また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1369726 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

厳冬期の晴間 武尊山・沖武尊(↑↓川場スキー場リフトトップ)

日程 2018年01月28日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候曇り、晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
川場スキー場までは、自家用車で関越道沼田ICから約30分です。除雪はされていますが、FF車や雪道運転に自信が無い人は、道の駅からのシャトルバスが良いかと思います。
川場スキー場は、全日駐車料金無料です。好天の週末は、9時前には立体駐車場が満車になります。今回8:40着でギリギリ1Fに駐車できました。

スキー場からは、登山利用でリフト2本でゲレンデトップ(標高約1860m)へ行けます。スキーやボードを持って行かない場合は、復路もリフトです。徒歩では下山できません。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間43分
休憩
5分
合計
4時間48分
S川場スキー場ゲレンデトップ10:3411:14剣ヶ峰山11:1513:05武尊山13:0814:48剣ヶ峰山14:4915:22川場スキー場ゲレンデトップG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログだと途中の休憩が計測されていません。いくらなんでも休憩時間5分はありません。写真や食事でけっこう休憩しましたが、記録されませんでした。
コース状況/
危険箇所等
前日までの降雪直後でしたが、多くの入山者がいたため、しっかりしたトレースがついていました。今回は全行程12本アイゼン+ダブルストックでいけました。チェーンスパイク、ピッケル、スノーシューも持っていきましたが未使用です。
ゲレンデトップから軽い登りの後、剣ケ峰への急登があります。雪がグズグズだといやな登りですが、今回は圧雪なので問題なし。その先の剣ヶ峰の直下が短いですが一番急な区間です。下が樹林帯のため恐怖感は少ないですが、カリカリなら怖いかと思います。今回は圧雪なのでダブルストックで通過できました。あとは、山頂直下が急登な位で、特段の危険箇所は感じませんでした。
その他周辺情報下山後は、古びた「川場温泉センターいこいの湯」へ。全くもって人気がないようですが、今回は洗い場が全部うまるなど混雑気味でした。夕日が綺麗でした。
https://www.dan-b.com/yu_kawaba/

過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

なんとか立体駐車場1Fに駐車。登山者も多い川場スキー場。
2018年01月28日 09:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか立体駐車場1Fに駐車。登山者も多い川場スキー場。
1
10:30 リフト2本でゲレンデトップへ。既に標高は1850m以上。天候はイマイチ。
2018年01月28日 10:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:30 リフト2本でゲレンデトップへ。既に標高は1850m以上。天候はイマイチ。
1
10:35 前爪アイゼン+ダブルストックです。剣ケ峰への急登を前に、風が強くなってきた
2018年01月28日 10:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:35 前爪アイゼン+ダブルストックです。剣ケ峰への急登を前に、風が強くなってきた
1
10:49 ガシガシと急登する。圧雪なので歩きやすい。先行者に感謝です。
2018年01月28日 10:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:49 ガシガシと急登する。圧雪なので歩きやすい。先行者に感謝です。
3
11:09 祠で安全登山祈願。
2018年01月28日 11:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:09 祠で安全登山祈願。
2
剣ケ峰へ一直線。
2018年01月28日 11:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ケ峰へ一直線。
1
11:26 剣ヶ峰からの下り区間は急です。
2018年01月28日 11:26撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:26 剣ヶ峰からの下り区間は急です。
1
11:50 曇りの稜線をガシガシと歩く。トレースは踏み固められていて、踏み抜きはほとんど無し。
2018年01月28日 11:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:50 曇りの稜線をガシガシと歩く。トレースは踏み固められていて、踏み抜きはほとんど無し。
1
11:54 既に下山する方ともスライド。剣ヶ峰から一度下って、また登るのでへーへー状態。
2018年01月28日 11:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:54 既に下山する方ともスライド。剣ヶ峰から一度下って、また登るのでへーへー状態。
2
12:56 武尊山(沖武尊)の山頂手前
2018年01月28日 12:56撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:56 武尊山(沖武尊)の山頂手前
1
13:03 山頂は強風のため写真をとってすぐに撤収
2018年01月28日 13:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:03 山頂は強風のため写真をとってすぐに撤収
3
風が強くて寒かった
2018年01月28日 13:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強くて寒かった
2
13:09 山頂直下。なんだか風が弱まってきた。。。
2018年01月28日 13:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:09 山頂直下。なんだか風が弱まってきた。。。
2
13:15 山頂下の絶好の斜面。
2018年01月28日 13:15撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:15 山頂下の絶好の斜面。
尾瀬(至仏、燧)が見えるのを下山しだしてから気がつきました。
2018年01月28日 13:15撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬(至仏、燧)が見えるのを下山しだしてから気がつきました。
1
谷川、苗場方面
2018年01月28日 13:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川、苗場方面
7
13:36 風が収まってきたので、下山中にちょっと休憩。なんと青空も見えてきました!
2018年01月28日 13:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:36 風が収まってきたので、下山中にちょっと休憩。なんと青空も見えてきました!
4
アレ(剣ヶ峰)を登り返すと思うと。。。 
2018年01月28日 13:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アレ(剣ヶ峰)を登り返すと思うと。。。 
5
13:50 綺麗な稜線です。ちょうど下山のピークタイムです
2018年01月28日 13:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:50 綺麗な稜線です。ちょうど下山のピークタイムです
5
14:00 登り返し
2018年01月28日 14:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00 登り返し
1
14:23 リフトの最終時間(15:45)には十分間に合いそうです。剣ヶ峰のトラバースルートはデブリも見えていて、誰も歩いていませんでした。
2018年01月28日 14:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:23 リフトの最終時間(15:45)には十分間に合いそうです。剣ヶ峰のトラバースルートはデブリも見えていて、誰も歩いていませんでした。
4
14:46 剣ヶ峰山頂で、登った武尊山を振り返る
2018年01月28日 14:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:46 剣ヶ峰山頂で、登った武尊山を振り返る
2
14:52 もう下山するだけなので、トレースを離れて遊ぶ小五。
2018年01月28日 14:52撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:52 もう下山するだけなので、トレースを離れて遊ぶ小五。
1
息子は何度も踏み抜きを楽しんでいました。天候が安定したので、小休止をとって景観を存分に楽しみました。
2018年01月28日 15:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子は何度も踏み抜きを楽しんでいました。天候が安定したので、小休止をとって景観を存分に楽しみました。
2
15:24 なんとか15:30前にゲレンデトップに戻ってきました。
2018年01月28日 15:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:24 なんとか15:30前にゲレンデトップに戻ってきました。
1
15:40 ゲレンデの端をとぼとぼと歩いて、最後のリフトへ。
2018年01月28日 15:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:40 ゲレンデの端をとぼとぼと歩いて、最後のリフトへ。
川場温泉からの夕日
2018年01月28日 16:34撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川場温泉からの夕日
4

感想/記録
by k2saka

日曜の天気予報で大丈夫そうだということで、3度目の積雪期の武尊山(沖武尊)に息子と登ってきました。2017年3月に登った時は、雪がだいぶなくなっていて雪山っていう感じが薄かったので、再チャレンジでした。

関越の渋滞や、スキー場のリフト券売り場とトイレの大渋滞などがあって、リフトを乗り継いでゲレンデトップに到着したのは10時過ぎ、出発は10:30頃になりました。上空はどんよりとした空で、谷川周辺には低い雲が無いけど、どんよりしている。風は強いが、時に弱くと、あまり登山意欲が最高潮にはならない天候でした。が、下山中に青空が出て、帰りの剣ヶ峰からは空に映える真っ白な武尊山が見えて大満足でした。
時間があれば遊ぼうと思ったスノーシューとヒップソリは未使用。今回のような天候、雪質であれば、アイゼン+ダブルストックが1番楽だと思いました。


追記 ※クレーム的文章なので嫌いな方は読まないでください
リフトにて下山後、チケット窓口にICリフト券を返却しに行くと、係員から「下山が遅いので何度も電話した」といきなり言われました。登山は自己管理と念書まで書かせ、(当然ですが)救助要請もしていないですし、リフト営業時間内に下山したのに勝手に電話をしてきて、電話に出ないのは何様かのような態度でしたので、呆れました。登山届に書いた下山予定時刻を30分過ぎると、ここのスタッフは電話してくるようなすごーく親切な方なので、登山届はよく考えて記入することをお勧めします。また客に対して敬語も使えないスタッフがいることを覚悟しておくほうがよいです。
訪問者数:734人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/12/21
投稿数: 3
2018/1/29 12:37
 クレーム的文章について
昨日おそらくすれ違ったと思います。

こちらは入山時も下山時も川場リゾートスタッフの丁寧な接客で気持ちよく登山できました。受付はもちろんリフトでも「いってらっしゃい」「おかえりなさいと」声をかけてもらえました。

そもそも10:30にクリスタルエクスプレスに乗っているという時点で問題行動だと思います。その点について言い訳はあっても反省はなく、スタッフへの不満を記載している様子を見ると、あなた自身にも問題があるのではないでしょうか。

まずあなたが反省してください。
登録日: 2014/4/17
投稿数: 37
2018/1/29 18:26
 Re: クレーム的文章について
まず、記載した下山時の窓口スタッフ以外の接客は丁寧でしたね。川場スキー場全部を否定したくて記載したコメントではありません。

ゲレンデトップを出発したのが10:30。私よりも出発が遅い登山者もたくさんいましたし、過去のヤマレコ登録の多くが、あなたの言い分だと全員が問題行動のようですね。山頂登頂を絶対視せず、引き返す時間を決めてハイキングすることは、あたなにとって問題行動のようですが、私にとってはなんら問題ではございません。

出発時刻が遅いことは承知していますが、このレコの感想は、入山届に下山予定15:00と書いて15:20分過ぎに下山したら係員からため口で文句言われたというクレーム的記録ですよ。だったら、下山予定15:00をチェック(係員が受取時にペンでチェックしていましたよね)するときに指摘・指導・拒否するべきでしょう。

読みたく無い方は読まなくて結構ですと書いたつもりです。にもかかわらず、そこに対して命令口調でコメントするとは、素晴らしい常識をお持ちの方のようです。近寄りたくありませんので、よろしかったら私をブロックしてください。
ネットで見ず知らずの他人に対して命令文を書く人間性ってどうなんでしょうね。あなたのような余計なお世話な方こそ、人として反省すべきでは、とさえ思いますよ。声のかけ方、そして目つきから、あの方だろうとすぐに思い出しました。実生活でも、たぶんそうなんでしょうね。

念のためIDを検索しましたが、ヤマレコ無料会員で山行登録ゼロですか。そうなんですか、やっぱりですね。登山コミュニティでフリーライドを楽しむなら、せめて楽しいコメントだけにしたらどうでしょうか? これ命令ではないですからねー。

まずはあなたが反省してください。またはご退場も歓迎しますよ。
登録日: 2014/3/15
投稿数: 8
2018/1/29 21:41
 クレームの件の感想
まあ正直質のいいクレームではないかなと思い読みました。

下山予定よりXX分遅れたら連絡するというのは、SKI場の安全管理としてのルールになっているのかなと思いますし、そうなら係員も実際に下山が遅れたのでそのルールで連絡をしただけ。

山レコに書くとしたら、下山予定より遅れると係員が安全管理のため電話をしてくることがあるということだけを書き込めば他の登山者への情報になるかと思います。

係員の言葉使いの件はここではなくスキー場のほうにEメール等でクレームする案件ではないでしょうか?

ps 特にお子様連れということで、係員が過剰に心配されたのではとも?
登録日: 2014/4/17
投稿数: 37
2018/1/29 23:11
 Re: クレームの件の感想
係員が子連れに対して過剰に心配してもらったならそれはお礼さえ言うべきことですが、あの態度はまったくもって頂けません。それがルールであったなら、そう説明すればよいだけなのに、吐き捨てるようなため口・態度をされて、残念で悲しくなりました。気が弱いもので、その場では文句を言えませんでしたが、ご提案の直接クレームは明日の営業時間に行いたいと思います。

気分を害された方がいるのであれば投稿を修正しようかとも思いましたが、まあイチ利用者のグチですから。あの山小屋には態度の悪いオヤジがいる、といっしょです。しかし、読むなというところには、逆に反応する人がでるもんですね。このサイトの書き込みは、他人への情報提供の意味もありますが、自分の記録としてもアップしていますので、このあたりの考えは人によって異なるのではないでしょうか?

スキー場は安全管理には責任を負わないという誓約書を義務で提出させておいて、こちらがルールを破ったわけでもないのに、自分らが定めた安全管理ルールを根拠として、余計・過剰なことを「〇前の説明無く」「⇒靄修並崚戞廚任垢襪福△箸いΔ里私の基本的な考えです。,あれば当然納得するし、△無ければ、まったく逆で、ありがたく感じたのでしょうね。

なお、本テーマに関するこれ以上のコメントは、なんらコミュニティの役に立ちませんので、新たに投稿されても削除させていただくことがあります。ご了承ください。
こんな感じで事前説明しておくか、「おまえのコメントがちょームカつくので削除する」などと言わずに削除すれば、まあよかったということでしょうか。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ