また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1415141 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

山歩き50周年記念で棒ノ折山へ(白谷沢コース)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年03月30日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
西部秩父線飯能駅から7:45発の国際興業バスで「河又名栗湖入口」まで
所要約45分 618円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
43分
合計
4時間59分
S河又名栗湖入り口08:3508:42さわらびの湯バス停09:13白谷沢登山口09:1410:38岩茸石11:00権次入峠11:0111:13棒ノ嶺11:5412:04権次入峠12:17岩茸石13:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山口付近にはさわらびの湯があります。(3時間 大人800円)
http://sawarabino-yu.jp/
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 帽子 ザック ストック 行動食 非常食 飲料(水1.5リットル) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 スマホ 時計 タオル ツェルト カメラ
共同装備 ガスコンロ 水1リットル コーヒー等

写真

バス停を後にして程なくで立派なトイレがありました。
足回りの確認など行うには最適な場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停を後にして程なくで立派なトイレがありました。
足回りの確認など行うには最適な場所です。
ロックフィル形式の有馬ダムです。とてもよく整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックフィル形式の有馬ダムです。とてもよく整備されています。
1
平日は管理所でダムカードがいただけます。これが31枚目のダムカードで、埼玉県内では5ダム目です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日は管理所でダムカードがいただけます。これが31枚目のダムカードで、埼玉県内では5ダム目です。
2
白谷沢コースの入口には登山カードのポストもありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷沢コースの入口には登山カードのポストもありました。
白谷沢コース最初の滝は藤懸の滝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷沢コース最初の滝は藤懸の滝。
1
小さいながらも割と立派なゴルジュ帯が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいながらも割と立派なゴルジュ帯が続きます。
藤懸の滝を上から眺めたところです。なかなか迫力ありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤懸の滝を上から眺めたところです。なかなか迫力ありました。
1
奥多摩・御岳山のロックガーデンに雰囲気が似ています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩・御岳山のロックガーデンに雰囲気が似ています。
1
たしか天狗の滝だったかな。小さいながらも水量があって迫力あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たしか天狗の滝だったかな。小さいながらも水量があって迫力あります。
1
両岸が切り立ったゴルジュ内を進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両岸が切り立ったゴルジュ内を進みました。
小滝も連続してあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝も連続してあります。
1
白孔雀の滝だったような。上から撮ってみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白孔雀の滝だったような。上から撮ってみました。
2
ようやくゴルジュ帯を抜けると源頭の雰囲気が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくゴルジュ帯を抜けると源頭の雰囲気が見えてきました。
林道を通過する箇所には美味しい水場があり、休憩ができるようになっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を通過する箇所には美味しい水場があり、休憩ができるようになっていました。
尾根に出るまでのトラバース道はご覧のようにとても整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に出るまでのトラバース道はご覧のようにとても整備されています。
2,3輪でしたがカタクリの花に出会えましたよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,3輪でしたがカタクリの花に出会えましたよ。
5
尾根上にある岩茸石に到着。チャートの特徴ある露岩です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上にある岩茸石に到着。チャートの特徴ある露岩です。
山頂から500mほど手前にあるゴンジリ(権次入)峠です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から500mほど手前にあるゴンジリ(権次入)峠です。
雑木林が開けてきました。いよいよ山頂目前です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林が開けてきました。いよいよ山頂目前です。
出たー!棒ノ折山(棒ノ峯)に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出たー!棒ノ折山(棒ノ峯)に到着。
1
50年前の1968年3月に初めて登った山で当時の山仲間と記念写真を撮りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
50年前の1968年3月に初めて登った山で当時の山仲間と記念写真を撮りました。
6
山頂からは、大持山、武甲山、武川岳、蕨山といった秩父、奥武蔵の山々が広く眺められます。
写真には撮れませんでしたが、谷川岳や上州武尊山、日光白根山などの山々も白く輝いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは、大持山、武甲山、武川岳、蕨山といった秩父、奥武蔵の山々が広く眺められます。
写真には撮れませんでしたが、谷川岳や上州武尊山、日光白根山などの山々も白く輝いていました。
1
下山の途中で見つけた白い馬酔木(アセビ)の花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山の途中で見つけた白い馬酔木(アセビ)の花。
1
林道を横切る箇所が3か所ほどありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横切る箇所が3か所ほどありました。
奥武蔵らしい杉の植林帯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥武蔵らしい杉の植林帯。
イワウチワも可憐な花を咲かせていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワも可憐な花を咲かせていました。
5
早くもミツバツツジが咲いているとは・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早くもミツバツツジが咲いているとは・・
2
やっぱりきれいですね。もう春本番です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱりきれいですね。もう春本番です。
2
下り立ったら、十月桜(冬桜)が二度目の花を咲き始めていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り立ったら、十月桜(冬桜)が二度目の花を咲き始めていました。
お待ちかね!さわらびの湯にゴール!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お待ちかね!さわらびの湯にゴール!

感想/記録
by gorozo

私が初めて山歩きを始めた山は、高校時代のクラスメート6人と登った棒ノ折山(棒ノ嶺)でした。
今からちょうど50年前の1968年3月のことです。
あれから半世紀。当時の6人のメンバーのうち、まだ山歩きを楽しんでいるのは今回同行してくれたmtwhiteblue君と私の二人のみ。
50周年を記念してmtwhiteblue君とその後に知り合ったkndu2君との3人で懐かしの山に出かけた次第です。
山頂に立つ山名標識は、もちろん当時のものではないのですが、以前と変わらぬ形をしていたのが印象的でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:389人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ