また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1418853 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

夏山テン泊トレーニング開始 相模湖-明王峠-陣場山-和田峠-生籐山-軍刀利元社-和田峠-陣場高原下

日程 2018年04月01日(日) 〜 2018年04月02日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間7分
休憩
37分
合計
6時間44分
S相模湖駅08:3408:45与瀬08:4608:48与瀬神社08:4909:12見晴らし台09:1909:41子孫山ノ頭(孫山)09:4209:48孫山09:53大明神山10:00大平小屋跡10:30石投げ地蔵10:44明王峠10:4811:12奈良子峠11:23富士小屋山11:28南郷山11:54陣馬山12:1212:35和田峠12:3612:55高岩山13:06醍醐峠13:0713:45大蔵里山13:4613:50山ノ神14:37連行峰14:49茅丸14:59生藤山15:0015:03三国山15:0415:18軍刀利神社元社(軍刀利山)
2日目
山行
3時間5分
休憩
9分
合計
3時間14分
軍刀利神社元社(軍刀利山)07:5908:22三国山08:26生藤山08:39茅丸08:53連行峰08:5409:17山ノ神09:1809:24大蔵里山09:51醍醐峠10:02高岩山10:17和田峠10:2210:51陣馬新道登山口10:5311:03上案下配水所11:13陣馬高原下バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所特になし
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

相模湖駅から与瀬神社へ。
参道入り口の桜は満開!
春だねぇ。
2018年04月01日 08:57撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相模湖駅から与瀬神社へ。
参道入り口の桜は満開!
春だねぇ。
1
山肌の桜も見事に咲いている。
2018年04月01日 08:58撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山肌の桜も見事に咲いている。
おなじみ与瀬神社。
まだザック重量に慣れていないオイラは、参道の急坂石階段からポールを使用。
登りはまだどうにかなるけど、
脚が疲れた下りで重量背負ってこの階段はちょいと怖い(笑)
2018年04月01日 09:05撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみ与瀬神社。
まだザック重量に慣れていないオイラは、参道の急坂石階段からポールを使用。
登りはまだどうにかなるけど、
脚が疲れた下りで重量背負ってこの階段はちょいと怖い(笑)
明王峠への途中で、大きな切株のような枝が本枝に引っかかってる???の図
2018年04月01日 10:32撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠への途中で、大きな切株のような枝が本枝に引っかかってる???の図
定点撮影。
陣場山に来るときには、必ず撮影する山頂直下の林間。
葉っぱがないと、立派な枝ぶりがカッコイイ!
これからの新緑もこのエリアは気持ち良いよ!
2018年04月01日 11:56撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定点撮影。
陣場山に来るときには、必ず撮影する山頂直下の林間。
葉っぱがないと、立派な枝ぶりがカッコイイ!
これからの新緑もこのエリアは気持ち良いよ!
春だねぇ@陣場山
2018年04月01日 12:35撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春だねぇ@陣場山
1
陣場から和田峠に下りて、今度は醍醐丸の斜面を登り返し。
ちょうどハセツネ30Kの大会が開かれていたようで、
醍醐峠でトレランルートに接近。
しかし、時間的にゲート閉鎖間際の時間帯で、
ほとんどの選手は既に通過した後だった模様!
応援できなかったw
2018年04月01日 12:52撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣場から和田峠に下りて、今度は醍醐丸の斜面を登り返し。
ちょうどハセツネ30Kの大会が開かれていたようで、
醍醐峠でトレランルートに接近。
しかし、時間的にゲート閉鎖間際の時間帯で、
ほとんどの選手は既に通過した後だった模様!
応援できなかったw
和田峠からの登り返しから、ずっとまき道を通ったのだが、
連行山の直登でじわじわ脚に効きはじめ、ちょっと靴ズレもあり、
自分的にかなり水分補給しながら、ふーふー言いながら軍刀利元社に到着。
それでも予定時間通りの到着で、
この近郊の標準コースタイムのゆるさを実感する!?(笑)
2018年04月01日 16:38撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠からの登り返しから、ずっとまき道を通ったのだが、
連行山の直登でじわじわ脚に効きはじめ、ちょっと靴ズレもあり、
自分的にかなり水分補給しながら、ふーふー言いながら軍刀利元社に到着。
それでも予定時間通りの到着で、
この近郊の標準コースタイムのゆるさを実感する!?(笑)
「一晩、お邪魔します」とご挨拶して、設営開始。
2018年04月01日 16:39撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「一晩、お邪魔します」とご挨拶して、設営開始。
今回は、やまグルメなし。
キッチンにあった缶詰やコーヒーなどを背負って、
友人の玄米おにぎりをいただき、晩飯終了!
オイラは山に入ると急に小食になる。
食べると歩きたくなくなるからw。
アルコールは受け付けるのだが?!(笑)
2018年04月01日 18:06撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、やまグルメなし。
キッチンにあった缶詰やコーヒーなどを背負って、
友人の玄米おにぎりをいただき、晩飯終了!
オイラは山に入ると急に小食になる。
食べると歩きたくなくなるからw。
アルコールは受け付けるのだが?!(笑)
3
結局、昨夜は話しこんで、全く瞑想できなかった(笑)
朝は、春霞のなか、かろうじて丹沢方面が見える感じ。
富士山は、はるか遠く!
2018年04月02日 08:13撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、昨夜は話しこんで、全く瞑想できなかった(笑)
朝は、春霞のなか、かろうじて丹沢方面が見える感じ。
富士山は、はるか遠く!
2日目は、初日でひざに違和感が出たので、今日は無理せず和田峠から下山。
こんな山道なら平気だけど、段差のある階段や岩場の下山はひざに辛い。
久々の重量ザックでのトレッキングで、無理しない下山はナイスな判断だったと思う。
下山途中で急ぎの仕事の案件連絡が入って、昼前に帰宅出来たのはラッキーだったw

靴ひもの締め具合がまだシックリこなくて、試行錯誤したけど、結局靴擦れした。
このブーツの最適調整発見までもう少し。
テン泊重量を背負っても、ソールがしっかりしているので、
足裏は全くダメージ無しなのだが、もうチョイ履きこむ必要ありだな。
2018年04月02日 08:22撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目は、初日でひざに違和感が出たので、今日は無理せず和田峠から下山。
こんな山道なら平気だけど、段差のある階段や岩場の下山はひざに辛い。
久々の重量ザックでのトレッキングで、無理しない下山はナイスな判断だったと思う。
下山途中で急ぎの仕事の案件連絡が入って、昼前に帰宅出来たのはラッキーだったw

靴ひもの締め具合がまだシックリこなくて、試行錯誤したけど、結局靴擦れした。
このブーツの最適調整発見までもう少し。
テン泊重量を背負っても、ソールがしっかりしているので、
足裏は全くダメージ無しなのだが、もうチョイ履きこむ必要ありだな。
昨年、笹尾根縦走した時、突然キジが現れた場所!
2018年04月02日 08:36撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年、笹尾根縦走した時、突然キジが現れた場所!
和田峠到着。お疲れさまでした。
軍刀利ではあまり瞑想はできなかったけど、
下りでは黙々と歩きながら内面と向きあう時間が作れた。
トレッキングのこんな時間が好きだな、おいらは。

でも整理しようと思ってた事柄は、あまりまとまらなかったw<これは予定外
春になったし、またテント担いで山に入らないと!?(笑)
2018年04月02日 10:31撮影 by DSC-WX10 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠到着。お疲れさまでした。
軍刀利ではあまり瞑想はできなかったけど、
下りでは黙々と歩きながら内面と向きあう時間が作れた。
トレッキングのこんな時間が好きだな、おいらは。

でも整理しようと思ってた事柄は、あまりまとまらなかったw<これは予定外
春になったし、またテント担いで山に入らないと!?(笑)

感想/記録

新年度。
ちょいと思うところあって、人気のない場所で静かに瞑想したくなる。
昨年の笠取山メディテーション登山のように、
山でテン泊しながら、そっと自然にお邪魔して、
頭の中や心を整理しようかなと、
ずっと気になっていた笹尾根の軍刀利元社に向かうことにする。

今年初めてのテン泊重量ザック&少し調整したニューブーツの馴らし履きも兼ねた、
夏山縦走のトレーニング的、
少々人生の転機を感じた瞑想トレッキング的な近場ハイキング。

若い頃は全く気にもしないが、年齢を重ねてくると、
今年はテントを背負えるか、
この重量でどの程度歩けるか(何も考えず適当に荷物を詰めたら19Kg!!w)、
膝や腰の状態はどんな感じか・・・など、
チェックポイントが増える増える(笑)
実際に試してみないと分からないので、ちょうど良い確認チャンス!

ゆっくり静かに歩きながら身体をチェックしつつ内面と向き合い、
夜はしっかり瞑想しようと思ったのだが、
今回友人も同行することになり、終始おしゃべりの山行となったw。
まあ、これもセッティング!?
訪問者数:514人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ