また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1364887 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳ブルーの北横岳から雨池へ

日程 2018年01月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴 稜線上は強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
北八ヶ岳ロープウェイ駐車場
北八ヶ岳ロープウェイ往復(1,900円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
坪庭から北横岳
多くの人が歩いているため雪は締まっていました。
今回は12本歯のアイゼンを使いましたが軽アイゼンやチェーンスパイクで登っている人もいました。

坪庭から雨池
縞枯山荘から雨池まではアイゼンでは少し踏み抜く場所もありました。
多くの人がスノーシューを使用していました。
その他周辺情報ロープウェイ山麓駅:トイレ、レストラン
ロープウェイ山頂駅:トイレ、カフェ
北横岳ヒュッテ:トイレ(100円)
縞枯山荘:トイレ(100円)、売店
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

北八ヶ岳ロープウェイで登ります。
2018年01月21日 08:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳ロープウェイで登ります。
3
スキー場の情報が書いてあります。
2018年01月21日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場の情報が書いてあります。
3
ゴンドラから蓼科山が見えます。
2018年01月21日 09:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラから蓼科山が見えます。
6
坪庭は雪が少なめのようです。
2018年01月21日 09:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭は雪が少なめのようです。
4
今日は初の12本歯
SALEWA alpinist combi
2018年01月21日 09:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は初の12本歯
SALEWA alpinist combi
6
キツツキがいます。
2018年01月21日 09:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツツキがいます。
2
坪庭から振り返ると中央アルプスが見えます。
2018年01月21日 09:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭から振り返ると中央アルプスが見えます。
2
こちらは南アルプス
2018年01月21日 09:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは南アルプス
6
北横岳に向かいます。
2018年01月21日 09:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳に向かいます。
4
樹林帯を登っていきます。
2018年01月21日 09:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を登っていきます。
3
坪庭を見下ろします。
2018年01月21日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭を見下ろします。
6
樹氷が輝いています。
2018年01月21日 10:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷が輝いています。
4
北横岳ヒュッテ
2018年01月21日 10:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテ
3
木に付いた雪も少なめです。
2018年01月21日 10:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木に付いた雪も少なめです。
1
雪から結晶が延びています。
2018年01月21日 10:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪から結晶が延びています。
2
拡大すると羽毛みたいです。
2018年01月21日 10:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
拡大すると羽毛みたいです。
4
山頂までもうすぐです。
2018年01月21日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂までもうすぐです。
4
北横岳南峰
2018年01月21日 10:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳南峰
14
山頂から北アルプス
2018年01月21日 10:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から北アルプス
8
中央アルプス
2018年01月21日 10:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス
4
北峰に向かいます。
2018年01月21日 10:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰に向かいます。
3
北横岳北峰
2018年01月21日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳北峰
6
蓼科山の奥に北アルプス
2018年01月21日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山の奥に北アルプス
6
山頂には多くの人がいました。
2018年01月21日 10:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には多くの人がいました。
5
南八ヶ岳と南アルプス
2018年01月21日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳と南アルプス
4
風が強いので戻ります。
2018年01月21日 10:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強いので戻ります。
4
北横岳ヒュッテのつらら
2018年01月21日 10:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテのつらら
2
坪庭まで下りてきました。
2018年01月21日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭まで下りてきました。
3
なんだか不思議な風景です。
2018年01月21日 11:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか不思議な風景です。
4
北横岳を振り返ります。
2018年01月21日 11:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳を振り返ります。
2
雪が無ければ溶岩だらけです。
2018年01月21日 11:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が無ければ溶岩だらけです。
3
縞枯山荘方面に向かいます。
2018年01月21日 11:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山荘方面に向かいます。
2
縞枯山には向かわず雨池へ
2018年01月21日 11:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山には向かわず雨池へ
2
ウサギの足跡
2018年01月21日 11:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギの足跡
2
木々の間から浅間山
2018年01月21日 11:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から浅間山
3
一旦、歩きやすい林道になります。
2018年01月21日 11:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、歩きやすい林道になります。
2
ここから再び下ります。
2018年01月21日 12:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再び下ります。
1
この辺りはずっと針葉樹の森です。
2018年01月21日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りはずっと針葉樹の森です。
1
池の上も歩けます。
2018年01月21日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の上も歩けます。
5
青空と雪のコントラスト
2018年01月21日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空と雪のコントラスト
3
アイゼンでは少し沈みます。
2018年01月21日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンでは少し沈みます。
3
ここまで来てよかったです。
2018年01月21日 12:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来てよかったです。
3
ぐるっと撮ってしまいます。
2018年01月21日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるっと撮ってしまいます。
3
八ヶ岳ブルー
2018年01月21日 12:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳ブルー
5
ほかの人たちはほとんどスノーシューでした。
2018年01月21日 12:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほかの人たちはほとんどスノーシューでした。
4
では、帰ります。
2018年01月21日 12:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、帰ります。
1
林道の奥に三ッ岳
2018年01月21日 12:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の奥に三ッ岳
1
浅間山から噴煙が上がっています。
2018年01月21日 12:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山から噴煙が上がっています。
3
平なのは荒船山
2018年01月21日 12:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平なのは荒船山
3
縞枯山荘前も強風です。
2018年01月21日 13:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山荘前も強風です。
3
意味もなく撮ってしまいます。
2018年01月21日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意味もなく撮ってしまいます。
5
坪庭の入り口まで来ました。
2018年01月21日 13:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭の入り口まで来ました。
1
ロープウェイ駅到着
2018年01月21日 13:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ駅到着
3
楽しかったです。
2018年01月21日 13:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しかったです。
3
帰りもロープウェイ
2018年01月21日 13:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りもロープウェイ
2
山麓駅のレストランで
微妙におしゃれな山賊焼き
2018年01月21日 14:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓駅のレストランで
微妙におしゃれな山賊焼き
10

感想/記録

今日は新しく購入した12本歯アイゼンの練習を兼ねて北八ヶ岳へ行ってきました。

ヤマレコのお友達に「雪山へ行こうと思うんですけど、12本歯のアイゼンとピッケルがあれば行けますよね。」というとんでもない内容のメッセージを送ってしまい。
「ピッケルなんて使い方を知らなきゃただの棒だし、12本歯のアイゼンも歩き方を練習してちゃんとした雪山講習を受けなさい。」と至極当然なメッセージをいただいてしまいました。
そこで、まずは12本歯のアイゼンに慣れようということで、立川のK山荘に靴を持っていき店員さんにいろいろ聞きながらアイゼンをいくつか選んでもらいお財布とも相談をしてSALEWA alpinist combと言うセミワンタッチアイゼンにしました。
家でバンドと金具の調整をして取りつけの練習をしたあと一度行ったことのある北横岳へ行くことにしました。

北横岳は北八ヶ岳ロープウェイを利用し坪庭まで登ります。
ロープウェイの山頂駅ではスキー・スノボの人たちに混ざって多くの登山者もいて準備をしていました。
何とか薄手の手袋をした状態でアイゼンを取り付けダブルストックで歩き始ます。
やはり、言われたようにアイゼンの歯が長いのとつま先にも2本飛び出しているためうまく歩かないとひっかけてつまずきそうになってしまいます。
でも、その歯のおかげで急な斜面でも滑ることなく登ることができます。
坪庭を抜けて樹林帯に入ると熱くなってきたので、上着を一枚脱ぎさらに登っていきます。
北横岳ヒュッテを過ぎると目の前の樹林帯の先には真っ青な空が見えてきて北横岳南峰に出ました。
山頂は雪も吹き飛ぶほどの強風であわてて上着とダウンを着込みました。
一応フリースのネックウォーマーも着けたのですが、周りにはバラクラバを着けている人もいました。
山頂からは、八ヶ岳のほかの山はもちろん北・中央・南アルプスがすべて見え頭の上には八ヶ岳ブルーの空が広がっていました。
少し先にある北峰まで行くとさらに北側の浅間山方面まで360度見渡せます。
ただ、風が強く完全な冬山装備ではないのでとても寒く戻ることにしました。
再び樹林帯を抜け、坪庭に戻ります。
坪庭から今度は縞枯山方面に向かいましたが縞枯山には前回行ったのでまだ行ったことのない雨池へ向かいました。
縞枯山荘から先の道はスノーシューハイクの人たちが多いようでアイゼンでは少し踏み抜く場所もありましたが歩きやすい道をサクサク進んでいきます。
樹林帯の登山道を下ると一旦平たんな林道に出た後、再び雨池まで下っていきます。
雨池はもちろん完全凍結していてその上は一面の雪原になっていました。
すでに何人もの人が歩いてはいましたがまだ歩かれていない場所もあったので池の真ん中付近まで行ってみました。
ここも真っ青な空と真っ白な雪のコントラストが素晴らしくとてもすてきなところでした。
しばらく真ん中付近でボーっとしたあと来た道を戻っていきました。
雨池まで下ってきたので帰りは登りになりますがここでもアイゼンの歯がよく効いて登りやすかったです。
縞枯山荘の前に広がる雪原までくるとここでも強風が吹いてきて樹林帯にさえぎられるまでとても寒かったです。
ロープウェイの山頂駅まで戻り帰りもロープウェイで下りました。
山麓駅で食事をした後、帰宅するために中央高速を走っていると前に見覚えのある車が走っていました。
車線を変更したときにちらっと見るとやはり見覚えのある方が乗っていました。
向こうも気づかれたようで談合坂SAに入ったので付いていくとお正月にも日の出山で出会ったPengin22さんご夫妻と北横岳へ行くきっかけとなったメッセージのやり取りをしたtekutekugoさんでした。
tekutekugoさんたちはヤマレコユーザーのao-haさんと4人で上高地に行った帰りでした。
SAでPengin22さんと「今年はお会いするのはもう2回目ですね。」とか私が購入したアイゼンのことなどをお話しした後別れ帰宅しました。

今日は初めての12本歯アイゼンで慣れないこともありましたが、コツをつかむと斜面は登りやすくなったりしてきたので今シーズン中にもう何度か練習して来シーズンの本格雪山デビュー(?)を目指して(??)行こうと思います。
訪問者数:744人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/8/2
投稿数: 304
2018/1/22 21:47
 八ヶ岳ブルー
今晩は
chilicaさんも行かれたんですね
1週間ずれればお会いできたかもしれませんね
お会いしても、恐ろしく遅いですが…

八ヶ岳ブルー素敵ですね。
天気最高~!景色最高~!

練習アイゼン、お疲れ様でした^ ^
次も試したくなりますね!

黒斑山とかどうなんでしょうねぇ~
登録日: 2011/2/4
投稿数: 1235
2018/1/22 22:39
 八ヶ岳ブルー最高でした。
この日はお天気も良く坪庭付近はそれほど寒くなかったのですが、北横岳の稜線に上がると強風で飛ばされそうなくらいでした。
お陰で、雲もほとんどなく360度の大パノラマが楽しめました。
雨池は風もなく八ヶ岳ブルーの空が広がりのんびり歩くのには最高の1日でした。
myu7さんも行かれるのですか?
今日は東京でも大雪ですが、週末は晴れると良いですね。
黒斑山も練習には良さそうですね。
今度行ってこようと思います。
登録日: 2010/9/8
投稿数: 3863
2018/1/22 23:07
 アイゼンデビューおめでとうございます
辛口のメッセージを送った後でバッタリして、ちょっと間の悪かったワタクシです
でも、あのあと、すぐ北横を選ぶあたり、さすがです
雪山初級にもってこいのお山ですよね。
そして、見事な八ヶ岳ブルー
これからのチリさんの雪山を応援してるみたいですね。
初前歯付アイゼンで転ばなかったとのことで、センスはバッチリ
あとは慣れるだけ。
頑張って、たくさん歩いてください
でもピッケルの教習はどっかで受けようね
登録日: 2011/1/25
投稿数: 2556
2018/1/23 7:45
 今年2回目!
既に今年2回も偶然お会いするとは!
今年はチリさん遭遇年になりそうですね
見覚えのある車とナンバーでしたので、
そうかと思ってましたが、やはり

北横は雪山デビューにはもってこいで、
天気も良くて良かったですね。
ちよっと雪は少なかったようですが、
初アイゼンとしては良かったのではないでしょうか?
次のバッタリはどちらとなるか楽しみです
登録日: 2011/2/4
投稿数: 1235
2018/1/23 9:02
 アイゼンデビューやっぱり大変でした。
本当に何故あんなメッセージを送ったのかいまだに謎です
私も直ぐにお会いするとは思わなかったのですこし気まずかったです
北横岳は雪もしっかりしていて歩きやすく雪と青空のコントラストも綺麗でとてもよかったです。
雪山講習会もいくつか調べたのですが、今シーズンは日程的に厳しそうなのでとりあえずアイゼンとダブルストックで歩けそうな場所に何度か行こうと思います。
あと、講習会に参加するためにはレインウェア不可がほとんどなので装備は一通りそろえないといけないのでまずはお財布と相談しないとですねcoldsweats02
登録日: 2011/2/4
投稿数: 1235
2018/1/23 9:15
 2回目の偶然ですね。
てくさんに上高地を出発したというLINEをいただいてもしかしたらと思っていましたが、目の前に荷物を満載にした見覚えのある車を見たときはびっくりしました
北横岳は軽アイゼンで登ったときより断然登りやすく性能の差を実感しました。
雨池方面はスノーシューの人が多く歩きやすそうだったのでスノーシューも気になってしまいました

またどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ