また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1439862 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

日帰り丹沢山

日程 2018年04月28日(土) [日帰り]
メンバー
天候 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
塩水橋の両脇に合計8台ほど。林道ゲートの分岐前から先に路駐で10台
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間8分
休憩
51分
合計
5時間59分
S塩水橋07:2208:38雨量計09:44天王寺尾根分岐09:5410:00大崩ノタツマ(大クドレ)10:33みやま山荘10:35丹沢山10:3710:38みやま山荘11:0911:14丹沢山11:1511:16みやま山荘11:1711:34大崩ノタツマ(大クドレ)11:3511:40天王寺尾根分岐11:4111:48檜ノタツマ12:12モチゴヤノ頭(蜘蛛ヶ淵ノ頭)12:44天王寺峠12:4512:58天王寺橋13:0113:21塩水橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
07:14 スタート(0.00km) 07:14 - 休憩(2.82km) 07:59 - 休憩(2.83km) 08:08 - 休憩(4.08km) 09:01 - 休憩(4.08km) 09:08 - 休憩(4.85km) 09:45 - 休憩(4.86km) 09:53 - 山頂(5.85km) 10:34 - 休憩(6.07km) 11:17 - 休憩(8.70km) 12:17 - 休憩(8.71km) 12:23 - 休憩(9.99km) 12:54 - ゴール(11.79km) 13:22
コース状況/
危険箇所等
登りの塩水林道コースは2〜3ヵ所急なところがあるが全体的に緩やか。
帰りの天王寺尾根コースもところどころ急なところがあるがおおむね快適な尾根道。至る所にピンクテープがあって迷う心配も少ないかな。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ トレッキングポール

写真

塩水橋の脇の駐車スペース。すでに橋のそばのの1台を含めて5台が駐車していた。なんとか1台分の空きスペースを見つけて突っ込んだ。(一番手前のノート。リヤタイヤは斜面に乗ってる。(^^;)
2018年04月28日 07:14撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩水橋の脇の駐車スペース。すでに橋のそばのの1台を含めて5台が駐車していた。なんとか1台分の空きスペースを見つけて突っ込んだ。(一番手前のノート。リヤタイヤは斜面に乗ってる。(^^;)
1
向こう側にも路駐の列。下山後に数えたら9台駐まっていてあと1台分空いていた
2018年04月28日 07:14撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こう側にも路駐の列。下山後に数えたら9台駐まっていてあと1台分空いていた
1
路駐の列の手間に分岐があってゲートがあった。左端は通れなくて、右側の角パイプの間をくぐる
2018年04月28日 07:20撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路駐の列の手間に分岐があってゲートがあった。左端は通れなくて、右側の角パイプの間をくぐる
わさび沢出合。ここから迂回する林道を嫌って山道に入る前に小休止し装備を調える。ヒルに備えてスパッツも。新調したスポーツサングラスをかけたがこれが大失敗。度が強くて足下が盛り上がり、トレッキングポールがやけに短く見える。おまけにこの先の山道で道を大きく外してしまい、がむしゃらに沢を詰めトラバースして正しい道に戻ったが、時間と体力を無駄に使ってしまった。やはり道を間違えたら素直に戻るべき、と反省。
2018年04月28日 07:58撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わさび沢出合。ここから迂回する林道を嫌って山道に入る前に小休止し装備を調える。ヒルに備えてスパッツも。新調したスポーツサングラスをかけたがこれが大失敗。度が強くて足下が盛り上がり、トレッキングポールがやけに短く見える。おまけにこの先の山道で道を大きく外してしまい、がむしゃらに沢を詰めトラバースして正しい道に戻ったが、時間と体力を無駄に使ってしまった。やはり道を間違えたら素直に戻るべき、と反省。
2
再び林道に出会うとそこに建物が。トイレかと思ったら雨量計の小屋だった
2018年04月28日 08:37撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び林道に出会うとそこに建物が。トイレかと思ったら雨量計の小屋だった
雨量計のすぐ先に登山口。ここで本当に林道とおさらば
2018年04月28日 08:38撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨量計のすぐ先に登山口。ここで本当に林道とおさらば
スミレだよね。なにスミレかな?
2018年04月28日 08:57撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレだよね。なにスミレかな?
ちょうど具合のよさそうなベンチがあったので小休止
2018年04月28日 09:01撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど具合のよさそうなベンチがあったので小休止
天王寺尾根出合
2018年04月28日 09:43撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天王寺尾根出合
後を振り返るともっと詳しい道標が。(^^;
2018年04月28日 09:45撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後を振り返るともっと詳しい道標が。(^^;
あれは竜ヶ馬場かな?
2018年04月28日 09:47撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれは竜ヶ馬場かな?
若葉が鮮やかな木が
2018年04月28日 09:55撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若葉が鮮やかな木が
1
これは何を護っているのだろう?
2018年04月28日 09:58撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何を護っているのだろう?
ガレ場を越えて振り返ると大山が。それにしてもいい日和になりました。(^o^)
2018年04月28日 10:05撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を越えて振り返ると大山が。それにしてもいい日和になりました。(^o^)
満開の桜が。ヤマザクラかな?
2018年04月28日 10:07撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満開の桜が。ヤマザクラかな?
近づいてみると白い花弁
2018年04月28日 10:09撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づいてみると白い花弁
道ばたにも白い花。これは何だっけ?
2018年04月28日 10:12撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道ばたにも白い花。これは何だっけ?
三峰から登ってくる尾根に合流
2018年04月28日 10:30撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰から登ってくる尾根に合流
山頂に着きました。富士山バッチリ。\(^O^)/
2018年04月28日 10:35撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。富士山バッチリ。\(^O^)/
3
三角点
2018年04月28日 10:36撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点
山頂からの富士山
2018年04月28日 10:36撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの富士山
撮ってもらいました。(^_^)
2018年04月28日 10:37撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮ってもらいました。(^_^)
1
蛭ヶ岳方面
2018年04月28日 11:15撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方面
お昼ごはんを食べてる間にだんだん雲が多くなってきた
2018年04月28日 11:15撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼ごはんを食べてる間にだんだん雲が多くなってきた
一応これも撮っておこう
2018年04月28日 11:15撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一応これも撮っておこう
山頂の桜はまだこれからという感じ
2018年04月28日 11:19撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の桜はまだこれからという感じ
1
これは?
2018年04月28日 11:29撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは?
若芽が一杯
2018年04月28日 11:47撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
若芽が一杯
これはシロヤシオ?
2018年04月28日 11:55撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはシロヤシオ?
シロヤシオっぽいね
2018年04月28日 11:55撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオっぽいね
これは?
2018年04月28日 12:20撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは?
天王寺峠。ここから谷に向かって下りる
2018年04月28日 12:44撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天王寺峠。ここから谷に向かって下りる
シカの仕業?
2018年04月28日 12:46撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカの仕業?
涼しげな沢にでたのでちょっと休憩して顔を洗おう
2018年04月28日 12:53撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しげな沢にでたのでちょっと休憩して顔を洗おう
本谷林道出合
2018年04月28日 13:01撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷林道出合
本谷林道出合
2018年04月28日 13:02撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷林道出合
本谷林道で咲き誇っていた白い花
2018年04月28日 13:04撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷林道で咲き誇っていた白い花
本谷沢の青く澄んだ水。本谷ブルー?
2018年04月28日 13:13撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷沢の青く澄んだ水。本谷ブルー?

感想/記録
by supra

健脚でない一般の人が丹沢山を日帰りできるコースはないかなぁと地図を眺めていて、塩水峠に車を駐められればいけるんじゃない?ということに気がつき、下見に行くことにした。行ってみて車を駐められたら、そのまま行っちゃえ!ということで山頂までのルート全体の下見に急遽変更。道は空いていて7:12に塩水橋に到着。すでに多くの車が駐まっており、今日はなんとか駐められたけど、これより遅くなったら無理かも。
山行自体は爽やかな好天で汗をかいても涼しい風が吹き、快適だった。道も乾いていて怖れていたヒルも見かけなかった。出会う登山者も少なく、終始鳥のさえずりが聞こえる静かな行程だった。今が丹沢のベストシーズンかも。
訪問者数:275人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ