また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423749 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

藪漕ぎ覚悟の<阿能川岳> シーズンオフはもう間近 

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ・雪・曇りが混在
アクセス
利用交通機関
車・バイク
関越道水上ICより谷川方面へ。 
仏岩トンネル手前左の仏岩ポケットパーク駐車場
(無料・簡易トイレ2つは冬季閉鎖)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間27分
休憩
55分
合計
9時間22分
S仏岩ポケットパーク07:1307:40赤谷越07:4109:38鍋クウシ山09:4011:51三岩山11:5212:18阿能川岳13:0213:24三岩山14:55鍋クウシ山14:5616:10赤谷越16:1116:15仏岩16:1916:21赤谷越16:2216:35仏岩ポケットパーク16:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
「ぐんま100名山」では、登山は残雪期に限られ、それ以降は深いブッシュに覆われると紹介されています。
今年は雪解けが早いため雪の出てくる鉄塔からしっかりした雪道となる三岩山手前までは、藪7割・雪面3割 ぐらいの割合だった。藪の割合が増えるほどコースタイムが長くなる。
アイゼンは持って行くも使用せず。

・駐車場から仏岩峠を右へ進み送電鉄塔までは快適な山道。
・鉄塔から約15分 1230m地点で明瞭な巡視路はピンクテープと共に右の森林へ  下ってしまうことに注意。(その下りには右に目新しいブルーロープ有り)
 そこを前方の笹薮に直進し登っていく。良く見ると前方にピンクテープあり。
 この日はこの地点の笹薮より最初の雪が現れた。
 以降は藪と雪面のミックスが続く。残雪期用のテープは所々あり。
・1314m鍋クウシ山には木にくくい付けられた木標あり。
・1390m天子山(表示見当たらず)以降 岩峰が(4つぐらい)連続し最後以外は西 側(左側)を巻き最後は明瞭な印通り右から巻いた。 
・1568m三岩山(表示見当たらず)手前〜阿能川岳まではシャーベット状の残雪が残っ ていたため快適に歩けた。
<下山>
阿能川岳より小出俣山を回って川古温泉方面に下るオゼノ尾根や、大凜瞭を通過し関越道谷川P方面に下る水上尾根もあるが、車回収のための車道歩きが長いのでピストンにしました。
下山は登りとは違い藪が迷いやすい所もあり、印が無くおかしいと思ったらGPSの確認が必要。
コースが明瞭になる鉄塔地点に近づくほど、尾根の幅も広くなりわかりにくくなる。暗くなると印が見えずらくなるので暗くならないうちに下山した方がいい。
その他周辺情報仏岩温泉 鈴森の湯 750円 http://suzumorinoyu.com/
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

駐車場にある あずま屋後ろの吾妻耶山登山口からスタート
2018年04月07日 07:13撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場にある あずま屋後ろの吾妻耶山登山口からスタート
1
仏岩峠の分岐を仏岩・吾妻耶山方向と反対右に進んで行くと後方に吾妻耶山の全景が現れる。
2018年04月07日 07:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏岩峠の分岐を仏岩・吾妻耶山方向と反対右に進んで行くと後方に吾妻耶山の全景が現れる。
1
タムシバはもうすぐ開花
2018年04月07日 08:29撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバはもうすぐ開花
4
送電線の鉄塔下は展望がいい
2018年04月07日 08:29撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔下は展望がいい
1
薄っすらと浅間山
2018年04月07日 08:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすらと浅間山
これから雲がかかり出した上州武尊山
2018年04月07日 08:31撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから雲がかかり出した上州武尊山
3
間違えて巡視路を進んでしまいましたが下る手前で山友が気付き
ちょっと戻る。笹薮を抜けると雪道が出たり消えたり。
2018年04月07日 08:35撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違えて巡視路を進んでしまいましたが下る手前で山友が気付き
ちょっと戻る。笹薮を抜けると雪道が出たり消えたり。
1
吾妻耶山と荒船山に似た形の三峰山。後ろに赤城山
2018年04月07日 08:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾妻耶山と荒船山に似た形の三峰山。後ろに赤城山
序の口の笹薮
2018年04月07日 08:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序の口の笹薮
3
雪面は有難い。
2018年04月07日 09:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪面は有難い。
3
再び藪に突入
2018年04月07日 09:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び藪に突入
1
背丈の高めの笹薮。

2018年04月07日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背丈の高めの笹薮。

5
交互に雪道
2018年04月07日 09:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交互に雪道
1
薮の中に鍋クラシ山の木標を発見。
2018年04月07日 09:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薮の中に鍋クラシ山の木標を発見。
5
木標を撮影している山友
2018年04月07日 09:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木標を撮影している山友
残雪の幅は狭まりもろい
2018年04月07日 09:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の幅は狭まりもろい
1
斜面を上がって尾根に乗り上げる。キックスッテップが効く雪質なの助かった。
2018年04月07日 09:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を上がって尾根に乗り上げる。キックスッテップが効く雪質なの助かった。
1
そして藪。アイゼンんをつけていないので、昨年の白毛門〜巻機縦走の藪漕に比べれば軽い
2018年04月07日 09:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして藪。アイゼンんをつけていないので、昨年の白毛門〜巻機縦走の藪漕に比べれば軽い
4
雪道が天国の絨毯のように感じられる。
もろいけど藪よりは快適。
2018年04月07日 09:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪道が天国の絨毯のように感じられる。
もろいけど藪よりは快適。
2
今日はここにして良かったね。楽しいね!!
2018年04月07日 09:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここにして良かったね。楽しいね!!
6
右には水上温泉街と関越自動車道
2018年04月07日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右には水上温泉街と関越自動車道
3
きわどい幅のスノウブリッジ
2018年04月07日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きわどい幅のスノウブリッジ
2
渡ってみよう
2018年04月07日 10:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡ってみよう
4
ちゃんとここを渡ってきてね。
2018年04月07日 10:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんとここを渡ってきてね。
4
この繰り返し
2018年04月07日 10:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この繰り返し
4
天気は思ったほど悪くない。
2018年04月07日 10:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は思ったほど悪くない。
3
ここら辺から藪と岩峰巻きが続く。
2018年04月07日 10:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺から藪と岩峰巻きが続く。
3
藪岩魂中級編に入ってもいい藪コース
2018年04月07日 10:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪岩魂中級編に入ってもいい藪コース
4
この黒光りした木の一帯は美しかった。
2018年04月07日 10:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この黒光りした木の一帯は美しかった。
2
シャクナゲの薮
2018年04月07日 10:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの薮
小さいアップダウンが連続
2018年04月07日 10:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいアップダウンが連続
4
随分高度が増してきた。
2018年04月07日 11:03撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随分高度が増してきた。
1
いい加減ストックをしまい薮に徹する。
2018年04月07日 11:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい加減ストックをしまい薮に徹する。
4
時折見える谷川方面。雪雲がかかっている。
2018年04月07日 11:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折見える谷川方面。雪雲がかかっている。
4
最後の岩峰の巻き。
2018年04月07日 11:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩峰の巻き。
1
ここは印通りに右から巻く。
2018年04月07日 11:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは印通りに右から巻く。
2
トラバース
2018年04月07日 11:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース
1
ここから山頂までは雪道が続く。
2018年04月07日 11:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから山頂までは雪道が続く。
2
天気悪くなってきたね。多少の風もあり細かい雪が降り出す。
2018年04月07日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気悪くなってきたね。多少の風もあり細かい雪が降り出す。
2
それでも谷川方面の空は一部分青い。
2018年04月07日 11:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも谷川方面の空は一部分青い。
5
GPSを見るとまだ距離がある。
もしかして 奥に見えるピークが阿能川岳??
だったら やだな・・・・
2018年04月07日 11:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
GPSを見るとまだ距離がある。
もしかして 奥に見えるピークが阿能川岳??
だったら やだな・・・・
3
青空の部分は増えてきている。
2018年04月07日 12:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の部分は増えてきている。
3
左に見えるのは万太郎山かな
2018年04月07日 12:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に見えるのは万太郎山かな
4
長いコースだなぁ
2018年04月07日 12:16撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いコースだなぁ
5
右手に、大凜瞭(水上尾根)
帰りピストンはやだな あっちまわって帰りたい・・・
2018年04月07日 12:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に、大凜瞭(水上尾根)
帰りピストンはやだな あっちまわって帰りたい・・・
1
後方。雲がすごい
2018年04月07日 12:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方。雲がすごい
1
おー!!爼
2018年04月07日 12:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー!!爼
4
先にあった小高い丘が阿能川岳でした。
2018年04月07日 12:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先にあった小高い丘が阿能川岳でした。
6
だだっ広い山頂
2018年04月07日 12:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だだっ広い山頂
3
俎瑤魯魯奪リ見えないけど予想していた以上の眺望に大満足。
2018年04月07日 12:22撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俎瑤魯魯奪リ見えないけど予想していた以上の眺望に大満足。
7
小出俣山とよく見えない仙ノ倉山と万太郎山
2018年04月07日 12:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小出俣山とよく見えない仙ノ倉山と万太郎山
3
少し先まで行ってみたけど木々に隠れて谷川方面はよく見えない
2018年04月07日 12:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し先まで行ってみたけど木々に隠れて谷川方面はよく見えない
歩いてきた稜線をパノラマで。
2018年04月07日 12:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線をパノラマで。
3
天気の回復を期待して、ここで昼食。
2018年04月07日 12:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気の回復を期待して、ここで昼食。
4
上空は晴れているのに風と粉雪も増えてきたので諦めて下山。
気温は下がって3度。風が寒い。
2018年04月07日 13:01撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空は晴れているのに風と粉雪も増えてきたので諦めて下山。
気温は下がって3度。風が寒い。
3
帰りは早い
2018年04月07日 13:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは早い
1
振り返って青空の元山頂方面
2018年04月07日 13:08撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って青空の元山頂方面
2
藪から雪の上に飛び乗ると、当然踏み抜く
2018年04月07日 13:29撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪から雪の上に飛び乗ると、当然踏み抜く
4
下山はわかりにくい所もあり1ヶ所間違える。山友が引き返し軌道修正
2018年04月07日 13:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山はわかりにくい所もあり1ヶ所間違える。山友が引き返し軌道修正
2
飛び乗り踏み抜く
2018年04月07日 14:11撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛び乗り踏み抜く
5
天国の絨毯
2018年04月07日 14:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天国の絨毯
4
お互いのコケ様を笑い合いながらの下山。
2018年04月07日 14:20撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お互いのコケ様を笑い合いながらの下山。
3
ここからは明瞭な快適登山道。
2018年04月07日 15:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは明瞭な快適登山道。
1
仏岩が木々の間から見えた。ズーム。
2018年04月07日 16:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏岩が木々の間から見えた。ズーム。
3
せっかくだから 仏岩見に行こうよ。「俺 足痛くなった」と言いながらしぶしぶついてくる山友。
2018年04月07日 16:11撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくだから 仏岩見に行こうよ。「俺 足痛くなった」と言いながらしぶしぶついてくる山友。
3
せっかく登ったのに、こっちから見るのではないらしい
2018年04月07日 16:15撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく登ったのに、こっちから見るのではないらしい
5
長いコースでした。
2018年04月07日 16:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いコースでした。
2
こないだから食べたかった 登利平の唐揚げ定食を食べました。
さっぱりしていてとても美味しかったです。
2018年04月07日 18:19撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こないだから食べたかった 登利平の唐揚げ定食を食べました。
さっぱりしていてとても美味しかったです。
5

感想/記録
by pi-ti

今週土日は全国的に天気の悪い予報でしたが、2週間前の守門で悪化した風邪が治らず先週の快晴を棒に振り、来週も仕事で潰れるため今週はどうにか行きたいと思いました。直前の天気で谷川ならある程度と言うことで 藪漕ぎ展望無し覚悟で阿能川岳に決めました。(去年今年とレコを拝見し行きたいと思っていた山でした)
今年は雪解けが早く、藪も所々露出し、山頂からの展望も良かったとは言えませんでしたが それでも大満足でした。貸し切り状態のコースをたっぷり楽しむことができました。 今度は雪のたくさんある天気のいい日を狙ってまた来たいです。

訪問者数:529人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/10
投稿数: 2373
2018/4/9 7:16
 ひぇ〜
おはようございます〜

雪が少ないっ!!
雪の少なさにもびっくりですが、この条件でしっかり行ってきちゃうお二人が、さらに凄い(@[email protected])

藪7 雪3 だと、かなり手強そう!
ウェアとか破れませんでしたか?
この辺りの藪って、西上州や秩父とは比べ物になりませんからね(^_^;)

天気も、持ちこたえたみたいですね👍
山の選定、見事でした。

それにしても、今年は夏みたいに暑い日が続いちゃって、一気に雪解けが進んでますね。。。
G.Wまで持ってくれるんですかねぇ〜…
4月でも、寒の戻りがあればそこそこ積もるので、それに期待しますか…
登録日: 2017/3/25
投稿数: 1904
2018/4/9 9:54
 藪!
おはようございます。

藪ですね(´_`;)
この雪の残り方、気が利いてるのか利いてないのか
微妙なところですが、今年は雪解けが早くて、行けば
どうしても藪との付き合いが避けられませんね。

背丈の高い藪はともかく、シャクナゲの藪は進むに
非常に苦労しますし、それがこんなロングコースだと
気持ちを保つのがたいへんそう…

ヘンなところが筋肉痛になってないですか(´_`;)

お疲れ様でした!
登録日: 2010/12/10
投稿数: 408
2018/4/9 21:16
 お疲れ様でした。
pi-tiさん、こんばんは。
三週間も経つとずいぶん雪が無くなりますね。大雪騒ぎがあったわりには、雪が少ないですね。やはり雪があるほうがいいですね。私たちは阿能川岳からみる谷川岳の稜線が好きです。今年の阿能川岳は楽しい出会いも有り天気も良く素晴らしかったです。是非、再チャレンジして下さい。小出俣山の周回も若いpi-tiさんには楽しく歩けると思います
登録日: 2014/8/18
投稿数: 424
2018/4/9 22:53
 Re: ひぇ〜
藪が出た所で マムートのハードシェルはすぐ脱ぎました。
初め 顔だけは傷つけないで帰ろうと思ってましたが、下山の頃には
枝がほっぺに突き刺さろうと全く気にしなくなり、ウエアーは引っ掛けた程度で済みました。

積雪期限定のコースってほんとに魅力ありますね。
今年のGWはダメそうだねと予定を練り直しましたが・・・・
期待したいですね
byちゃんのGW山行レコも楽しみにしてます
登録日: 2014/8/18
投稿数: 424
2018/4/9 23:07
 Re: 藪!
アイゼン履いての藪は最悪ですが、今回は履いていないのでそこまで苦労しませんでした。
シャクナゲの薮って今までにも漕いだことありますが、シャクナゲ満開の時期に藪こきしてみたいですね。
守門も長かったけどこのコースもソコソコ長かったです。

きっとMCさんも好きそうな感じの山なので いつか雪がもっとある時期に登ってみてくださいネ。
登録日: 2014/8/18
投稿数: 424
2018/4/9 23:24
 Re: お疲れ様でした。
ichigeさん今晩は。
阿能川岳は、毎年行かれているichigeさん、ゆうやけさん、Eさんのレコを拝見し
私も行きたいと去年から思っていたんです。
雪たっぷりのいい時期ではなく 山頂からの谷川岳の稜線も綺麗には見えませんでしたが
行くことができて とっても嬉しかったです。
レコをありがとうございました。

次回は お勧めしていただいた小出俣山の周回コースを歩きたいです。テン泊もいいですね。
谷川岳の稜線が綺麗に見えるまで再チャレンジしたいです。
もしかしたら・・・バッタリのチャンスがあるかもしれませんね
楽しみ\(^o^)/
コメントをありがとうございました。
登録日: 2011/5/1
投稿数: 134
2018/4/10 2:50
 藪山魂?
さすがです^^
自分は藪を嫌って、一か月前に行ってきましたよ^^;
DBで公開しているので、山へ行けない週末にでもご覧いただけたら幸いでございます(笑)
それにしても、雪がないとほんとにすごい藪なんだね^^;
登録日: 2014/8/18
投稿数: 424
2018/4/10 6:46
 Re: 藪山魂?
むん坊さん おはようございます(*゚∀゚)
一足お先にいらっしゃっていたんですね‼

むん坊さんのDBに触発されて今年の候補に挙がっていた日白山は来年になりそうです。
今夜は時間があるので夜にゆっくりDBを拝見しますね。
私自身のDBは、まだなんと去年の夏の雲の平で足踏み状態です。記憶が薄れてしまわないようヤマレコはDBを作るときのための記録を残す手段でもあるんですよ〜 (>_<)
今夜、コメするのでリコメしてね😉

むん坊さんは、藪がお嫌いは初耳でした
登録日: 2018/3/8
投稿数: 29
2018/4/10 10:50
 気合いで挑む
破れても良い、汚れてもよい、岩登り用、沢登り用、薮こぎ用ウエアあります。
薮はこれからダニに注意だね。
ダニ取り器買わなきゃ。
相方はヤカイ沢でたいした薮じゃないのに跳ね返った小枝で眼球に傷つき(サングラスしてたのに)悶絶痛くて帰路視界なくなり運転出来ずでした。風が吹くと悲鳴あげてたよ。
薮こぎは色々注意だね。

久しぶりの山にイキイキ感、伝わります。
よかったね(*`∀´*)
登録日: 2011/5/1
投稿数: 134
2018/4/10 11:48
 Re[2]: 藪山魂?
”藪を嫌って”は同行者をおもんばかってのことです(笑)
登録日: 2014/8/18
投稿数: 424
2018/4/10 21:39
 Re: 気合いで挑む
今回のリュックは藪山用の色あせリュックです!
いいものは着ていけませんね。

藪で眼球に傷は怖いですね。失明しなくてほんとによかったですね。
わしも 顔傷はともかく目は気を付けます。

あとダニね。沢行く時の藪には結構いますね。
それを部屋に持ち込むと大変なことになちゃいます。
洗濯しても落ちませんから。 そうなるとダニよりヒルの方がましと言うことに・・・

私たちにとっては山でストレス解消ですね。
a-verbena さんも天候に恵まれ、たくさん行けますように
登録日: 2014/8/18
投稿数: 424
2018/4/10 21:42
 Re[3]: 藪山魂?
(笑)
そういえば プロフィール写真変えられたんですね。
とっても綺麗な槍ヶ岳。いいですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ