また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1388965 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山〜冬道直登、最後はドロドロ

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上野登山口付近、多数駐車場があります。300円の駐車場に行こうか迷いましたが、手前の方の高橋さんの第2駐車場に停めました。400円です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1合目の上部まで登山道に雪はありませんが、凍っているところがあり、行きはよかったですが、帰りは登山道が泥濘でした。滑らないよう注意。
冬道直登です。雪は締まっていてわりと歩きやすかったです。
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

登山口。なだれ注意報発令中の看板がありました。
2018年02月25日 08:07撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。なだれ注意報発令中の看板がありました。
2
1合目。登山道に雪はないですが、帰りは泥濘になりそうな道。
2018年02月25日 08:30撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目。登山道に雪はないですが、帰りは泥濘になりそうな道。
1
振り返って霊仙山が見えました。
2018年02月25日 08:39撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って霊仙山が見えました。
2
2合目。ヒップソリ持ってる人、何人かいらっしゃいました。
2018年02月25日 08:45撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目。ヒップソリ持ってる人、何人かいらっしゃいました。
1
3合目の手前でテント発見。こんなところで?…ですが私も、昔(24年程前)山岳部の雪山合宿で3合目付近でテント泊しました。雪上テント泊はあの時が初めてだったなぁ。
2018年02月25日 09:05撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目の手前でテント発見。こんなところで?…ですが私も、昔(24年程前)山岳部の雪山合宿で3合目付近でテント泊しました。雪上テント泊はあの時が初めてだったなぁ。
2
3合目。トイレ向こうの東屋でアイゼンつけました。
2018年02月25日 09:10撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3合目。トイレ向こうの東屋でアイゼンつけました。
2
5合目。テーブルだけ掘り出されて座れるようになってました。
2018年02月25日 09:39撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目。テーブルだけ掘り出されて座れるようになってました。
1
5合目より上を見るとたくさんの人が登ってます。
2018年02月25日 09:39撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目より上を見るとたくさんの人が登ってます。
1
6合目避難小屋より下を見下ろす。
2018年02月25日 09:49撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目避難小屋より下を見下ろす。
皆さん、登ってますね。ここでストックをピッケルに替えました。
2018年02月25日 09:50撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
皆さん、登ってますね。ここでストックをピッケルに替えました。
3
そしてやっと登りきりました。写真ではわからないけど、霊仙山も見えてました。
2018年02月25日 10:36撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてやっと登りきりました。写真ではわからないけど、霊仙山も見えてました。
1
日も差してきました。遠望は無理だけどきょうの天気、それほど悪くはなかったようです。
2018年02月25日 10:36撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日も差してきました。遠望は無理だけどきょうの天気、それほど悪くはなかったようです。
1
なだらかな道をあと少し。
2018年02月25日 10:37撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかな道をあと少し。
2
タケルさん、お久しぶりです。
2018年02月25日 10:42撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タケルさん、お久しぶりです。
7
景色は何も見えないだろうと思っていましたが、近辺の山はなんとか見えました。
2018年02月25日 10:43撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色は何も見えないだろうと思っていましたが、近辺の山はなんとか見えました。
1
北尾根の山々。
2018年02月25日 10:43撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根の山々。
1
三角点方面。風があるせいか、ベンチに座ってる人はいませんね。
2018年02月25日 10:44撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点方面。風があるせいか、ベンチに座ってる人はいませんね。
2
このあたりで、遠くばかり見てたら1〜2兔个討い森困縫▲ぅ璽鵑鬚劼辰け転倒。どんくさすぎる〜〜。まわりに人がいなくてよかったけど、すぐに立てなかった。
2018年02月25日 10:51撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりで、遠くばかり見てたら1〜2兔个討い森困縫▲ぅ璽鵑鬚劼辰け転倒。どんくさすぎる〜〜。まわりに人がいなくてよかったけど、すぐに立てなかった。
2
屋根の上。「生クリームかけたみたい」と言っている人がいました。なるほどねぇ。
2018年02月25日 10:59撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋根の上。「生クリームかけたみたい」と言っている人がいました。なるほどねぇ。
3
さて、そろそろ帰ります。
2018年02月25日 11:03撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ帰ります。
1
この急坂の下りは慎重になります。
2018年02月25日 11:07撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この急坂の下りは慎重になります。
1
5合目まで戻ってきました。ちょっと休憩。
2018年02月25日 11:39撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目まで戻ってきました。ちょっと休憩。
1
1合目。伊吹高原荘。
2018年02月25日 12:21撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目。伊吹高原荘。
1
そして登山口へ戻ってきました。やっぱり靴はドロドロ。ズボンの上の方まで泥はねだらけでした。
2018年02月25日 12:36撮影 by Canon IXY 170, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして登山口へ戻ってきました。やっぱり靴はドロドロ。ズボンの上の方まで泥はねだらけでした。
2
撮影機材:

感想/記録
by ao-ha

このところ、休みで出かけようと思った日にお天気がよくなかったり、車の事情があったり、疲れていたりで、なかなか思うように山へ行けず…近場の山を少々歩いている程度でヤマレコもパスばかり。う〜〜ん、もう少し歩きたい!!せめてこの日こそは伊吹山くらい行こうと思いました。
できればもっと天気のいい青空の日に行きたいけれど、そんなこと言ってたらまた行けなくなってしまうよ〜。風は強くなさそうだし、曇りでもいい!直登できるうちに行こう!!ということです(笑)。
でも、曇り空でも、さすが伊吹山。たくさんの人が登っていました。
2合目の少し下までは登山道に雪はなかったですが、凍っている所があり、帰りは予想通り泥濘でした。3合目でアイゼンをつけ、6合目避難小屋でストックをピッケルに替えました。1年ぶりの直登、この直登はやっぱりきついけど、アイゼンがよくきいて歩きやすく、思ったよりは早く登れたかも?(と思ったら例年とほとんど同じようなペースでした…笑)
山頂は風があたるところは寒く、建物の陰で休憩している人が多かったです。でも強風ではないし、真冬の寒さとは違いますね。景色はまったく見られないだろうと思っていたので、霊仙山や琵琶湖や北尾根の山々が見られて、それだけで満足。かなり霞んでいるのですが、まったく期待していないから、こんな景色でもうれしくなりますね。下りはもっとサクサク下れそうに思ったけど、上部の急斜面はやはり慎重になってしまいました。そして、2合目の下、登山道に雪がなくなるとドロドロのはじまり。転ばずに下りて来れてよかった〜と思ったら、スパッツをはずし靴を洗わせてもらいながらよくよく見ると、ズボンが泥はねだらけ(膝より上、特に後ろ側)。何ですか?この汚れ方は?本当にひどいです。歩くのが下手すぎですね〜〜。
ということで、青空でもなく景色もあまり見られず、ドロドロのおまけつきでしたが、今年も直登ができたし、行けばそれなりに気持ちよく歩けますね。行けてよかったです。
3月になってお花が咲き始める山へも出かけたいですが、まだ雪の山ももう少し歩きたいな。欲を言えば青空の日に…(笑)。
訪問者数:335人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ