また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1390453 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳 (T)

日程 2018年02月27日(火) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

08:20 新名神 土山ICより入る
08:40 東名阪道 鈴鹿ICで降りる
08:45 306号線沿いに北上 入道 鎌 御在所岳
09:10 306号線三滝川堤防 My 絶景ポイントです
09:55 湯の山温泉ロープウェイ🅿
10:20 ロープウェイ山頂駅
10:30 リフトで山頂へ
10:45 御在所岳山頂三角点
10:55 東側展望の良い岩場 雨乞 釈迦 日本コバ
11:10 リフトで山頂駅へ
11:35 昼食 ラーメンと五平餅
12:10 湯の山温泉ロープウェイ🅿
12:30 306号線沿いに北上 
12:50 421号線に入る 竜 藤原岳は雪景色
13:00 トンネルを越えて滋賀県へ
過去天気図(気象庁) 2018年02月の天気図 [pdf]

写真

鈴鹿市の茶畑より 左から、入道ヶ岳 鎌ヶ岳 御在所岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿市の茶畑より 左から、入道ヶ岳 鎌ヶ岳 御在所岳
4
菰野町 三滝川よりの御在所岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菰野町 三滝川よりの御在所岳
2
鎌ヶ岳 この山の形は槍ヶ岳にも似て どこから見ても一目でわかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳 この山の形は槍ヶ岳にも似て どこから見ても一目でわかる
2
左が御在所岳 国見岳を経て 釈迦ヶ岳へと稜線が続き 朝明渓谷を取り囲んでいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が御在所岳 国見岳を経て 釈迦ヶ岳へと稜線が続き 朝明渓谷を取り囲んでいる
2
国道306号線が三滝川を越えるところからの御在所 鎌ヶ岳の景観は素晴らしい
私のお気に入りの場所である
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道306号線が三滝川を越えるところからの御在所 鎌ヶ岳の景観は素晴らしい
私のお気に入りの場所である
5
御在所ロープウェイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所ロープウェイ
3
花崗岩でできた山だけに奇岩も多く、目を楽しませてくれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩でできた山だけに奇岩も多く、目を楽しませてくれる
5
谷を隔ててとなりの鎌ヶ岳が真正面に見える
どこから見てもピラミッド型の秀麗な姿にはほれぼれしてしまう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を隔ててとなりの鎌ヶ岳が真正面に見える
どこから見てもピラミッド型の秀麗な姿にはほれぼれしてしまう
1
こんな険しいところによく作ったものだと感心してしまう
自然保護の観点からはともかく、このように山に登れなくなってからは、このような施設のありがたさを感じている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな険しいところによく作ったものだと感心してしまう
自然保護の観点からはともかく、このように山に登れなくなってからは、このような施設のありがたさを感じている
3
ロープウェイ山頂駅より、御在所岳山頂を見る
リフトで送り届けてくれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅より、御在所岳山頂を見る
リフトで送り届けてくれる
1
リフトからのゲレンデ
空の青さがいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトからのゲレンデ
空の青さがいい
1
御在所岳頂上の標識 一等三角点は 1209m あたりは雪に覆われている 日陰は凍っているところもありすべりやすくなっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳頂上の標識 一等三角点は 1209m あたりは雪に覆われている 日陰は凍っているところもありすべりやすくなっている
4
頂上の標識の奥、西に少し雪道を上った小高い展望台と呼ばれる岩場が最高点らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の標識の奥、西に少し雪道を上った小高い展望台と呼ばれる岩場が最高点らしい
たぶんこの岩あたりが最高地点 標高は1212mである
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶんこの岩あたりが最高地点 標高は1212mである
正面にどっしりした山容の雨乞岳 平らな山頂部の白さが雪深さを表している
右側は杉峠へ切れ落ちたあと イブネ 銚子ヶ口岳へ続き さらに 日本コバへと伸びている
雨乞岳の右の間からは湖東平野に浮かぶ箕作山(太郎坊)までが見える 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にどっしりした山容の雨乞岳 平らな山頂部の白さが雪深さを表している
右側は杉峠へ切れ落ちたあと イブネ 銚子ヶ口岳へ続き さらに 日本コバへと伸びている
雨乞岳の右の間からは湖東平野に浮かぶ箕作山(太郎坊)までが見える 
5
鎌ヶ岳のとがった山容は、どこから見ても印象的で人を引き付ける たしか15回ほど登っていると思う
冬は、ここから武平峠を経て登ったことがある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳のとがった山容は、どこから見ても印象的で人を引き付ける たしか15回ほど登っていると思う
冬は、ここから武平峠を経て登ったことがある
3
戻りの坂を グリセードならぬ いわゆる尻セードで 7~8m滑ってみました
もちろん誰も見ていないのを確かめて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りの坂を グリセードならぬ いわゆる尻セードで 7~8m滑ってみました
もちろん誰も見ていないのを確かめて
5
山頂レストランに戻って、温かいラーメンと五平餅をいただきました。たくさんの人がいたが、中国やタイからの人が大変多かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂レストランに戻って、温かいラーメンと五平餅をいただきました。たくさんの人がいたが、中国やタイからの人が大変多かった。
2
鈴鹿山脈の北半分は、まだまだ雪の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿山脈の北半分は、まだまだ雪の中
2
正面にどんと構えているのは竜ヶ岳 右奥の藤原岳はさらに雪が多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にどんと構えているのは竜ヶ岳 右奥の藤原岳はさらに雪が多い
3
鈴鹿横断、石槫峠のトンネルは全長4km 三重県側は春のようだがトンネルを越えると、どっさり雪が残っていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴鹿横断、石槫峠のトンネルは全長4km 三重県側は春のようだがトンネルを越えると、どっさり雪が残っていた
4

感想/記録

 心臓の病気は、どうも寒さが苦手なようでいくら着込んでもカイロを当ててもなかなか体が活動的になってこない、ということで冬ごもりをしていたが、少しずつ春めいて またまた心がざわついてくるようになってきた。
 昨日ふっと思いついて、そうだ山に行こうとなったのだが、なんにも考えていない。どこがいいかと考え、明日の天気と体調次第だが、御在所にロープウェイで登ることとした。
 若かったころ御在所山頂付近の雪の中にテントを張って、鎌ヶ岳まで登ったことがある。マイナス10℃で、積雪も相当あり水場さがしにてこずったり、冬用の装備も十分なかったためなかなか苦労した。その時も天気は良かったのだが、岩場もある鎌ヶ岳までの稜線は、アイゼンと輪かんじきとを交互に履き替えながらのなかなかな稜線歩きだった。ただ、青空と真っ白な樹氷が大変きれいだったと心に残っている。
 さて今回も寒いがいいお天気、体調も良し、手あたり次第に暖かそうなものを車に放り込んで出発した。今回はまさにおいしいとこ取りといった感じで、きれいな雪山を堪能することができた。ロープウェイとリフトで山頂まで運んでもらい、山頂レストランで鎌ヶ岳を眺めながらのラーメンと五平餅…。ありがたいことです
訪問者数:674人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/26
投稿数: 370
2018/3/1 12:24
 雪山にも挑戦されたのですね
breeze51さん こんにちは

寒い中、雪山に登られたのにはびっくりしました。
私はこの冬一度も雪山に登っていないのに……。
御在所も一度は雪の中を下から登ってみたいと思いながら、
60になり、体が悲鳴をあげ始めたので、何とか三月いっぱいまでは
人に迷惑をかけまいと頑張っています。

春、暖かくなったらお約束の三上山に登りましょう。
また、下見をしておきます
登録日: 2016/9/7
投稿数: 14
2018/3/1 23:01
 雪山挑戦というより、物見遊山といったところです
 こんばんは 気候の激しい変動に体がなかなかついて行ってませんが、それなりに元気に過ごしています。
 今年は年明けから、下の息子の結納、上の息子の子供の誕生、おじいさんの手術となかなか忙しく過ごしています。一緒に竜ヶ岳に行った二人の息子ですが、ようやく肩の荷をすこし下せそうです。
 あとは楽しく長生きすることを目標に頑張ります。お付き合いのほどよろしくお願いします。
登録日: 2013/10/26
投稿数: 370
2018/3/2 6:16
 Re: 雪山挑戦というより、物見遊山といったところです
おじいさんの手術は別として、おめでたいことが続いて良かったですね。
おめでとうございます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ