また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1378793 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

〔撮影山行〕赤岳〜厳冬期トレーニング/1人きりの山頂〜

日程 2018年02月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候終日小雪舞う
アクセス
利用交通機関
車・バイク
□ 美濃戸から赤岳山荘までの積雪の林道の走行について
以前の車でのアプローチ等パターンを変えて纏めると以下のよう。

〜偉惷酘阿離好織奪疋譽 ⇒ ×:急斜面が登り切れなかった。
∩偉惷酘阿離好織奪疋譽后椒船А璽 ⇒ 〇:急斜面は助走をつけてなんとか。
四駆のスタッドレス ⇒ ◎:同じく急斜面は助走をつけて登り切り。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間35分
休憩
3時間10分
合計
9時間45分
S赤岳山荘10:1512:30行者小屋13:3015:00赤岳天望荘16:1517:00赤岳17:4017:50赤岳天望荘18:30行者小屋18:4520:00赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
降雪直後で雪たっぷり。
入山者多数のためトレース完全。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 【(1)武器】 アイゼン ダブルアックス ダブルストック 【(2)防寒着】 上下ソフトシェル ハードシェル上 ダウン上下 目出し帽 【(3)食料】 水分0.9リットル お握り×8個 【4.備え】 ゴアテックス製シュラフカバー(ツエルトの代わり) 予備手袋 非常食(カロリーメイト×2P他) 【(5)機材】 フルサイズ一眼レフ レンズ×2本 三脚

写真

この天気図ダメじゃない?
南岸低気圧が抜けきっていないし、冬型も強まりつつ寒気が入ってくる模様。
ダメそうだけれど、ダメだったらトレーニングってことで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この天気図ダメじゃない?
南岸低気圧が抜けきっていないし、冬型も強まりつつ寒気が入ってくる模様。
ダメそうだけれど、ダメだったらトレーニングってことで。
5
連休で美濃戸口の駐車場は満車状態。
自分は赤岳山荘まで林道を車でアプローチ。
車高10cmの車でガンガン登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連休で美濃戸口の駐車場は満車状態。
自分は赤岳山荘まで林道を車でアプローチ。
車高10cmの車でガンガン登ります。
2
四駆+スタッドレスであれば大丈夫。
運転のコツは、3ヵ所ほど傾斜が急な所がありますが、「助走し勢いをつけて登り切る」ということに尽きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四駆+スタッドレスであれば大丈夫。
運転のコツは、3ヵ所ほど傾斜が急な所がありますが、「助走し勢いをつけて登り切る」ということに尽きます。
4
夕焼け狙いで10時スタート。
いつも通り、南沢からアプローチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼け狙いで10時スタート。
いつも通り、南沢からアプローチ。
1
降雪直後でモフモフ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降雪直後でモフモフ。
7
天気は1mmも晴れなくなってきた。
もう帰っちゃう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は1mmも晴れなくなってきた。
もう帰っちゃう?
3
12:30 2Hのコースタイムより15分遅れて行者小屋到着。
営業していないと思っていた行者小屋が営業していてびっくり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:30 2Hのコースタイムより15分遅れて行者小屋到着。
営業していないと思っていた行者小屋が営業していてびっくり。
5
さすが三連休。
テント場にはテント村が出現し、ごった返している。
上部はかなりの強風で、登頂を諦めて下山してくる登山者が多くいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが三連休。
テント場にはテント村が出現し、ごった返している。
上部はかなりの強風で、登頂を諦めて下山してくる登山者が多くいました。
6
この頃、外から見た八ヶ岳連峰はこんな感じ。
もうダメダメですね。
今日は厳しそうだな...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃、外から見た八ヶ岳連峰はこんな感じ。
もうダメダメですね。
今日は厳しそうだな...。
1
天気の悪い所に突っ込んでしまったものは仕方がない。
目的を厳冬期トレーニングに切り替えて、写真は無理でも地蔵尾根からピークを目指すことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気の悪い所に突っ込んでしまったものは仕方がない。
目的を厳冬期トレーニングに切り替えて、写真は無理でも地蔵尾根からピークを目指すことに。
5
トレーニングがてら試したいのは、.瀬屮襯▲奪スと厳冬期ウェア・グローブの耐寒テスト。
ピッケルの長さが違うぞ(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレーニングがてら試したいのは、.瀬屮襯▲奪スと厳冬期ウェア・グローブの耐寒テスト。
ピッケルの長さが違うぞ(笑)。
3
ここからが核心部か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが核心部か。
1
落ち着いて行けばなんてことはない。
ただ注意を要するのは、尾根筋でも方向が変わる箇所があるので、トレースが消えてホワイトアウトしているときは、誤って直進しないことでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち着いて行けばなんてことはない。
ただ注意を要するのは、尾根筋でも方向が変わる箇所があるので、トレースが消えてホワイトアウトしているときは、誤って直進しないことでしょうか。
4
さすが三連休。
天気悪くても遅い時間でもたくさん登っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが三連休。
天気悪くても遅い時間でもたくさん登っています。
5
地蔵の頭。
お地蔵さん顔面真っ白やで(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭。
お地蔵さん顔面真っ白やで(笑)。
9
稜線の反対側の斜面。
ガスガスです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の反対側の斜面。
ガスガスです。
1
ほんの一瞬だけガスが途切れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんの一瞬だけガスが途切れる。
13
今日一番晴れた瞬間の八ヶ岳連峰はこんな感じ。
やっぱり雲とれませんね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日一番晴れた瞬間の八ヶ岳連峰はこんな感じ。
やっぱり雲とれませんね。
3
地蔵の頭からすぐに展望荘。
オアシスですね、ありがたし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭からすぐに展望荘。
オアシスですね、ありがたし。
5
夕焼けまでの間、展望荘で1時間強時間調整。
オリンピックを観ながら登頂〜下山までのエネルギーを補充し準備する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けまでの間、展望荘で1時間強時間調整。
オリンピックを観ながら登頂〜下山までのエネルギーを補充し準備する。
3
さて、そろそろ行きますか。
まったくダメそうだけれど...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ行きますか。
まったくダメそうだけれど...。
3
お、一瞬ガス途切れたぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、一瞬ガス途切れたぞ!
8
ダブルアックスは傾斜が急な斜面を直登するときに4点支持で安定感が抜群なうえ、両手杖代わりになって非常に楽ちんでした。
トラバース等1本しか使わないときは背中とリュックの間に差せば邪魔にならない。
これはありかもしれない。
西穂高や五竜岳で重宝するかと思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダブルアックスは傾斜が急な斜面を直登するときに4点支持で安定感が抜群なうえ、両手杖代わりになって非常に楽ちんでした。
トラバース等1本しか使わないときは背中とリュックの間に差せば邪魔にならない。
これはありかもしれない。
西穂高や五竜岳で重宝するかと思った。
7
17:00 赤岳山頂着。
当然誰もいません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:00 赤岳山頂着。
当然誰もいません。
2
ほんのり焼けた山頂が撮れた。
なんか違う...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんのり焼けた山頂が撮れた。
なんか違う...。
13
氷点下16度の強風の山頂で30分粘ったが、一番ガスが撮れた瞬間でこんな感じ。
今日の目的の八ヶ岳連峰の夕焼けは撮れませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷点下16度の強風の山頂で30分粘ったが、一番ガスが撮れた瞬間でこんな感じ。
今日の目的の八ヶ岳連峰の夕焼けは撮れませんでした。
10
17:40 日没。
帰るとしますか。
厳冬期ウェア・グローブの耐寒テストもOK。
サングラスとバラクラバの間に隙間があったらしく、おでこだけがキリキリ冷たい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:40 日没。
帰るとしますか。
厳冬期ウェア・グローブの耐寒テストもOK。
サングラスとバラクラバの間に隙間があったらしく、おでこだけがキリキリ冷たい。
6
氷点下16度の強風下でも手袋はホッカホカだった。
耐寒テストとしては気温はそれほど低くなかったけれど、厳冬期の装備が整い自信がついた。
冬の赤岳も何度も登るうちに、臆することなく安全確実に上り下りできるようになっていた。
これで一歩野望に近づけたかな(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷点下16度の強風下でも手袋はホッカホカだった。
耐寒テストとしては気温はそれほど低くなかったけれど、厳冬期の装備が整い自信がついた。
冬の赤岳も何度も登るうちに、臆することなく安全確実に上り下りできるようになっていた。
これで一歩野望に近づけたかな(笑)。
4
20:00 山頂から2時間半のサクサクナイトハイクで赤岳山荘着。
今回は天気に恵まれなかったけれど、厳冬期トレーニングってことで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20:00 山頂から2時間半のサクサクナイトハイクで赤岳山荘着。
今回は天気に恵まれなかったけれど、厳冬期トレーニングってことで。
4
赤岳山荘で500〜600円で5種類程度販売。
大きい丸いバッジがお気に入り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘で500〜600円で5種類程度販売。
大きい丸いバッジがお気に入り。
5

感想/記録

≪感想≫
雪が降った!
そろそろ赤岳行かなきゃ、って連休の天気図が怪しい。
ダメそうだけれど行きたいから行きたいのーって、行ったらやっぱりダメだった(笑)。

天気の悪い所に突っ込んでしまったものは仕方がない。
目的を厳冬期トレーニングに切り替えて、写真は無理でも地蔵尾根からピークを目指すことに。
トレーニングがてら試したいのは、.瀬屮襯▲奪スと厳冬期ウェア・グローブの耐寒テスト。

ダブルアックスは傾斜が急な斜面を直登するときに4点支持となり安定感が抜群なうえ、両手杖代わりになって非常に楽ちんでした。
トラバース等1本しか使わないときは背中とリュックの間に差せば邪魔にならない。
これはありかもしれない。
西穂高や五竜岳で重宝するかと思った。

厳冬期ウェア・グローブの耐寒テストもOK。
サングラスとバラクラバの間に隙間があったらしく、おでこだけがキリキリ冷たい。
氷点下16度の強風下でも手袋はホッカホカだった。
耐寒テストとしては気温はそれほど低くなかったけれど、厳冬期の装備が整い自信がついた。
冬の赤岳も何度も登るうちに、臆することなく安全確実に上り下りできるようになっていた。
これで一歩野望に近づけたかな(笑)。

≪人の入り≫
三連休中日で人人人でごった返し。

≪撮影機材≫  
24~70mmF2.8:× 軽量化のため不所持。
16~35mmF4:◎ 雪山で1本持つならこれ。
70〜200mmF4:△ 天気悪くて未使用。
訪問者数:722人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ