また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1373907 全員に公開 ハイキング丹沢

シダンゴ山・より道して寄ロウバイまつりへ(見ごろは来週末?田代向BS〜渋沢駅)

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■往路:松田駅まで御殿場線(Suica/PASMOは使えません)
新松田駅10:55-田代向11:18 富士急湘南バス360円
※ロウバイまつり対応で2号車が出ていました
■復路:渋沢駅から小田急線

■富士急湘南バス:松田エリア時刻表(新松田駅〜田代向〜寄)
http://www.syonan-bus.co.jp/rosen/#id2
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
1時間24分
合計
5時間4分
S田代向11:1611:50宮地山11:5312:08タコチバ山12:23高圧送電線鉄塔12:2612:46シダンゴ山12:5913:16水場13:24猪防護柵(1)13:30トイレ13:37宇津茂の大きなしだれ桜13:38寄自然休養村管理センター(バス停・ロウバイまつり第2会場)13:3913:45寄ロウバイ園14:4914:51寄展望台14:52土佐原の大きなしだれ桜15:25中山峠(センボノ台)16:20渋沢駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■各ピークからの下りは雪が残っているため注意が必要です。特にシダンゴ山から寄に直行するルートの山頂直下は、登山者によって踏み固められた雪が氷化しており、慎重に下ってください。持参したチェーンスパイク・スパッツは使いませんでした。
その他周辺情報■第7回寄ロウバイまつり(2/12まで開催→2/18までに延長!):入場料300円
https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/7roubai/
■開花状況:今年は寒さの影響で遅れているようです(追記:2月6日付でついに「満開」宣言)
https://town.matsuda.kanagawa.jp/site/7roubai/7roubai-kaika.html
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

SUICA使えないので好きじゃないJR東海・御殿場線にまた乗ります。
2017年02月04日 10:20撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
SUICA使えないので好きじゃないJR東海・御殿場線にまた乗ります。
2
寄のひとつ手前の田代向のバス停から、ようやくの本年初登りスタート。
2017年02月04日 11:10撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄のひとつ手前の田代向のバス停から、ようやくの本年初登りスタート。
1
わずかに松田方面に戻って曲がるとコース開始。その先の道標は丁寧です。
2017年02月04日 11:25撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずかに松田方面に戻って曲がるとコース開始。その先の道標は丁寧です。
里山らしく、舗装道を集落の裏手まで上り詰めていきます。そういや城南電機ってあったな。
2017年02月04日 11:34撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里山らしく、舗装道を集落の裏手まで上り詰めていきます。そういや城南電機ってあったな。
登山口に到着。ここで既に標高差で半分ほど。宮地山まで地味な登山道の登りになります。
2017年02月04日 11:36撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着。ここで既に標高差で半分ほど。宮地山まで地味な登山道の登りになります。
1
地味な宮地山山頂に到着。少し奥の方が高そうですが、三角点などナシ。
2017年02月04日 11:52撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地味な宮地山山頂に到着。少し奥の方が高そうですが、三角点などナシ。
いったん山頂手前の分岐に戻り、シダンゴ山への縦走路に入ります。
2017年02月04日 11:53撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん山頂手前の分岐に戻り、シダンゴ山への縦走路に入ります。
1
山の陰はシャーベット状の雪。滑り止めなしで慎重に通過。
2017年02月04日 11:55撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の陰はシャーベット状の雪。滑り止めなしで慎重に通過。
日当たりのいい稜線に出ると雪はありません。今日は暑いくらいです。
2017年02月04日 12:01撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日当たりのいい稜線に出ると雪はありません。今日は暑いくらいです。
途中、マジック書き山頂標のタコチバ山。語源は何かの「場」なのかな?
2017年02月04日 12:07撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、マジック書き山頂標のタコチバ山。語源は何かの「場」なのかな?
タコチバ山、なかなかどうして、雪のマジックでステキ山頂風です。
2017年02月04日 12:09撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タコチバ山、なかなかどうして、雪のマジックでステキ山頂風です。
4
枝が煩いですが、奥のひときわ白い山は蛭ヶ岳??
2017年02月04日 12:09撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝が煩いですが、奥のひときわ白い山は蛭ヶ岳??
1
更に進んで複雑模様の新秦野線No.33、いただきました!
2017年02月04日 12:24撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に進んで複雑模様の新秦野線No.33、いただきました!
1
すぐに林道と合流。地形図は登山道ですが、しばらく急傾斜の未舗装林道を登ります。
2017年02月04日 12:25撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに林道と合流。地形図は登山道ですが、しばらく急傾斜の未舗装林道を登ります。
林道を離れて、山頂裏手の凍結したトラバース状の登りを慎重に通過。
2017年02月04日 12:34撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を離れて、山頂裏手の凍結したトラバース状の登りを慎重に通過。
秦野峠方面との分岐に到着。雪の上に足跡が伸びていました。
2017年02月04日 12:38撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野峠方面との分岐に到着。雪の上に足跡が伸びていました。
そこから山頂まで急登。ふだん嫌われ者の階段も、今日はむしろ歩きやすい。
2017年02月04日 12:39撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこから山頂まで急登。ふだん嫌われ者の階段も、今日はむしろ歩きやすい。
1
針葉樹からアセビに植生が変わったら、ほどなく山頂です。
2017年02月04日 12:45撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹からアセビに植生が変わったら、ほどなく山頂です。
2
シダンゴ山山頂に到着しました!富士山どこ?ダンゴも持ってないゴメンなさい。
2017年02月04日 12:47撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダンゴ山山頂に到着しました!富士山どこ?ダンゴも持ってないゴメンなさい。
6
相模湾。晴れを狙って遅めに来たはずが、予想より雲が残りました。
2017年02月04日 12:48撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湾。晴れを狙って遅めに来たはずが、予想より雲が残りました。
2
アセビの茂みの裏には、丹沢主稜方面の素晴らしい眺めが!
2017年02月04日 12:49撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビの茂みの裏には、丹沢主稜方面の素晴らしい眺めが!
4
白く雪をまとい、アルプスと見まがうかのような美しさです。
2017年02月04日 12:50撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白く雪をまとい、アルプスと見まがうかのような美しさです。
8
ただ、混雑が激しいので下山します。この下りは凍結で危険でした。
2017年02月04日 13:00撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただ、混雑が激しいので下山します。この下りは凍結で危険でした。
その下は泥・ドーロ。この道より宮地山方面の方が断然楽しめますね。
2017年02月04日 13:07撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その下は泥・ドーロ。この道より宮地山方面の方が断然楽しめますね。
鹿柵まで下ってくると、後は集落へ続く舗装路になります。
2017年02月04日 13:23撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵まで下ってくると、後は集落へ続く舗装路になります。
途中の民家が下山してきたハイカーで賑わっています。
2017年02月04日 13:35撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の民家が下山してきたハイカーで賑わっています。
のや☆マンバザールだそうです。ロウバイまつりに連動したイベントのよう。
2017年02月04日 13:36撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のや☆マンバザールだそうです。ロウバイまつりに連動したイベントのよう。
1
さあ、寄の中心に下りてきました。対岸のロウバイ園まで登り返します。
2017年02月04日 13:37撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、寄の中心に下りてきました。対岸のロウバイ園まで登り返します。
1
入場したら真っ先に、遅昼ゴハンを求めて「やどりきかあさんの店」へ。
2017年02月04日 14:07撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入場したら真っ先に、遅昼ゴハンを求めて「やどりきかあさんの店」へ。
2
直前に地元野菜のトン汁が完売したので、代わりにアツアツのウドンを。
2017年02月04日 13:59撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直前に地元野菜のトン汁が完売したので、代わりにアツアツのウドンを。
5
小腹を満たしたところで、今年の初めの春の色を楽しみましょうか。
2017年02月04日 14:11撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小腹を満たしたところで、今年の初めの春の色を楽しみましょうか。
3
パアアアア。
2017年02月04日 14:19撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パアアアア。
14
黄色い春がやってきました。
2017年02月04日 14:34撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い春がやってきました。
11
でも今年の寒さの影響か、まだ蕾も多かったです。
2017年02月04日 14:22撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも今年の寒さの影響か、まだ蕾も多かったです。
4
もしかして、会期末の来週がようやく一番の見ごろかも。
2017年02月04日 14:35撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もしかして、会期末の来週がようやく一番の見ごろかも。
5
まだまだ楽しめますので、レコ見た方もぜひ立ち寄ってみてください!
2017年02月04日 14:46撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ楽しめますので、レコ見た方もぜひ立ち寄ってみてください!
8
美味しそう!第2会場では地元ミカンも売ってましたよ。
2017年02月04日 14:25撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美味しそう!第2会場では地元ミカンも売ってましたよ。
5
会場の更に上には大きなしだれ桜。花の季節にも訪れてみたい。
2017年02月04日 14:52撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会場の更に上には大きなしだれ桜。花の季節にも訪れてみたい。
3
寄地区の奥をぐるっと回って、渋沢駅まで行っちゃいましょうか。
2017年02月04日 14:55撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄地区の奥をぐるっと回って、渋沢駅まで行っちゃいましょうか。
2
茶畑の向こうにシダンゴ山、奥には檜岳山稜。いつか歩いてみたい。
2017年02月04日 15:13撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶畑の向こうにシダンゴ山、奥には檜岳山稜。いつか歩いてみたい。
6
中山峠手前の水場を見守るお地蔵様。
2017年02月04日 15:18撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠手前の水場を見守るお地蔵様。
1
要注意人物?
2017年02月04日 15:28撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要注意人物?
1
中山峠の先には、端正に雪を纏った大山と、筋骨隆々の尾根が立派過ぎる三ノ塔。
2017年02月04日 15:30撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠の先には、端正に雪を纏った大山と、筋骨隆々の尾根が立派過ぎる三ノ塔。
4
すごいね前尾根アルプス!景色を楽しみつつ、ぶらぶら歩きました。
2017年02月04日 15:36撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごいね前尾根アルプス!景色を楽しみつつ、ぶらぶら歩きました。
6
その雪山帰りの岳人が集う渋沢駅に到着して今日の行程終了。
2017年02月04日 16:20撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その雪山帰りの岳人が集う渋沢駅に到着して今日の行程終了。
2
シダンゴの仇は渋沢で討つ?小田急OX。
2017年02月04日 16:28撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダンゴの仇は渋沢で討つ?小田急OX。
6
帰宅します。あっ、あさぎりの向こうに富士山見えた(終)
2017年02月04日 16:36撮影 by DMC-G8, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅します。あっ、あさぎりの向こうに富士山見えた(終)
5

感想/記録
by guru

ようやく冬眠終了。1月は帰省や法事など珍しく親戚付き合いのイベントが多く、しばらく山へ行く機会がなかった間に、寒波でわざわざ寒〜い山に行く気も萎え萎え。ようやく暖かさの戻ってきたタイミングで、今年の初登りが出来ました。
前日夜まで散々行き先に迷った結果、まだ使い慣れていないカメラの試写をしたいということもあり、レコでも人気の寄のロウバイまつりを目的地に、未踏のシダンゴ山へ。予報では朝方の雲がお昼ごろには取れるはずでしたが、回復が遅れて元々ちょっとしか見えない富士山は行方不明、大きく開けた相模湾側もぼんやりとした感じでした。しかし背後に白く輝く丹沢の山並みは素晴らしく、それを見るだけでも登る価値のある山頂でした。イマイチだったのは眺望ではなく、昼時のハイカーの賑やかさ(やかましさ)。特に、祠の置かれた台座は無神経なハイカーの喫茶スペースに。それで震旦郷の謂れの石碑を撮っていないのですが、心の中でお詣りしておきました。登山道は宮地山方面の方が安全で楽しいので、直行ルートのピストンより縦走や周回をお勧めします。
ロウバイは普通の年ならもう終盤のはずが、暖かくなればまだこれから更に咲きそうな雰囲気でした。お祭りは来週末で終了予定(→2/18までに延長)ですが、それまで十分楽しめるのではと思います。会場には松田山の河津桜祭りのパンフレットも置かれていました。こちらは来週からのようですが、果たして咲き始めるのかどうか。今年の寒い冬もそろそろ終わってほしいところです。


訪問者数:452人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ