また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409355 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2018年03月23日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
奥多摩駅から西東京バスで40分 鴨沢登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間0分
休憩
0分
合計
8時間0分
S鴨沢バス停07:4009:40堂所10:30七ッ石小屋下分岐11:10ブナ坂11:10奥多摩小屋11:40雲取山12:40雲取山避難小屋13:40ブナ坂14:40堂所15:40鴨沢バス停15:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
おとといの大雪で堂所から雪が多くなり 巻道分岐からはアイゼンを付けました
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

奥多摩駅で7:00のバスに乗車
2018年03月23日 07:05撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅で7:00のバスに乗車
7:40鴨沢登山口
2018年03月23日 07:52撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:40鴨沢登山口
最初は民家も軒先を通ります
2018年03月23日 07:57撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は民家も軒先を通ります
ここからが登山道か?
2018年03月23日 08:04撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが登山道か?
雲取山歓迎の看板
2018年03月23日 08:28撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山歓迎の看板
杉林には雪が残っています
2018年03月23日 08:43撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林には雪が残っています
堂所方は雪が多くなってきました
2018年03月23日 09:52撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂所方は雪が多くなってきました
もう真っ白になりました
2018年03月23日 11:03撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう真っ白になりました
巻道を行きます
2018年03月23日 11:16撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道を行きます
ブナ坂では30cmほど
2018年03月23日 11:19撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂では30cmほど
石尾根は日当たりが良いが 真っ白
2018年03月23日 11:22撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根は日当たりが良いが 真っ白
よく見る 木
2018年03月23日 11:30撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく見る 木
もう二山 向こうでした
2018年03月23日 12:41撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう二山 向こうでした
男性の方に取っていただきました
2018年03月23日 12:52撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男性の方に取っていただきました
雲取山避難小屋
2018年03月23日 13:02撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山避難小屋
一人下っていきました
2018年03月23日 13:03撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人下っていきました
ちょっと休んで
2018年03月23日 13:03撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと休んで
さあ下るぞー
2018年03月23日 13:29撮影 by Canon PowerShot A1100 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ下るぞー

感想/記録
by kyanma

7:40最初は民家の前の舗装道路を10分ほど歩くと杉林に入った。日陰には、おとといの大雪の影響で雪が残っているが、気にするほどではなかった。30分ほどで小袖駐車場に着くと車が10台ほどあり、先行者が数人はいるなと安心した。舗装道路を歩くと、大きな丸い雲取山という看板があり、そこから左の杉林に入っていく。植林され間伐もされていて、手入れが行き届いている林だ。幅70cmほどの登山道だが傾斜は緩く歩きやすい。
9:40堂所を通過するあたりから雪が多くなってきた。ここまでは予定した時間で歩くことが出来ていたが、雪の上を歩くと滑って歩きにくい。体力をロスしている感じだ。
10:30下段巻道分岐は迷わず巻道を選択するが、雪の上の踏み跡は、下ってきた人1人だけだった。10cmから20cmの積雪になってきたので、スパイクと4本アイゼンを装着。アイゼンを付けると雪をよく捕らえ歩きやすい。何せ左は数十メートル沢に落ち込んでいるから滑ったら遭難となってしまう。
11:10ブナ坂からも北斜面でボツボツと踏み跡をたどっていく。写真でよく見るダンシングツリーがあったので間もなく雲取山が近づいたかと錯覚。石尾根を登るが雪に体力を奪われるのがわかる。踏み跡の歩幅が合わなくなり、自ら雪を踏みつける場面も出てきた。
11:40奥多摩避難小屋に着くと目の前に急坂が見えた。これが小雲取山かと思い必死に雪と格闘しながら登ると、まだ先があった。一旦下るが、歩幅が合わない。雪は北斜面で固い。我慢してゆっくりゆっくり踏み跡をたどった。山の頂に小屋が見えたので地図で確認すると、雲取避難小屋でそこが山頂だった。太ももの後ろがぴくぴくしだしたので、水を飲んで少し休んだ。小屋の手前がまた急坂が待っていて、ジグザグの踏み跡をしっかり辿る。
12:40スタートしてから5時間歩きへとへとだった。しかし、帰りのバスに間に合うために設定した最低限の時刻だった。山頂には男性1人がいて自分は今日の3人目でラッセルが大変だったとの事だ。謝意を伝えるとともに写真を撮ってもらって、すぐ引き返した。バス停まで3時間で下らないとバスに間に合わない。山頂からは雪も緩んできて、大股に駆け下りていった。調子に乗って踏み跡のないところを下ると股まで沈んでしまい、忠実にトレースを引き返した。
13:40ブナ坂、下段巻道を戻った。朝より雪が柔らかくなっており、歩きやすかったが、滑るので滑落に注意しながら慎重に進んだ。ペットボトルに四分の一ほど水が残っていたが、水分不足でけいれんしそうになったと思われたため、岩から滝のように流れ落ちる雪解け水を汲んで腹いっぱい飲んだ。塩大福とパンを食べ、下りに備えた。巻道が合流して間もなく、軽アイゼンが取れそうになったため、スパイクとアイゼンを外した。まだ雪があるが、慎重にいけば何とかなると思った。ズボンのすそはグジャグジャと濡れていた。アイゼンを外すと滑った。右側は谷底なので、ストックで確保しながら慎重に進んだ。
14:35堂所のあたりから雪はだいぶ少なくなってきたが、今度は泥で滑る。靴は泥まみれ。あと一時間で降りなければと、地図とにらめっこした。慎重にかつ速足で、足がもつれないように泥道を下った。両ひざの後ろ側と、左ひざの外側が悲鳴を上げだした。だましだまし、ゆっくり歩き平坦なところはスピードを上げて歩いた。下に道路が見えてきたときはほっとして時計を見た。十分間に合う時間だ。小袖駐車場からは足をいたわりながらゆっくり降りていくと、15:40バス停に到着。バス時間の15分前で計算された通りの行程だった。

you tubu https://youtu.be/_f9R0pkOBsM

訪問者数:1128人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ