また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399381 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

入笠山 (ゴンドラ山頂駅〜入笠山山頂・ピストン)

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
❶富士見パノラマリゾート駐車場〈ゴンドラ〉→➋ゴンドラ山頂駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間41分
休憩
26分
合計
2時間7分
S富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅11:3811:54入笠湿原11:5512:00山彦荘12:0112:10マナスル山荘12:1112:39入笠山13:0113:26山彦荘13:2713:30入笠湿原13:44富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅13:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※山頂で20分程休憩
コース状況/
危険箇所等
.乾鵐疋藥劃艮 (ゴンドラ山頂駅〜入笠山山頂)

山頂駅に隣接してるレストラン1階ロビーにはトイレやベンチなどがあり、
準備をするにはちょうど良い場所です。

入笠湿原

どこを歩いたらいいか迷うくらい、雪上は自由でした。
おそらく木道が隠れていたと思います。

マナスル山荘

復路ではここで昼食を食べる予定でしたがまさかの閉店中。
ここから本格的な上りになっていきます。

て笠山山頂

山頂からはさすが南アルプスに含まれる山とあって、
八ヶ岳の雄大な山々を見ることができました。

その他周辺情報富士見パノラマリゾート山頂駅のレストランで昼食をとりました。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ゲイター ザック アイゼン 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

ゴンドラ山頂駅登山口付近の案内標識。
すずらんが有名なんですかね。
2018年02月22日 11:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンドラ山頂駅登山口付近の案内標識。
すずらんが有名なんですかね。
登山口。
約1時間の道のり。
行ってきま~す。
2018年02月22日 11:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
約1時間の道のり。
行ってきま~す。
入笠湿原までの登山道。
雪の樹林帯が続きます。
2018年02月22日 11:43撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原までの登山道。
雪の樹林帯が続きます。
入笠湿原内からの景色。
遠くの方でそりで遊んでますね。
楽しそう...
2018年02月22日 11:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原内からの景色。
遠くの方でそりで遊んでますね。
楽しそう...
マナスル山荘。
休みの情報はなかったのにまさかの休み。
2018年02月22日 11:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘。
休みの情報はなかったのにまさかの休み。
入笠山頂。
天気も良く、山並みも良く見えました。
2018年02月22日 12:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山頂。
天気も良く、山並みも良く見えました。
下山中の入笠湿原付近。
滑って帰りたい。
2018年02月22日 13:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中の入笠湿原付近。
滑って帰りたい。
天気はほんと最高でした。
2018年02月22日 13:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気はほんと最高でした。
撮影機材:

感想/記録
by COOZY

ロープウェイで山頂駅から入山頂にアタックできるお手軽登山でした。
山頂駅はスキーヤーやボードの人々が多く、アイゼンをはいてる自分たちが、
少し場違いに思えましたけど、上っていくと他の登山者の方もいてほっとしました。
トレースも比較的分かりやすく、雪も踏みしめられているので、
アイゼンでも十分に上ることができました。
入笠湿原ではちょっと調子に乗って、足跡がまだついていない場所を歩き回ったりして、ずぼっといった場面もありましたが、それもまたスノートレッキングの楽しさですよね。
今度は春夏の湿原の時期に来てみたいです。
訪問者数:11人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ