また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1384867 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳 剣ヶ峰(快晴暴風の頂)

日程 2018年02月18日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ・暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
乗鞍スキー場の無料の第3(やまぼうし)駐車場に駐車。
日曜限定の2時間券(2000円)にて、かもしかリフトトップまでアクセス。
2時間券は、「湯けむり館」の無料入浴券付き。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。
その他周辺情報温泉に入らず直帰。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

夢の平クワッド。明らかに上は風が強そうな雰囲気。
2018年02月18日 09:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夢の平クワッド。明らかに上は風が強そうな雰囲気。
かもしかリフト。この斜面を2周する。
2018年02月18日 09:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かもしかリフト。この斜面を2周する。
いざ切り開きへゴー
2018年02月18日 09:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ切り開きへゴー
前の登山者が良いペースメーカーとなってくれた。
2018年02月18日 10:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の登山者が良いペースメーカーとなってくれた。
下りてくる人もいる。
2018年02月18日 10:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてくる人もいる。
切り開き終了。
2018年02月18日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り開き終了。
暴風が見える。
2018年02月18日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風が見える。
1
風の通り道。
2018年02月18日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の通り道。
1
なかなか頂上は近くならない。
2018年02月18日 11:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか頂上は近くならない。
ようやく頂上。
2018年02月18日 12:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく頂上。
1
いやー風が強い。
2018年02月18日 12:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやー風が強い。
1
黒い槍の穂先。
2018年02月18日 12:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒い槍の穂先。
1
びっしりと雪がついている。
2018年02月18日 12:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
びっしりと雪がついている。
風が強くてセルフィーの余裕はなし。
2018年02月18日 12:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強くてセルフィーの余裕はなし。
1
さて滑走だ。慎重に。
2018年02月18日 13:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて滑走だ。慎重に。
パウダー。ではない。
2018年02月18日 13:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダー。ではない。
振り返る。
2018年02月18日 13:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る。
切り開きの入り口が見えた。
2018年02月18日 13:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り開きの入り口が見えた。
振り返ると山頂はもう見えず。
2018年02月18日 13:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると山頂はもう見えず。
平和なスキー場。
2018年02月18日 13:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和なスキー場。
前川が梓川へ注ぐところが凍っていた。
2018年02月18日 14:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前川が梓川へ注ぐところが凍っていた。
破れたウェアー(泣)
2018年02月19日 07:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破れたウェアー(泣)

感想/記録

土曜の午前中にマンションの理事会があり、やむなく日曜の山行。
湯沢方面は連日雪が降り続いているようで、
この日もまだ天気の回復が期待できない。
今週は山へ行くのはやめようかと一旦は思ったりしながら散々迷って、
晴れるが暴風予報の乗鞍岳に行くことにした。

リフト売り場では、予報通り、
「風が強いので今のところ山麓リフトしか動きません」とのこと。
今日はリフトアクセスを考えていたので、今からフルハイクでは遅すぎる。
とりあえず2時間券を買い、リフトに並ぶ。
8時45分に山麓リフトが動き出した。
降りてクワッドを見るとすでにリフトは動いていて運行の準備をしていてる。
ボーダーが1人、リフトに並んでいる。
リフト券売り場のアナウンスとは違い、どうやらリフトは動くようである。
クワッドの乗り場に着くと、すぐに運行スタート。
そのまま次のかもしかリフトも問題なく動いて、
予想外にスムーズにゲレンデトップまで来ることができた。
現場の状況とリフト券売り場での情報は、大きく違うことがある。
今回は良い方向に振れて良かった。

せっかくなので、かもしかリフトを2周して、しっかりとゲレパウを頂く。
風で結構叩かれてはいるが、ほぼほぼファーストはとても気持ちいい。
リフト券売り場の情報に惑わされ、上まで来るのに出遅れた人が多いようである。

パウダーにひと満足してから、切り開きを登り始める。
スタスタと登って行くスノーシューの登山者が自分の前に一人いて、
良いペースメーカーとなってくれた。
合計10名ほどの登山者・山スキーヤーとすれ違う。
前日、位ヶ原山荘に泊まっていた人たちだろうか。

切り開きが終わるところが、位ヶ原山荘方面と剣ヶ峰方面への分岐である。
ペースメーカーの登山者はこのあたりで引き返していった。
森林限界を超え、いよいよ風が強くなる。
見上げる山頂は風で雪が舞っている。
頂上はすぐそこのように見えるが、なかなかたどり着かない。

途中でスキーを背負ってアイゼンを装着。
斜面は風で叩かれているので、そこそこ硬い。
時々の突風で身体がよろめくので、ウィペットのカバーは外して登る。
身体がよろめいたついでに、四つん這いになって登ったりもする。

ようやく頂上に着くも、風が強くて落ち着いて周りの景色を眺める余裕はなく、
ましてセルフタイマーで記念撮影する余裕もない。
寒くて手が痛かったが、岩陰で風を避けていたら、痛くなくなった。
最低限の写真を撮り、逃げるように滑走準備をする。
頂上付近は、氷化斜面ではないにしてもかなり硬い斜面なので
念のためウィペットのカバーは外して慎重に横滑りで滑り出す。

無事に斜度が緩い風の通り道のところまで滑り終えたところで、
シュカブラにスキーが引っかかり転倒した。
後で気づいたことだが、この時にウィペットの先でウェアーの胸あたりを
引っ掛けてしまい、今年新調したウェアーに穴を開けてしまった。
ウィペットのカバーを外して滑る時には、最低限必要な場所だけとする、
というのが高い補修費用で学んだ教訓。

穴に気づいたのが下山後だったのは幸いで、
その後スキー場までパウダーを楽しく滑る。
最後は平和なスキー場を滑り、駐車場まで戻って終了。
頂上の暴風がまるでウソみたいだ。
訪問者数:666人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ