また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434372 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

カタクリ咲く栗ノ木岳はアドベンチャラスな山だった

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
川上山八幡宮神社の駐車場に駐車させていただきました。6時40分の時点で他の駐車なし。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
13分
合計
4時間44分
S若宮八幡駐車場06:4806:53若宮八幡宮06:5408:17栗ノ木岳分岐08:2608:37高宮08:3808:51修験業山08:5209:05高宮09:11栗ノ木岳分岐10:02栗の木岳10:26若宮峠10:2711:30若宮八幡駐車場11:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
*川上山八幡宮神社〜栗の木分岐
   最初は沢沿いのなだらかな道を新緑を楽しみながら進むと
   橋が流されたところに出る。橋のあったところの下流で
   渡渉し進むと沢を離れ左の斜面に取り付く。崩落したガレ
   た道となり非常に滑りやすい。ガレ場を過ぎると根の張っ
   た尾根道となり右側に見事に花の付いたシャクナゲが
   現れる。栗の木分岐に近づくとロープ場のある急登となり
   今日の暑さも手伝って非常にしんどいルート。テープは
   ふんだんにあり迷うことはない。
*栗の木分岐〜修験行山
   バイケイソウが一面に生えた稜線の道で急登はほとんど
   なく歩きやすい道なので修験業山までで足の疲れも回復
   する。途中に高宮という川上山八幡宮神社の鳥居がある。
*修験業山〜栗の木岳〜若宮峠
   栗の木分岐までは行きの道のピストン。栗の木分岐を
   過ぎると最初は広い尾根だが進むと細尾根を歩くことが
   多くなる。倒木が多い。栗ノ木岳を通過すると若宮峠まで
   激下りとなる。樹木やロープを掴んで下ることになる。
*若宮峠〜川上山八幡宮神社
   最初は岩の多いブナの木の中の道をトラバース気味に
   下っていくが、登りと同じく崩落地のがれ場が現れ、
   ロープやテープは崩落したガレ場を渡った後、崩落地の
   中心を下ることを示している。ここは結構滑って危険
   でした。ガレ場を過ぎしばらく行くと水の音が聞こえ
   始めると沢に合流する。この沢に沿って何度も渡渉を
   繰り返しながら降りていく。ここも崩落地を何度も
   横切り滑落の危険箇所がある。テープが落ちている
   ところが沢山あり渡渉の場所が分かりにくい。
   沢が合流するところにくると渡渉して少し登るとすぐに
   駐車場に出る。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 行動食 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

川上山八幡宮の駐車場。トイレがあります。
出発時他に駐車なし。
2018年04月22日 06:44撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川上山八幡宮の駐車場。トイレがあります。
出発時他に駐車なし。
1
神社への参道のツツジ
2018年04月22日 06:49撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社への参道のツツジ
3
登山道には社務所の左を川沿いに進みます。
2018年04月22日 06:52撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道には社務所の左を川沿いに進みます。
川の右の法面は非常に大きな岩で出来ています。
2018年04月22日 07:02撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川の右の法面は非常に大きな岩で出来ています。
歩いていく間に幾つもの滝と出会いますが、ここは注連縄が掛けてあり特別な滝なんでしょう。
2018年04月22日 07:04撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いていく間に幾つもの滝と出会いますが、ここは注連縄が掛けてあり特別な滝なんでしょう。
3
ここの下に壊れた橋が流れて放置されているので、この構造からすると、以前ここには橋が架かっていたのでは?
2018年04月22日 07:04撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの下に壊れた橋が流れて放置されているので、この構造からすると、以前ここには橋が架かっていたのでは?
流された橋の辺りを渡渉します。
2018年04月22日 07:04撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流された橋の辺りを渡渉します。
しばらく進むと橋が掛かっていました。もしかしたらこの手前を渡渉しなくても真っすぐ行ってここで渡れた?(確認してません)
2018年04月22日 07:07撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと橋が掛かっていました。もしかしたらこの手前を渡渉しなくても真っすぐ行ってここで渡れた?(確認してません)
時々現れる小さな滝。
2018年04月22日 07:08撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々現れる小さな滝。
1
ここを左に行って沢の左側の斜面を登ります。
2018年04月22日 07:09撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に行って沢の左側の斜面を登ります。
1
葉が乗っかっていて滑りやすいので転落注意。
2018年04月22日 07:16撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉が乗っかっていて滑りやすいので転落注意。
タチツボスミレだと思います
2018年04月22日 07:23撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレだと思います
3
崩落地。ガレていて危険。
2018年04月22日 07:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地。ガレていて危険。
1
ヒトリシズカの花の終わり(?)
2018年04月22日 07:36撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒトリシズカの花の終わり(?)
2
振り返って、崩落地の右側のガレ場を登ってきました。
2018年04月22日 07:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、崩落地の右側のガレ場を登ってきました。
ガレ場の後は尾根を登ります。結構急登。
2018年04月22日 07:50撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場の後は尾根を登ります。結構急登。
尾根道右側にはシャクナゲが沢山咲いて綺麗。
2018年04月22日 07:52撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道右側にはシャクナゲが沢山咲いて綺麗。
7
タチツボスミレと葉が違います。何でしょう?
2018年04月22日 08:01撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレと葉が違います。何でしょう?
2
ロープ場、ハアハア!!! 今日は山の上でも予報通り暑い!
2018年04月22日 08:11撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ場、ハアハア!!! 今日は山の上でも予報通り暑い!
1
栗の木分岐に到着。急登の後しんどいので水分補給をして暫し休憩。
2018年04月22日 08:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗の木分岐に到着。急登の後しんどいので水分補給をして暫し休憩。
2
栗の木分岐から高宮までバイケイソウが沢山生えている。傾斜がゆるく広い尾根道を心地良いそよ風を受けながら新緑を楽しんで歩いた。
2018年04月22日 08:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗の木分岐から高宮までバイケイソウが沢山生えている。傾斜がゆるく広い尾根道を心地良いそよ風を受けながら新緑を楽しんで歩いた。
尖った山頂は迷岳かな。今年は未踏の迷岳に行ってみたい。
2018年04月22日 08:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖った山頂は迷岳かな。今年は未踏の迷岳に行ってみたい。
2
ミツバツツジかな
2018年04月22日 08:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジかな
2
高宮に到着。拝んで賽銭も。
2018年04月22日 08:40撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高宮に到着。拝んで賽銭も。
3
ミツバツツジでしょう
2018年04月22日 08:42撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジでしょう
4
修験業山、木々に遮られて展望はなく、写真を撮ってすぐUターン。
2018年04月22日 08:51撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修験業山、木々に遮られて展望はなく、写真を撮ってすぐUターン。
2
石英で出来た岩が露出していた。
2018年04月22日 09:09撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石英で出来た岩が露出していた。
1
またまた迷岳。
2018年04月22日 09:09撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた迷岳。
ツルキンバイ? ヘビイチゴ?
2018年04月22日 09:13撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルキンバイ? ヘビイチゴ?
3
新緑が写真では表せないほど本当に綺麗。ツツジとのコンビもいい。
2018年04月22日 09:20撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑が写真では表せないほど本当に綺麗。ツツジとのコンビもいい。
4
シャクナゲの蕾は赤い
2018年04月22日 09:27撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの蕾は赤い
じゃ〜ん、カタクリ登場。
2018年04月22日 09:38撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
じゃ〜ん、カタクリ登場。
4
ちっちゃいけど本当に可憐な花ですね。
2018年04月22日 09:39撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちっちゃいけど本当に可憐な花ですね。
4
大きく開いています。
2018年04月22日 09:42撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく開いています。
2
栗ノ木岳直下のシャクナゲのトンネル。ここはまだ花がついていない。
2018年04月22日 09:58撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗ノ木岳直下のシャクナゲのトンネル。ここはまだ花がついていない。
栗ノ木岳。ここには展望はないが、少し行くと開けている。
2018年04月22日 09:59撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗ノ木岳。ここには展望はないが、少し行くと開けている。
1
山頂をちょっと進んだところにある展望の開けたところ。
2018年04月22日 10:00撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をちょっと進んだところにある展望の開けたところ。
5
シャクナゲ乱舞。
2018年04月22日 10:02撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲ乱舞。
4
もう少し進むと岩場に出る。
2018年04月22日 10:12撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し進むと岩場に出る。
岩場を登り切ると激下り。よって展望が開ける。東方向の前に見えるは局ヶ岳。
2018年04月22日 10:14撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を登り切ると激下り。よって展望が開ける。東方向の前に見えるは局ヶ岳。
4
真ん中に大洞山と尼ヶ岳、左端に倶留尊山。
2018年04月22日 10:16撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中に大洞山と尼ヶ岳、左端に倶留尊山。
1
若宮峠の到着
2018年04月22日 10:26撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若宮峠の到着
ここを左に折れ、斜面を下る。
2018年04月22日 10:27撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に折れ、斜面を下る。
最初はトラバース気味に。
2018年04月22日 10:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はトラバース気味に。
しばらく進み登りと同じくまたまた崩落地を通る。ここで崩落部分を横切る。ロープを離したらズルズル落ちていく。
2018年04月22日 10:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進み登りと同じくまたまた崩落地を通る。ここで崩落部分を横切る。ロープを離したらズルズル落ちていく。
1
ここは駐車場方面へ。
2018年04月22日 10:34撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは駐車場方面へ。
分岐。ここを直進すると尾根道で駐車場へ。左に曲がると谷を下り、同じところへ。
2018年04月22日 10:40撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐。ここを直進すると尾根道で駐車場へ。左に曲がると谷を下り、同じところへ。
崩落地の中をロープで下る。足元が崩れてきて危険。
2018年04月22日 10:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地の中をロープで下る。足元が崩れてきて危険。
1
谷から沢に出た。沢沿いに下るのだが、ここからややテープが落ちていることが多い。渡渉も多いが渡渉場所がテープが無くなっていてわかりにくい箇所がある。
2018年04月22日 10:50撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷から沢に出た。沢沿いに下るのだが、ここからややテープが落ちていることが多い。渡渉も多いが渡渉場所がテープが無くなっていてわかりにくい箇所がある。
1
新緑の中を流れる清流。ここで顔と手を洗ってさっぱり。
2018年04月22日 11:03撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑の中を流れる清流。ここで顔と手を洗ってさっぱり。
3
岩に山二九九の文字が? ここを越えていくのがルート。
2018年04月22日 11:10撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩に山二九九の文字が? ここを越えていくのがルート。
テンナンショウの仲間
2018年04月22日 11:13撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テンナンショウの仲間
2
堰堤に出たらもうすぐ終わり。
2018年04月22日 11:25撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤に出たらもうすぐ終わり。
沢の合流地点。この先を登るとすぐ駐車場。
2018年04月22日 11:29撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の合流地点。この先を登るとすぐ駐車場。
駐車場に到着。何台か駐車されているが、登山者はいるか?
2018年04月22日 11:31撮影 by Canon Powershot G1 X Mark III, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。何台か駐車されているが、登山者はいるか?

感想/記録
by nagsky

カタクリを目当てに栗ノ木岳に早朝から登りました。他の方のログでルートが荒れているとの情報がありましたが、思ったより危険なところもありました。登りに使ったルートも下りに使ったルートも同様です。主稜線にでも栗ノ木岳の先は岩場や激下りがあります。ナメて掛かると怪我をしそうなところですので、行かれる方は気をつけてください。

修験業山と名が付いているだけあって、栗の木分岐までの登りは修行でした。今日は何故か行きの沢沿いの緩い登りでも疲労を感じたので体調が悪かったのかも知れませんが。気温も4月とは思えない暑さで1600ml持っていった飲料を全て飲んで足らないぐらいでした。今日はザックは14箸鳩變盟備でしたので、いつもならもっと強い修行だったでしょう。

主尾根のルートは景色がよく楽しめました。何より今日の目的のカタクリが満開だったので満足できました。
訪問者数:333人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/15
投稿数: 693
2018/4/22 17:21
 このコースハードですよね(^^;
こんにちは、nagsky さん。
このコース結構ハードですよね。(^^;
激登りに激下りに加えて、
下りの若宮峠からの道は渡渉場所も迷うし、
私は余り行きたくない登山道です。
やはり渡渉は苦労されたみたいですね。
今日も暑かったから、このコースだとさぞかし大変だったでしょう〜。
でももうシャクナゲが咲いてるのですか早いですね。
登りではシャクナゲが多く有り、さぞかし綺麗だった事でしょう。
お目当てのカタクリも見れて良かったです。
ご苦労様でした。
登録日: 2013/11/14
投稿数: 181
2018/4/22 18:18
 Re: このコースハードですよね(^^;
コメントありがとうございます
mildpapaさんでも、ここはハードですか?

他の方のログを見ると、川上山八幡宮から
修験業山に直登する尾根ルートがあり、
下りは今回は谷を通りましたが、尾根ルート
もあるようです。そちらには行かれたこと
ありますか? 主稜線の歩きは非常に楽しい
ところなのでアクセスが良ければもっと
楽しく登れそうです

ただ、局ヶ岳〜三峰山縦走なんてのは
ちょっと体力的に持ちそうにないです~
登録日: 2012/2/15
投稿数: 693
2018/4/22 21:12
 Re[2]: このコースハードですよね(^^;
はい、このコースは私でもハードですよ。
修験業山に直登する尾根コースですよね、
行った事は無いのですよ。
この前修験業山へ行った時に、テープが続いてたのと、
歩き易そうだったので、いずれ行きたいと思ってたのですよね。
こちらの尾根から登って、庄司山からの尾根を下れないか、
考え中です。
登録日: 2017/4/20
投稿数: 11
2018/4/24 9:31
 新緑の季節ですね
お久しぶりです。かなりハードそうなコースでお疲れ様でした。でも写真拝見しましたが、花も多くて眺望もよくて最高ですね!確かに少し危険そうですが・・

バタバタとしているうちにいつのまにかGW間近になってしまいました・・。冬山に連れていっていただいてから、山とはご無沙汰になっており、ウズウズしております・・。あまり暑くならないうちに、近場の山にでも上りに行ってこようと思います!!
登録日: 2013/11/14
投稿数: 181
2018/4/24 13:23
 Re: 新緑の季節ですね
お仕事お疲れ様です。そろそろ就職関係のお仕事も
一段落したでしょうか?

私の山行は天気次第で前日夜に突然決めることが
ほとんどなので、中々お誘いすることができません
でした。4/28午後に出発 して一泊した後、朝から
蓼科方面 に行く予定です。4/30か5/3〜5/6まで
(そのうち一日は日付未定で二見で船釣りの予定)
時間が取れるので、ご一緒しましょうか
登録日: 2017/4/20
投稿数: 11
2018/4/26 21:47
 Re[2]: 新緑の季節ですね
ご返信ありがとうございます!蓼科ですか!いいですねぇ・・!またご感想お聞かせくださいませ!せっかくお誘いいただきましたが、30日は地鎮祭行事があり、3〜6日は社員の結婚式もあり九州なんです・・足がなまってきたのでトレーニングできるだけしておきます!!またご訪問させていただければと思います!!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ