また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1384922 全員に公開 雪山ハイキング奥秩父

滝子山

日程 2018年02月17日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
初狩駅 コンビニローソンで昼食購入
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間7分
休憩
1時間10分
合計
8時間17分
S初狩駅06:3306:40コンビニローソン06:4507:10藤沢子神社07:15滝子山分岐08:15最終水場08:2009:30桧平10:20滝子山10:5511:03鎮西ヶ池11:0512:35大鹿山12:3812:40田野分岐12:35大鹿峠13:55景徳院14:1514:45甲斐大和駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
尾根筋以外は雪が付いておりチェーンスパイクが重宝した
その他周辺情報景徳院からのバスは少ないが歩いても30分位
http://www.city.koshu.yamanashi.jp/kurashi/koutsu/detail/%E3%83%90%E3%82%B9%E6%99%82%E5%88%BB%E8%A1%A8
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

初狩駅のホームから望む 滝子山
標高450mの駅から1000m以上登る
2018年02月17日 06:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初狩駅のホームから望む 滝子山
標高450mの駅から1000m以上登る
1
かつてのスイッチバックの名残りの線路を渡る
2018年02月17日 06:31撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつてのスイッチバックの名残りの線路を渡る
1
駅北側の甲州街道のコンビニで食料調達
2018年02月17日 06:43撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅北側の甲州街道のコンビニで食料調達
旧甲州街道の宿場町だった名残りを留める甲州街道から朝焼けの滝子山を望む
2018年02月17日 06:44撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧甲州街道の宿場町だった名残りを留める甲州街道から朝焼けの滝子山を望む
1
富士の噴煙みたい?(工場からの煙でしょうか・・・)
2018年02月17日 06:47撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の噴煙みたい?(工場からの煙でしょうか・・・)
甲州街道から滝子山方面に右に折れる
2018年02月17日 06:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲州街道から滝子山方面に右に折れる
振り返ると吉田大沢を正面の富士山
今日同行するY君は厳冬期の富士にも登るエキスパート
2018年02月17日 06:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると吉田大沢を正面の富士山
今日同行するY君は厳冬期の富士にも登るエキスパート
3
殿平山への分岐を右に見送り林道を北上する
2018年02月17日 07:09撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殿平山への分岐を右に見送り林道を北上する
滝子山方面に林道を左折
2018年02月17日 07:14撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山方面に林道を左折
林道から登山道に入る
沢沿いは雪が付いている
2018年02月17日 07:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から登山道に入る
沢沿いは雪が付いている
最後の水場の分岐から急登になる
2018年02月17日 08:17撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の水場の分岐から急登になる
急登を登りきると明るく南面が開けてくる
2018年02月17日 08:47撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りきると明るく南面が開けてくる
大きな富士山を垣間見ながら登っていく
2018年02月17日 08:54撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな富士山を垣間見ながら登っていく
葉が落ちた冬枯れの樹林は明るい
2018年02月17日 09:29撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉が落ちた冬枯れの樹林は明るい
1
桧平 
男坂と女坂に分岐する
2018年02月17日 09:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桧平 
男坂と女坂に分岐する
三ッ峠を従えた富士が立派
2018年02月17日 09:30撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峠を従えた富士が立派
3
先ほどの女坂と合流する
2018年02月17日 09:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの女坂と合流する
青空が近く山頂が近そうだがなかなか着かない・・・・
健脚なY君は見えない
2018年02月17日 10:10撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が近く山頂が近そうだがなかなか着かない・・・・
健脚なY君は見えない
北側には南大菩薩が見えてきた
2018年02月17日 10:11撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には南大菩薩が見えてきた
黒岳と雁ヶ腹摺山の間に雲取山
石尾根の防火線が特徴
2018年02月17日 10:12撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒岳と雁ヶ腹摺山の間に雲取山
石尾根の防火線が特徴
1
縦走路への分岐を分けると山頂はすぐ
2018年02月17日 10:13撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路への分岐を分けると山頂はすぐ
滝子山 山頂
富士山をバックにしたが逆光露出補正したので見えない・・・
2018年02月17日 10:25撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山 山頂
富士山をバックにしたが逆光露出補正したので見えない・・・
6
山頂は360度の大展望
北は南大菩薩 ハマイバ丸、白谷丸、黒岳方面
2018年02月17日 10:33撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は360度の大展望
北は南大菩薩 ハマイバ丸、白谷丸、黒岳方面
三頭山・御前山〜大岳山 の奥多摩三山
2018年02月17日 10:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山・御前山〜大岳山 の奥多摩三山
1
丹沢方面 中央は大室山 左 蛭が岳
2018年02月17日 10:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢方面 中央は大室山 左 蛭が岳
1
御正体山と杓子山の奥に箱根の山
2018年02月17日 10:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御正体山と杓子山の奥に箱根の山
1
三ッ峠の手前は鶴ヶ鳥屋山〜本社ヶ丸〜黒岳
2018年02月17日 10:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ッ峠の手前は鶴ヶ鳥屋山〜本社ヶ丸〜黒岳
1
御坂山魂 最高峰 黒岳〜釈迦ヶ岳
2018年02月17日 10:35撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御坂山魂 最高峰 黒岳〜釈迦ヶ岳
大谷ヶ丸とハマイバ丸の間に雁坂嶺
2018年02月17日 10:41撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸とハマイバ丸の間に雁坂嶺
1
雲が掛かる 金峰〜朝日〜国師
2018年02月17日 10:41撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が掛かる 金峰〜朝日〜国師
2
滝子山から北面に下ると雪が多くなる
2018年02月17日 11:03撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝子山から北面に下ると雪が多くなる
鎮西ヶ池
登山ポストもある
2018年02月17日 11:03撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎮西ヶ池
登山ポストもある
Y君の勧めでチェーンスパイクを装着したが、Y君はノースパッツ、トレランシューズのみ!
2018年02月17日 11:03撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Y君の勧めでチェーンスパイクを装着したが、Y君はノースパッツ、トレランシューズのみ!
大谷ヶ丸への縦走コースから左に折れる
2018年02月17日 11:07撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸への縦走コースから左に折れる
沢沿いの北面は結構な雪が残る
2018年02月17日 11:24撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いの北面は結構な雪が残る
違和感ありありのトレランシューズで雪面を駆け下りるY君・・・
2018年02月17日 12:13撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
違和感ありありのトレランシューズで雪面を駆け下りるY君・・・
1
大鹿山の鉄塔
2018年02月17日 12:34撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿山の鉄塔
大鹿峠手前で景徳院方面に下山
2018年02月17日 12:39撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鹿峠手前で景徳院方面に下山
途中の陽だまりで昼食。Y君持参のビールで乾杯!
卒業以来30年ぶりの山行だが不思議に時を感じられない・・・・
2018年02月17日 12:46撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の陽だまりで昼食。Y君持参のビールで乾杯!
卒業以来30年ぶりの山行だが不思議に時を感じられない・・・・
民家の庭先を通り抜け車道に飛び出す
2018年02月17日 14:02撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の庭先を通り抜け車道に飛び出す
武田勝頼の菩提寺、景徳院に立ち寄る
2018年02月17日 14:10撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武田勝頼の菩提寺、景徳院に立ち寄る
景徳院から30分程度歩いて甲斐大和駅に
2018年02月17日 14:13撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景徳院から30分程度歩いて甲斐大和駅に
中央線沿線駅近には温泉が無いので高尾駅から一駅折り返した高尾山口の極楽湯で〆の一杯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央線沿線駅近には温泉が無いので高尾駅から一駅折り返した高尾山口の極楽湯で〆の一杯
1
撮影機材:

感想/記録

学生時代の後輩と30年振りの山行、お互い50歳を過ぎたがY君は毎日10kmの走り込みをしているエキスパート。コースタイムキープが精一杯の自分と違いY君はどんどん飛ばし、登りではY君の姿を追うことは出来なかった・・・・。山頂は無風快晴の大展望。当初の笹子雁ヶ腹摺山への周回コースは変更して景徳院へ下山したが、お互い学生時代には味わうことが無かったであろう冬枯れの明るい近郊の尾根歩きを楽しむことが出来た。帰路は高尾山温泉に浸かり久しぶりに一杯。「この程度の雪は想定内!スパッツ、アイゼン不要」とY君は強がっていたが、久しぶりの酒宴でアルコールの量が増し、帰路の車中は泥酔してお互い乗り越すはめになったのは想定外であったであろう・・・・
訪問者数:438人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ