また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1382906 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

奥多摩駅〜井戸沢尾根〜大岳山〜鍋割山〜琴沢左岸尾根〜御嶽駅

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
奥多摩駅スタート
御嶽駅ゴール

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間6分
休憩
1時間8分
合計
8時間14分
Sスタート地点(奥多摩駅)08:2708:30町営氷川有料駐車場09:03アメリカキャンプ村傍09:43尾根取付き点10:0012:19トバノ岩山12:55大岳山13:3014:15鍋割山14:1814:32奥の院(甲籠山)14:3515:00長尾平分岐15:1015:22御岳参道下り口15:40琴沢左岸尾根進入口16:17琴沢橋16:41ゴール地点(御嶽駅)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
井戸沢(右岸)尾根及び琴沢左岸尾根はバリエーションルート。

井戸沢尾根の下部は急斜面で木の根、岩を掴みながらの攀じ登りで多少なりとも危険も感じた。本来は松浦隆康著「静かなる尾根歩き」にも紹介されているネジレ滝付近から取付くルートが正道のようだ。
雪は残っていたが、アイゼンもなしで歩いた。

トバノ岩山から琴沢左岸尾根(正式な名称は分からない)の進入口までの区間は一般登山道で土曜日とあって大勢の登山者あり。簡易アイゼンは大岳山頂上で着けて長尾平で外した。

琴沢左岸尾根は御岳ケーブルにほぼ平行している尾根でプチバリエーションルート。多くは伐採されていても藪っぽい。枝葉が生い茂る夏は歩き辛いかも。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

海沢谷へはトンネルの右側の方へ進む
2018年02月17日 08:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海沢谷へはトンネルの右側の方へ進む
海沢谷への入口にはアメリカキャンプ村の案内看板が立っている。
2018年02月17日 08:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海沢谷への入口にはアメリカキャンプ村の案内看板が立っている。
井戸沢が海沢谷に流れ込む付近でリボン発見。ここからもルートがありそうだ。
2018年02月17日 09:58撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
井戸沢が海沢谷に流れ込む付近でリボン発見。ここからもルートがありそうだ。
護岸1m位の高さを雪の上に飛び降りた川原。
2018年02月17日 10:06撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護岸1m位の高さを雪の上に飛び降りた川原。
踏み跡を辿る。
2018年02月17日 10:08撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を辿る。
標高550m辺りの岩瘤の上にでた。ここに出る直前が苦労した。
2018年02月17日 10:34撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高550m辺りの岩瘤の上にでた。ここに出る直前が苦労した。
1
雪はまだそこそこに残っているがアイゼンの必要もなし。標高1000m圏
2018年02月17日 11:52撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はまだそこそこに残っているがアイゼンの必要もなし。標高1000m圏
1
大岳山頂上からの眺め。
2018年02月17日 13:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山頂上からの眺め。
1
大岳山山頂
2018年02月17日 13:28撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山山頂
1
鍋割山北尾根への進入点。大楢峠へ下れるがバリエーションルート。一般登山者が間違って入り込まないようにトラロープで閉鎖している。
2018年02月17日 14:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山北尾根への進入点。大楢峠へ下れるがバリエーションルート。一般登山者が間違って入り込まないようにトラロープで閉鎖している。
天狗の腰掛け杉
2018年02月17日 14:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の腰掛け杉
琴沢左岸尾根の進入口。参道が左に大きく曲がる地点でカーブミラーが立ち、傍の大杉は386番目。
2018年02月17日 15:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琴沢左岸尾根の進入口。参道が左に大きく曲がる地点でカーブミラーが立ち、傍の大杉は386番目。
2
灌木が生い茂っている
2018年02月17日 15:42撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灌木が生い茂っている
この辺は伐採されていて展望あり。
2018年02月17日 16:02撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は伐採されていて展望あり。
1
竹林の中に小さな祠を見たらすぐに下の道路に出る。
2018年02月17日 16:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林の中に小さな祠を見たらすぐに下の道路に出る。
2
この辺から出てきた。
2018年02月17日 16:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から出てきた。
1
琴沢林道に出る。この辺は産廃所? 資材置き場?
2018年02月17日 16:14撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琴沢林道に出る。この辺は産廃所? 資材置き場?
赤い色の琴沢橋に出る。
2018年02月17日 16:16撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い色の琴沢橋に出る。
1
御岳橋の上から。川べりに立つ建物。
2018年02月17日 16:39撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳橋の上から。川べりに立つ建物。
ゴールの御嶽駅
2018年02月17日 16:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの御嶽駅
撮影機材:

感想/記録

■海沢谷に流れ込む井戸沢を挟む右岸側尾根と左岸側の尾根のいづれかに登ろうと思って出かけた。いずれも過去に登りで歩いたような気がするのだが山行記録をひも解いてみてもみつからない。どこかと錯覚してるのかなと思ったりもしたので現地に行って確かめてみることにした次第。何かを思い出すかもしれない。車道、林道歩きが長いのでまずはウオーキングシューズで歩き始めたが、途中から雪や時に凍結面も現れ、登山靴で歩いたほうが良かったかも。

■海沢右岸沿いの林道を進み天地沢の流れ込む地点を過ぎてからは、海沢の左岸側に尾根への取付きができそうなところがないかと注視ながら歩いた。しかし記憶の取付き風景は現れないまま井戸沢の流れ込む地点まできた。やはり井戸沢左岸尾根は登っていないようだなとほぼ納得した。あとは右岸尾根だが海沢園地まで行きネジレ滝付近からの取付きを考えていたが、井戸沢付近を僅かに過ぎた付近でリボンを見た。どうやらここからも取付けそうだと判断し取付くことにした。下調べなしという意味でやや冒険的な気分。ここで、しばし休憩し、登山靴に履き替え、スパッツも着けた。一旦、水流が少ない海沢に下りるには1m位の高さの護岸壁を降りねばならないが手がかり足がかりがないし、短いロープも持ち合わせがない。よくよく見渡すと少し移動したところで跳び下りても衝撃を受け止められる積雪があったのでそこへザック背負ったまま跳び下りた。あとは、まだ雪が残る微かなトラバースの踏み跡を辿る。赤テープもしばらくは見られたが後はなくなった。

■赤テープの追跡を諦めてそこから高みを目指して急斜面を木の根、岩を掴みながら攀じ登った。途中標高550m圏でヤバくなり引き返そうかと思ったものの、下り戻る方が反って危険だと思い直し、気を強くして滑落しないように慎重に攀じ登った。難所を過ぎた後も急斜面は続き、当初予定していたネジレ滝付近からのルートとの交点辺りからは気も楽になった。日当たりの良いところは雪も消えているが大体は10数僂寮兩磴ある。凍結していないのでアイゼンもなしで歩けた。とはいっても夏道より歩きには時間がかかるし、急斜面なので主稜線のトバノ岩山に着くまでに結構時間を要した。

■トバノ岩山以降は登山者と多く出合った。大岳山頂上は数十人の人が昼食休憩していた。傍で4人パーティの若者たちがガスコンロ複数台使ってすき焼きなど作っておいしそうに食べていた。自分も若い頃はそんなことをしていたが今は少しでも荷は軽くしたいし手間暇面倒なことは省きたいという冷めた感じというか、山登りの楽しみ方の一部を捨てている。頂上からの眺めは良いし、日が当たり暖かいので山座同定を試みながら長く休憩した。何時も思うが地図とコンパスだけで正しく自信を持って山座同定するのは難しい。かくなるうえはスマホアプリ等を頼ってでも良いのだがいいものがあるかな?
訪問者数:200人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ