また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411129 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

藤原岳(孫太尾根〜大貝戸道で花探し)

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
◆藤原岳登山口休憩所駐車場を利用
◆三岐鉄道西藤原〜伊勢治田:200円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間19分
休憩
35分
合計
4時間54分
S伊勢治田駅07:2408:05孫太尾根登山口09:01丸山09:0909:43草木09:4410:16多志田山10:1810:55藤原岳11:1411:26藤原山荘11:41藤原岳九合目11:4511:51藤原岳八合目11:5212:01藤原岳表登山道五合目12:18藤原岳大貝戸休憩所12:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ぶらさげリラックマ

写真

大貝戸登山口の駐車場に車を停めて、西藤原駅から7時6分発の三岐鉄道三岐線の電車に乗り込みます。蒸気機関車を形どった駅舎の向こうには、目指す藤原岳の稜線を見通します。
2018年03月25日 06:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大貝戸登山口の駐車場に車を停めて、西藤原駅から7時6分発の三岐鉄道三岐線の電車に乗り込みます。蒸気機関車を形どった駅舎の向こうには、目指す藤原岳の稜線を見通します。
1
伊勢治田駅で下車し、ここから歩き始めます。
2018年03月25日 07:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢治田駅で下車し、ここから歩き始めます。
国道306号を横切り、山側に進んで奥村の集落に差し掛かると、これから辿る孫太尾根が見えてきます。
2018年03月25日 07:43撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道306号を横切り、山側に進んで奥村の集落に差し掛かると、これから辿る孫太尾根が見えてきます。
1
墓地を通り抜けて孫太尾根登山口に向かいます。この時間ですでに、墓地前の駐車場からは車が溢れ出しています。
2018年03月25日 08:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
墓地を通り抜けて孫太尾根登山口に向かいます。この時間ですでに、墓地前の駐車場からは車が溢れ出しています。
2
植林帯を経てツバキの花を仰ぎ見ながら緩やかに登り始め、神武社跡の碑を過ぎると急登となります。
2018年03月25日 08:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯を経てツバキの花を仰ぎ見ながら緩やかに登り始め、神武社跡の碑を過ぎると急登となります。
2
石灰岩がごろごとした尾根上に出ると目立つのは、コショウノキ。
2018年03月25日 08:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩がごろごとした尾根上に出ると目立つのは、コショウノキ。
3
石灰岩が積み上がった尾根を行き、
2018年03月25日 08:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩が積み上がった尾根を行き、
2
目を皿のようにしてミノコバイモを探しながら進んでいくと、たまたま目を落としたところに、俯き加減に咲いているのを見つけ、感激です。
2018年03月25日 08:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目を皿のようにしてミノコバイモを探しながら進んでいくと、たまたま目を落としたところに、俯き加減に咲いているのを見つけ、感激です。
6
こちらは顔を上げて。紫褐色のまだら模様をあしらった花弁の中に白い葯が見えます。
2018年03月25日 08:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは顔を上げて。紫褐色のまだら模様をあしらった花弁の中に白い葯が見えます。
10
これは何スミレ?
2018年03月25日 08:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何スミレ?
3
岩陰の至るところにネコノメソウ。
2018年03月25日 08:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩陰の至るところにネコノメソウ。
2
オニシバリ。
2018年03月25日 09:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニシバリ。
2
丸山の頂上に着いたら、お花探し。
2018年03月25日 09:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山の頂上に着いたら、お花探し。
1
セツブンソウは残り少なくなっているようですが、
2018年03月25日 09:07撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セツブンソウは残り少なくなっているようですが、
5
ミスミソウがそこかしこに咲いています。
2018年03月25日 09:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミスミソウがそこかしこに咲いています。
4
鈴なりのアセビの下をくぐって先に進みます。
2018年03月25日 09:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴なりのアセビの下をくぐって先に進みます。
3
尾根の右手を行く道はお花が多く、スハマソウや、
2018年03月25日 09:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の右手を行く道はお花が多く、スハマソウや、
7
ミスミソウが次々と現れ、目を楽しませてくれます。
2018年03月25日 09:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミスミソウが次々と現れ、目を楽しませてくれます。
8
梢越しに藤原鉱山が見えてきます。
2018年03月25日 09:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梢越しに藤原鉱山が見えてきます。
草木に達し、正面に藤原岳を見定めます。
2018年03月25日 09:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草木に達し、正面に藤原岳を見定めます。
1
この先はいったん大きく下ります。足下に目を凝らすとセリバオウレン。
2018年03月25日 09:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先はいったん大きく下ります。足下に目を凝らすとセリバオウレン。
6
登り返しは急登が続きます。
2018年03月25日 10:02撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しは急登が続きます。
多志田山を通過し、
2018年03月25日 10:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多志田山を通過し、
1
わずかな残雪の上を踏みながら下っていくと、藤原岳が目の前に迫ってきます。
2018年03月25日 10:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わずかな残雪の上を踏みながら下っていくと、藤原岳が目の前に迫ってきます。
2
石灰岩がゴロゴロとした急斜面を登り返していくと、まず目にしたのはセツブンソウの群落。丸山で見掛けたものよりも数が多く、群落をなして賑やかです。
2018年03月25日 10:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩がゴロゴロとした急斜面を登り返していくと、まず目にしたのはセツブンソウの群落。丸山で見掛けたものよりも数が多く、群落をなして賑やかです。
5
そしてフクジュソウ。褐色の斜面の至るところに黄金色の花が見られ、滑り落ちないように気を付けながら鑑賞を続けます。
2018年03月25日 10:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてフクジュソウ。褐色の斜面の至るところに黄金色の花が見られ、滑り落ちないように気を付けながら鑑賞を続けます。
10
春先を通り越して初夏を思わせるような強い日差しをふんだんに浴びて、輝きを放つフクジュソウ。
2018年03月25日 10:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春先を通り越して初夏を思わせるような強い日差しをふんだんに浴びて、輝きを放つフクジュソウ。
6
パラボラアンテナのような姿勢で、太陽を追いかけています。
2018年03月25日 10:45撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パラボラアンテナのような姿勢で、太陽を追いかけています。
3
そこかしこで可憐なセツブンソウと競演を繰り広げますが、どうしても派手で艶やかなフクジュソウの方に目が向いてしまいます。
2018年03月25日 10:44撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこかしこで可憐なセツブンソウと競演を繰り広げますが、どうしても派手で艶やかなフクジュソウの方に目が向いてしまいます。
6
石灰岩が積み上がった急斜面を登り切ると頂上台地の一角に飛び出し、ひと歩きで展望丘に到着します。
2018年03月25日 10:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩が積み上がった急斜面を登り切ると頂上台地の一角に飛び出し、ひと歩きで展望丘に到着します。
4
晴れてはいるものの、霞たなびく空に鈴鹿の山並みはおぼろげで、遠望は利きません。
2018年03月25日 10:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてはいるものの、霞たなびく空に鈴鹿の山並みはおぼろげで、遠望は利きません。
3
石灰岩の上に腰掛けて頂上台地を見渡しながら、少し早めのお昼の時間とします。
2018年03月25日 11:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩の上に腰掛けて頂上台地を見渡しながら、少し早めのお昼の時間とします。
2
頂上台地は赤茶けた地肌が目立ち、もうほとんど雪は融けてしまったかのようですが、残雪のスロープを見つけて下ってみます。
2018年03月25日 11:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上台地は赤茶けた地肌が目立ち、もうほとんど雪は融けてしまったかのようですが、残雪のスロープを見つけて下ってみます。
2
藤原山荘に向かうも、素通りして下山にかかります。
2018年03月25日 11:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原山荘に向かうも、素通りして下山にかかります。
1
九合目に近づくと、ここでもフクジュソウ探し。苔むした石灰岩の岩陰に咲く黄金色の花を鑑賞します。
2018年03月25日 11:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目に近づくと、ここでもフクジュソウ探し。苔むした石灰岩の岩陰に咲く黄金色の花を鑑賞します。
4
ズームアップでフクジュソウに迫ります。この先は大貝戸道を急ぎ足で下り、
2018年03月25日 11:42撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップでフクジュソウに迫ります。この先は大貝戸道を急ぎ足で下り、
4
大貝戸登山口に戻り着きます。
2018年03月25日 12:20撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大貝戸登山口に戻り着きます。
4
撮影機材:

感想/記録

 本年3回目となる藤原岳には、お花を探して孫太尾根から上がって大貝戸道を下ります。期待どおりフクジュソウやセツブンソウを始め、数多くのお花が観賞できましたが、中でも感激したのはミノコバイモを思いがげず見つけたこと。三岐鉄道の電車にも乗れたし、満足のいく山行となりました。
訪問者数:306人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ