また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1377258 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

冬季丹沢三峰山(大倉から宮ヶ瀬湖)

日程 2018年02月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間54分
休憩
34分
合計
11時間28分
S大倉バス停08:3408:37大倉山の家08:54観音茶屋08:5509:08雑事場ノ平09:12見晴茶屋09:26一本松09:41駒止茶屋09:4209:51堀山09:57堀山の家10:0010:16天神尾根分岐10:1710:38花立山荘10:49花立10:5010:54金冷シ11:07塔ノ岳11:1111:12尊仏山荘11:1411:15塔ノ岳11:1611:20尊仏山荘11:2411:49日高12:01竜ヶ馬場休憩所12:18丹沢山12:2512:26みやま山荘12:3014:55無名ノ頭15:09本間ノ頭15:1018:07高畑山19:01御殿森(長者ノ森・大休場)19:0219:59三叉路登山口20:0220:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【大倉尾根】
残雪あり。一部凍結。降りは軽アイゼン・チェーンスパイクがあったほうがいいかも。

【丹沢山から宮ヶ瀬湖】
下り口まで積雪あり。深さは丹沢山直下で股下まで。踏み跡あり。
丹沢山から丹沢三峰の西峰まではツボ足。
丹沢三峰の東峰からは踏み跡明瞭。ただし、グズグズで崩れやすい。
ワカン・スノーシューがオススメ。チェーンスパイクだと雪が靴にまとわりついて重くなる。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

大倉のロウバイは満開。
2018年02月10日 08:37撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉のロウバイは満開。
行ってきます。目標は11:00塔ノ岳かなぁ。
クリ「止まるんじゃねぇぞ…」
2018年02月10日 08:39撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってきます。目標は11:00塔ノ岳かなぁ。
クリ「止まるんじゃねぇぞ…」
この辺から残雪がチラホラ。
2018年02月10日 09:27撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から残雪がチラホラ。
とはいえ、こんな感じ。凍結はしておらず、ザレてるくらい。
2018年02月10日 09:29撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とはいえ、こんな感じ。凍結はしておらず、ザレてるくらい。
駒止茶屋手前の残雪(振り返って)。大倉尾根で、唯一危険を感じた場所。ここは軽アイゼン・チェーンスパイクつけたほうがいいかも。
2018年02月10日 09:41撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒止茶屋手前の残雪(振り返って)。大倉尾根で、唯一危険を感じた場所。ここは軽アイゼン・チェーンスパイクつけたほうがいいかも。
花立山荘にて、久しぶりの富士山。今日は雲のお帽子をお召しの模様。寒そうだしねぇ…
2018年02月10日 10:38撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘にて、久しぶりの富士山。今日は雲のお帽子をお召しの模様。寒そうだしねぇ…
1
同じく花立山荘にて、眼下の街並み。怪しい雲が…
2018年02月10日 10:39撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく花立山荘にて、眼下の街並み。怪しい雲が…
1
鍋割山と富士山。
2018年02月10日 10:47撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山と富士山。
スイマセン、塔ノ岳先輩。10分遅れました。
2018年02月10日 11:11撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スイマセン、塔ノ岳先輩。10分遅れました。
1
ヤビツ峠方面。
2018年02月10日 11:12撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠方面。
1
そして相変わらずの強風である。ここから丹沢山へ。目標は12:15。
2018年02月10日 11:13撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして相変わらずの強風である。ここから丹沢山へ。目標は12:15。
1
稜線はこんな感じ。よく踏まれていて、歩きやすい。
2018年02月10日 11:33撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はこんな感じ。よく踏まれていて、歩きやすい。
1
スイマセン、丹沢山先輩。5分遅れました。
そして踏み跡を確認しに行くと…
2018年02月10日 12:20撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スイマセン、丹沢山先輩。5分遅れました。
そして踏み跡を確認しに行くと…
1
おおっ、バッチリ!ということで、丹沢三峰山に突入。
2018年02月10日 12:30撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ、バッチリ!ということで、丹沢三峰山に突入。
1
真新しい道標が。
2018年02月10日 12:34撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真新しい道標が。
って、さっきまでの踏み跡はなんだったのか…
2018年02月10日 12:45撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
って、さっきまでの踏み跡はなんだったのか…
主脈方面。どうにかして、大倉から登れないものか…
2018年02月10日 12:54撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈方面。どうにかして、大倉から登れないものか…
2
ごくまれに、こうした状態になるものの、丹沢三峰山までは、基本ツボ足。
2018年02月10日 13:01撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごくまれに、こうした状態になるものの、丹沢三峰山までは、基本ツボ足。
まずは丹沢三峰山のひとつめ、西峰(太礼ノ頭)に到着。
約2kmを1時間。まあ、ツボ足にしてはまずまず?
2018年02月10日 13:38撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは丹沢三峰山のひとつめ、西峰(太礼ノ頭)に到着。
約2kmを1時間。まあ、ツボ足にしてはまずまず?
主脈方面その2。
2018年02月10日 13:50撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主脈方面その2。
1
そして丹沢三峰山のふたつめ、中峰(円山木ノ頭)。ここの登りがキツかった。
そして45分で600mしか進んでいない。ヤバイ。
2018年02月10日 14:22撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして丹沢三峰山のふたつめ、中峰(円山木ノ頭)。ここの登りがキツかった。
そして45分で600mしか進んでいない。ヤバイ。
1
そして丹沢三峰山のみっつめ、東峰(本間ノ頭)。
2時間40分で3.4劼ぁ…。ツボ足にアップダウンありだと妥当なところか…。
2018年02月10日 15:09撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして丹沢三峰山のみっつめ、東峰(本間ノ頭)。
2時間40分で3.4劼ぁ…。ツボ足にアップダウンありだと妥当なところか…。
この辺からは踏み跡が明瞭。
2018年02月10日 15:15撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺からは踏み跡が明瞭。
1
デカい。って、そんなことしてる時間はないのだが…
2018年02月10日 15:53撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デカい。って、そんなことしてる時間はないのだが…
1
これから目指す宮ヶ瀬湖。遠いなぁ…
2018年02月10日 15:56撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから目指す宮ヶ瀬湖。遠いなぁ…
3
本日の核心部の痩せ尾根(通過してから)。
登山靴の挙動と雪のコンディションがさっぱりわからないため、鎖に頼り切り。
2018年02月10日 17:09撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の核心部の痩せ尾根(通過してから)。
登山靴の挙動と雪のコンディションがさっぱりわからないため、鎖に頼り切り。
2
この時点でヘッデン装備。
完全に計画失敗。
2018年02月10日 17:58撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点でヘッデン装備。
完全に計画失敗。
最後の道標で、こんなに残雪が。よほどこの間の雪が積もってたのか。
2018年02月10日 19:38撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の道標で、こんなに残雪が。よほどこの間の雪が積もってたのか。
1
ようやく本日の山行終了。さすがにクタクタ。
2018年02月10日 20:01撮影 by FTJ161B, Plus One Japan Limited
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく本日の山行終了。さすがにクタクタ。
1

感想/記録

※今回、GPSが荒ぶってて記録がさっぱりでしたので、コースの記録は手書きです。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1372582.html
↑先週の石尾根先輩のトレーニングの結果、1週間たっても左足のふくらはぎの筋肉痛が回復しない、という事態にも関わらず、性懲りもなく丹沢へ。

2週間前に撤退した主脈縦走を再度検討するも、よく考えたら、自分の脚力では、とても帰りのバスには間に合わないことが判明。

ならば、宮ヶ瀬湖の方に降りる、丹沢三峰山コースをやってみることに。

ちょうど1年ほど前に、逆から登ったことがあるものの、大倉からは登ったことがないので、ちょっと行ってみるか、くらいの気持ちで臨む。…が、そもそもこれが間違い。

【大倉尾根から塔ノ岳】
・やや残雪があるものの、登りでは特に軽アイゼンやチェーンスパイクはいらないかも(自分は使いませんでした)。
・ただ、駒止茶屋の手前の登りが凍結していて、ここはだけは危ない。

【塔ノ岳】
・天気は快晴。ただし、相変わらずの強風。

【塔ノ岳から丹沢山】
・ここからチェーンスパイク装着。
・稜線は風が強い。
・残雪があるものの、よく踏まれていて、歩くのには支障なし。

【丹沢山】
・宮ヶ瀬湖方面の踏み跡が明瞭だったため、突入開始(この判断が間違っていた)。

【丹沢山から西峰(太礼ノ頭)】
・踏み跡がスグになくなり、ツボ足だけに。
・おそらく、踏み跡はツボ足だけになった状態を見て引き返した人によって出来たものかと。
・ツボ足はおそらく2人分程度で、そこを外したり踏み抜くと簡単に膝まで埋まる。
・積雪の深さは最深で股下まで。
・ワカンやスノーシューがないと、極めて歩きにくい。
・途中で4名のパーティーとすれ違う。時間的に小屋泊?
・この方々の踏み跡があったお陰で、どうにか下山ができた。

【丹沢三峰山】
・雪がない状態よりも、雪があったほうが歩きやすい。
・特に難所もなく、普通に歩ける。

【東峰(本間ノ頭)から高畑山】
・この辺からツボ足から解放される。
・ただし、相変わらずグズグズのうえ、雪が湿っているため、スグに靴に雪がまとわりついてくる。
・すっかり忘れていた、鎖場が出現。登りでは何も感じなかったものの、この雪道で、しかも降りのため、完全に鎖に頼り切って降りる。
・844ピークでは巻道に踏み跡がないため、登頂。
・ここで日が暮れて、ヘッデン装備。ここから2時間はナイトハイク。

【高畑山から下山口】
・高畑山の巻道を通過した頃から、ようやく雪が踏み固められた状態に。
・また、土の登山道もチラホラ。
・ただし、結局最後まで残雪あり。

【まとめ】
・大倉尾根と丹沢山は相変わらず。
・丹沢山〜宮ヶ瀬湖のルートは、今日の状況だと、登りで、かつ、ワカン・スノーシューにストックなら悪くはないかも。それ以外は正直キツイ。
・このルートは狭い巻道が多いため、雪道に慣れていないと滑落するリスクあり。
・丹沢山からの雪道の状況判断が甘く、結局2時間もナイトハイクをすることに。
・良い子は真似しないように。
・なんやかんやで、本厚木行きの最終バスには間に合い、無事帰宅。
訪問者数:516人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ