく歩かれており、問題なしです。
2018年01月21日 12:18撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒斑山〜蛇骨山間はやや雪が深くなります。登山道はよく歩かれており、問題なしです。
黒斑山を振り返り。
2018年01月21日 12:27撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒斑山を振り返り。
これぞ浅間山。
2018年01月21日 12:33撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ浅間山。
1
目標の蛇骨山が目前です。
2018年01月21日 12:35撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目標の蛇骨山が目前です。
落とし穴!?
2018年01月21日 12:39撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落とし穴!?
蛇骨山到着。
2018年01月21日 12:44撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇骨山到着。
ここまで来ると浅間山がとても白くなります。
2018年01月21日 12:45撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると浅間山がとても白くなります。
2
北方面の眺め。嬬恋村が一望できます。
2018年01月21日 12:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方面の眺め。嬬恋村が一望できます。
田代湖。凍結しているでしょうか。
2018年01月21日 12:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
田代湖。凍結しているでしょうか。
大きな山体の四阿山。
2018年01月21日 12:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな山体の四阿山。
1
そして雪をいただく草津白根山。
2018年01月21日 12:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして雪をいただく草津白根山。
1
青空の嬬恋村
2018年01月21日 12:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の嬬恋村
噴煙も絵になる浅間山。
2018年01月21日 12:50撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴煙も絵になる浅間山。
3
第一外輪山の道は続きますが、今回はここまでです。
2018年01月21日 12:51撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一外輪山の道は続きますが、今回はここまでです。
1
すごく噴煙の量が多いですが・・・大丈夫なんですよね?
2018年01月21日 12:51撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごく噴煙の量が多いですが・・・大丈夫なんですよね?
1
太陽が低くなって、稜線のシルエットが際立ってきました。
2018年01月21日 12:53撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が低くなって、稜線のシルエットが際立ってきました。
草津温泉。
山と畑が中心の景色のなかにビル群。
2018年01月21日 12:56撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津温泉。
山と畑が中心の景色のなかにビル群。
牛乳プリンのような浅間山を前に、ジャージー牛乳プリンを食すエクストリームスポーツ。
2018年01月21日 12:58撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛乳プリンのような浅間山を前に、ジャージー牛乳プリンを食すエクストリームスポーツ。
1
キーマカレーラーメン。美味。
2018年01月21日 13:08撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キーマカレーラーメン。美味。
だいたい同じじゃないですかね(汗)。
2018年01月21日 13:21撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいたい同じじゃないですかね(汗)。
火口部の傾き具合とかが。
2018年01月21日 13:22撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口部の傾き具合とかが。
なお、撮影に使用した牛乳プリンはスタッフ(私)がおいしくいただきました。
2018年01月21日 13:23撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なお、撮影に使用した牛乳プリンはスタッフ(私)がおいしくいただきました。
眼下の湯の平。
2018年01月21日 13:36撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下の湯の平。
雄大なる浅間山。
2018年01月21日 13:38撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄大なる浅間山。
1
青空に噴煙。
2018年01月21日 13:44撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に噴煙。
1
ここを帰らないと行けないので、そろそろ出発です。
2018年01月21日 13:46撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを帰らないと行けないので、そろそろ出発です。
何度でも撮ってしまう。
2018年01月21日 13:50撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度でも撮ってしまう。
1
湯の平の樹林も美しいですね。
2018年01月21日 14:05撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の平の樹林も美しいですね。
眼下に火山館が見えました。あそこまで行くのは大変そう。。。
2018年01月21日 14:15撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に火山館が見えました。あそこまで行くのは大変そう。。。
1
広大な湯ノ平。
2018年01月21日 14:15撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な湯ノ平。
トーミの頭まで戻ってきました。
2018年01月21日 14:15撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トーミの頭まで戻ってきました。
中コース分岐。帰りは中コースで帰還します。
2018年01月21日 14:25撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中コース分岐。帰りは中コースで帰還します。
浅間山もここで見納めです。
2018年01月21日 14:25撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山もここで見納めです。
ひたすらに樹林帯を下る中コース。
2018年01月21日 14:33撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすらに樹林帯を下る中コース。
アサマ2000スキー場が見えてきました。
2018年01月21日 14:44撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アサマ2000スキー場が見えてきました。
わかりにくい案内板。道路標識を見慣れているせいで、進行方向は上だという感覚があります。
人間の錯覚を正す目的があるのかも!?
2018年01月21日 14:51撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりにくい案内板。道路標識を見慣れているせいで、進行方向は上だという感覚があります。
人間の錯覚を正す目的があるのかも!?
1
ビジターセンター駐車場に戻ってきました。おつかれさまでした。
2018年01月21日 15:06撮影 by E-M10 Mark III , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンター駐車場に戻ってきました。おつかれさまでした。
あぐりの湯こもろから見る浅間山方面。肝心の浅間山は右奥で雲に隠れていますが、東西に広がる浅間山系の大きさがわかります。
2018年01月21日 17:12撮影 by 602SO, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あぐりの湯こもろから見る浅間山方面。肝心の浅間山は右奥で雲に隠れていますが、東西に広がる浅間山系の大きさがわかります。

感想/記録

かねてから暖めていた構想(というほど大袈裟なものでもないですが)、牛乳プリンとも例えられる黒斑山からの浅間山が見たくて、高峰高原へ行って来ました。
浅間山それ自体はなかなか登るチャンスのない山ですが、黒斑山はそんな浅間山の美しい雪化粧を目前で見られる特等席とのこと。
これは登らない手はない。

結果、ご覧の通り最高の浅間山を見ることができました。

佐久側から見た浅間山は「あれ?雪が少ないかな?」という印象を持ちましたが、外輪山に登ってみると、見事な雪化粧でした。
とくに蛇骨岳まで行くと、植生が乏しくなるのか、より白い浅間山を見ることができます。黒斑山に行ったら蛇骨岳まで足を延ばすのがおすすめです

見渡す限りの晴天に恵まれただけでなく、外輪山の稜線部もほとんど風が無いというミラクル。
さほど寒くもない絶好のコンディションでした。

――EXPLORING RECORD――――――>>
ヤマレコ 147記録
3000m峰 10/21
日本百高峰 31/100
日本百名山 44/100
日本二百名山 57/200
日本三百名山 70/300
一等三角点百名山 21/100
都道府県最高峰 10/47
――――――――――――――――――
訪問者数:457人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/28
投稿数: 259
2018/1/24 10:27
 素晴らしい眺望ですね!!
黒斑山から蛇笏岳まで足を延ばすと浅間山が素晴らしいですね。プリンと浅間山山頂との比喩も素敵ですね!!
また、浅間山から見える草津白根山の本白根山が23日に噴火したとの報道と浅間山の活発な噴煙をみて、活火山の恐ろしさと活火山登山が内包しているリスクを改めて考えさせられた1日でした。
でも火山のお陰で素敵な景観や温泉の恵みを享受できていることを合わせ考え、活火山が多い日本の山登りを楽しんでいきたいですね。これからも素晴らしい山行報告をお願いします。
登録日: 2011/5/22
投稿数: 69
2018/1/24 22:12
 Re: 素晴らしい眺望ですね!!
matusanさんいつもコメントありがとうございます。

黒斑山と並んで、草津の本白根山も行き先候補だったので、一歩間違ったらまさに噴火したその場所に行っていた可能性があり、本当にこういうことは紙一重だなと思います。。。
活火山があるからこそ美しい風景や温泉が楽しめるのも事実ですし、できる限りの準備をして山を楽しみたいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ