また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1374282 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

ワカンの効果絶大!宮ヶ瀬〜丹沢三峰〜丹沢山〜塔ノ岳

日程 2018年02月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々雪
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間33分
休憩
30分
合計
10時間3分
S三叉路バス停07:4907:53三叉路登山口07:5508:35御殿森(長者ノ森・大休場)08:3608:44御殿森ノ頭08:4509:13高畑山10:07松小屋ノ頭10:0911:51本間ノ頭11:5912:15無名ノ頭12:38円山木ノ頭12:3913:08太礼ノ頭13:0913:28瀬戸沢ノ頭14:17みやま山荘14:22丹沢山14:2414:26みやま山荘14:35丹沢山14:36みやま山荘14:38丹沢山14:3914:54竜ヶ馬場14:57竜ヶ馬場休憩所15:09日高15:34塔ノ岳15:3615:49金冷シ15:54花立15:5616:05花立山荘16:18天神尾根分岐16:2116:32堀山の家16:3316:40堀山16:4116:50駒止茶屋16:5117:02一本松17:12見晴茶屋17:1317:21雑事場ノ平17:31観音茶屋17:46丹沢クリステル17:52大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

晴天の下三叉路バス停から出発!
2018年02月04日 07:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴天の下三叉路バス停から出発!
すでに登山口の階段から雪が積もっています。
2018年02月04日 07:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すでに登山口の階段から雪が積もっています。
1
宮ヶ瀬湖を横目に見ながら高度を稼ぎます。
2018年02月04日 08:07撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬湖を横目に見ながら高度を稼ぎます。
一昨年は宮ヶ瀬から大倉までほとんど雪がありませんでしたが、今年は昨年以上に雪が多そうです。
2018年02月04日 08:20撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一昨年は宮ヶ瀬から大倉までほとんど雪がありませんでしたが、今年は昨年以上に雪が多そうです。
2
今日は先を急ぐので御殿森のピークはパスします。
2018年02月04日 08:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は先を急ぐので御殿森のピークはパスします。
高畑山の山頂もパスしてトラバースします。
2018年02月04日 09:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山の山頂もパスしてトラバースします。
昨年は1,000m辺りから雪が増えてきたのに、今年は登り始めからたっぷりの積雪です。
2018年02月04日 09:21撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年は1,000m辺りから雪が増えてきたのに、今年は登り始めからたっぷりの積雪です。
2
青宇治橋方面にもトレースがありました。
2018年02月04日 09:22撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青宇治橋方面にもトレースがありました。
雪に埋もれたトラバース路を嫌ってか右に巻かずに尾根をまっすぐ登っている足跡がありましたが、いつも通り素直に巻いたら結構歩きにくい斜面を通過することになりました。
2018年02月04日 09:28撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋もれたトラバース路を嫌ってか右に巻かずに尾根をまっすぐ登っている足跡がありましたが、いつも通り素直に巻いたら結構歩きにくい斜面を通過することになりました。
1
思いのほか雪が深く、更に雪も降ってきました。
2018年02月04日 10:02撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いのほか雪が深く、更に雪も降ってきました。
1
踏み抜くと体力が削られます。
2018年02月04日 10:50撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み抜くと体力が削られます。
2
本間の頭に到着!
ここで菓子パンを食べてワカンを履きました。
2018年02月04日 11:48撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本間の頭に到着!
ここで菓子パンを食べてワカンを履きました。
2
ワカンの効果絶大、足元が安定して歩くペースが上がります。
2018年02月04日 12:23撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワカンの効果絶大、足元が安定して歩くペースが上がります。
1
日が射すと暑いくらいです。
2018年02月04日 12:25撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が射すと暑いくらいです。
1
蛭ヶ岳山荘が良く見えます。
2018年02月04日 13:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘が良く見えます。
3
丹沢山が見えてきました。
2018年02月04日 13:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山が見えてきました。
2
塩水橋の方にもトレースがありました。
2018年02月04日 14:11撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩水橋の方にもトレースがありました。
眼下に大山が見えます。
2018年02月04日 14:16撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に大山が見えます。
3
丹沢山に到着!
2018年02月04日 14:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山に到着!
3
雪だるま越しのみやま山荘。
2018年02月04日 14:36撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪だるま越しのみやま山荘。
3
富士山には雲がかかっています。
2018年02月04日 14:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山には雲がかかっています。
そういえば、丹沢山まではあまり霧氷を見ませんでした。
2018年02月04日 14:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そういえば、丹沢山まではあまり霧氷を見ませんでした。
1
塔ノ岳に向かいます。
2018年02月04日 14:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳に向かいます。
1
尊仏の土平や熊木沢あたりは随分ご無沙汰しています。
2018年02月04日 14:47撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尊仏の土平や熊木沢あたりは随分ご無沙汰しています。
1
塔ノ岳山頂にはあまり人影がありません。
2018年02月04日 15:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂にはあまり人影がありません。
1
花立に来ると嘘のように雪がありませんでした。
2018年02月04日 15:55撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立に来ると嘘のように雪がありませんでした。
1
花立から少し降りるとまた雪道に、、、
2018年02月04日 16:43撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立から少し降りるとまた雪道に、、、
1
雑事場から下る途中、街の明かりが見えました。
2018年02月04日 17:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑事場から下る途中、街の明かりが見えました。
撮影機材:

感想/記録

 先週はバスが運休してしまって行けなかった新春恒例にしている宮ヶ瀬から大倉への縦走に月遅れで行ってきました。
 一昨年は全く雪が無くて15:00過ぎに大倉に到着。昨年は本間ノ頭から雪が深くなり大幅なペースダウンをして大倉に着いたのが17:00頃になり、今年は昨年を大幅に上回る積雪が見込まれたので13:00までに太礼ノ頭に着けなければ宮ヶ瀬に戻るつもりで出発しました。
 はたして登山口からすでに雪が積もっていて、金冷やし手前のトラバース径路も桟道が埋もれていたり、雪を踏み抜いたり序盤から予想を上回る雪の量に撤退は必至かと思いましたが、本間ノ頭でワカンを履き踏み抜きが少なくなると俄然足の運びが楽になり、昨年は本間ノ頭から丹沢山まで苦戦しましたが、今年の核心は本間ノ頭迄で、それ以降丹沢山までの行程は快適な雪山ハイクになりました。
訪問者数:625人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/1
投稿数: 207
2018/2/5 19:08
 体力、気力に脱帽です
chakaranさん、はじめまして。
chakaranさんの体力、気力に脱帽です
雪の丹沢を単独でほぼ縦断ですね。凄いな〜〜。
年齢のことをお話しして失礼ですが、chakaranさんは自分とほぼ同世代かと思いますが(私のほうが少し高齢ですかね)、自分は40歳半ばから、ある(完治しない)慢性疾患を患い現在ハイキング程度が限界です

岩登りも始められたようで、バットレス4尾根のレコ拝読いたしました。
自分は学生の時に4尾根に行きましたが懐かしいです。
下部フランケ→4尾根→中央稜ノーマルはロングで最高でした
一方、当時(今も)は4尾根は混雑してまして、大渋滞に巻き込まれ、頂上まで行けたものの日没で大樺沢のテントへ帰幕できず 、急な斜面でビバークしたこともあります(この時、秋刀魚事件発生 ←内容は割愛します)。

陰ながらchakaranさんの益々のご活躍を願っています。
登録日: 2011/3/3
投稿数: 100
2018/2/6 12:02
 お疲れ様!
充実した山行でしたね。広沢寺に無理に誘わなくてよかった。(^^)
登録日: 2011/11/12
投稿数: 26
2018/2/6 16:46
 Re: 体力、気力に脱帽です
はじめましてfujikitaさん、コメントありがとうございます。
 昨秋から岩場に通う頻度が増え(なかなか上達しませんが)、歩く方を少しサボっていたので久しぶりのロングコースを歩き切れるか不安がありましたが、何とか歩き通せてホッとしました。
 充分な体力があればもっと楽に歩けたのですが、丹沢山が見えた辺りからは時々どこかに行きそうになる気力を引き寄せながら頂上にたどり着きました。
 初めて北岳に登る時にはバットレスから行きたいと思っていたところ、仲間に恵まれその願いが昨年叶いましたが、仰られるとおり4尾根の先陣争いは熾烈で暗い中ヘッデンを付け取り付きまで大急ぎで登った時にはクライミングも本チャンは体力勝負だなぁと感じました。
 fujikitaさんは学生時代に登られたとのことですが、私もマッチ箱の大崩落前の姿を一度見ておきたかったと思いました。
 丈夫な身体をくれた親に感謝しながら体力を保ち、少しでも長く山歩きを楽しむことができたらいいと思っています。
 “秋刀魚事件” 気になります(笑) いつか機会があったら教えてください^^
登録日: 2011/11/12
投稿数: 26
2018/2/6 17:04
 Re: お疲れ様!
boyさん
広沢寺は雪が溶けてなさそうなので鷹取にお誘いしようかとも思いましたが、今回は三峰に行って正解でした。
岩も沢も行きたいので、機会があったらまた誘ってください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

撤退 踏み抜き 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ