また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1428322 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

中倉山

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間44分
休憩
19分
合計
6時間3分
Sスタート地点06:4607:17中倉山取り付き点07:1709:03中倉山09:2012:45足尾銅親水公園入口12:4612:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標なし。
往路西側のルートは、林道からの急登が続く。
復路は、足場も悪く、GPSなしでは帰れなかったかも。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

銅親水公園に車を止めてこの橋を渡る。
2018年04月14日 06:27撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅親水公園に車を止めてこの橋を渡る。
足尾ダム
2018年04月14日 06:27撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足尾ダム
公園は桜が満開。
2018年04月14日 06:28撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園は桜が満開。
2
キランソウ
2018年04月14日 06:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キランソウ
2
実は水道橋を渡ろうとしたら通行止め。仕方なく、河原に降りて渡渉。
2018年04月14日 06:43撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は水道橋を渡ろうとしたら通行止め。仕方なく、河原に降りて渡渉。
1
中倉山の道標は見かけない。登山口すら。
ヤマレコのみんなの足跡で進行方向を確認する。
2018年04月14日 07:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中倉山の道標は見かけない。登山口すら。
ヤマレコのみんなの足跡で進行方向を確認する。
3
林道から急登を登っていくとこんな木が。
石を割って成長している。
2018年04月14日 07:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道から急登を登っていくとこんな木が。
石を割って成長している。
3
ヒナスミレかな?
2018年04月14日 07:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒナスミレかな?
山の上はまだ冬。
2018年04月14日 08:15撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上はまだ冬。
1
足尾の山、初めて登ったのだが荒涼とした風景。
2018年04月14日 08:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足尾の山、初めて登ったのだが荒涼とした風景。
2
ここの山々がこうなってしまったのは足尾銅山の煙害の為。煙害で植物を失った山々は壊滅的なダメージを受け、不毛の土地となってしまったのだという。
まさに、負の遺産。
失われてしまった自然を取り戻すのは容易ではない。
2018年04月14日 08:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの山々がこうなってしまったのは足尾銅山の煙害の為。煙害で植物を失った山々は壊滅的なダメージを受け、不毛の土地となってしまったのだという。
まさに、負の遺産。
失われてしまった自然を取り戻すのは容易ではない。
1
中倉山が見えてきた。
2018年04月14日 08:53撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中倉山が見えてきた。
1
中倉山を目指して一本の道。
2018年04月14日 09:00撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中倉山を目指して一本の道。
2
山頂、尾根は風が冷たい。
2018年04月14日 09:02撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂、尾根は風が冷たい。
3
そもそも、この山を登ろうと思ったのは、この孤高のブナを見たかったから。
2018年04月14日 09:08撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そもそも、この山を登ろうと思ったのは、この孤高のブナを見たかったから。
8
写真の右側は不毛の土地。
2018年04月14日 09:11撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真の右側は不毛の土地。
1
孤高のブナの周りは、崩れそうなのでロープが貼ってある。
地元のボランティアの人たちがこの木を守っているようだ。
私たちが、休憩している時に、鉄の棒を担いで登ってきた男性たち。尋ねると、ブナの木の土砂が崩れないようにするための作業をするのだという。
2018年04月14日 09:14撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
孤高のブナの周りは、崩れそうなのでロープが貼ってある。
地元のボランティアの人たちがこの木を守っているようだ。
私たちが、休憩している時に、鉄の棒を担いで登ってきた男性たち。尋ねると、ブナの木の土砂が崩れないようにするための作業をするのだという。
4
松木渓谷から中倉山へのルートは3つ。登りは川に沿っての林道を歩き、それから一気に上がる一番西側。帰りは真ん中の尾根づたいを通るつもりで。
2018年04月14日 10:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松木渓谷から中倉山へのルートは3つ。登りは川に沿っての林道を歩き、それから一気に上がる一番西側。帰りは真ん中の尾根づたいを通るつもりで。
1
ピンクリボンか消えてしまい、落ち葉だらけの斜面を下る。
2018年04月14日 10:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンクリボンか消えてしまい、落ち葉だらけの斜面を下る。
眼下に広がる尾根道を通るはずなのに。
2018年04月14日 10:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に広がる尾根道を通るはずなのに。
1
トラバースして、やっとの思いで尾根道に出る。
そのトラバースが大変。
足場は悪く、浮石が多く崩れやすい。エニシダなどの灌木を手掛かりにやっと。
GPSで現在地の確認。
2018年04月14日 10:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースして、やっとの思いで尾根道に出る。
そのトラバースが大変。
足場は悪く、浮石が多く崩れやすい。エニシダなどの灌木を手掛かりにやっと。
GPSで現在地の確認。
2
ナイフリッジ。崩れやすいザレ場。慎重に渡る。
2018年04月14日 10:54撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイフリッジ。崩れやすいザレ場。慎重に渡る。
2
中倉山、山と高原地図にルートが記載されてない訳がわかった。頼りとなるのは、みんなの足跡。
2018年04月14日 11:03撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中倉山、山と高原地図にルートが記載されてない訳がわかった。頼りとなるのは、みんなの足跡。
2
銅の精錬の煙害で緑の山がこんなになってしまうとは。
2018年04月14日 11:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅の精錬の煙害で緑の山がこんなになってしまうとは。
1
渡良瀬渓谷鉄道から見える山々は緑に覆われて、山が復活したのだと思っていた私。
(高校歳の頃、間藤駅から見えた山々ははげ山だった)
2018年04月14日 11:29撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡良瀬渓谷鉄道から見える山々は緑に覆われて、山が復活したのだと思っていた私。
(高校歳の頃、間藤駅から見えた山々ははげ山だった)
2
赤土のルートとなり、眼下に往路見た砂防ダムがはっきり見えてきた。
2018年04月14日 11:59撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤土のルートとなり、眼下に往路見た砂防ダムがはっきり見えてきた。
3
やっと林道に。みんなの足跡を見ると、真ん中のルートはここから。でも、登山口らしい目印はおろか、道の気配さえわからない。
2018年04月14日 12:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと林道に。みんなの足跡を見ると、真ん中のルートはここから。でも、登山口らしい目印はおろか、道の気配さえわからない。
1
砂防ダム。
2018年04月14日 12:16撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防ダム。
1
川沿いには、美しい白樺。
2018年04月14日 12:27撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川沿いには、美しい白樺。
1
銅親水公園の桜の木が見えてきた。
2018年04月14日 12:46撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅親水公園の桜の木が見えてきた。
2
治山と砂防で足尾に緑をと書いてある。
足尾に100万本の植林というのもどこかに書いてあった。
2018年04月14日 12:48撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
治山と砂防で足尾に緑をと書いてある。
足尾に100万本の植林というのもどこかに書いてあった。
1
撮影機材:

感想/記録

孤高のブナに惹かれて登った中倉山。降りる頃には、銅の精錬の煙害でこうなってしまった山々の惨状に愕然とした。
また、地図にないルートの怖さも実感。
訪問者数:596人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ