また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1384345 全員に公開 雪山ハイキング東海

養老山・川原越、東海自然歩道で周回

日程 2018年03月03日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ、視界は春霞状態。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
養老公園有料駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
1時間30分
合計
8時間0分
Sスタート地点06:3006:45養老ノ滝06:5007:45三方山08:00笹原峠08:0508:15小倉山08:2008:45養老山09:0509:30多芸ノ台09:50津屋避難小屋09:5510:20川原越 東屋10:5011:00川原越11:0511:50下川原越三叉路分岐(仮称)12:15寺山観音分岐12:30南濃町津屋の東屋(仮称)12:4013:40赤岩神社13:4514:30養老公園駐車場14:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 養老の滝から笹原峠間は遊歩道で問題なし。
 笹原峠から津屋避難小屋間は積雪がありましたが、トレースがあり道は明瞭でした。この間は転ばぬ先のチエンスパイクを装着。
 全ルート道標が要所に設置され道迷いの心配はありません。
 ただし、川原越から下川原越三叉路分岐(仮称)間は東海自然歩道とは言え、雪害で道に落石が堆積するやら、丸太土留めが崩壊するやら、トラバース道が崩れて狭いやら、かなり荒れていて注意して登行しました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図(S=1/25000) コンパス必携

写真

養老公園駐車場一番乗り、奥の建物は照明スイッチの位置が分からなかったトイレ、ヘッデン使用。
2018年03月03日 07:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老公園駐車場一番乗り、奥の建物は照明スイッチの位置が分からなかったトイレ、ヘッデン使用。
3
絵看板でルートの確認、登山口はどこかな?
2018年03月03日 07:14撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵看板でルートの確認、登山口はどこかな?
2
手前は滝谷、奥の山は笙ケ岳かな?
2018年03月03日 07:15撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前は滝谷、奥の山は笙ケ岳かな?
2
ここに来たからにはやはりザックの記念撮影。
2018年03月03日 07:33撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに来たからにはやはりザックの記念撮影。
6
この辺りから雪が斑模様、三方山に寄り道。
2018年03月03日 08:35撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから雪が斑模様、三方山に寄り道。
2
春のカスミ状態で展望は期待薄。
2018年03月03日 08:37撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春のカスミ状態で展望は期待薄。
3
笹原峠まで登ると雪がありました、ここでチエンスパイク装着。
2018年03月03日 08:46撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原峠まで登ると雪がありました、ここでチエンスパイク装着。
4
小倉山展望、未だ間に合った一面の白銀の世界。
2018年03月03日 08:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山展望、未だ間に合った一面の白銀の世界。
5
小倉山山頂、養老山脈の山頂は全てのっぺり山でした。
2018年03月03日 08:57撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉山山頂、養老山脈の山頂は全てのっぺり山でした。
8
洒落た東屋は御池岳・霊仙岳のビューポイントです。
2018年03月03日 09:02撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洒落た東屋は御池岳・霊仙岳のビューポイントです。
5
奥の雪山は、やはり霊仙岳でしょう。
2018年03月03日 08:58撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の雪山は、やはり霊仙岳でしょう。
4
アップした霊仙岳。
2018年03月03日 09:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップした霊仙岳。
7
かなり未だ雪がありました、雪が閉まっているので気分良く登行。
2018年03月03日 09:13撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり未だ雪がありました、雪が閉まっているので気分良く登行。
5
養老山からネットフェンスに誘導されて、うっかり道間違い15分ロス。
2018年03月03日 09:40撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山からネットフェンスに誘導されて、うっかり道間違い15分ロス。
1
戻って養老山三角点で何時もの様にザックの記念撮影。
2018年03月03日 09:44撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻って養老山三角点で何時もの様にザックの記念撮影。
6
ノンアイゼンの若い男性三人パーテイに、あっという間に追い抜かれ、
2018年03月03日 09:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノンアイゼンの若い男性三人パーテイに、あっという間に追い抜かれ、
2
高齢ソロは一歩一歩マイペースで行きましょう。
2018年03月03日 09:59撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高齢ソロは一歩一歩マイペースで行きましょう。
3
トレースが明瞭で安心感抜群、津屋避難小屋でチエンスパイク脱着。
2018年03月03日 10:27撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースが明瞭で安心感抜群、津屋避難小屋でチエンスパイク脱着。
3
良く管理された津屋避難小屋、韋駄天三人グループとお話。
2018年03月03日 10:37撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く管理された津屋避難小屋、韋駄天三人グループとお話。
3
川原越東屋、珈琲とあんぱん・ジャムパンでランチタイム。
2018年03月03日 11:10撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川原越東屋、珈琲とあんぱん・ジャムパンでランチタイム。
3
絵看板で山座同定、富士山を展望?
2018年03月03日 11:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵看板で山座同定、富士山を展望?
3
眺望の絵看板、乗鞍・御嶽・富士山は今日は無理のようです。
2018年03月03日 11:11撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望の絵看板、乗鞍・御嶽・富士山は今日は無理のようです。
2
カスミの木曽三川を確認。
2018年03月03日 11:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カスミの木曽三川を確認。
1
アップした木曽三川と海津の町並み。
2018年03月03日 11:12撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップした木曽三川と海津の町並み。
5
川原越の怖い注意喚起看板、でもこの時期は冬眠中で安心して下降できます。
2018年03月03日 11:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川原越の怖い注意喚起看板、でもこの時期は冬眠中で安心して下降できます。
1
土留め木柵が崩壊しているので道幅がメッチャ狭い、気を付けて行きましょう。
2018年03月03日 12:02撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土留め木柵が崩壊しているので道幅がメッチャ狭い、気を付けて行きましょう。
1
下川原越三叉路分岐、東海自然歩道は左折して、養老の滝まで8.4Kmの表示。
2018年03月03日 12:34撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下川原越三叉路分岐、東海自然歩道は左折して、養老の滝まで8.4Kmの表示。
1
寺山観音堂分岐、脚がくたびれて今日はパスさせていただきます。
2018年03月03日 12:49撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺山観音堂分岐、脚がくたびれて今日はパスさせていただきます。
1
東海自然歩道はかなりジグザグ線形の道でした。
2018年03月03日 13:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道はかなりジグザグ線形の道でした。
1
民有林の境界線に沿って東海自然歩道が設定されているのか、線形が素直ではないです。
2018年03月03日 13:03撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民有林の境界線に沿って東海自然歩道が設定されているのか、線形が素直ではないです。
1
綺麗な東屋で小休止、でもあまり使われている様子がありません。
2018年03月03日 13:15撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な東屋で小休止、でもあまり使われている様子がありません。
2
ここにも警告看板、怖いですね。
2018年03月03日 13:31撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも警告看板、怖いですね。
1
ソーラー発電所の脇を直行します。
2018年03月03日 13:47撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソーラー発電所の脇を直行します。
東海自然歩道が涸れ川で途切れました。さあ困った、今熊谷を渡渉します。
2018年03月03日 13:48撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道が涸れ川で途切れました。さあ困った、今熊谷を渡渉します。
どれも養老山に見えるが、
2018年03月03日 13:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれも養老山に見えるが、
1
あれが養老山か?何だか分かりません?
2018年03月03日 13:52撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが養老山か?何だか分かりません?
2
集落の八幡神社、道標が要所に設置されているので安心感抜群です。
2018年03月03日 14:05撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
集落の八幡神社、道標が要所に設置されているので安心感抜群です。
さすが養老の滝、ユニークな瓢箪の道標。
2018年03月03日 14:13撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが養老の滝、ユニークな瓢箪の道標。
2
涸れた小倉谷を渡渉します。
2018年03月03日 14:20撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れた小倉谷を渡渉します。
赤岩神社で安全登山のお願い、未だ歩き出があります。
2018年03月03日 14:22撮影 by DMC-SZ10, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岩神社で安全登山のお願い、未だ歩き出があります。
2

感想/記録
by miya10

 今日の山行は風もなく、ぽかぽかの日差しでした。
 すっかり春の陽気で養老山では、この週末でチエンスパイクも必要が無くなるのかな?
 厳冬期のmunaitaさんのレコを参考にさせていただきました。それに比べ雪がかなり融け、圧雪道は期待した通り随分歩き易く嬉しい雪山ハイクになりました。
 養老山ではノンアイゼンの若い3人男性パーテイに疾風の様に追い抜かれ、正直つくづく老いを感じました。
 川原越では男性ソロ一人、女性ソロと犬のペア一、ご夫婦ペア一にお会いしました。 
訪問者数:315人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ