また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1419662 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

【過去レコ】シシゴヤノ頭・七ツ小屋山 コマノカミ沢左岸尾根

日程 2018年04月02日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●関越自動車・湯沢ICより「安全登山の広場」駐車場まで、車でおよそ15分。冬期間はそこから先は通行止めとなります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間29分
休憩
1時間2分
合計
9時間31分
Sスタート地点06:2906:41水場/高波吾策像07:29蓬新道登山口(林道終点)09:57シシゴヤノ頭10:0912:09七ツ小屋山12:5614:25中の休場14:2614:40東俣沢出合14:4115:15蓬新道登山口(林道終点)15:1615:49水場/高波吾策像16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●蓬新道
・登山者、スキーヤーなどのトレース多数。しばらく蓬沢右岸沿いを歩きますが、特に危険を感じる場所なし。ただ、コマノカミ沢出合の少し下流、いやらしいトラバースあり。
・東俣沢出合にて渡渉あり。水深はごく浅く問題はありませんが、沢岸には1mほどの雪壁ができていました。
・蓬新道の終盤「茶入沢」「石清水」付近、デブリ&崩落がひどく通行不可。写真84のようにショートカットすれば、稜線への登下降が可能です。

●コマノカミ沢左岸尾根
・この尾根に夏道はありません。積雪期限定です。
・蓬新道にて蓬沢右岸道を遡り、小さな橋でコマノカミ沢を渡った先で尾根に取り付きます。取り付き点には、ピンクリボンなどの目印はありません。
・序盤は尾根が拡散しており、トレースも散在。とにかく登りやすい斜面を登り、軌道修正しながらいつしか尾根歩きへと収束していきます。
・急斜面はありますが、特別に危険を感じる場所はありませんでした。
・稜線に上がる手前に雪壁アリ。低い場所を見つけてよじ登ります。
・稜線上→シシゴヤノ頭 区間、特に危険はありません。ただしシシゴヤノ頭直下は急斜面でクラックもアリ。
・意外にこの尾根を登る登山者は多く、トレース多数。アイゼン&ワカンは不要でした。
・展望はスバラシイです。この尾根のピストンだけでも十分に楽しめます。

●シシゴヤノ頭→蓬峠分岐
・この日はこの区間に危険箇所が集中。ナイフリッジや小コブ通過などは、慎重な行動が求められます。写真37参照。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン アウター手袋 防寒着 ネックウォーマー ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 非常食 飲料 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

【土樽・安全登山の広場】
6時26分、湯沢町土樽の「安全登山の広場」に駐車。高波吾策像がある場所。この先は車両通行止め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【土樽・安全登山の広場】
6時26分、湯沢町土樽の「安全登山の広場」に駐車。高波吾策像がある場所。この先は車両通行止め。
1
【車道・蓬新道へ向かう】
6時39分、蓬新道へ向かって歩き始めます。奥には茂倉岳が見えます。「寒いね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【車道・蓬新道へ向かう】
6時39分、蓬新道へ向かって歩き始めます。奥には茂倉岳が見えます。「寒いね…」
3
さらに右手側、関越自動車道の向こうには「万太郎山」「大障子ノ頭」が確認できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに右手側、関越自動車道の向こうには「万太郎山」「大障子ノ頭」が確認できます。
車道脇にはフキノトウがびっしり出ています。「うわ、スゴイ!帰りに採っていきましょう…」
2018年04月01日 06:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道脇にはフキノトウがびっしり出ています。「うわ、スゴイ!帰りに採っていきましょう…」
3
【林道終点・蓬新道へ】
7時28分、退屈な林道歩きを終え、ようやく蓬新道が始まります。トレース多数。
2018年04月01日 07:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【林道終点・蓬新道へ】
7時28分、退屈な林道歩きを終え、ようやく蓬新道が始まります。トレース多数。
現在地は写真中央の赤丸。ここからコマノカミ沢「左岸尾根」を登って「シシゴヤノ頭」を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在地は写真中央の赤丸。ここからコマノカミ沢「左岸尾根」を登って「シシゴヤノ頭」を目指します。
しばらく蓬沢の右岸沿いを歩きます。コマノカミ沢出合の手前で、いやらしいトラバース区間が1箇所だけアリ。
2018年04月01日 07:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく蓬沢の右岸沿いを歩きます。コマノカミ沢出合の手前で、いやらしいトラバース区間が1箇所だけアリ。
【コマノカミ沢左岸尾根】
870m付近まで来ると、正面にこれから登る尾根が見えてきます。「おぉ、右から回り込んで登るんだね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【コマノカミ沢左岸尾根】
870m付近まで来ると、正面にこれから登る尾根が見えてきます。「おぉ、右から回り込んで登るんだね…」
1
【尾根に取り付く】
7時59分、小さな橋で「コマノカミ沢」を渡った先から、登りやすそうな斜面にて左岸尾根に取り付きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【尾根に取り付く】
7時59分、小さな橋で「コマノカミ沢」を渡った先から、登りやすそうな斜面にて左岸尾根に取り付きます。
1
【夏道はありません】
この尾根に夏道はナシ。序盤は尾根が拡散し、登る斜面は超テキトー。軌道修正しながら、尾根歩きへと収束。
2018年04月01日 08:16撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【夏道はありません】
この尾根に夏道はナシ。序盤は尾根が拡散し、登る斜面は超テキトー。軌道修正しながら、尾根歩きへと収束。
1
急登にあえぎながら後方を振り返ると、「仙ノ倉山」「平標山」のスバラシイ景色に出会えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登にあえぎながら後方を振り返ると、「仙ノ倉山」「平標山」のスバラシイ景色に出会えました。
2
8時51分、高度1180m付近まで登ると、一時的に勾配が緩みます。左へ回り込む形で、稜線上に向かいます。
2018年04月01日 08:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時51分、高度1180m付近まで登ると、一時的に勾配が緩みます。左へ回り込む形で、稜線上に向かいます。
「万太郎山」「仙ノ倉山」などの大展望を楽しみながら、斜面を登り続けます。
2018年04月01日 09:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「万太郎山」「仙ノ倉山」などの大展望を楽しみながら、斜面を登り続けます。
3
9時19分、頭上に稜線が見えてきました。そこから右奥の1386mへと登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時19分、頭上に稜線が見えてきました。そこから右奥の1386mへと登ります。
1
【ついに稜線に上がる】
9時23分、最後に1.5mほどの雪壁を登り、稜線に上がりました。正面には1386mが見えます。
2018年04月01日 09:23撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ついに稜線に上がる】
9時23分、最後に1.5mほどの雪壁を登り、稜線に上がりました。正面には1386mが見えます。
4
【後方・コマノカミノ頭】
そして後方、コマノカミノ頭や足拍子岳などのピーク群が連なります。「アッチはヤバそうだ…」
2018年04月01日 09:23撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【後方・コマノカミノ頭】
そして後方、コマノカミノ頭や足拍子岳などのピーク群が連なります。「アッチはヤバそうだ…」
5
●*1386m付近から展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*1386m付近から展望
1
●●*仙ノ倉山・佐武流山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*仙ノ倉山・佐武流山
●●●*コマノカミノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*コマノカミノ頭
5
●●●●*当間山・飯士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*当間山・飯士山
9時30分、小ピーク1386mに到着。奥にはこれから向かう「シシゴヤノ頭」「七ツ小屋山」が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時30分、小ピーク1386mに到着。奥にはこれから向かう「シシゴヤノ頭」「七ツ小屋山」が見えます。
4
【シシゴヤノ頭へ向かう】
9時39分、大展望の稜線を歩いて、シシゴヤノ頭へ向かいます。直下はまあまあの急登です。
2018年04月01日 09:39撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【シシゴヤノ頭へ向かう】
9時39分、大展望の稜線を歩いて、シシゴヤノ頭へ向かいます。直下はまあまあの急登です。
2
【ピーク直下はやや急登】
シシゴヤノ頭のピーク直下。やや急登ながらツボ足のまま登れました。少しクラックあり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ピーク直下はやや急登】
シシゴヤノ頭のピーク直下。やや急登ながらツボ足のまま登れました。少しクラックあり。
1
ギラギラとした太陽が照りつける中、ガムシャラに雪の斜面を登る。「あぁ好きだぁ、この感じ…」
2018年04月01日 09:55撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギラギラとした太陽が照りつける中、ガムシャラに雪の斜面を登る。「あぁ好きだぁ、この感じ…」
1
高度が上がるにつれて、後方には「苗場山」「霧ノ塔」など上信越国境の山々が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が上がるにつれて、後方には「苗場山」「霧ノ塔」など上信越国境の山々が見えてきました。
2
【シシゴヤノ頭に到着 
9時59分、シシゴヤノ頭に到着。スバラシイ展望。「もうここでメシ食って帰ってもいいくらいだ!」
2018年04月01日 09:59撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【シシゴヤノ頭に到着 
9時59分、シシゴヤノ頭に到着。スバラシイ展望。「もうここでメシ食って帰ってもいいくらいだ!」
3
【シシゴヤノ頭に到着◆
ココに来て初めて目にすることが出来る「巻機山」「大源太山」をじっくりと眺めました。
2018年04月01日 10:05撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【シシゴヤノ頭に到着◆
ココに来て初めて目にすることが出来る「巻機山」「大源太山」をじっくりと眺めました。
4
【七ツ小屋山・大丈夫?】
これから向かう「七ツ小屋山」。「ホントに登れるの?ヤバいのでは…」と不安いっぱい。
2018年04月01日 10:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七ツ小屋山・大丈夫?】
これから向かう「七ツ小屋山」。「ホントに登れるの?ヤバいのでは…」と不安いっぱい。
2
●*シシゴヤノ頭から展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*シシゴヤノ頭から展望
●●*巻機山・大源太山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*巻機山・大源太山
1
●●●*中央に七ツ小屋山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*中央に七ツ小屋山
3
●●●●*朝日岳・笠ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*朝日岳・笠ヶ岳
1
●*武能岳・茂倉岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*武能岳・茂倉岳
3
●●*大障子ノ頭・万太郎山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*大障子ノ頭・万太郎山
1
●●●*平標山・佐武流山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*平標山・佐武流山
●●●●*苗場山・霧ノ塔
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*苗場山・霧ノ塔
これから歩くルートを確認。ナイフリッジや小コブ通過などいくつか危険箇所あり。蓬新道の一部区間に雪崩発生跡。その区間の蓬新道は通過不可。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩くルートを確認。ナイフリッジや小コブ通過などいくつか危険箇所あり。蓬新道の一部区間に雪崩発生跡。その区間の蓬新道は通過不可。
10時22分、シシゴヤノ頭をあとにして「蓬峠分岐」へ向かいます。トレースは1つのみ。ワカンを装着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時22分、シシゴヤノ頭をあとにして「蓬峠分岐」へ向かいます。トレースは1つのみ。ワカンを装着しました。
1
【ナイフリッジを歩く】
しばらくナイフリッジが続きます。アイゼンに変えようかと迷ったものの、ワカンのまま突破。
2018年04月01日 10:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ナイフリッジを歩く】
しばらくナイフリッジが続きます。アイゼンに変えようかと迷ったものの、ワカンのまま突破。
5
【緊張感・小コブ1475m】
ナイフリッジの終点に小コブ。右手側には雪崩も発生しているため、慎重に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【緊張感・小コブ1475m】
ナイフリッジの終点に小コブ。右手側には雪崩も発生しているため、慎重に進みます。
2
小コブをパスした後、稜線がゆるく左へカーブ。下山時、蓬新道へとショートカットした斜面を撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小コブをパスした後、稜線がゆるく左へカーブ。下山時、蓬新道へとショートカットした斜面を撮影。
1
【蓬新道側・デブリ&崩壊】
蓬新道側を見下ろします。デブリや大規模な崩壊アリ。その下をトラバースする蓬新道は通過不可。下山時はココを避けてのショートカット。
2018年04月01日 10:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【蓬新道側・デブリ&崩壊】
蓬新道側を見下ろします。デブリや大規模な崩壊アリ。その下をトラバースする蓬新道は通過不可。下山時はココを避けてのショートカット。
【鋭鋒・大源太山の姿】
蓬峠分岐へ向けて登っていると、左手の奥に「大源太山」がよく見えました。
2018年04月01日 10:59撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鋭鋒・大源太山の姿】
蓬峠分岐へ向けて登っていると、左手の奥に「大源太山」がよく見えました。
3
【蓬峠分岐が見えてくる】
10時58分、正面に蓬峠分岐が見えてきました。このクラックを越えると、もう危険はありませんでした。
2018年04月01日 10:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【蓬峠分岐が見えてくる】
10時58分、正面に蓬峠分岐が見えてきました。このクラックを越えると、もう危険はありませんでした。
1
●*蓬峠分岐からの展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*蓬峠分岐からの展望
●●*朝日岳・鉄砲尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*朝日岳・鉄砲尾根
1
●●●*笠ヶ岳・大倉尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*笠ヶ岳・大倉尾根
1
●●●●*白毛門・尼ヶ禿山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*白毛門・尼ヶ禿山
2
●*湯桧曽川・西黒尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*湯桧曽川・西黒尾根
1
●●*谷川岳・一ノ倉岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*谷川岳・一ノ倉岳
3
●●●*万太郎山と周辺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*万太郎山と周辺
●●●●*仙ノ倉山・平標山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*仙ノ倉山・平標山
1
【蓬峠分岐を通過】
11時20分、蓬峠分岐を通過。「谷川岳」、そして「白毛門」「朝日岳」方面の大展望に出会えました!
2018年04月01日 11:20撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【蓬峠分岐を通過】
11時20分、蓬峠分岐を通過。「谷川岳」、そして「白毛門」「朝日岳」方面の大展望に出会えました!
1
11時28分、蓬峠分岐を後にして「七ツ小屋山」へ向かいます。まずは1596mへゆるく登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時28分、蓬峠分岐を後にして「七ツ小屋山」へ向かいます。まずは1596mへゆるく登ります。
1
【夏道が出ている】
1596mから七ツ小屋山へ至るルート。鞍部へと雪道を下り、そこからほぼ夏道を登り返し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【夏道が出ている】
1596mから七ツ小屋山へ至るルート。鞍部へと雪道を下り、そこからほぼ夏道を登り返し。
2
11時59分、小鞍部を通過後、七ツ小屋山ピークへ登り返し。笹原の安全な夏道を登ります。「なあんだ。意外と大丈夫です…」
2018年04月01日 11:59撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時59分、小鞍部を通過後、七ツ小屋山ピークへ登り返し。笹原の安全な夏道を登ります。「なあんだ。意外と大丈夫です…」
●*1596mから山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*1596mから山座同定
●●*当間山・刈羽黒姫山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*当間山・刈羽黒姫山
1
●●●*正面に七ツ小屋山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*正面に七ツ小屋山
1
●●●●*小沢岳・檜倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*小沢岳・檜倉山
1
息を切らせながら斜面を登ります。右手の奥には、ジャンクションピークがせり上がってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息を切らせながら斜面を登ります。右手の奥には、ジャンクションピークがせり上がってきました。
1
【ピーク直下は雪道】
目の前に山頂標柱が見えてきました。ピーク直下だけ雪道。ワカンで進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ピーク直下は雪道】
目の前に山頂標柱が見えてきました。ピーク直下だけ雪道。ワカンで進みます。
【七ツ小屋山に到着】
12時10分、ついに「七ツ小屋山」に到着。標柱の奥には、白毛門から朝日岳へ続く稜線が輝きます。
2018年04月01日 12:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七ツ小屋山に到着】
12時10分、ついに「七ツ小屋山」に到着。標柱の奥には、白毛門から朝日岳へ続く稜線が輝きます。
1
【七ツ小屋山でランチ 
そして七ツ小屋山ピークでランチ。「大展望の中、カップヌードルをいただきます♪」
2018年04月01日 12:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七ツ小屋山でランチ 
そして七ツ小屋山ピークでランチ。「大展望の中、カップヌードルをいただきます♪」
5
【七ツ小屋山でランチ◆
本日はラーメンにプラスして缶チューハイ。「おぉ、ライムの炭酸が最高ダー!」
2018年04月01日 12:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七ツ小屋山でランチ◆
本日はラーメンにプラスして缶チューハイ。「おぉ、ライムの炭酸が最高ダー!」
2
「アレは大源太山だね…」
モグモグとランチを楽しむ我々の奥には、黒々とした鋭鋒「大源太山」が圧倒的な存在感で聳えます。
2018年04月01日 12:25撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「アレは大源太山だね…」
モグモグとランチを楽しむ我々の奥には、黒々とした鋭鋒「大源太山」が圧倒的な存在感で聳えます。
3
【大源太山・谷川岳の怪峰】
谷川岳の怪峰「大源太山」を撮影。ピークへ向かう縦走路には、危険なリッジや崩落が随所に見られます。
2018年04月01日 12:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【大源太山・谷川岳の怪峰】
谷川岳の怪峰「大源太山」を撮影。ピークへ向かう縦走路には、危険なリッジや崩落が随所に見られます。
4
【私たち、登山者です…】
「ク〜、この時期さすがにあのピークはやめときます…」
私たちは登山家ではありません。「登山者」です。
2018年04月01日 12:35撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【私たち、登山者です…】
「ク〜、この時期さすがにあのピークはやめときます…」
私たちは登山家ではありません。「登山者」です。
1
●*七ツ小屋山から展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*七ツ小屋山から展望
1
●●*大源太山・大栗ノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*大源太山・大栗ノ頭
2
●●●*金城山・巻機山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*金城山・巻機山
1
●●●●*柄沢山・小沢岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*柄沢山・小沢岳
1
●*七ツ小屋山より俯瞰
2018年04月01日 12:36撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*七ツ小屋山より俯瞰
1
●●*弥助尾根
2018年04月01日 12:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*弥助尾根
●●●*大源太山 南面
2018年04月01日 12:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*大源太山 南面
2
●●●●*東面 尾根急降下
2018年04月01日 12:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*東面 尾根急降下
1
【七ツ小屋山・下山開始】
12時58分、「七ツ小屋山」より下山開始。武能岳や茂倉岳を正面にして、ツボ足のまま斜面を下ります。
2018年04月01日 12:58撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七ツ小屋山・下山開始】
12時58分、「七ツ小屋山」より下山開始。武能岳や茂倉岳を正面にして、ツボ足のまま斜面を下ります。
1
【下山・蓬峠分岐を通過】
13時37分、「蓬峠分岐」通過。蓬新道はキケンなため回避。シシゴヤノ頭方面へと右に折れます。
2018年04月01日 13:37撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山・蓬峠分岐を通過】
13時37分、「蓬峠分岐」通過。蓬新道はキケンなため回避。シシゴヤノ頭方面へと右に折れます。
2
【UFOみたいな雲】
万太郎山から仙ノ倉山あたりの上空には、不思議な雲が浮かんでいました。「なんだかUFOみたいだね…」
2018年04月01日 13:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【UFOみたいな雲】
万太郎山から仙ノ倉山あたりの上空には、不思議な雲が浮かんでいました。「なんだかUFOみたいだね…」
6
【蓬新道へ合流する計画】
蓬峠分岐より斜面を下る。シシゴヤノ頭までの区間でゆるい斜面を見定め、蓬新道へ合流する計画です♡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【蓬新道へ合流する計画】
蓬峠分岐より斜面を下る。シシゴヤノ頭までの区間でゆるい斜面を見定め、蓬新道へ合流する計画です♡
1
13時45分、進行方向に実にゆるやかな斜面が見えてきました。「アソコなら稜線を外れて蓬新道に合流できる…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時45分、進行方向に実にゆるやかな斜面が見えてきました。「アソコなら稜線を外れて蓬新道に合流できる…」
1
【ゆるやかな斜面・解説】
その「ゆるやかな斜面」は、シシゴヤノ頭のかなり手前、稜線が急カーブするあたりから派生しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ゆるやかな斜面・解説】
その「ゆるやかな斜面」は、シシゴヤノ頭のかなり手前、稜線が急カーブするあたりから派生しています。
2
【降下ポイントに到着】
14時01分、降下ポイントに到着。眼下の蓬新道までのルートをイメージ。「あぁ、これなら行けるでしょう…」
2018年04月01日 14:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【降下ポイントに到着】
14時01分、降下ポイントに到着。眼下の蓬新道までのルートをイメージ。「あぁ、これなら行けるでしょう…」
4
現在地は中央の赤丸。そこからピンクの矢印のようにしてゆるやかな斜面を下り、「蓬新道」へ合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在地は中央の赤丸。そこからピンクの矢印のようにしてゆるやかな斜面を下り、「蓬新道」へ合流します。
1
●*蓬峠分岐より山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*蓬峠分岐より山座同定
1
●●*進路・下山方向の斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*進路・下山方向の斜面
1
●●●*シシゴヤノ頭
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*シシゴヤノ頭
2
●●●●*高平ノ頭・金城山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*高平ノ頭・金城山
●*蓬峠分岐を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*蓬峠分岐を振り返る
1
●●*七ツ小屋山・1596m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*七ツ小屋山・1596m
1
●●●*後方・蓬峠分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*後方・蓬峠分岐
●●●●*蓬峠・武能岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*蓬峠・武能岳
【蓬新道へショートカット】
14時03分、ワカンを装着して降下開始。まあ、何と言うこともありません。大展望の中、爽快な下りでした♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【蓬新道へショートカット】
14時03分、ワカンを装着して降下開始。まあ、何と言うこともありません。大展望の中、爽快な下りでした♪
2
後方を振り返ると、仲間はやや引きつった顔にてシリセード。「ヒャッホー!」などと言う声は聞こえてきません。
2018年04月01日 14:04撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方を振り返ると、仲間はやや引きつった顔にてシリセード。「ヒャッホー!」などと言う声は聞こえてきません。
2
【無事に蓬新道に合流】
14時13分、無事に「蓬新道」に合流。前日、誰かがここで引き返したトレースが残っていました。
2018年04月01日 14:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【無事に蓬新道に合流】
14時13分、無事に「蓬新道」に合流。前日、誰かがここで引き返したトレースが残っていました。
その後は武能岳の険しい北西面を眺めながら、ブナ林の蓬新道を下り続けます。キケンはありません。
2018年04月01日 14:28撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後は武能岳の険しい北西面を眺めながら、ブナ林の蓬新道を下り続けます。キケンはありません。
1
【渡渉・東俣沢出合】
14時41分、「東俣沢出合」にて渡渉。水深はごく浅く、問題ありません。対岸の雪壁をよじ登ります。
2018年04月01日 14:41撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【渡渉・東俣沢出合】
14時41分、「東俣沢出合」にて渡渉。水深はごく浅く、問題ありません。対岸の雪壁をよじ登ります。
1
しばらくして往路の蓬沢右岸沿いの道に合流。せせらぎを聞きながら下山を続ける。「もう誰もいないね…」
2018年04月01日 14:51撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくして往路の蓬沢右岸沿いの道に合流。せせらぎを聞きながら下山を続ける。「もう誰もいないね…」
2
【土樽・駐車場に到着】
16時00分、フキノトウを採りながら土樽「安全登山の広場」の駐車場に到着。無事に下山終了です。
2018年04月01日 16:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【土樽・駐車場に到着】
16時00分、フキノトウを採りながら土樽「安全登山の広場」の駐車場に到着。無事に下山終了です。
3
【バックショット】
コマノカミ沢左岸尾根は積雪期限定のコース。美しい残雪の風景、ちょっぴり緊張感も楽しんだ1日でした(^^)/
2018年04月01日 13:44撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【バックショット】
コマノカミ沢左岸尾根は積雪期限定のコース。美しい残雪の風景、ちょっぴり緊張感も楽しんだ1日でした(^^)/
5
撮影機材:

感想/記録

***********************************
本レコは「新着の山行記録」にはあがりません。
主に、フォローして下さっている皆さまに向けてのレコ。
(もちろん、そうでない方にご覧いただくのも感激です!)
皆さま、いつもご訪問&拍手をいただきまして、ありがとうございます(^^)/
***********************************

秋に入りまして、仕事の方が忙しくなってまいりました。
また天候も不安定となり、山に行けるチャンスがめっきりと少なくなりました。

ストレスのせいか、帯状疱疹を発症したり風邪をこじらせたりと、このところはしばらく体調を崩しておりました。

登山に行けない代わりに、お蔵入りとなっていた「七ツ小屋山」のレコを作成致しました。もともとレコに公開する気がなかった記録です。久しぶりに写真を眺めていましたら、大源太山の急峻な南面、黒々とした岩尾根の姿が記憶に蘇ってきました。

*2018年11月15日(木) 公開





【参考サイト】
・「あの山この山越の里」さんのブログ 『シシゴヤノ頭』
 https://blog.goo.ne.jp/bfrs/e/fe42fe94d7cf8067a94255dc52bf625d
訪問者数:104人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ