また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1409446 全員に公開 山滑走氷ノ山

2週連続 扇ノ山

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
1時間3分
合計
7時間11分
Sスタート地点07:5009:28上山高原避難小屋09:2910:16扇ノ山小ズッコ登山口10:2011:07大ズッコ11:0811:33扇ノ山12:2713:22大ズッコ13:51扇ノ山小ズッコ登山口14:08上山高原避難小屋14:1115:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

所々雪切れした林道をスキーを担いで旧草原界まで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々雪切れした林道をスキーを担いで旧草原界まで。
1
上山高原までの登山道も一部雪が切れてました(帰りに撮影)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山高原までの登山道も一部雪が切れてました(帰りに撮影)。
1
ほどなく沢は雪で埋まり沢に一旦おります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく沢は雪で埋まり沢に一旦おります。
2
ここから上山高原までは沢ぞいに登れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから上山高原までは沢ぞいに登れます。
1
上山高原手前、下山時迷いやすい所です。3本の沢の源頭部になっていて中央が正解。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山高原手前、下山時迷いやすい所です。3本の沢の源頭部になっていて中央が正解。
1
上山高原着。よく晴れてまぶしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山高原着。よく晴れてまぶしい。
1
上山高原避難小屋通過。M島氏、ここで靴をデポ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山高原避難小屋通過。M島氏、ここで靴をデポ。
1
河合谷放牧場を過ぎブナ林の中に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河合谷放牧場を過ぎブナ林の中に入ります。
気持ちのよい樹林帯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのよい樹林帯。
帰りはここ滑れますか?M島氏。答え:手漕ぎです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはここ滑れますか?M島氏。答え:手漕ぎです。
もうすぐ山頂。一昨日は雪だったようです。霧氷も少し残念な感じですが綺麗。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂。一昨日は雪だったようです。霧氷も少し残念な感じですが綺麗。
1
立派な避難小屋を北面からセルフタイマーで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な避難小屋を北面からセルフタイマーで。
1
まずは東斜面滑走。雪質はよい。樹氷の塊を避けながら快適に滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは東斜面滑走。雪質はよい。樹氷の塊を避けながら快適に滑ります。
1
土足禁止の小屋2階に上ってみました。窓際には風景画があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土足禁止の小屋2階に上ってみました。窓際には風景画があります。
1
小屋の窓から見る氷ノ山。雪は少ないですがまだいけそうに見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の窓から見る氷ノ山。雪は少ないですがまだいけそうに見えます。
2
上山高原までもどってきました。もう少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上山高原までもどってきました。もう少し。
1

感想/記録

 先週に続き、2週続けての扇ノ山。所用もあって近場日帰りスキーとなるとここしかない。今回はもう少し除雪が進んでいることを期待し、山頂付近の新規斜面開拓をしたいと考えてやってきました。今回は神戸山スキーのM島氏と2人です。よろしくお願いします。

 朝7時過ぎ現地着。先週駐車した地点に既に先行者がスキーの支度中。除雪全然進んでない。。。しょうがないので少し下に駐車して我々も準備します。久しぶりの細板のビンディング調整に手間取り7:50出発。しばらくはスキー板を担ぎます。

 30分後、旧草原界でスキー板装着、日当たりのいい所は若干減ってますが雪は先週とほぼ同様。1時間程度で上山高原、30分追加して上山高原避難小屋。ここで靴をデポ。ここからは片斜面の林道を小ズッコ登山口まで進みます。まだ気温が低く日陰は雪面が固くやや緊張します。スキー板のエッジが丸まっていてズルズルなので正直クトーを装着したかったですがM島氏につられてそのまま通過。

 ヘアピンカーブで先週同様沢の右手を乗り上げて河合谷放牧場へ、そのまま大ズッコをのっこし山頂に向かう。一昨日の雨も上部は雪だったようです。まだ雪面の状態はいいが気温も上ってきて急がないと腐ってきそう。また、大きく育った樹氷が氷のままあちこちでどさどさ落ちまくってきます。ヘルメット直撃弾も数回。

 そんなこんなで11:30山頂着。少し景色を楽しんだ後、東斜面滑走します。樹氷のデブリ?のない部分をつないで快適に滑走します。距離が短いですがここは快適。登り返して山頂。今回はM氏が扇ノ山初めてとのことで小屋に入ります。本当に立派。宴会スキー合宿できそう。

 ゆっくり昼食をとると周辺斜面調査がめんどくさくなってきてそのまま帰ることに。今回も東斜面1本に終わりました。南西尾根の北側、大ズッコの東の緩い尾根、その他滑れそうなところはあちこちあるので上手く滑走と登り返しを繰り返しながら下山するルートを開拓したい、と思いながらいつも通り。

 扇ノ山は今週も十分雪がありました。東斜面滑走後に積雪深を測りましたが2.5mのプローブがすっぽり入って測定不可。この調子だと上山高原まで開通するのはいつ頃になるのかな?

感想/記録

ありがとうございました。扇ノ山は初めてでしたが、思ってたよりも長かった。
ところどころでちょっとした手漕ぎの登り返しがあるのがしんどいですね。
雪は快適でした。

翌日は一日中足がだるかったです。長時間の運転もありがとうございました。
・ビンディング調整はうっかりしてました。危うく車で留守番でした。
・靴のデポは余分でした。ブーツが痛いのをなんとかしないと。
・霧氷の落下による爆撃をここまで食らったのは初めてでした。
もう春だということを感じました。


訪問者数:612人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ