また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378297 全員に公開 講習/トレーニング八ヶ岳・蓼科

冬山訓練で北八ヶ岳の東天狗岳に登る

日程 2018年02月10日(土) 〜 2018年02月11日(日)
メンバー , その他メンバー6人
天候10日 晴れ後曇り、午後から小雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央高速の諏訪南ICより渋の湯に移動。10日は道路にはほとんど雪が無かったが、10日〜11日に約10僂寮磴降ったため、路面凍結に注意が必要。スノータイヤは必須、チェーンも最悪時を考えると必要。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間12分
休憩
1時間31分
合計
5時間43分
S渋御殿湯09:3710:39八方台方面・渋の湯方面分岐10:4311:02渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐11:42黒百合ヒュッテ12:5413:01中山峠13:39天狗岳分岐13:4013:50天狗の鼻13:5213:56東天狗岳14:0614:09天狗の鼻14:1114:22天狗岳分岐14:59中山峠15:20黒百合ヒュッテ
2日目
山行
2時間43分
休憩
1時間4分
合計
3時間47分
黒百合ヒュッテ06:4906:59中山峠07:02見晴らし台07:15中山分岐07:36中山07:5908:11中山分岐08:18見晴らし台08:1908:22中山峠08:27黒百合ヒュッテ09:0709:32渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐09:59八方台方面・渋の湯方面分岐10:35渋御殿湯10:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
渋の湯〜黒百合平: 登山路には降り積もった雪があるが、凍結はしていなかった。ツボ足で登り&下りを実施。
黒百合平〜東天狗岳: 登山路には降り積もった雪がある。10本または12本アイゼンを利用。
黒百合平〜中山: 15 〜20僂寮兩磴あり、登山路脇の踏み抜きに注意が必要。ツボ足で登り&下りを実施。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 スコップ コンロ 食材 テント テントマット 調理器具 コッヘル 食器 ランタン ガスカートリッジ

写真

渋の湯の駐車場で登山の準備をして駐車場を出発
2018年02月10日 09:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯の駐車場で登山の準備をして駐車場を出発
渋の湯前を通過
2018年02月10日 09:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯前を通過
2022m地点で小休止
2018年02月10日 10:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2022m地点で小休止
1
唐沢鉱泉分岐を通過
2018年02月10日 10:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐を通過
徐々に樹木にも雪が増えてきた
2018年02月10日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に樹木にも雪が増えてきた
唐沢鉱泉分岐を通過
2018年02月10日 11:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐を通過
樹木への着雪が増え、小型モンスターが増えてきた
2018年02月10日 11:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木への着雪が増え、小型モンスターが増えてきた
テント装備が重く、黙々と登る
2018年02月10日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント装備が重く、黙々と登る
黒百合平に到着
2018年02月10日 11:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合平に到着
黒百合ヒュッテでテント設営の手続き
2018年02月10日 11:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテでテント設営の手続き
テント設営が完了!! 午後から天気が悪化するとの天気予報だったため、午後一で天狗岳登山をすることにした。
2018年02月10日 12:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営が完了!! 午後から天気が悪化するとの天気予報だったため、午後一で天狗岳登山をすることにした。
1
中山峠を通過
2018年02月10日 13:01撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠を通過
前方に西天狗岳と東天狗岳が見えている
2018年02月10日 13:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に西天狗岳と東天狗岳が見えている
東天狗岳を目指して登る
2018年02月10日 13:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳を目指して登る
佐久方面の眺望は開けている。右奥は御座山か?
2018年02月10日 13:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐久方面の眺望は開けている。右奥は御座山か?
稲子岳の切り立った南斜面
2018年02月10日 13:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳の切り立った南斜面
蓼科山〜霧ヶ峰が見えている
2018年02月10日 13:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山〜霧ヶ峰が見えている
天狗岩の急な登り
2018年02月10日 13:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩の急な登り
2
東天狗岳に到達。この頃から天候が急激に悪化し、先程まで見えていた西天狗岳は、ガスの中に入ってしまった。
2018年02月10日 13:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳に到達。この頃から天候が急激に悪化し、先程まで見えていた西天狗岳は、ガスの中に入ってしまった。
2
スリバチ池経由の黒百合平分岐
2018年02月10日 14:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリバチ池経由の黒百合平分岐
稲子岳と佐久平、上空には、黒い雲が拡がっている
2018年02月10日 14:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲子岳と佐久平、上空には、黒い雲が拡がっている
みどり池・稲子湯分岐を通過
2018年02月10日 14:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池・稲子湯分岐を通過
中山峠の標識
2018年02月10日 14:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠の標識
黒百合平のキャンプ場には、テントの花が咲いていた
2018年02月10日 15:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合平のキャンプ場には、テントの花が咲いていた
1
今夜のねぐら!!
2018年02月10日 15:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜のねぐら!!
2
昨夜から吹雪いており、新雪が15cm 程積もっていた。ガスがかかっており、眺望が優れないため、11日は、中山に登ることに計画変更
2018年02月11日 06:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夜から吹雪いており、新雪が15cm 程積もっていた。ガスがかかっており、眺望が優れないため、11日は、中山に登ることに計画変更
1
中山に向けてイザ出発
2018年02月11日 06:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山に向けてイザ出発
中山峠の分岐を左折し、中山を目指す
2018年02月11日 06:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠の分岐を左折し、中山を目指す
にゅうと中山の分岐を左折して中山山頂を目指す
2018年02月11日 07:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
にゅうと中山の分岐を左折して中山山頂を目指す
シラビソの樹林帯の中の道を進む、ここからトレースがなくなったため、交代でラッセルして進む
2018年02月11日 07:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラビソの樹林帯の中の道を進む、ここからトレースがなくなったため、交代でラッセルして進む
1
中山山頂直下の最後の急登は、吹き溜まりでは30儖幣綫僂發辰討い
2018年02月11日 07:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山山頂直下の最後の急登は、吹き溜まりでは30儖幣綫僂發辰討い
中山山頂に到達
2018年02月11日 07:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山山頂に到達
1
中山山頂にて
2018年02月11日 07:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山山頂にて
1
登山道をふみはずし、腰まで埋まってしまったTさん
2018年02月11日 07:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道をふみはずし、腰まで埋まってしまったTさん
1
天候の回復が見込めなかったため、中山山頂の先で引き返した。
2018年02月11日 08:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候の回復が見込めなかったため、中山山頂の先で引き返した。
1
見晴らし台
2018年02月11日 08:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台
見晴らし台からの眺望はゼロ
2018年02月11日 08:18撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らし台からの眺望はゼロ
中山峠を通過
2018年02月11日 08:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠を通過
黒百合平のテント場に帰着
2018年02月11日 08:28撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合平のテント場に帰着
黒百合ヒュッテ前の温度計は氷点下7度と暖かい!!
2018年02月11日 09:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ前の温度計は氷点下7度と暖かい!!
黒百合ヒュッテ
2018年02月11日 09:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ
1
テントの撤収が終わり下山する頃は、テントの数も少なくなっていた。
2018年02月11日 09:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの撤収が終わり下山する頃は、テントの数も少なくなっていた。
黒百合平からの下山開始
2018年02月11日 09:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合平からの下山開始
唐沢鉱泉分岐を通過
2018年02月11日 09:32撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉分岐を通過
渋の湯に帰着
2018年02月11日 10:35撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋の湯に帰着
駐車場に止めていた車の屋根にも10冂度の積雪があった。
2018年02月11日 10:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に止めていた車の屋根にも10冂度の積雪があった。

感想/記録

M山岳会恒例の冬山雪上訓練の一環で、2/10〜11にかけて、メンバー6人と共に北八ヶ岳の天狗岳に登ってきた。
2/10は、この週続いていた寒波が去って天気が崩れるという予報だったため、眺望等は期待していなかったが、八ヶ岳に向かう高速道路からは、南アルプスや八ヶ岳が雲一つない青空に白い峰々が聳えており、何時まで持ってくれるかが気掛かりだった。
天狗岳への登山口である黒百合平への登山口になる渋の湯に9時に着き、登山の準備をして9:36に出発した。寒波が続いていたため、登山路には、雪が積もっており、凍結個所は無く登り易かった。しかし、久々の冬山キャンプ用の装備を背負っていたため、ツボ足でゆっくり登った。途中で1回小休止を取った以外休みなしで登り11:42に黒百合ヒュッテに着いた。
早速テントの設営を行い、この時点では、まだ上空は曇り空だったため、天狗岳に登ることとした。12:54に黒百合平を出発した。中山峠から尾根筋にでると、西天狗岳や東天狗岳の山頂に連なる稜線が見え、蓼科山や霧ヶ峰が見えていた。また、佐久平の先に浅間山や四阿山が見えており、まずまずの眺望が開けていた。
天狗の鼻の岩場を通り、13:56に東天狗岳山頂に到達した。しかし、この頃になると、懸念していた気圧の谷の接近により、粉雪がちらつき始め、西天狗岳にガスがかかり始め、どんどん視界が悪化し始めた。このため、山頂での記念写真を撮った後、西天狗岳への登山はあきらめ下山を開始し、15:20にテント場に帰着した。
この頃には、雪が舞い始め、風も徐々に強くなっていき、夜どおし風が吹き荒れていた。朝起きてみると、テント場で10〜15cm程度の新雪が積もっていた。視界も不良のため、11日は天狗岳を諦め中山に登ることにした。
6:49にテント場を出発し、中山峠から中山を目指すルートには、先行者1人のトレースがあるだけだった。このトレースもにゅう分岐でなくなり、中山山頂へ続く登山路は、新雪とちびモンスターになっているシラビソの樹林帯を進む道だった。登山路をちょっと踏み外すと30〜50册Г瀏瓦ことが多く、メンバーがラッセルを交代しながら登り、7:36に中山山頂に到達した。ここで記念撮影をし、更に先の展望台を目指したが、視界は依然として不良で、登山路も下っていく道になったため、途中であきらめ、引き返すこととした。山頂でお茶タイムを取った後、引き返し、8:27に黒百合平のテント場に戻った。この後テントの撤収作業を行い、9:07に下山を開始した。下りもツボ足で下り、10:30に登山口に帰着した。駐車場に止めていた車の屋根には10cm 近い積雪があったものの、道路の雪は除雪が行われており、助かった。
今回の天狗岳は、昨年と同じプログラムであるが、前回は2日とも吹雪いていたのに比べると、今回は初日に東天狗岳に登れ、2日目には中山への登りでラッセルの訓練ができ、有意義な訓練山行になった。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/9
投稿数: 180
2018/2/12 18:27
 残念でした
晴れ晴れ光線送ったんですが・・・やっぱり今年はだめかもしれませんね!!初日の東天狗岳、当日は悪天との追いかけっこになるんではと思っていたので登れてよかったです。悪天の前はやはり気温が上がりますね。そのあたりの微妙な狭間をうまく捕えると、登りやすいんでしょうね。
何はともあれ、三人娘さん達と賑やかく、楽しい登山ができたようで、羨ましい限りです。
登録日: 2013/9/28
投稿数: 237
2018/2/12 19:26
 Re: 残念でした
mmakiraさん、毎度コメントありがとうございました。10日に中央高速を走っている際は、雲一つない快晴の空が拡がっており、八ヶ岳、南アルプスの甲斐駒ケ岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳、悪沢岳、赤石岳がクッキリと見えており、晴れ晴光線のお陰かと思っておりました。黒百合平に登る最中も雲が湧いていたものの上空には八ヶ岳ブルーの青空が覗いておりました。
急いでテントの設営を済ませ、天狗岳にアタックし始めた頃は、まだ、北八ヶ岳や上信越の山々がくっきりと見えており、こんなに天気が良いのは想定外だと喜んでいたのですが、天狗岩を過ぎたあたりから、急に天候が崩れ始め、山頂に到達した頃には、西天狗岳がすっかりガスに包まれてしまい、粉雪がちらつき始めました。晴れ晴れ光線もエネルギー切れになったようです。しかし、昨年よりは遥かに天狗岳からの眺望を楽しむことができました。
10日の黒百合平の温度は、マイナス3度!!、夕方には、吹雪き始め、気温が徐々に下がってゆき、11日の朝は、マイナス5度、下山し始めた時はマイナス7度になっておりました。マイナス20度の温度も覚悟していたため、超暖かい北八ヶ岳のテント泊となり、楽しい冬山合宿となりました。
2月末の赤岳主稜は、さぞ厳しい環境条件になるものと思います。天気が良くなることを祈っております。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ