また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1370958 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

ヤビツ峠~三ノ塔~烏尾山~大倉

日程 2018年01月31日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴天!風も無く、ポカポカ陽気。
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急線・秦野駅北口からバスにてヤビツ峠まで乗車予定だったが、残雪の影響で手前の蓑毛バス停までの運行。
〈行き〉
小田急線・秦野駅北口ぅ丱皇8:18発(約20分)→蓑毛バス停

〈帰り〉
大倉バス停15:52発(約10分)→小田急線・渋沢駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間40分
休憩
1時間6分
合計
6時間46分
S蓑毛08:4409:51ヤビツ峠09:5211:30二ノ塔11:4111:56三ノ塔12:0012:08三ノ塔地蔵菩薩12:31烏尾山13:1213:53烏尾尾根 730m地点14:10新茅山荘14:1914:52竜神の泉15:30大倉バス停15:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤビツ峠からスタート予定が、バスが蓑毛止まりだった為、大幅に予定変更。
目標の塔ノ岳は諦め、烏尾山で昼休憩後下山。
コース状況/
危険箇所等
積雪。アイゼン着用。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル

写真

蓑毛バス停前の道路。
ここを真っ直ぐ行けばヤビツ峠バス停なのに...(泣
残雪のため先には進めないとのことでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓑毛バス停前の道路。
ここを真っ直ぐ行けばヤビツ峠バス停なのに...(泣
残雪のため先には進めないとのことでした。
1
蓑毛バス停。
立派なトイレあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓑毛バス停。
立派なトイレあり。
1
『東京少年キャンプ連合発祥の地』の碑の脇に入り、しばらく車道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『東京少年キャンプ連合発祥の地』の碑の脇に入り、しばらく車道を進みます。
1
金目川沿いに歩くといきなり雪道です。
ここからヤビツ峠まで長いなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金目川沿いに歩くといきなり雪道です。
ここからヤビツ峠まで長いなー
4
林道歩きなので、景色もなく、ひたすら黙々と進みます。
本来ならヤビツ峠に到着してる頃なのですが(汗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道歩きなので、景色もなく、ひたすら黙々と進みます。
本来ならヤビツ峠に到着してる頃なのですが(汗
4
でもね、上を見上げると青空っ
気持ちいいーっ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもね、上を見上げると青空っ
気持ちいいーっ
6
青空に元気をもらい、歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に元気をもらい、歩きます。
2
9:50 1時間ほど歩いてヤビツ峠のバス停に到着。
通りかかった軽トラ運転手の方に伺うと、やはり蓑毛からここ(ヤビツ峠)までは残雪で道幅が狭くなっていて、バスが通るのは難しそうなんですって。
2018年01月31日 09:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:50 1時間ほど歩いてヤビツ峠のバス停に到着。
通りかかった軽トラ運転手の方に伺うと、やはり蓑毛からここ(ヤビツ峠)までは残雪で道幅が狭くなっていて、バスが通るのは難しそうなんですって。
5
ヤビツ峠バス停横のベンチにて水分補給と衣服調整と作戦会議。
予定していた塔の岳は諦め、13時になった時点でエスケープルートで下山することにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠バス停横のベンチにて水分補給と衣服調整と作戦会議。
予定していた塔の岳は諦め、13時になった時点でエスケープルートで下山することにしました。
3
富士見橋。またもや立派なトイレあり。
ここからアイゼン着用。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見橋。またもや立派なトイレあり。
ここからアイゼン着用。
1
雪道。
いったん溶けて固くなっているので歩きにくくはないですが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道。
いったん溶けて固くなっているので歩きにくくはないですが、
1
アイゼンが重いっ。雪の付着を払ってもすぐくっつきとにかく重いっ。
息が上がり、汗も流れ、思い通りに進まず苦戦。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンが重いっ。雪の付着を払ってもすぐくっつきとにかく重いっ。
息が上がり、汗も流れ、思い通りに進まず苦戦。
4
でも、空が青いので頑張れる。
向かいに見えるは大山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、空が青いので頑張れる。
向かいに見えるは大山。
5
景色が開けたところに出ると、急に元気が出ます。
遠くに江ノ島が見えました。
あんなに重い足も不思議と軽くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色が開けたところに出ると、急に元気が出ます。
遠くに江ノ島が見えました。
あんなに重い足も不思議と軽くなります。
5
海まで見えるし、疲れとか飛んじゃうよね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海まで見えるし、疲れとか飛んじゃうよね。
8
西の方には三ノ塔が見えます。結構近そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の方には三ノ塔が見えます。結構近そう。
3
さて、目的地を烏尾山にするか、も少し先の新大日にするか。。。
とりあえず、先に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、目的地を烏尾山にするか、も少し先の新大日にするか。。。
とりあえず、先に進みます。
4
帽子とマフラー姿のお地蔵さま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帽子とマフラー姿のお地蔵さま。
7
雪深い急坂を下ります。
上りだったらだいぶキツそうな坂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪深い急坂を下ります。
上りだったらだいぶキツそうな坂です。
3
12:31烏尾山。
ここで昼休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:31烏尾山。
ここで昼休憩。
3
展望図がレトロでいい感じ。
でも、ここからだと南アルプス見えないよな〜?(三ノ塔からは南アルプス見えましたけど)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望図がレトロでいい感じ。
でも、ここからだと南アルプス見えないよな〜?(三ノ塔からは南アルプス見えましたけど)
2
なんと!
リーダーのザックから出てきたのはキャビア!
すっごい美味しいキャビアでした♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと!
リーダーのザックから出てきたのはキャビア!
すっごい美味しいキャビアでした♪
6
今回は持ち寄り山メシだったのですが、こんな贅沢な山メシは初めてです。
キャビア・若いイケメン君手作り唐揚げ・とちおとめ苺・クリームチーズ・akone特製バゲットとゴマ入り全粒粉パン
2018年01月31日 12:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は持ち寄り山メシだったのですが、こんな贅沢な山メシは初めてです。
キャビア・若いイケメン君手作り唐揚げ・とちおとめ苺・クリームチーズ・akone特製バゲットとゴマ入り全粒粉パン
11
リーダー作、
キャビア添え苺カナッペ。
超贅沢な一品。
2018年01月31日 12:57撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リーダー作、
キャビア添え苺カナッペ。
超贅沢な一品。
9
しかもすぐそばに富士さま。
こんな贅沢ある?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかもすぐそばに富士さま。
こんな贅沢ある?
5
贅沢すぎるでしょ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
贅沢すぎるでしょ〜
7
塔の岳も見えます。今日は伺えませんが、また今度。
13:10名残惜しいですが、下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔の岳も見えます。今日は伺えませんが、また今度。
13:10名残惜しいですが、下山。
4
ここからはだだひたすら下ります。
展望もほぼなし。休憩も全く取らずひたすら下へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはだだひたすら下ります。
展望もほぼなし。休憩も全く取らずひたすら下へ。
2
これなんだろ?種子の殻みたい。
雪の上に散らばるオレンジ色の点々が気になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これなんだろ?種子の殻みたい。
雪の上に散らばるオレンジ色の点々が気になりました。
4
14:10新芽山荘
ここでアイゼンを外し、車道歩きになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:10新芽山荘
ここでアイゼンを外し、車道歩きになります。
2
梅の花。一年の一番最初に出会う花。
2018年01月31日 15:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅の花。一年の一番最初に出会う花。
4
15:30風の吊り橋を過ぎ、大倉バス停到着。
バス停横にはビジターセンターがあり、靴の泥を落とせる水場もあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:30風の吊り橋を過ぎ、大倉バス停到着。
バス停横にはビジターセンターがあり、靴の泥を落とせる水場もあります。
3
15:52発のバスで渋沢駅へ。
振り向くと三ノ塔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:52発のバスで渋沢駅へ。
振り向くと三ノ塔。
5
撮影機材:

感想/記録

平日休みのサークルメンバーとの丹沢山行。
ヤビツ峠から塔ノ岳を目指す計画でしたが、
秦野駅から「ヤビツ峠」までのバスが残雪の為、途中の「蓑毛」までの運行だということがわかり愕然…

仕方なくヤビツ峠まで1時間歩き、そこで作戦会議。
予定通り、塔ノ岳の表尾根を歩くけれど、13時に着いた場所からエスケープルートで下山することに。
ヤビツ峠からしばらく車道を歩き、富士見橋からアイゼン装着。
二ノ塔まではなかなかの急登で、アイゼンに慣れない私はホントしんどかったー(泣
アイゼンに雪が付着して、何度も振り払うのだけどまたくっついて。重石をつけて歩く気分。

でもね、二ノ塔付近に来ると相模湾が見え、ニノ塔からは富士さまが美しすぎて。
江ノ島と富士さまと南アルプスが一望出来るなんて幸せすぎでした。
そこからはなんだか元気が出て、アイゼンに付いた雪の落とし方も少し慣れて、スキップ出来そうなくらい足も軽くなり。もう歩けない〜って思っていたのが嘘のように三の塔、地蔵尊、烏尾山まで楽しく歩くことが出来ました。

烏尾山山頂でお昼休憩。
なんとリーダーのザックからキャビアが出てきて一同大盛り上がり。
今回持ち寄り山メシ会だったのですが、こんなに贅沢な山メシは初めてでした。
昼ご飯を食べ終わった時点で13時10分。
新芽荘に抜けるルートがあるのでそちらで下山することに。
急坂ではありましたがひたすら下り、その後車道歩きも経て大倉バス停に着きました。

当初の計画とは随分変わりましたが、山では何が起こるか分かりませんね。

平日の晴天。汗ばむほどのぽかぽか陽気。風のない尾根歩き。すれ違った登山者は3人だけ。
贅沢すぎてごめんなさい。
訪問者数:523人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/9/14
投稿数: 29
2018/2/2 9:07
 頑張りましたね👏✨✨✨
akoneさん、お疲れさまでした😊

お話しには聞いていましたが、贅沢なグルメ旅でしたね♪
キャビア、手作り唐揚げ、そしてakoneさんの手作りパン!食べたかったです💦
持っていく予定だったブラウニーは、やはり1人では食べきれず、テーブルに
放置されてます💦笑

この時期は、残雪でヤビツ峠まで運行していない時があるのですね😢

晴天でもわからないのが山…
それだけに、面白味もあるのかなと
思います😊✨

今回は行けなくて残念でしたが、
ヤマレコを読んでいて、私もご一緒
出来た気持ちになれました✨
機会があれば、次はよろしくお願いします!
登録日: 2017/1/4
投稿数: 158
2018/2/2 9:34
 Re: 頑張りましたね👏✨✨✨
kaorinさん!
体調いかがですか?まさかの前日インフルには皆驚き、残念がっていました。
せっかく焼いて下さったブラウニー。すごく食べたかったー(笑

お天気に恵まれた山行日和だったので、余計に寂しく感じましたが、
てもでも、絶対!挽回山行しましょーね!
登録日: 2013/4/1
投稿数: 30
2018/2/6 9:52
 おつかれさまでした!
これまた、私が夏に通った時とは全然違う風景。あのお地蔵様もいつも可愛いのを着けてらっしゃるんだな。持ち寄り山飯が、すごい!ワインとか合いそう。パンおいしそう〜
アイゼン、結構雪が付くと重いんですね〜 いい事聞きました。
登録日: 2017/1/4
投稿数: 158
2018/2/6 12:35
 Re: おつかれさまでした!
ワイン🎶 下界なら必須でしょうが、お茶でキャビア食べました(笑
なかなか乙でした(^^)

アイゼンね。
雪質にもよるのでしょうが、今回は結構雪がくっつきました。時々蹴り上げて雪を払うのですが、なかなか難しい。
次回の笹尾根ではどんな感じになるでしょうかね?笹尾根CLよろしくです!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ