また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423916 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

【まさかの一時雪】 東六甲満喫 甲山-観音山-ゴロゴロ岳-東お多福山

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ→曇り(一時雪)→晴れ
冬に逆戻りで寒く、風も冷たかった
アクセス
利用交通機関
電車
●スタート
 JR東海道本線さくら夙川駅

●ゴール
 おとめ塚温泉→JR東海道本線六甲道駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
1時間48分
合計
7時間11分
SJRさくら夙川駅08:3009:06阪急甲陽園駅09:29神呪寺09:3809:49甲山09:5510:21鷲林寺10:2510:45観音山10:4911:16ごろごろ岳11:1811:31奥山貯水池11:45東おたふく山登山口バス停11:5512:22東お多福山12:3112:43雨ヶ峠12:5813:30五助ダム13:3113:34石切道登山口14:22JR住吉駅14:42おとめ塚温泉15:3015:41六甲道駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●全般
・トレイルはコンディション良好
・各山を舗装路でつなぐ部分は地図等で要確認
 住宅街は道筋が分かりにくい
その他周辺情報●下山後の銭湯
「六甲おとめ塚温泉」を利用 430円

※今回は入浴セットを利用 560円
(+バスタオル・フェイスタオル・石鹸・シャンプー・リンス)
 http://www.otomeduka.com/index.html
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

JRさくら夙川駅を出発
兵庫県西宮市になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JRさくら夙川駅を出発
兵庫県西宮市になる
1
桜名所、夙川を上流へ
警備員は出ているが、既に散り果て
せめて1週間前に来たかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜名所、夙川を上流へ
警備員は出ているが、既に散り果て
せめて1週間前に来たかった
1
と思ったら、微かに残る個体が
たとえ僅かでも嬉しいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら、微かに残る個体が
たとえ僅かでも嬉しいですね
4
夙川を離れ、阪急甲陽線沿いに進むと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夙川を離れ、阪急甲陽線沿いに進むと
4
甲陽園駅
西宮は甲子園とか苦楽園とか○○園の地名を見かける
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲陽園駅
西宮は甲子園とか苦楽園とか○○園の地名を見かける
上りに入る
住宅街の階段や壁のような急坂を抜ける
坂の町に暮らせば、日常生活で山に必要な登り筋を鍛えられるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上りに入る
住宅街の階段や壁のような急坂を抜ける
坂の町に暮らせば、日常生活で山に必要な登り筋を鍛えられるな
1
六甲でよく見るコバノミツバツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲でよく見るコバノミツバツツジ
10
正面に甲山登場
同じ西宮市なのに、急に農村風景に変わる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に甲山登場
同じ西宮市なのに、急に農村風景に変わる
甲山大師こと神呪寺(しんのうじ)
真言宗のお寺のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲山大師こと神呪寺(しんのうじ)
真言宗のお寺のようです
1
敷地の一角にテラスがある
眺めは最高
大阪市方面もよく見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
敷地の一角にテラスがある
眺めは最高
大阪市方面もよく見える
3
さてと、登山口はと・・・
寺の右裏に発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてと、登山口はと・・・
寺の右裏に発見
階段路で上がる
積み木のような壁補修がお見事
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段路で上がる
積み木のような壁補修がお見事
2
甲山山頂に到着
広い芝生公園のような山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲山山頂に到着
広い芝生公園のような山頂
三角点がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点がありました
1
ツツジが咲く道を下る
同じく階段道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジが咲く道を下る
同じく階段道
4
下ると北山貯水池
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ると北山貯水池
1
時がゆっくり流れるような長閑な農村風景を進むと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時がゆっくり流れるような長閑な農村風景を進むと
やがて次の山が近づく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて次の山が近づく
鷲林寺(じゅうりんじ)に到着
ここも真言宗のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲林寺(じゅうりんじ)に到着
ここも真言宗のようです
まだまだ桜が咲いていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ桜が咲いていた
6
修行大師様の像が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修行大師様の像が!
1
次の観音山を目指して
多宝塔の裏側に登山口を発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の観音山を目指して
多宝塔の裏側に登山口を発見
岩場混じりの、なかなか修行な急登だった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場混じりの、なかなか修行な急登だった
急登が落ち着くと展望場所が
先程登った甲山と北山貯水池
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登が落ち着くと展望場所が
先程登った甲山と北山貯水池
3
すこし入ったところに観音山のピークかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし入ったところに観音山のピークかな
4
ピークからも先程と同じような眺ね
ホンマに甲型の甲山が特徴的
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークからも先程と同じような眺ね
ホンマに甲型の甲山が特徴的
1
こちらは宝塚からの六甲主脈か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは宝塚からの六甲主脈か
次のゴロゴロ岳へ向かう
地図にない分岐のような場所
右で正解だった
この辺りから、白いものがちらつき始め、なんだか気になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のゴロゴロ岳へ向かう
地図にない分岐のような場所
右で正解だった
この辺りから、白いものがちらつき始め、なんだか気になる
山上に人工物が現る
住宅地のようだ
天候急変で急に寒くなる
先程からちらつく白いものは、まさかの雪だった
しかもだんだん降りが強くなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上に人工物が現る
住宅地のようだ
天候急変で急に寒くなる
先程からちらつく白いものは、まさかの雪だった
しかもだんだん降りが強くなる
フェンス沿いに進むと、唐突にゴロゴロ岳山頂に到着
この辺りから芦屋市に入る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フェンス沿いに進むと、唐突にゴロゴロ岳山頂に到着
この辺りから芦屋市に入る
以前から地図で気になっていたゴロゴロ岳
なるほど!
そう来たか(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前から地図で気になっていたゴロゴロ岳
なるほど!
そう来たか(笑)
11
どうやら、いわゆる芦屋の高級住宅地に入っているよう
舗装路を下る
桜並木が良さげだが、雪がますます強くなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやら、いわゆる芦屋の高級住宅地に入っているよう
舗装路を下る
桜並木が良さげだが、雪がますます強くなってきた
3
雪が正面からバチバチ当たる
いやいや寒いね
積もるほどではないが、標高400〜500m辺りでの降雪には驚いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が正面からバチバチ当たる
いやいや寒いね
積もるほどではないが、標高400〜500m辺りでの降雪には驚いた
2
奥池貯水池に出る
この辺り、吹きっさらしの吹雪のようになり寒かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥池貯水池に出る
この辺り、吹きっさらしの吹雪のようになり寒かった
2
山が曇って見えるのは雪のおかげ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山が曇って見えるのは雪のおかげ
1
気まぐれな天気で、再び太陽が出る
ため息がでるような芦屋の豪邸群の中を進む
要塞が点在しているようだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気まぐれな天気で、再び太陽が出る
ため息がでるような芦屋の豪邸群の中を進む
要塞が点在しているようだった
1
東お多福山バス停発見
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東お多福山バス停発見
登り続けるとやがて草原地帯に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り続けるとやがて草原地帯に
山上にこんな世界が広がっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上にこんな世界が広がっている
2
山から海を眺める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山から海を眺める
1
東お多福山山頂に到着
山頂らしくない山頂だけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東お多福山山頂に到着
山頂らしくない山頂だけど
1
面白くていい名前です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白くていい名前です
2
もう雪は降らないが曇っている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう雪は降らないが曇っている
1
展望良好
冬の空気が澄んだときにも来てみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望良好
冬の空気が澄んだときにも来てみたい
2
通過してきたゴロゴロ岳
山というより丘陵地帯に見える
右側、芦屋川からの道も歩いてみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通過してきたゴロゴロ岳
山というより丘陵地帯に見える
右側、芦屋川からの道も歩いてみたい
ゴルフ場のような場所を進むと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルフ場のような場所を進むと
雨ヶ峠
芦屋川〜有馬温泉のメジャールートと交わる
賑わっていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ峠
芦屋川〜有馬温泉のメジャールートと交わる
賑わっていた
住吉道に出たかったが、うっかりと芦屋川方面へ下ってしまい
登り返してきた
時々気が抜けて、やらかしてしまうポカミス
相変わらずダサイ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉道に出たかったが、うっかりと芦屋川方面へ下ってしまい
登り返してきた
時々気が抜けて、やらかしてしまうポカミス
相変わらずダサイ!
住吉道へのショートカット道は入口が分かりにくい
雨ヶ峠の東屋のところからこちらへ入って踏跡をたどると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住吉道へのショートカット道は入口が分かりにくい
雨ヶ峠の東屋のところからこちらへ入って踏跡をたどると
1
先に細道があった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に細道があった
ほんのしばらくで住吉道に出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんのしばらくで住吉道に出る
後は住吉川沿いに町まで下るだけ
多少荒れ気味なところもあるが、緩やかな住吉道は快適ダウンヒル
でも軽い登り返しが少々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は住吉川沿いに町まで下るだけ
多少荒れ気味なところもあるが、緩やかな住吉道は快適ダウンヒル
でも軽い登り返しが少々
名残の桜よ
また来年
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残の桜よ
また来年
1
上高地のような場所に出た
そうそうこの感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地のような場所に出た
そうそうこの感じ
以前、トエンティクロスにも似たところがあった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前、トエンティクロスにも似たところがあった
2
六甲の上高地だぜ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲の上高地だぜ
3
イノシシの掘り返しがすごい
辺り一帯、根こそぎです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシの掘り返しがすごい
辺り一帯、根こそぎです
1
過去に土石流が堰堤でせき止められてできた場所のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去に土石流が堰堤でせき止められてできた場所のようです
五助堰堤
分厚くてとても大きい
下流域を土石流から守る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五助堰堤
分厚くてとても大きい
下流域を土石流から守る
石切道との分岐
1年前にここから上ったのが懐かしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切道との分岐
1年前にここから上ったのが懐かしい
石切道の味のある標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石切道の味のある標識
林道を進み、左のトレイルへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を進み、左のトレイルへ
やがて舗装路となり住吉の町が見えてきた
この辺りは神戸市東灘区になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて舗装路となり住吉の町が見えてきた
この辺りは神戸市東灘区になる
さらば六甲の山々よ
また来ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば六甲の山々よ
また来ます
なんとなくでJR住吉駅まで来たものの、近場の銭湯を知らない
最寄りの知ってるとこまで歩いてしまえ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなくでJR住吉駅まで来たものの、近場の銭湯を知らない
最寄りの知ってるとこまで歩いてしまえ
こちらでひとっ風呂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらでひとっ風呂
4
JR六甲道駅をゴールに
その後の街歩きも含めたら、今日は30km歩いていたようだ
さすがに脚は疲れたが、楽しかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR六甲道駅をゴールに
その後の街歩きも含めたら、今日は30km歩いていたようだ
さすがに脚は疲れたが、楽しかった
夕食は三宮にてこんな感じで
神戸牛ステーキとも迷ったが、諸般の事情でこうなった(笑)
ハイキング後の食事は美味し!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は三宮にてこんな感じで
神戸牛ステーキとも迷ったが、諸般の事情でこうなった(笑)
ハイキング後の食事は美味し!
8

感想/記録
by 3120m

生まれて初めて、花粉症になったようだ。
これまで全く無縁で自覚症状がなかったのに、突然のことだ。

周りは何かしら症状をもっている人ばかりだが、
そもそも、自分の身をもってその苦しみが分からなかったため、
失礼ながら、いつも「お気の毒さま」と思ってきた。
これがバチが当たったのだろう(笑)。

症状が出だしたのはほんの最近、4月に入ってからだ。
いわゆるヒノキ花粉の時期で、今年は多いと聞く。
ちょっと疲れ気味で、抵抗力が弱っていてやられたのかもしれない。

鼻の症状はそんなにたいしたことないが、
目がショボショボして充血するようになり、
何よりも喉がやられ、咳が出るようになってきた。
一旦咳き込むと止まらなくなるほどで、非常にタチが悪い。

最初は風邪かと思ったが、
熱はないし、身体は至って元気で、ピンピンしている。
早めに医者に行って、薬をもらってきた。
また、コンタクトレンズの用事で行ったかかりつけの眼科医にも検査され、
「見事にアレルギー反応が出とる」と言われて、目薬を処方された。

そんな中、JR青春18切符の1回分余りを、知り合いからご好意でいただいた。
有効期限は4/10までだ。
せっかくの機会だ。
電車でハイキングに行ってみよう。

行き先は未踏の東六甲エリアにしてみた。
冬型に逆戻りの天候で、途中、まさかの雪が降って驚いたが、
今回も変化に富んだ盛りだくさんの内容で、楽しかった。
やはりハイキングはいい。

上記のように花粉症を発症し、体調面は少し心配だった。
しっかり睡眠をとり、コンディションを整えて臨んだ。
幸い咳の発作などはなかったが、
薬の副作用か身体は重く、呼吸も重苦しかった。
普段、風邪などめったにひかないから、薬も飲まない。
体内に不純物が入ることに慣れていないのだ。
上りではゆっくり目のリズムで歩を刻んだ。
全般的にヌボーォッとしたダルい状態で、眠くなってくる。
実際、行き帰りの電車では、いつにもなく長い時間、爆睡だった。
勤務中も居眠りに気をつけなければ!

趣味を楽しむのも、心身共に調子がよくてなんぼ。
今年はもうしょうがないが、
来年は症状が出ませんようにと、虫のいいことを考えている(笑)。
訪問者数:309人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ