また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1379810 全員に公開 雪山ハイキング赤城・榛名・荒船

榛名山(相馬山、天目山、掃部ヶ岳、烏帽子ヶ岳、榛名富士;ヤセオネ峠発着)

日程 2018年02月09日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴、弱風
出発時-11.5℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間40分
休憩
1時間20分
合計
11時間0分
Sヤセオネ峠06:5007:20相馬山の鳥居07:40相馬山07:5508:30磨墨峠08:40磨墨岩08:4509:25三ツ峰山分岐09:40三ツ峰山10:35天目山10:4011:00氷室山11:1511:30湖畔の宿公園12:35掃部ヶ岳12:5013:20掃部ヶ岳登山口14:40烏帽子ヶ岳14:5015:10烏帽子ヶ岳登山口15:15榛名富士登山口16:15榛名富士16:3016:35榛名富士山頂駅17:05榛名公園ビジターセンター17:50ヤセオネ峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特になし。
アイゼン、ピッケルは使う場面はなく、終始つぼ足でOK。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

ヤセオネ峠からスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセオネ峠からスタートです。
まず相馬山を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず相馬山を登ります。
トレースがしっかりついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースがしっかりついています。
鳥居をくぐります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐります。
長い鎖が出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い鎖が出ました。
相馬山山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相馬山山頂です。
富士山と八ヶ岳が一望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と八ヶ岳が一望。
2
谷川から日光の山並。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川から日光の山並。
1
途中脇が開けて榛名富士。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中脇が開けて榛名富士。
磨墨岩が目の前。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磨墨岩が目の前。
沼ノ原を眼下に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼ノ原を眼下に。
氷結した榛名湖も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷結した榛名湖も見えています。
天目山への山並み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目山への山並み。
磨墨岩の上から相馬山を振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磨墨岩の上から相馬山を振り返って。
磨墨岩から榛名富士。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
磨墨岩から榛名富士。
このぐらいの雪の量。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このぐらいの雪の量。
ひたすら快晴下のハイキング。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら快晴下のハイキング。
松之沢峠で道路を横断。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松之沢峠で道路を横断。
三ッ峰山にも寄ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峰山にも寄ります。
再度道路を横断。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度道路を横断。
特徴的な山、烏帽子ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な山、烏帽子ヶ岳。
断続的に木段もあり、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断続的に木段もあり、
そこで吉例の乾杯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこで吉例の乾杯。
天神峠の石灯籠。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天神峠の石灯籠。
登ってきた山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた山々。
榛名湖荘脇に出ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名湖荘脇に出ました。
道路わきの赤テープのあるところから鬢櫛と烏帽子の鞍部へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路わきの赤テープのあるところから鬢櫛と烏帽子の鞍部へ。
鳥居があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居があります。
烏帽子ヶ岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子ヶ岳山頂。
烏帽子ヶ岳登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子ヶ岳登山口です。
最後に登る榛名富士。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に登る榛名富士。
ゆうすげ元湯裏が登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆうすげ元湯裏が登山口。
烏帽子が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子が見える。
榛名富士山頂到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
榛名富士山頂到着。
最初に登った相馬山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に登った相馬山。
ロープウェーには誰もいません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェーには誰もいません。
下山し、赤く映える榛名富士を見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山し、赤く映える榛名富士を見上げる。
ロープウェー周辺の様子。
誰もいません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェー周辺の様子。
誰もいません。
道路わきの雪道をひたすら歩く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路わきの雪道をひたすら歩く。

感想/記録

12月以来の今年初登山のため、身体が動かない心配もあり、遭難の恐れがほぼなくいつでも下山できる榛名山を計画。
かといって最高峰掃部ヶ岳と榛名富士だけでは物足りないので、榛名湖を一周するコース設定。

4時過ぎに出発し、関越にのり伊香保ICで下り登山口であるヤセオネ峠は6時半ごろ着。
平日のため他に駐車している車もなし。
朝食をとり、準備をして7時前に出発。

上:ソフトシェル+インサレーションベスト(出だし30分のみ)+R1+厚手ウールアンダー
下:バーブサーマル+厚手ウールアンダー
グローブは中厚ソフトシェル、靴は冬靴

相馬山へは鳥居をくぐり、梯子を登りあっという間に山頂。
トレースはここから榛名富士下山までしっかり付いていました。
景色も良く、風もほとんどない絶好の登山日和。
暖かいためか霞んでいて景色も幾分ぼやけている。
が、富士山の頭が見えた。

一度下山するも途中で自分の写真を取るのを忘れていて登り返す。
2,30分程度ロスしたかな?

分岐に戻り、磨墨峠へ。

沼ノ原、凍結した榛名湖を見渡せ、緩やかな雪道を進む。
静かな中にメロディラインを通る車。

磨墨岩の看板に3分と書いてあり、立ち寄ることに。
簡単に登れるが、端が切れ落ちているため足がすくむ。
しかし、遮る木々もなく絶景が楽しめた。

松之沢峠で道路に一度出、三ツ峰山へ。
長い木段は雪で痩せた土が覆われ、幾分歩きやすい。

三ツ峰山は往復25分程度とあるため、立ち寄ることとする。
しかし特段の景色の楽しみもなく山頂でひと休憩して直ぐに分岐に戻ることとする。

七曲峠を経て天目山、ここで芝犬連れの登山者と会う。
この日唯一会った登山者でした。

氷室山で昼になってお腹が空いたので、昼食と吉例の乾杯をすることとする。
氷室山から下山、湖畔道路を歩く。

道路脇は釣り人の車が多く停まっている。
凍結した榛名湖の上には多くの釣り人がいる。
湖の縁に降りて湖面を確認するとかなりの厚さ。

この時点でだいぶ予定より遅れてしまったため鬢櫛山は登らず、烏帽子に向かうこととするが、登り口がわからず、地図と照らして、かつ赤いテープが続いている場所から登ることとする。

ここもある程度トレースがあり、参考に使うと鬢櫛と烏帽子の鞍部に出た。
休憩後烏帽子ヶ岳へ。
急な登りで疲れた足がなかなか上がらず、時間がかかる。
鳥居が見えて、烏帽子ヶ岳山頂。

最後に榛名富士が残っているため急いで下山。
ゆうすげ元湯の脇から登山開始。
ここもひたすらの登りでペースが上がらず、ゆっくりしか進めず。
大きな人工物が見えると榛名富士山頂到着。
山頂には神社が鎮座しており、手を合わせる。
日も傾いてきたためか、冷えが厳しくなってきた。
ロープウェー駅には人がおらず、そのまま脇の下山道へ。

車の音が聞こえてくるとロープウェーとは離れたところに下山。
少し歩くとロープウェーの高原駅。
しかし周辺も含め誰もいない。
ここからヤセオネ峠は長い。
道路脇の雪みちはトレースなく、ここが一番ツボ足が大変だった。
暫くすると日も暮れ、ヘッドライトを点けてひたすら歩き。
見覚えのある鳥居が見え、駐車場到着。

18時を過ぎて食事処も閉まっているため、日帰り温泉で冷えた身体を温める。
ゆうすげ元湯へ(510円)。
温泉宿の日帰りで、あまり他の客もおらずゆっくり温まった。しかし露天は湯から出ている身体の冷えが厳しい。

2018年の登山がここから始まりました。
厳しい登り降りがなく、初心者にも勧められる山ですね。
しかし体力が落ちた。。。
訪問者数:457人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ