また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394906 全員に公開 山滑走氷ノ山

殆ど春山。快晴の氷ノ山

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
0分
合計
4時間10分
Sわかさ氷ノ山スキー場リフトトップ08:5009:40三ノ丸10:101300m滑走終了点10:50氷ノ山12:50仙谷コース登山口13:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

若桜氷ノ山スキー場トップより樹林の急登をこなし、痩せ尾根に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若桜氷ノ山スキー場トップより樹林の急登をこなし、痩せ尾根に出ます。
三の丸に続く台地到着。快晴!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三の丸に続く台地到着。快晴!
まるでGWの時みたいです。暑い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるでGWの時みたいです。暑い。
県境尾根とヤマメ茶屋に続くツアーコース尾根の間の台地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根とヤマメ茶屋に続くツアーコース尾根の間の台地。
奥には先日滑った東山東斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には先日滑った東山東斜面。
そして本日滑る予定だったくらます。東斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして本日滑る予定だったくらます。東斜面。
この角度の氷ノ山が最も好きかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この角度の氷ノ山が最も好きかも。
まずは東斜面を1本。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは東斜面を1本。
山頂着。ゆっくり昼食をとります。何処行こうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂着。ゆっくり昼食をとります。何処行こうか。
1
本当に暖かくTシャツ1枚でも汗ばむ位でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に暖かくTシャツ1枚でも汗ばむ位でした。
山頂から見るハチ北方面。天気はよく気持ちよいが雪は無残。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見るハチ北方面。天気はよく気持ちよいが雪は無残。
相談した結果、山頂から仙谷に入ることに。雪重っ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相談した結果、山頂から仙谷に入ることに。雪重っ!
1
それでも恰好よくターン(W氏)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも恰好よくターン(W氏)
2
腐れ雪で全然板が回りません。厳しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腐れ雪で全然板が回りません。厳しい。
2
そして標高を下げるにつれ、沢床は穴ぼこだらけになり。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして標高を下げるにつれ、沢床は穴ぼこだらけになり。。。
1
ついには完全に沢が割れ、渡渉しながら下山するハメに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついには完全に沢が割れ、渡渉しながら下山するハメに。
1
そこ渡れそうですか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこ渡れそうですか?
1
無事にやっとこさ下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事にやっとこさ下山しました。
1

感想/記録

 先々週の東山(読:とうせん(1388m))に続いてくらます(1282m)の山スキー調査の予定でしたが、いざ取り付きの林道に来て見ると雪がない。30分ほど登って上部状況が見えた時点で調査終了。チーン。雪解けが早すぎます。ソロならヤケクソで調査続行してたと思いますが、幸い3人で来ていたこともあり、予定変更します。

 ということでいつもの氷ノ山に転進。写真だと立派な雪原に見えますが、あちこちからササが顔を出し、雪解けは例年よりも1カ月近く早い印象。快晴で暖かく歩く分には気持ちいいですがスキーには腐れ雪でターンもままならず厳しい。
 東斜面1本滑り、山頂で昼食後、仙谷へつなぎました。仙谷下部は沢が完全に露出しており、大蔵谷合流部とその下流で渡渉がありました。水量は少なく落ちても足を濡らす程度ですみますが要注意です。
 スキーとしては なかなかの修行、登山としてみれば充実の春山山行。プラスマイナスありますが、トータルの感想は『天気が良くて楽しかった。』です。
 
 月曜も高温でおまけに大雨予報。ビッグシーズンになると思っていた今シーズンですが、恐らくこれで打ち止め。以降は春山ハイキング+おまけで雪のあるところを探してちょっと滑走で楽しむか、白山かアルプス遠征が必要でしょう。
 あるいはクラシックなツアーコース(扇ノ山北尾根や氷ノ山県境尾根など)を歩くか_?これはこれで最高ですよね。何処行こうかな〜。

 W様、M様、ありがとうございました。これに懲りずまた行きましょう。
訪問者数:559人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 林道 渡渉 山スキー 山行
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ