また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1389229 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

八子ヶ峰

日程 2018年02月25日(日) [日帰り]
メンバー
 yoshikon(CL)
, その他メンバー8人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 コースを間違っているので参考にしないで下さい

写真

八ヶ岳オールスターズあらわる
2018年02月25日 10:46撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳オールスターズあらわる
はまった人を救助中
2018年02月25日 10:55撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はまった人を救助中
今日のメンバー
2018年02月25日 11:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のメンバー
1
ヒュッテ前
2018年02月25日 11:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒュッテ前
1
これは山専より安く冷めないそうです
2018年02月25日 11:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは山専より安く冷めないそうです
氷柱ガジる
2018年02月25日 12:17撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷柱ガジる
2
スキー場のトップ付近
2018年02月25日 12:33撮影 by TG-610 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場のトップ付近
蓼科山バックに
2018年02月25日 12:51撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山バックに
1
薮コギでわかん引っかけて破く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薮コギでわかん引っかけて破く
2

感想/記録

12月に下見に来た時と逆コースで行く事にした。東口駐車場に下る時に迷いそうだったから。

そんな訳で東口駐車場から登り始める。私と最年長のAさんがスノーシューでYさんがワカンを履いて先頭を行く。急な登りの途中、鹿の集団が私達の前を列になって通り過ぎた。こんなに数が多いのは珍しい。登りが終わるとフラットになったが、そこでトレースが終わっていた。前回の記憶をたどりながらトレースを付けてゆく。行き先が解らなくて不安もあるが、なかなか楽しい。

山頂が見えてくるとハンター達がたくさん現れてきた。鹿の駆除しているようだ。女神茶屋からの分岐を過ぎるとヒュッテはすぐそこ。ここでランチとした。あまり風もなくて過ごしやすかったが、じっとしていると段々冷えてきた。

スキー場のトップから少し行った所に分岐があったらしいが見落としてしまい尾根を下りすぎてしまった。本来は分岐まで戻らないと行けないが、下に林道が見えるからトラバースして下ろうという事になった。しばらく雪の中を気持ちよくいったが崖が現れた。先頭が大丈夫そうだから降りようと言う。少し回り込みながら笹を掴みながら急坂を下った。何とかなったが、やはり戻るべきだった。

最後はトラブったが天気も何とかもって楽しいスノーハイキングだった。

感想/記録
by yukko

駐車場は別荘地の中にありわかりずらかった。
東急トレッキングコースを歩く。
歩き始めてすぐ鹿が30匹程目の前を通りすぎビックリした。
1600付近でトレース無くなる
師匠が先頭をスノーシューその後わかんとスノーシューが続き、トレースを作ってくださった。
信濃路遊歩道とぶつかりトレースが復活。
猟友会の方と数人すれ違う。
ヒュッテ裏で風を避けて昼食
八ヶ岳と蓼科山が見える。
方向音痴で現在地が把握出来ていなかったので、説明していただいた。
頂上で別のパーティーの方と写真を取り合う。
そのリーダーさんが道を踏み外すとドツボにハマる人生と一緒と言っていた。
しらびそ2in1のゲレンデに着く。
下山途中の分岐を見逃し下りすぎてしまう。登り返すと一時間かかるので、
藪こぎして崖を笹を掴みながら下りた。
岩で滑り腰にかけていたわかんで二ヵ所雨具が破けてしまった。
何とか道路に出られて駐車場までの登り返しがキツくて前日より体脂肪が1.6%減少した。
私だけ何度もツボ足に失敗して踏み抜いてしまったので体重を減らす決意をした。
訪問者数:441人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 スノーシュー クリ ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ