また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1440881 全員に公開 山滑走白山

白山(地獄谷〜東面台地・新規ルート開拓)

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
道の駅飛騨白山の駐車場を利用。
県道白山公園線のゲート前にも数台なら駐車可能。
いずれにしても白水湖まではチャリでアプローチする必要あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間6分
休憩
30分
合計
7時間36分
S道の駅飛騨白山01:3103:18大白川登山口03:22白水湖畔ロッジ06:07アルプス展望台06:1906:44平瀬道・展望歩道分岐07:17白山07:3507:54コブラツリー08:22東面台地取付09:06道の駅飛騨白山09:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆ゲート〜白水湖
・今年は完全に除雪済みで全行程チャリが利用できた。
・ただし例年は除雪が遅くデブリ&落石地獄になっていることが多いので注意する。

◆白水湖〜御前峰(地獄谷〜ゾロ谷)
・地獄谷下部は雪割れ多く川に転落しないように慎重に進む。
・上部のアルプス展望道への乗り上げはかなりの急斜面なのでスキー登行の自信がない場合はオーソドックスに東面台地からのアプローチをお勧めする。
・アルプス展望道〜御前峰までのルートは各自お好みでどうぞ。

◆御前峰〜白水湖(転法輪谷〜東面台地)
・この日は山頂からザラメでどこでも滑走できたが気温や風次第なのでその時の状況に応じてルートを検討すべき。
・今年はデブリや落石も少なく滑走しやすい状況だった。
・下部は縦溝もひどく快適滑走という感じではなかったが雪は多い。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

今日は久しぶりの白山東面台地!
大魔人さん、いきなりのロードバイク登場。
やばい、先行きます!(笑)
2018年04月29日 01:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は久しぶりの白山東面台地!
大魔人さん、いきなりのロードバイク登場。
やばい、先行きます!(笑)
2
大魔人さんより25分先行してスタート。
これくらいのアドバンテージは当然です(笑)
2018年04月29日 01:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大魔人さんより25分先行してスタート。
これくらいのアドバンテージは当然です(笑)
2
自分のチャリ力でも1時間半ほどで白水湖に到着。
25分のハンデもらっても最後ぶち抜かれたけど;;
2018年04月29日 03:10撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のチャリ力でも1時間半ほどで白水湖に到着。
25分のハンデもらっても最後ぶち抜かれたけど;;
3
今日は初ルートとなる地獄谷からアプローチ。
林道を歩いて雪が出てきたらシールハイク開始。
2018年04月29日 04:01撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は初ルートとなる地獄谷からアプローチ。
林道を歩いて雪が出てきたらシールハイク開始。
1
デブリもほどほどで全体的に登りやすかった。
2018年04月29日 04:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリもほどほどで全体的に登りやすかった。
1
こういう泥だらけの場所もあるがご愛嬌。
2018年04月29日 04:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう泥だらけの場所もあるがご愛嬌。
2
乗鞍と朝焼け
2018年04月29日 05:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍と朝焼け
5
大倉尾根が見えてきた。
雪庇がすごい。
果たしてあの稜線に登り上げることはできるのか。
2018年04月29日 05:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉尾根が見えてきた。
雪庇がすごい。
果たしてあの稜線に登り上げることはできるのか。
2
左の方が登りやすそう。
あの先に突破口はあるのか?
2018年04月29日 05:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の方が登りやすそう。
あの先に突破口はあるのか?
2
後ろには御嶽山も。
2018年04月29日 05:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろには御嶽山も。
3
乗鞍岳とご来光!
2018年04月29日 05:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳とご来光!
4
徐々に斜度が急になってくる。
2018年04月29日 05:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に斜度が急になってくる。
1
滑っても楽しそうなゾロ谷。
2018年04月29日 05:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑っても楽しそうなゾロ谷。
3
マンダムな朝
2018年04月29日 05:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マンダムな朝
4
槍穂もドーン!
2018年04月29日 05:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍穂もドーン!
5
この斜度のトラバース、なかなか際どい。
相当スキー登行に慣れてないと厳しい。
2018年04月29日 06:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この斜度のトラバース、なかなか際どい。
相当スキー登行に慣れてないと厳しい。
4
歩けるところはどこでも歩く
2018年04月29日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩けるところはどこでも歩く
8
稜線まで登り詰めたぞ!
2018年04月29日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まで登り詰めたぞ!
3
ふと振り向くとちょうど夏道のアルプス展望台のところでした。
2018年04月29日 06:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふと振り向くとちょうど夏道のアルプス展望台のところでした。
2
白水湖をバックに
2018年04月29日 06:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白水湖をバックに
1
別山をバックに
2018年04月29日 06:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山をバックに
1
快調に登っていく
2018年04月29日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快調に登っていく
3
ダイナミックな景色に囲まれて
2018年04月29日 06:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイナミックな景色に囲まれて
2
さあ御前峰が見えてきた!
2018年04月29日 06:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ御前峰が見えてきた!
1
待ってなさい!的な。
2018年04月29日 06:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
待ってなさい!的な。
2
広大な雪原をゆく
2018年04月29日 06:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広大な雪原をゆく
1
この広い空間を2人だけで貸し切り!
2018年04月29日 06:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この広い空間を2人だけで貸し切り!
2
さあ御前峰への最後の登り。
ここもなかなかの急斜面。
2018年04月29日 07:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ御前峰への最後の登り。
ここもなかなかの急斜面。
3
これから滑る東面台地。
珍しくデブリも落石もなく面ツル状態。
2018年04月29日 07:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから滑る東面台地。
珍しくデブリも落石もなく面ツル状態。
2
もうすぐ山頂!
2018年04月29日 07:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂!
1
到着したぜ〜
2018年04月29日 07:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着したぜ〜
10
自分も。
今年1月以来の山頂で嬉しい!
2018年04月29日 07:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分も。
今年1月以来の山頂で嬉しい!
13
室堂と別山。
2018年04月29日 07:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂と別山。
1
奥宮でお参り。
2018年04月29日 07:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮でお参り。
4
さあ山頂から行きますか!
2018年04月29日 07:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ山頂から行きますか!
1
大魔人さんGO!
2018年04月29日 07:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大魔人さんGO!
2
ワイルドだぜ〜
2018年04月29日 07:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワイルドだぜ〜
1
雄たけび上げながら快適ザラメ滑走
2018年04月29日 07:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄たけび上げながら快適ザラメ滑走
1
今日は自分も飛ばしますよ!
2018年04月29日 07:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は自分も飛ばしますよ!
2
ザラメ天国最高!
2018年04月29日 07:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザラメ天国最高!
2
御前峰バックに転法輪谷へ滑り込む
2018年04月29日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰バックに転法輪谷へ滑り込む
3
途中数人のスキーヤーとスライド。
2018年04月29日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中数人のスキーヤーとスライド。
1
飛ばすぜ飛ばすぜ〜
2018年04月29日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛ばすぜ飛ばすぜ〜
1
気持ち良すぎ!
2018年04月29日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良すぎ!
5
大魔人さんがナイスなショットを撮ってくれた
2018年04月29日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大魔人さんがナイスなショットを撮ってくれた
7
下部に行くにつれて段々縦溝が;;
2018年04月29日 07:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部に行くにつれて段々縦溝が;;
2
東面台地のこのロケーションはやめられない
2018年04月29日 07:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東面台地のこのロケーションはやめられない
4
多少の縦溝なんて気にしない
2018年04月29日 07:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少の縦溝なんて気にしない
1
やっぱり白山山スキーのNo1は東面台地だな
2018年04月29日 07:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり白山山スキーのNo1は東面台地だな
3
The.双耳峰!
2018年04月29日 07:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
The.双耳峰!
2
ダケカンバの森を滑ったら・・・
2018年04月29日 07:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバの森を滑ったら・・・
1
御神木コブラツリー!
パクの真似してみた
2018年04月29日 07:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御神木コブラツリー!
パクの真似してみた
11
植生が変わってブナの森へ
2018年04月29日 08:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植生が変わってブナの森へ
1
取付きは全く雪なし。
2018年04月29日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取付きは全く雪なし。
2
遅ばせながらコーラタイム。
2018年04月29日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遅ばせながらコーラタイム。
3
MTBのオンパレード。
こんなにたくさんの人には会わなかったけどな・・・
2018年04月29日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
MTBのオンパレード。
こんなにたくさんの人には会わなかったけどな・・・
5
ゴールデンウィークはこの新緑がいいよね
2018年04月29日 08:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールデンウィークはこの新緑がいいよね
4
爽快ダウンヒルを楽しんでゴール!
2018年04月29日 09:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爽快ダウンヒルを楽しんでゴール!
4
お疲れさまでした!
2018年04月29日 08:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした!
5

感想/記録

ゴールデンウィーク前半はカレンダー通り3日しか休みがなく前日まで東京出張ということもあって日曜日に日帰りで山行を楽しむことにした。
大魔人さんに声をかけると「白山東面に行こう!」とのことだったので「喜んで!」と即決。
昨年は林道崩落の影響で行けなかったので自分にとっては久しぶりの東面台地となる。
更に単純ピストンでは面白くないので周回しよう、ということになり、周回ならワリ谷辺りかな・・・と思ったら「地獄谷」からアプローチしようって。
え?まさか楽々新道から縦走とかじゃないですよね?と確認すると火ノ御子峰の地獄谷ではなく白水湖から延びるもうひとつの地獄谷だった。

白水湖周辺の谷や沢というとYSHR先生や大魔人さんが夏場に沢登りを楽しんでいるイメージを持っていたので沢靴がなくても大丈夫なのか心配だったがこの時期は大丈夫とのこと。
ひとまず安心して新規ルート開拓が楽しめそうだ。

前日道の駅飛騨白山で車中泊。
1時に起きて1時半にMTBで出発した。
大魔人さんもチャリがめっぽう強いので30分程度アドバンテージをいただいて2時にスタートしてもらうことにした。
YSHRセンセーみたいなフライングはナシでお願いしますよ!
ゲートまでチャリを漕いでいくとちょうど大魔人さんが到着したところだった。
積み荷を降ろすとなんとロードバイクじゃないですか!
先週のチャリミネンコに続き地獄軍団のチャリ山行はロードバイクが定番になりつつあるのか。
僕に対するそういう嫌がらせはやめて欲しいんですけどね・・・
とにかくサッサと先に行きますよ。ちゃんと30分待ってから出てきてくださいね!と釘を刺す(笑)

そこからは夜道を一人旅。
先週のチャリミネンコのおかげなのか足は軽い・・・少しはチャリ力ついたかな。
白水湖までの道もかなりの急こう配だがチャリミネンコに比べると楽に感じる。
間名古谷を過ぎた辺りで後ろのヘッデンが見えてきた。大魔人さんだろう。
まだ追いつかれるわけにはいかないのでガシガシ頑張って漕いでいく。
結局白水湖手前1kmくらいのところで捕捉されてぶち抜かれた。
まあ抜かれるのは想定内だしほぼ同じ時間に白水湖に到着できたので結果オーライということで。
ゲートから1時間半、これまでこの林道はデブリ地獄の時しか来たことがなかったので今回はとても楽にアプローチすることができた。

さあ、いよいよ新規開拓ルートとなる地獄谷へ突入だ!
東面台地の場合は尾根に取付くが今回は白水湖へ向かって直進しそのまま未舗装の林道を川に沿って遡上していく。
雪が出てくるのか、本当に渡渉がないのか心配だったがしばらく進むとしっかり雪がつながってくれた。
だが一方で雪割れも多く一歩間違えるとゴーゴーと音を立てる激流へまっしぐら・・・細心の注意が必要だ。
ヤケ谷、ゾロ谷の二股まで来ると空が明るくなってきた。
背後には朝焼けに染まる乗鞍と御嶽山。
大魔人さんとこのルートいいね!なんて話しながらガンガン高度を上げていく。
何よりも人がいなくて静かなのが最高だ。
ここ最近は東面台地も銀座みたいになってきてるし。

ゾロ谷の最後の急斜面をスキー&クトーのまま登り詰めると南竜から室堂へつながるルートの一つであるアルプス展望道に合流。
アルプス展望道の名の通り剱立山〜槍穂高、乗鞍、御嶽まで一望できた。
室堂平の大雪原をのんびり歩いたら最後の御前峰への急登アタック開始。
クトーを着けてガシガシ登ったら御前峰にゴールイン!
地獄谷はさすがにアイゼンいるかなーと覚悟していたが全部スキーで行けちゃいました。

貸切の山頂でお参りしたらいよいよ東面台地に向かってドロップイン!
今日は適度なザラメなので多少急でもガンガン飛ばそう。
何人かのスキーヤーとスライドしたがこれからの時間は気温も上がってくるので大変だろう。
コブラツリーに挨拶したらブナの原生林を滑ってチャリまであっという間だった。1時間かからず?

チャリデポ地点に着いたら大魔人さんより先にチャリスタート。
しつこいようですが撤収は誰よりも早いんです(笑)
清々しい新緑の中を爽快にダウンヒルするのは最高だ。
暗い中頑張って漕いだ甲斐がありました。

ゲートで大魔人さんをお迎えしてお礼を言ったらラスト道の駅までウィニングラン!
最高の日に最高のルートで久しぶりの白山を楽しむことができた。

大魔人さんお付き合いいただきありがとうございました。
訪問者数:899人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/3/1
投稿数: 850
2018/4/29 18:17
 ヤバいっす
サンちゃん速すぎ❗当たり前だけどやっぱレベルが違う!恐れ入ります!大魔人さんと新ルート開拓するだろうねってコウエイさんと噂してました。
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2879
2018/4/29 20:22
 Re: ヤバいっす
Chikauさん、こんばんは。
今頃太郎平小屋で宴会ですね 楽しそう。
いやいや、自分なんかチャリもヘタレだしまだまだです。
これからもセンセーと大魔人さんに鍛えてもらわないと。
新規ルート開拓のワクワク感、そして東面台地の安定の素晴らしさ、新緑のチャリダウンヒル、何をとってもパーフェクトな一日でした。
いつもこんなスキーが楽しめればいいですね。
オートルート頑張ってください!
登録日: 2014/4/10
投稿数: 846
2018/4/30 10:20
 おそれいりました
Sanchanこんにちは

まさに最高の日に最高のルートですね!必ず新規ルートだと思ってましたが想像がつきませんでした。日頃から地形図眺めていないといけないですね。

今年、やっと念願叶って僕も東面台地滑りました。(銀座通りですけどね…。)登りも滑りも本当に楽しめました。まだまだ白山のいいところを知らなすぎると実感しました。(1年通して)
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2879
2018/4/30 17:41
 Re: おそれいりました
koueiさん、東面デビューおめでとうございます。
ここまで長かったですね。
4月も終わりになるとアプローチが良くなる分雪も減って黄砂で汚れてきますが次回はもう少し早い時期に真っ白な東面台地を眺めてみてください。
きっと更に感動できると思いますよ。
雪の季節にしか楽しめないルートは他にもあると思うので機会があれば開拓していきましょう♪
登録日: 2013/11/14
投稿数: 745
2018/4/30 21:04
 二つの意外
最初レコ見た瞬間「市ノ瀬まで開いたこの時期にsanchanさんが白山??」と意外でしたがやっぱりそういうルートですよね、ある意味納得f^_^;。

ついでにもう一つ意外だったのが奥宮でのお参り写真!、もちろんホントに参ったかどうかは別としてこうゆう写真撮らないイメージでしたが過去レコ見たら1月もやってるんですね。それだけ最近の山行はテンション上がっている証拠かな?近々土下座も期待しております(笑)。

もうスキーだと異次元過ぎるので早くスキー脱いでくれ!って思ってるのは私だけかな⁉
登録日: 2011/12/14
投稿数: 2879
2018/5/1 5:31
 Re: 二つの意外
kabukiyaさん、おはようございます。
いよいよ白山のシーズンですね!自分にとってはちょっと悲しい気持ちですが
市ノ瀬まで開いても白山行くときは行きますがGWのような混雑するようなタイミングでは確かにパスですね^^;
そういう意味では東面もそれなりに賑わっていましたが今回のルートはプライベート感満載で右手にはいつも歩いている大倉尾根なんかも見えて親近感も沸いたり、なかなか興味深いコースでした。
奥宮お参りですが夏も含めて割といつもしてますよ
これまでソロが多かったので写真がなかっただけで、今回も大魔人さんがちゃんと撮ってくれました。
土下座はしませんが(笑)
今シーズンはどこも賞味期限が短そうなのでスキーは早めにしまうかもしれませんが保証はありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ