また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1366729 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

奥高尾スノーハイク(積雪の高尾山、小仏城山)

日程 2018年01月24日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:中央道、圏央道 高尾山IC、甲州街道 経由
駐車:八王子市 高尾山麓駐車場(平日料金:800円)
復路:往路と同ルート

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

11:10 高尾山麓駐車場
(6号路)
11:40 琵琶滝
(6号路)
12:00 大山橋
(6号路、稲荷山コース)
12:30 高尾山頂 12:45
(縦走路、もみじ台南巻き道、富士見台、一丁平巻き道)
13:20 一丁平〜展望台 13:25
(縦走路)
13:45 小仏城山 14:00
(東海自然歩道、縦走路、一丁平展望台巻き道)
14:20 一丁平
(縦走路、もみじ台北巻き道、5号路北側)
14:50 高尾山頂下2階建てトイレ
(5号路、3号路、2号路)
15:35 2号路・琵琶滝分岐
(病院道コース)
16:30 高尾山麓駐車場
コース状況/
危険箇所等
日の当たらない登山道は、雪が凍結している
軽アイゼン等を装着すると安心
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 ドライレイヤー:Millet ドライナミックメッシュ 3/4シャツ
ベースレイヤー:mont-bell スーパーメリノウール M.W. ラウンドネックシャツ Men's
ミドルレイヤー:mont-bell ジオライン3Dサーマルジャケット Men's
ミドルレイヤー:mont-bell クリマプラス100 プリントジャケット Men's
アウター:mont-bell モンベル ミディパーカ Men's
ボトムス:Alpine DESIGN トレッキングパンツ(厚手)
ビーニー:mont-bell メリノウール ジャカード インナーキャップ
グローブ:Black Diamond モンブラン
フットウェア:mont-bell ラップランドブーツ Men's
スパッツ:mont-bell GORE-TEX ロングスパッツ
軽アイゼン:mont-bell スノースパイク 6
バックパック:mont-bell ランドナーパック22
チェストバッグ:PaagoWorks フォーカス L(カメラバッグ)
トレッキングポール:Black Diamond アルパインFLZ

写真

圏央道高尾山インターからアプローチ。除雪作業が進んでいた高尾山麓駐車場を利用。
2018年01月24日 11:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
圏央道高尾山インターからアプローチ。除雪作業が進んでいた高尾山麓駐車場を利用。
ケーブルカー清滝駅を通過。駅前広場は、ホイールローダで除雪作業が行われていた。
2018年01月24日 11:16撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブルカー清滝駅を通過。駅前広場は、ホイールローダで除雪作業が行われていた。
6号路の登山口に到着。登山道にびっしり雪が張りついていた。
2018年01月24日 11:22撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号路の登山口に到着。登山道にびっしり雪が張りついていた。
登山口で、6本爪軽アイゼンを装着。ロングスパッツは既に駐車場で装着していた。
2018年01月24日 11:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口で、6本爪軽アイゼンを装着。ロングスパッツは既に駐車場で装着していた。
1
6号路の雪道は全体的に踏み固められていた。
2018年01月24日 11:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号路の雪道は全体的に踏み固められていた。
琵琶滝との分岐。
2018年01月24日 11:40撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶滝との分岐。
稲荷山コースへの連絡道の分岐。橋を渡り、左方向の連絡道を進む。
2018年01月24日 12:15撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷山コースへの連絡道の分岐。橋を渡り、左方向の連絡道を進む。
稲荷山コースに出た。右側は今来た連絡道で、左は稲荷山コース高尾山頂方面。
2018年01月24日 12:18撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷山コースに出た。右側は今来た連絡道で、左は稲荷山コース高尾山頂方面。
稲荷山コースと5号路との交差点。先に見えるのは、高尾山頂直下の木段。
2018年01月24日 12:27撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲荷山コースと5号路との交差点。先に見えるのは、高尾山頂直下の木段。
1
木段をいっきに登り、高尾山 大見晴園地に到着。
2018年01月24日 12:31撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木段をいっきに登り、高尾山 大見晴園地に到着。
2
丹沢の山々。左から、大山、二ノ塔、三ノ塔、丹沢山、蛭ヶ岳等がよく見えた。
2018年01月24日 12:32撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢の山々。左から、大山、二ノ塔、三ノ塔、丹沢山、蛭ヶ岳等がよく見えた。
2
左の大室山、加入道山は見えるが、その右横の富士山は曇で隠れていた。
2018年01月24日 12:34撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の大室山、加入道山は見えるが、その右横の富士山は曇で隠れていた。
2
さがみ湖リゾートプレジャーフォレストの観覧車。
2018年01月24日 12:34撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さがみ湖リゾートプレジャーフォレストの観覧車。
3
高尾山頂の茶屋はお休みだった。喉が渇いたので、茶屋前の自動販売機でコーラ(210円)を買った。
2018年01月24日 12:32撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山頂の茶屋はお休みだった。喉が渇いたので、茶屋前の自動販売機でコーラ(210円)を買った。
1
山頂からもみじ台方面へちょっと下った所にあるベンチで休憩。
2018年01月24日 12:42撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からもみじ台方面へちょっと下った所にあるベンチで休憩。
ベンチから山頂方面を望む。
2018年01月24日 12:43撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチから山頂方面を望む。
山頂から下り、「これより奥高尾」の案内板がある、もみじ台との鞍部。南の巻き道(左側)でもみじ台を巻く。
2018年01月24日 12:48撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から下り、「これより奥高尾」の案内板がある、もみじ台との鞍部。南の巻き道(左側)でもみじ台を巻く。
富士見台園地のあずまや。いつもは巻くのだが、雪の中に踏み跡があったので直進した。
2018年01月24日 12:54撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台園地のあずまや。いつもは巻くのだが、雪の中に踏み跡があったので直進した。
富士見台園地。雪の中に踏み跡があったので、今回は、奥の方に行ってみた。ここでも富士山は雲に隠れていた。
2018年01月24日 12:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見台園地。雪の中に踏み跡があったので、今回は、奥の方に行ってみた。ここでも富士山は雲に隠れていた。
縦走路に合流し、もみじ台と一丁平の鞍部。
2018年01月24日 13:04撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に合流し、もみじ台と一丁平の鞍部。
右の巻き道で、一丁平を目指す。
2018年01月24日 13:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の巻き道で、一丁平を目指す。
萩原作業道は、平成31年3月29日まで通行止め。
2018年01月24日 13:12撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
萩原作業道は、平成31年3月29日まで通行止め。
トイレがある一丁平に到着。往路は、見晴台経由の登山道を進んだ。
2018年01月24日 13:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレがある一丁平に到着。往路は、見晴台経由の登山道を進んだ。
一丁平 見晴台。ここからも丹沢の山々がよく見えた。
2018年01月24日 13:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁平 見晴台。ここからも丹沢の山々がよく見えた。
1
右端のピークは蛭が岳。中央左側のピークが丹沢山。
2018年01月24日 13:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端のピークは蛭が岳。中央左側のピークが丹沢山。
1
一丁平見晴台前の休息所。
2018年01月24日 13:26撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁平見晴台前の休息所。
縦走路を歩き小仏城山に到着。
2018年01月24日 13:44撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を歩き小仏城山に到着。
まだ雲に隠れてるが、少し富士山が見えてきた。
2018年01月24日 13:45撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雲に隠れてるが、少し富士山が見えてきた。
1
暫く訪れない間に、天狗の木彫りの横に、立派な山頂碑が建てられていた。
2018年01月24日 13:46撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く訪れない間に、天狗の木彫りの横に、立派な山頂碑が建てられていた。
2
都内の街並みが綺麗。
2018年01月24日 13:47撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都内の街並みが綺麗。
中央に東京スカイツリー。
2018年01月24日 13:47撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に東京スカイツリー。
2
小仏城山のベンチで少し休憩。
2018年01月24日 13:49撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小仏城山のベンチで少し休憩。
復路は、トイレの横を下りて、東海自然歩道を進む。
2018年01月24日 14:01撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
復路は、トイレの横を下りて、東海自然歩道を進む。
縦走路に合流。
2018年01月24日 14:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路に合流。
縦走路を外れると雪が深い。
2018年01月24日 14:10撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を外れると雪が深い。
一丁平の西側にあるテーブル&ベンチ。
2018年01月24日 14:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁平の西側にあるテーブル&ベンチ。
全体的に踏み跡があるので歩き難くはない。但し、ポールはパウダーバスケットを付けていても深く沈む。
2018年01月24日 14:14撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体的に踏み跡があるので歩き難くはない。但し、ポールはパウダーバスケットを付けていても深く沈む。
左の一丁平展望台を巻くルートを選択。
2018年01月24日 14:17撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の一丁平展望台を巻くルートを選択。
メインのルートから外れると、
2018年01月24日 14:20撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メインのルートから外れると、
膝下まで雪に埋まってしまう。ロングスパッツを着けてきてよかった。
2018年01月24日 14:21撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝下まで雪に埋まってしまう。ロングスパッツを着けてきてよかった。
1
一丁平のトイレの前を通過。
2018年01月24日 14:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁平のトイレの前を通過。
縦走路を進む。
2018年01月24日 14:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を進む。
一丁平ともみじ台の鞍部。復路は、北の巻き道(左側)でもみじ台を巻く。
2018年01月24日 14:32撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁平ともみじ台の鞍部。復路は、北の巻き道(左側)でもみじ台を巻く。
逆沢作業道(郵便道)の入口。暫く訪れない間に、小さな案内板が設置されていた。
2018年01月24日 14:44撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆沢作業道(郵便道)の入口。暫く訪れない間に、小さな案内板が設置されていた。
高尾山頂ともみじ台の鞍部。山頂には寄らず、左の5号路南側を進む。
2018年01月24日 14:46撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山頂ともみじ台の鞍部。山頂には寄らず、左の5号路南側を進む。
高尾山頂下2階建てトイレ。1号路を横断し、5号路を進む。
2018年01月24日 14:52撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山頂下2階建てトイレ。1号路を横断し、5号路を進む。
1号路を横断し、5号路を進む。
2018年01月24日 14:55撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1号路を横断し、5号路を進む。
3号路に入る。
2018年01月24日 14:58撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3号路に入る。
富士道(裏道)との分岐。3号路を進む。
2018年01月24日 15:01撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士道(裏道)との分岐。3号路を進む。
3号路上の木橋。
2018年01月24日 15:11撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3号路上の木橋。
2号路との出合い。2号路を琵琶滝方面へ進む。
2018年01月24日 15:37撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2号路との出合い。2号路を琵琶滝方面へ進む。
2号路から病院道へ入る。
2018年01月24日 15:45撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2号路から病院道へ入る。
琵琶滝近くの石仏広場。東京高尾病院方面へ進む。
2018年01月24日 16:05撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶滝近くの石仏広場。東京高尾病院方面へ進む。
病院道入口付近にある石仏。東京高尾病院前で軽アイゼンを外す。
2018年01月24日 16:13撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
病院道入口付近にある石仏。東京高尾病院前で軽アイゼンを外す。
6号路の登山口 妙音橋まで戻ってきた。
2018年01月24日 16:19撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6号路の登山口 妙音橋まで戻ってきた。

感想/記録

1月22日月曜日に、首都圏で4年振りの大雪が降った。その積雪を期待し、2日後の水曜日に高尾山へ行ってきた。

高尾山への登りは、稲荷山コースにするか6号路か悩んだが、日陰で雪が溶け難いと思われる6号路を選択した。6号路は全体的に雪は踏み固められており、歩き易かった。

稲荷山コースも歩いてみたかったので、6号路飛び石手前の連絡道で、稲荷山コースに移動した。稲荷山コースはひなたが多く、雪は柔らかめだった。

高尾山頂で少々休憩を取った。山頂から丹沢の山々はよく見えたが、雲で隠れて富士山は拝めなかった。この日は小仏城山までの山行を考えていたので、奥高尾方面へ進んだ。

一丁平辺りから積雪が増えてきた。メインの縦走路より巻き道は雪は多いが、既につぼ足の踏み跡があり、歩き難いことはなかった。但し、あまり人が入らないルートだと、膝下まで雪に埋まってしまった。それでもロングスパッツを装着してきたので、問題はなかった。柔らかい雪が多いと、下り等は雪がクッションとなり膝に優しく歩が進む。

高尾山頂からの下りは、3号路にするか4号路か悩んだ挙句、3号路をチョイスしたが、陽が当たるので雪が溶けかかっており、ルートの距離が思っていたより長くて後悔。軽アイゼンを着用していたので、凍結で滑り易そうな4号路でもよかった。病院道は雪が半分以上溶けており、軽アイゼンでは少し歩き難かった。所々雪が残っているので、軽アイゼンは病院まで装着した。

今回の山行は、奥高尾では、いい感じで雪が残っており、スノーハイクを楽しめた。
訪問者数:859人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ